2

座右の銘を考えたい

会社で「座右の銘はなにか?」という話題になった。

おらは、ぱっと思い浮かばず。

上司は『清濁併せ呑む』に似たような、坂本龍馬が言ったとされるなにか逸話をしていた。

忘れたけどw

他の人では『一期一会』とかね。

ぜんぜん覚え浮かばないんだけど。

父親にも聞いてみたら、若い時には『不言実行』だったらしい。

でも、言わないで一人でやってると、やってもらった人も気づかないということもあるので、そうじゃないなってなったらしい。

何か、これだ!という言葉が見つかったら、φ(・ω・ )メモっておこう。

広告

ブラック企業代表のワタミ会長と、自民党の一致する思惑

ワタミ会長、ブラック企業報道に「訴える」 週刊文春の特集記事念頭に – 政治・社会 – ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130607/dms1306071136014-n1.htm

ワタミをブラック企業だと思ってない人って、どういう人なのか?

自民党の候補として出馬したということは、自民党はワタミをブラック企業とは思ってないということ。

ワタミがそもそも、ブラック企業と呼ばれるのは、異常な労働時間から、自殺する人もいるっていう話だけど。

異常な労働時間は、法律で規制されていて、それを大きくオーバーするから「ブラック認定」されるわけで。

ワタミ会長(=自民党)の思惑としては、法律で労働時間が規制されていること、そのものが問題だ、と考えている。

むしろ、労働時間の制限なんて、取っ払ってしまおうぜ!というコトなのだ。

まあ、自民党の総裁でもある安倍総理も、労働時間を「緩和する」って言ってるし。

【アベノミクスはサラリーマンの敵だ】労働時間「異次元緩和」でブラック企業大喜び – ゲンダイネット
http://gendai.net/articles/view/syakai/142596

いま、働いていて、残業が厳しくて厳しくてヒーヒー言ってる人は、「規制があっても今の状態」なのよね。

これが、自民党の政治で「規制緩和したら…」、きっと労働者はバタバタ死ぬレベルにまで、労働時間が長くなるだろう。

ブラック企業を無くそうという取り組みは、法律をねじ曲げてブラック企業という定義をなくすコトじゃなくて、ブラック企業を今の法律できちんと取り締まるコト、だと思うんだけど。

おらは、さんざんブラック企業で働いてきたので、もうブラック企業では働きたくないし。

ブラック企業を、法律を変えることで、むりやり合法的に無くそうとする自民党には、間違っても投票したくないな。

忘れ物撲滅委員会の歌をうたうとき

先日、ついに会社で、名刺をもらったのである。

って、入社から半年の間、名刺のいらない仕事なんだけどもねw

名刺をもらったので、ようやく、この「忘れ物撲滅委員会」の歌をうたうときなのだ!

bokumetu

♪携帯でんわ さいふ かぎ 定期 手帳 名刺入れ 社員証

しかし、おらは、かぎを持ち歩かないのだった。

一人暮らしじゃないからね。

ダメじゃん。

2

クールビズ以前の夏の思い出

日本のクールビズが、いつまでたっても中途半端な感じがするのはナゼなんだぜ?

日本の政府が「クールビズ」と言い出したのは、2005年の頃からだという。

おらが、新卒として社会人デビューしたころには、日本にクールビズというモノはまだ無かった。

当時、夏でもスーツが、サラリーマンの基本の服装だった。

客先に行く時はスーツで外出して、自社にもどると上着をぬいで、クーラーガンガンの室内で涼む、というのが日常の光景だった。

室内で、事務職している女性のみなさんは、相当に寒かったみたいだ。

外出から戻ってきて「暑い暑い」という男性たちの感じる快適な温度は、かなり強めにクーラーを冷やしていたと思う。

◆スーツをぬぐということ

おらは、スーツは基本的に苦手であり、できることなら着たくない。

しかし、同時に「スーツの上だけぬぐ」という格好が、どうにも好きになれない。

美的センスの問題なのだが、スーツの上だけ脱いで、ワイシャツだけの姿はカッコ悪い、と思う。

最初から、ポロシャツや、Tシャツなら、全く問題ないし、むしろ、おらは、その格好が好きだ。

でも、スーツは、違う。

スーツは、鎧のようなモノだと思っているので、上だけ脱ぐのが、どうしても格好悪いとみえてしまう。

◆新卒の思い出

新卒だったおらが、先輩サラリーマンについて、営業に行った時のことだ。

その人は、夏でも、外出先ではスーツを脱がなかった。

おらには、それがカッコよく見えた。

まあ、その人も、自社に戻ったときには、スーツの上だけ脱いでいたのだけども。

おらは、その先輩をマネすることにした。

当時、夏でもずっとスーツを脱がなかった。

客先はもちろんのこと、自社にもどり、自席で仕事をするときも、スーツを脱がなかった。

まわりからは「変わってるな」と言われてたが、それでもスーツを脱がなかった。

スーツを脱ぐのは、家に戻ってからだ。

家に戻ったら、Tシャツに短パンだ。

そのくらい、涼しいカッコをするのが好きだ。

でも、やっぱり仕事の時は、スーツを上下きっちり着ていた。

仕事のオンとオフを、服装で調整していた、ようなものだ。

◆現在のクールビズ

クールビズは、2013年の日本には、やっぱり必要だと思う。

28度に設定された室内で、スーツ姿で過ごすのは、さすがに暑い。

でも、クールビズの定義はとてもあいまいで、「こういう格好がザ・クールビズだ」というのが、わかんないのも事実だ。

そして、クールビズがあいまいなのにもかかわらず、今度は「スーパークールビズ」なるものも登場し、さらに、事態は混乱している。

スーパークールビズだと、ポロシャツもOKだし、アロハももちろんOKだし、チノ・パンでも、スニーカーでもいいらしい。

ひょっとすると、タンクトップや、ビーチサンダルや、浴衣や、ふんどし一丁でも、大丈夫かもしれない。

おらは、今の会社にきて、初めてのクールビズ期間に突入したのだが、いまだに夏用スーツの上下で出勤している。

チノパンはセーフなのか、ポロシャツはアウトなのか、よくわかんないというのもあるし。

こうして、本日もスーツで出勤してきた。

しかし、そんなおらでも、土日出勤の時には、ジーンズにジャケットだったりするのよね。

お客様に会うワケではないので、そんなカジュアルな格好で出社しても、特に構わないんだ。

(*´艸`*)ムフフ

そういえば、金曜はカジュアルファッションでよいという風潮(?)が、以前にはあったと思うのだけど、最近全く聞かないな。

あれはどうなったんだろう?

今年のアナタの目標は何ですか?

やーやーみなさん。

あけましたな。すっかりあけましたな。

はっぴーにゅぅいやーんですな。

ことしもよろしくおねがいしますだす。

さてさて、本年一発目のブログは、どうすっかねー、と。

まあ、タイトルのように「今年のアナタの目標はなんですか?」って、急に言われても思いつかないかなーと思うので。

逆に、おらの目標を5つあげてみるので、アナタも考えてみたりしない?

Polarlicht_2
(オーロラ – Wikipedia)

◆手帳が元ネタ

では、おらの手帳(ほぼ日手帳)から、今年の目標5つをあげてみようかね。

  1. 英語で自分の思っていることを言えるようになる。
  2. ダイエットで69キロ台をめざす。
  3. シンプルに怒らないこと。
  4. キープクリーン。
  5. 新しいことにチャレンジ!

という、なんだか分からないものが5つ!

ここまで読んで、アナタの心に何か目標ができたら、すぐに手帳にメモっておくといいと思う。

さて、何にも浮かばない人は、以下の駄文をどうぞ。

◆1:英語でしゃべる!

今年こそ、英語でしゃべれるようになろうと、目標をかかげてみたのだけど。

なんか、ここ数年、ずっと思ってるような気がするなぁ。

で、おらはナゼ英語をしゃべりたいのかというと「TOEFLでイイ点数とりたい」とか、そういうんじゃなくて、英語をしゃべって海外旅行(初)に行きたいなぁ、というのがあるんよね。

行ってみたい場所は、(a)ウィスキーの作っているイギリス、(b)オーロラの見える場所、のどっちか。

そのためにも、とにかく、英語でしゃべれるようになりたいのだ!

◆2:ダイエットで69キロ!

実は、昨年(2012)は、ダイエットが超停滞していたように思う。

というか、具体的に行動するよりも、なんかかんかと、体重が増えていったっていうね!

おらが憧れる体型は「細マッチョ(死語)」なんだけども、今年じゅうに腹筋割れたいよね!

で、69キロ台に突入したいよね!

って、腹筋割ってどうするこうするのは無いのだけど、自分の身体をコントロールして、自分の思い通りになるのかっていうのを試してみたい。

◆3:怒らない!

突然だけど告白すると、おらはとっても心が狭い。

たとえるなら、井の中の蛙の胃のサイズくらい狭い。

なので、なにかあると、すぐに「イラッ」としてしまう。

ちょっと例をあげるなら…、先日「岳18巻の感想と愚痴っぽいもの」という記事に、匿名の人が、おらとは反対の意見を、延々と長文でコメントして、そのやり取りに一日に何度もコメントしてきたときは、「イラッ」としてしまった。

こんな、どうでもいいことに腹を立てるのは、とてもとてもつまらない。

上記のようなコトがあったときでも、「ああ、この人はおらとは違うな(色々と)」と思うくらいで、すっきりさっぱり流せないとなぁ、と。

っちゅーことで、今年は怒らないで生きたい。

◆4:キープクリーン!片付けよう!

モノを捨てること。

モノに囲まれすぎないこと。

余計なモノは買わないこと。

決められた場所にもどすこと。

そして綺麗な部屋をキープする。

これは部屋のことだけじゃなくて、思考というか、脳の中もそうありたい。

仕事にしてもそう。

常にすっきり片付けつつ、キープクリーンを目指したい。

◆5:新しいことにチャレンジ!具体的には…

実は5つ目が、具体的に決まってなかったりする。

手帳にも、目標5つ書き出そうとして、4つまではスラスラと出てきたのだけども、5つ目がどうもね。

新しい資格をとろうと勉強するのか。

新しく太極拳にチャレンジするのか。

一人暮らしを今年はじめるのか。

などなど…。

思い浮かばないというよりも、決めかねているというのが正しいかも。

2012年にはしていなかった、新しいことを、2013年の終わったときには「これ、今年から始めたんだよなぁ」と思い起こせるようにしたい。

◆まとめ:今年のアナタの目標は何ですか?

おらの場合、上記の5つが全部できたら、きっと楽しい一年になるだろうなぁ。

そして、ここまで駄文におつきあいしていただき、ありがとうございます。

今年のアナタの目標は何か決まったかしら。

「これをするぞ!!」と思いついたら、ぜひ、宣言してみてください。

ここにコメントじゃなくても、ブログでも、Twitterでも、どこでもいいので、他の誰かがそれを読む場所に書いてみるのをオススメします。

他人の目に触れることで「やらなきゃ!」って気持ちがアップすると思われるからね。

ほいじゃ、また年末に!

スーツのポケット(17+1ヵ所)にナニを入れるか?

おっす!オラ、スーツを着るサラリーマン!

前回のエントリーで『スーツのアーマー力の安心感』についてのべたけど、今回もスーツのネタを書いてみるよ。

◆スーツのポケット(17+1)にナニを入れるか?

スーツのネタを書くといったばかりだけど、ここで『鞄心理学』という本の紹介。

この本は、人が携帯している鞄のサイズや種類から、その鞄を持ってる人の傾向を、心理学的に分析(?)するというもの。

この本で、スーツのポケットについて述べた文があったので、これを引用してみるのが、今回のネタ。


鞄心理学 中山和彦 先端医学社

オラも、いつも着ているけど、スーツに17もポケットがあるとは思ってなかった。

オラが普段ナニをどのポケットに入れているかをメモってみるよ。

以下の番号は、上記のポケットの番号にあわせていて、Yシャツのポケットは18番目としてカウントする。

  1. 上着の右ポケットにはハンカチ
  2. ポケットティッシュ
  3. 空(ハンカチ用らしい)
  4. ほぼ日手帳WEEKS
  5. iPod nano
  6. 空(チケット用らしい)
  7. ボールペン
  8. 空(ケータイ用らしい)
  9. お財布
  10. 定期券
  11. 万歩計
  12. 空(チョッキ・ベスト)
  13. 空(チョッキ・ベスト)
  14. 空(チョッキ・ベスト)
  15. ケータイ(Yシャツ)

こんな感じかな。

オラは、お財布を10に入れるのだけど、人によっては、14のお尻のポケットに入れたりするよね。

お尻のポケットに入れてて、お財布落としたりしないのかなぁ?

2

スーツのアーマー力の安心感

おっす!オラホモサピエンス!

ホモサピエンスなので、しぶしぶ服を着るわけだけど、そんななか「スーツのアーマー力」について考えてみた。

◆服のアーマー力

まず、これは「あーまーりょく」と読む。

違う言い方をすれば、「防御力」といえるかな。

よく、RPGなどやゲームの世界では、身につける装備に「防御力」という値が設定されている。

それが大きい値であればあるほど、ゲームを有利にすすめることができるのだ。

でも、そうしたゲームの世界では、「スーツ」が登場することはないね。

現実世界に近いものだと「布の服」がせいぜいかな。

ゲームの世界で、それより上の防御力を求めると「皮の鎧」などになる。

ゲームの左傾では、「スーツのアーマー力」は軽視されている。

◆スーツのアーマー力の安心感

ゲームの世界では、ほぼ見向きもされない「スーツのアーマー力」だけど、こと現実世界では、ちょっとバカにできない。

いや、むしろ、最強の鎧に近いものかもしれない。

オラは、最近まで無職だったワケだけど、スーツを着るだけでも、ちょっと強くなった気がするのよ。

たとえば、無職のオラが、平日の昼間っから街(町)をうろうろしていたとする。

オラが働いてないという負い目を感じてたから、かもしれないが、「スーツで出歩く」のと、「普段着で出歩く」のとでは、ぜんぜん違うのよね。

なにか「安心感」が違うのよね。

たとえば、会社の面接のために、スーツを着て、電車にのって、街を歩いて、みたいなシチュエーションでも、スーツを着てると、なんだか「安心」だったりする。

最弱の「布の服」と同じ素材でありながら、「スーツのアーマー力」は、ちょっとバカにできない。

◆スーツの偽る力

スーツを着ていると、それだけで「ちゃんとしている身なり」を装うことができるんだよね。

「ちゃんと働いてますよ」「ちゃんと給料もらってますよ」「ニートじゃないですよ」みたいな顔をすることができるっていう。

そういう免罪符的な役割すら、スーツは持っている。

ある種の「仮面」みたいなモノかもしれない。

このスーツは、着ている側からしても安心なのだが、スーツを見ている人にも安心感を与えたりする。

よく聞く話で、泥棒が街中を歩くときの格好で、一番多いのはスーツだという。

泥棒ファッションとして「頭に風呂敷をほおかむりして」いるイメージがあるが、あれはファンタジーの世界だ。

あんな姿の泥棒はめったにない。

そんな姿だったら「私は泥棒ですよ」と宣伝しているようなもので、一発でまわりの人から不審者として見られてしまう。

しかし、スーツを着ていれば、それだけで、まわりの環境にも溶け込める。

たとえ、昼間から住宅街をぶらぶら歩いていても、まわりからは「仕事の人だろう」くらいに思われる。

ほら、ルパン三世みたいな大泥棒だって、泥棒ファッションではなくて、スーツに近い服を着てるでしょ?(石川五ェ門は袴だけど)

◆スーツを脱ぐ瞬間

オラは、めでたく仕事につくことができ、またスーツを着て出歩くことになった。

スーツを着ない仕事をしていた時には、スーツを着るのが苦手だったが、今はスーツを着て出勤するのが日常だ。

スーツを着ているのが「仕事ON」状態。

仕事をするときには、スーツのアーマー力+「安心感」を身にまとう。

一方で、スーツを脱ぐのが「仕事OFF」状態。

スーツのアーマー力を脱ぐことで−「緊張感」も、一緒にオフにするという感じ。

女性が好きな、男性の仕草として、「スーツ姿でネクタイをゆるめる」というのがあるが、仕事のONとOFFの境目が見えるのが、楽しいのかしらね。

さて、それじゃあ、これからスーツに着替えて、仕事に行きますか!

『ハンサム☆スーツ』は持ってないけどもね☆