Wassrが終わって「よかった」と思うこと

おっす!おらわさらー!

2012年を振り返るとなると、やっぱり、Wassrが終わったことがあったなぁ…と。

ということで、おらなりに、いま、Wassrについて振り返ってみるてst。

wassr忘年会の思い出

Wassr忘年会の思い出:ダンボーとタチコマ / 2012-12-15 (土) 20:15

◆Wassr終了についての公式コメント

先日、次のような記事が載っていた。

Wassr、カレログ、“サービス終了”の理由とは?|【Tech総研】

日本製Twitterとも呼べる「Wassr」。Twitterの日本語版がまだなかった2007年にリリースされ、充実した機能と楽しい仕掛けで人気が上昇。エンジニアやギークからも愛された。そのサービスが10月1日に終了。立ち上げから参加した木村岳文氏と、ユーザーから開発者へと転じた大濱健治氏が語る。

まあ、内容はあちらで読んでもらうとして、Wassrの中の人の公式なコメントって、ここくらいでしか読めないんじゃないかしら。個人的なブログやTwitterでは読んでいたのだけども。

おらとしては、Wassrが終わることで、さんざん「残念だ」って言ってきたので、あえて「よかった」と思うことはナニか?と考えてみたい。

◆Wassrが終わって「よかった」こと

答え:Wassrが中心の生活でなくなったことで「自由」になる。

おらは、自称ヘビーわさらー(Wassrユーザ)だった。

なので、Wassrに関わる時間がかなり多いほうだった。

どこかへ行くには、ケータイからWassrのページをチェックし。

そこで写真を撮影して、Wassrへアップし。

さらに、その投稿したネタに「イイネ!」がどれくらいつくかを確認し。

さらにさらには、その一日で、「イイネ!ランキング」に入るかどうかをみるなど。

まあ、生活の中心がWassrをチェックすることで回っていたような部分があった。

2012年は、それでもだいぶWassrへの投稿は減っていたのだけど、それでも、多くの時間、いつでも、どこでも、Wassrを確認し続けていたように思う。

それが、7月に入り、Wassrが終わるというアナウンスがあって、おらはWassrの依存度を急速に下げていった。

Wassrが終わるとアナウンスされてから、実際にサービスが終了するまで、三ヶ月ほどの猶予があったので、その間に、ちょっとずつ、Wassrをやめていった感じだ。

たとえば、タバコをやめるときに、急にやめずに、徐々に「禁煙」するのと似ているかもしれない。

ヘビースモーカーも、少しずつタバコの本数を減らして、最終的には、タバコをなしでも生活が送れるようにする、みたいな。

おらも、Wassrがなしでも生活が送れるように、少しずつWassrに関わる時間を減らしていき、そういう身体とメンタルに慣らしていった。

そして、Wassrが終わるという最終日には、「とても残念なきもち」もありつつ、Wassrが無くなっても、うろたえたりしないようにはなっていた。

そして、振り返ってみると、Wassrがなくなったことで、「自由」にもなった。

Wassrに関わっていた時間は、無駄ではなかったし、とても楽しいものだったし、おらにとって重要なやりとりではあったのだけど。

Wassrがネットから無くなった今は、Wassrがおらの中で占めていた重要度と時間の分だけ、逆に「自由になった」ように思える。

ま、あえて、Wassrが無くなったことを「プラスに考える」という思考の出発点からだした結論だけどもね。

いま現在、Wassrのユーザはあちこちにバラバラのサービスに分かれてしまった。

わさらーの中には、Google +に行った人も、わりと多くいる。

が、おらはGoogle+を第二のWassrのようには利用していない。

Wassrが無くなった今は、「見るのも見ないのも自由」なのだ。

依存度が減って、バランスがとれているように思える。

先日のWassrの忘年会が開催されて、おらも参加してきた。

忘年会はとても楽しかったが、早くも、おらの中では「卒業した母校」のような存在になってきているように感じた。

最後に、おらがWassrで最後にしたつぶやきをコピペしておこう。

kemeko縁があってわっさーに集ったわさらーたちよ。縁があるんだからまたどこかで逢いましょう。でわ。
by iMaka at 2012-10-01(月) 11:58:33

LOGPI!(ログピ)のログをblogtrottrを使ってEvernoteに保存するメモ

おっす!おらさっきまでわさらー!

本日(10/1)の正午に、わっさー(wassr.jp)終わりまして、色々ありがとう!

今回、wassrが終わるにあたり、自分のログをローカルに保存するのにけっこう手間取ったりしたのよね。

ログ収集ツールを提供してくれた人がいなかったら、ログは諦めていたと思う。
収集ツールを作ってくださった方には本当に感謝感謝。

 

◆ログピでのログの保存

さて、それで引っ越し先として、ログピを本格的に使い始めたわけだけど。

でも、ログピにはログのエクスポートがないので、あとあとで大変なことにならないようにログを保存しておきたい人は準備をしておくとよいかも。

ログピはTwitterと連携できるので、そこからTwitter経由でログを保存する方法もあるよね。

おらがここでのべるのは、blogtrottr.com とEvernoteを利用する方法だよ。

  1. ログピで自分のfeedのURLを確認する(例) http://logpi.jp/imakakomi/feed/you
  2. http://blogtrottr.com/ にアクセスする
  3. 1のURLを入力し、メールアドレスにEvernoteの送信用のアドレスを入力する

これで、ログピのログがEvernoteに飛んでくるようになるよ。

あとは、適当にEmail subjectなんかを変更すると、Evernoteのノートブックに自動的に保存されるよ。

 

 

おらはEvernoteに「187_ログピ」という名称のノートブックを用意しているので、メールのタイトルを「Your {schedule_name} for {feed_title} @187_ログピ」としてる。

 

◆時刻のズレ

メールの時刻がずれてるという場合は、タイムゾーンを設定するべし。

サインアップしたら、Account Settings に行き、Timezoneを[Tokyo]に
http://blogtrottr.com/account/

 

◆まとめ

ばいばい Wassr いままでありがとう。

こんにちは LOGPI これからよろしくね。

 

Copyright © 2006-2012 Mobile Factory, Inc.

2

サービスの終了の仕方とWassrについて

おっすオラわさらー(=wassrを利用している人の意味)!

もうすぐWassrが終わるのでわさらーじゃなくなるけども。

Wassrは今日(9月14日)で新規受付が終了。10月1日でおしまい。(参考:サービス終了のお知らせ – Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

ところで、wassrの終了のアナウンスは8月1日にあったのだけど、9月14日の現在、とくにそれ以上のアナウンスはない。

ログのエクスポートも(今のところ)できないみたい。

ログのエクスポートって、それほど重要視されてないのかしら?

wassrに流れてくる前に、nowaってサービスを使っていたのだけど、nowaが終了するときにはログのエクスポートを用意してくれていた。

まあ、nowaは、ブログとsnsのあいのこみたいなサービスだったから、ログをエクスポートして、livedoorブログへお引越ししてねって意味もあったのだろうけども。

wassrはブログではないが、ログのエクスポートを用意してくれたら親切なのになぁ、とは思う。

というか、逆にオラの感じ方では、ログのエクスポートを用意してくれないのは不親切だなぁと思う。

提供者側としては、サービスは終わりです。はいおしまい。でいいのかしら?

ログのエクスポートが用意されてないのなら、自分でなんとかしろっていうのが「普通」なのかしら?

まあ、それがWebサービスなのかもしれないね。無料だし。無料だから文句言うなっていうね。

ただただ、オラが今まで使ってきたところが「親切すぎた」だけなのかもしれないね。

でも、少なくとも、「ユーザに親切」にしてくれる会社は、オラとしては好感が持てるけど。

「ユーザに親切」っていうのは、ユーザがのぞむ機能を盛りこんでくれるって意味だけど、もし、最後までそうした「ユーザに親切」にしてくれるなら、もしサービスが終わったとしても、その会社の他のサービスも使ってみようかなとは思う。

それって、「次に繋がる」チャンスと思うんだが…ちがうのかしら?

ま、実質wassrのアクティブ数が何人いるのかわからないけど、せっかく確保したユーザを、そのまま放流するんじゃなくて、他の自社のサービスを使ってくれるように「ユーザに親切にしておく」のもいいんじゃないかな、と思った。

モンスターペアレントというのがあるけど、上記のメモは、オラが「モンスターわさらー」な可能性もあるのだが、が、が。

ペットを死ぬまで飼わない親子の話。タチコマの家出。

おっす!オラかつてペットを飼っていた人!オラんちのぬこは天寿をまっとうしたと思うよ!
「ペットを死ぬまで飼わない」という人(親子)の話を目にしたので、ちょっとメモっておくよ。

きっかけは、オラが生息するWassrでのこんなヒトコトから

昨日綾目と外歩いてて5・6歳の子に話しかけられたんだけど「家にも猫いるよー、小さいの、大きいのもいたけど年とったから放した!」って言ってて、それは死んだのを親が気遣ってそう言ったんだろうと思ったんだけど、本当だったらとか、年とったら捨てるものだって思って育つのもどうなんだろうとか、色々考えてもんやり。私だったら自分の子供には死んだって言う…と思う、けど年にもよるかなぁ。まだわからん。
by Aya@寝飽きた

断耳してないドーベルマンピンシャーの画像(wikipediaより)ここで出てくる「綾目」というのは、Aya@寝飽きたさんが飼われているドーベルマンピンシャーのこと。(※画像はWikipediaより引用)

この文章を読んで、オラは、ビックリした。
文に書かれてる要素は3点。

  1. 子どもの認識:「ペットが年取ったから手放した」
  2. 親の行動A(事実):「ペットが年取ったから手放した」
  3. 親の行動B(想像):「ペットは死んだけど、子どもにペットは年取ったから手放したと嘘をついた」

どれをとっても、ゾッとする話。
この子どもは「ペットは年取って古くなったら買い換えればいいモノ」「可愛くなくなったら捨てていいもの」と思っているんだろう。
まさに親の教育のたまもの。 

上の話を読んで、本当にそういうコトをする人がいるのか、調べてみた。

AllAboutにこんな話がのってた。

先日、犬猫の引き取り業務も行っている部署で働く行政の方から、ちょっとショッキングなことを聞きました。犬や猫の引き取りを依頼する方には、「子供の情操教育が終わったから」と言われる方が少なくないそうなのです。子供の情操教育っていったい何なのでしょうね?
ペットによる子供の情操教育について [小さなペット] All About

こういう親は、「少なくない」らしい。
いらなくなった犬猫は、さくっと処分できる人が「少なくない」ということ。
つまり、先のAya@寝飽きたさんが出会った子どもの家庭では「古くなった犬を処分」している可能性が、「本当にある」、ということ。

Aya@寝飽きたさんの話でオラが思い出したのは、アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の「第12話 タチコマの家出」だった。

ある日タチコマは、ミキちゃんという女の子に出会う。
ミキちゃんは飼っていた犬(ロッキー)がいなくなってしまい、それをタチコマが一緒にさがしてあげる、というエピソード。
ふたりで“海が見える丘公園”へと向かう途中に、こんな話をしはじめる。

第12話 タチコマの家出 映画監督の夢 ESCAPE FROM*
ミキ「ロッキーはね、ミキが産まれた時からずっと一緒に暮らしてたの。一緒に遊んだり、一緒にご飯食べたり、一緒のベッドにも寝てたんだよ。」
タ「ふーん。二人は仲良しだったんだね。」
ミキ「うん。」
タ「でもロッキーは何で迷子になったの?いつもミキちゃんと一緒にいたんでしょ?」
ミキ「うん・・・ねえタチコマ。貴方秘密の金魚っていうお話知ってる?」
タ「秘密の金魚?知らない。」
ミキ「私と同じ位の女の子が主人公の物語なの。」
タ「物語?」
ミキ「そう。自分の金魚をどうしても人に見せたがらない女の子のお話で、その子が何で人に金魚を見せたがらないかっていうと、自分のお小遣いで買ったからだって言うの。それでね、周りの大人は、なんて困った子供なんだろうって心配するけど、本当はその金魚はもうとっくに死んじゃってて、その事を周りの大人に気付かれまいとして女の子は金魚を誰にも見せなかったの。」
タ「うーん、よく分からないなあ。だって金魚は死んじゃったんでしょ?だったらまたお小遣いとかで新しくすればいいのに。」
ミキ「駄目よそんなの。死んじゃった金魚はもう帰って来ないんですもの。女の子は金魚が死んだ事で自分が悲しむだろうって大人達に思われたくなかったのよ。だって自分はもう十分悲しんだもの。」

このあと、ふたりで“海が見える丘公園”で、ロッキーのお墓を見つける。
ミキちゃんはこう続ける。

ミキ「私、本当は知ってたんだ。木曜日にナーサリーから帰ってきたらロッキーがいなくなってて、もうずっと前から元気がなかったの。ママ達は、ロッキーは出かけたって言い張るの。でも金曜日も土曜日も、ロッキーを探しに行こうって言ってもパパもママも、ダメだって言った。だからもう、ロッキーは死んじゃってるんだって分かってたけど、探しに行くふりしなきゃミキが、本当の事知ってるんだってパパとママに分かっちゃう…」

もうね、オラはこのシーンは何度みても号泣するんだ。
このブログを書くためにDVD見直したんだけど、まあ、涙ぽろっぽろだわ。
最初に見たときには、2004年の作品だから、うちのぬこも元気だった頃だけども、 それでもぽろぽろ泣いてしまった。

さっきの子どもも、このミキちゃんのように、「本当は飼ってたぬこが死んだけど、知らないフリをしている」、だったら良いのになぁ…。

◆ミキちゃんとタチコマのエピソードは「虚構」であるけど、とてもよい話。また、冒頭の子どもの話は「現実」だけど、とてもゾッとする話。

実は、こういう「なんで古くなった年寄りを殺しちゃダメなの?」って、疑問すら思わない人が多くなってるのかもしれないな、と思う。

また、そうした人たちが、実は政治家のトップになったりしてて「年寄りや弱者は切り捨てる」のがいまの日本だと思う。
大阪市の橋下市長や、東京都の石原都知事の政策なんかは、「老人は死んで」って言ってるのと同じだもの…。

「古いぬこは放した!」と、当たり前のコトとして言い放つ子どもがいるのが、まさに「いまの日本の縮図」なのかもしれない。
また、そういう家族に、『タチコマの家出』をみせても、まるでピンと来ないのかもしれない。

オラは、アニメで描かれた「虚構の話」の方が、ずっと、もっと、理想的な世界だと感じた。血も涙もなく、またゴーストもなく、死という概念を理解できないタチコマでさえ、ミキちゃんの話を聞いてオイルを流すという世界が。

今年の流行語に推薦したいことば

おっす、オラわさらー。わさらーというのはWassrというサービスをしている人のことを指す単語だよ!

というわけで、わさらーのオラが、2012-03-13に発信された↓この言葉を、メモっておくよ!

やせがまんの反対のことば

「やせがまん」の反対は「でぶやりたいほうだい」
http://wassr.jp/user/770/statuses/uzybCaawTY

ナナオせんせーのありがたいお言葉だよ。
この言葉をよんで、オラ、尊敬しちゃったよ。

さっき、ぐぐってみたけど「でぶやりたいほうだい」なんて言葉は、ヒットしなかった。
オラは、この言葉を、新流行語大賞に推薦したいくらい、ステキな言葉だなって思ったんだ。

ちなみに、この上の引用画像で「3」と数字が書かれているのは、2012-03-13 に、わさらーからイイネ!されたステキな言葉のランキング「3位」って意味だよ。

Tumblrでリブログするか、WordPressに書くかと悩むところだけど、イイネ!のアイコンの数をキャプしたかったので、こっちに書いてみた!