プラレス3四郎=初めて買ったマンガ

おっす!おら、マンガマニア。

オタク的な娯楽で、アニメ、マンガ、ゲーム、などとあるけれど、おらは圧倒的に「マンガ派」だよ。

そんなおらが、マンガにハマるきっかけとなった作品について、書いておきたいとおもう。

プラレス3四郎

■プラレス3四郎とは?

おらが、一番最初に、お金を出して買ったマンガは『プラレス3四郎』だった。

プラモデル×プロレス×マイコン(いまでいうパソコン)=プラレス、という仮想のホビーを使った、バトルマンガだ。

主人公の3四郎が作ったプラレスラー柔王丸が、さまざまな敵と戦うバトルマンガだ。

おらは、この作品が大好きだ。

■アニメ版と原作のマンガ版の違い

この作品はアニメ化もされており、1983年(昭和58年)の6月から スタートとなっている。

おらが、この作品に入っていったのは、アニメではなくマンガ版からだった。

アニメとマンガの大きな違いの特徴は、柔王丸というロボットの表情が、あるかどうかだ。

マンガの原作には、上の表紙のように、柔王丸はにっこり微笑むこともできるし、バトルで苦しむ表情を浮かべることもある。

しかし、アニメ版では、まったくの、能面で戦っている。

これが、おらには耐えられない違いだったので、アニメ版はほぼ見ていない。

ちなみに、マンガ版は全部で14巻まで発売された。

■プラレス3四郎のマンガの思い出

おらは、プラレス3四郎のマンガ版から入った口だ。

1巻からではなく、なぜか2巻から買った記憶があるのだが、なぜ、このマンガを買ったのかまでは、覚えていない。

2巻の奥付を見ると「昭和58年4月15日」と書いてあるが、実際に発売されたのは、1983年の3月のようだ。

当時のおらには、マンガ雑誌を買う習慣も、また、お金もない小学生だったので、たまたま手にしたマンガだったんだろうと思う。

このマンガの何がよいか?

一つに未来(SF)があり、一つにバトルがあり、もう一つにエロスがあった。

■未来(SF)のワクワク感

2014-05-11 11.05.22

プラモデルをマイコン(パソコン)で動かして戦わせるという設定は、ものすごくワクワク未来(SF)設定だった。

いまのように、パソコンが高性能でもなく、それこそ、ファミコンが登場するより前にスタートした物語である。

おらがマンガ版のプラレスにハマったのが1983年3月で、アニメが同年の6月からのスタートであり、同年の7月にファミコンが登場したのだ。

とても、時代の先を夢見た、設定であったと思う。

■バトルのハラハラ感と敗北感

このマンガは、プラレスという舞台設定のため、さまざまな敵と柔王丸が戦うことになる。

また、対戦方式がトーナメント戦ということもあり、柔王丸と対戦する相手だけではなく、さまざまなキャラクターを見ることになる。

そして、プラモデルを使ったバトルなので、相手のプラレスラーが壊れることもある。

いま思うと、リョナ要素なのか?とも思うが、激しい戦闘の結果、激しく壊れるというところに、なぜがゾクゾクしていたんだと思う。

2014-05-11 10.53.01

強敵と戦ったあとの柔王丸は、常にボロボロであり、手がとれたり、足がとれたり、痛々しい姿になる。

そして、それが、グッとくるのだ!

このボロボロ柔王丸は、まねしてお絵かきしたりした。

■エロスに(*´Д`)ハァハァ

さいごにあげるエロスについては、少年はエロスを求めるものなのである(断言)。

と、言っても、直接的なセクロスシーンなんていうものはない。

2014-05-11 11.03.18

おらが、最初に手にした、この『プラレス3四郎 (2)』では、唯一エロスシーンは、この吹雪今日子さんのパンチラくらいのものだ。

しかし、小学低学年のおらには、これで、もう、どエロスなのである。

(*´Д`)ハァハァなのである。

もうちょっと巻がすすむと、おっぱいシーンが登場したりもするんだぜ!←

ちなみに、この吹雪今日子が作ったプラレスラー桜姫も、これまたエロいのである。

2014-05-11 11.26.49

戦うシーンからして、えろ担当なのがわかる。

ちなみに、この『桜姫』は、Figmaが売っていたりするくらいの人気キャラだったりもする。
41iUMpj1lGL

■プラレス3四郎のよい思い出(3巻はどこへ?)

こうした、要素が組み合わさって、プラレス3四郎は、ぼくの欲しい要素がすべて組み合わさってできていたマンガだ。

いや、逆に、プラレス3四郎から、ぼくの好きな要素が作られたということなのかもしれない。

おらの、深いところの根っこの部分に、このマンガがあるのは確かだ。

2014-05-11 10.26.52

よい思い出は、たまにひっくり返したりするものなのだけど…。

(゚Д゚)アラヤダ机に並べてみたら、3巻が無いぞ??

どこへ行っちゃったのかな(´Д`; )

広告

アップルシード・サーティーン(1)の感想とかなんとか

おっす!オラマンガマニア!

今回は、マンガ『アップルシード・サーティーン(1)』の感想だよ!(※ネタバレ注意)

このマンガは偶然に本屋さんでみかけて購入した。

もともと、士郎正宗がかいてた頃の原作『アップルシード』のファンだったので、この二次的マンガに手がのびた。

また、購入にさいして、「原作を知っている」以外であとおししたのは、鬼頭莫宏の推薦文だ。

すなわち、“「ステキメカ!!」「コンピューターでのモデリングや写真トレスじゃ到達できない世界がココにあります」”の一文が、なかなかよかった。

感想は、たしかに、コンピューターでのモデリングではできない、マンガならではの「線のあたたかさ」を感じることができた。

どことなく、士郎正宗の『ドミニオン C1』を思わせるのも、ポイント高い。

それは、作品全体をとおして、キャラクターが「訛っている」ため、とも言える。

『ドミニオン』は、もともとの設定が兵庫県あたりを舞台としていたので、キャラクターが関西弁をしゃべっても、なんら違和感がなかった。

が、しかし、この『アップルシード・サーティーン』は、舞台はヨーロッパあたりなんで、訛りを強調するのは、原作的にはないのかもしれない。

でもでも、これはこれで、ありだな、と思った。やはり作画の線のあたたかさとマッチしているからなんだと思う。

そして、デュナンのこの顔であるw

CGでは再現できるはずもない、この崩しっぷりには、原作のそれさえも大きく超えている。

表紙のキリッとしたかっこいいデュナンとはまったく違った面が、マンガのなかでは、ちょいちょぉい登場する。

オラはこの顔のデュナンはかなり好きよ。こんなデュナンを書いちゃう作者は、よっぽどぽっちゃり好きなんだと思うしね。

いや、もっというと、ぽっちゃり芸人の柳原可奈子のことを、きっと作者は好きなんだと思う。

オラくらいのぽっちゃり好きには、ピンときたよ!

たとえば、次のコマ。

「気になっちゃう感じ?」なんてセリフを、『アップルシード』の世界でみるとは思わなかったわ。

これはもちろん、柳原可奈子の出生芸である、109の店員さんのモノマネだろう。

 

『柳原可奈子の気になっちゃう感じですか?』という本のタイトルにも使われるくらいに、このセリフはそのまま柳原可奈子をあらわしている。

うむ、この作者さんは、オラのすきなものを好きなんだな!っていう共感が、マンガをより面白く感じさせてるのかもしんない。

あと、小ネタでおもしろかったのは、携帯電話の表現かな。

原作では、デュナンはよく小型の無線をつかって話していたのだけど、この作品では携帯電話が登場している。

しかも、くるくるっと巻き取りできちゃうのが、いまある携帯電話の延長ではない、SFっぽいところかな。

携帯電話だけではなく、携帯端末(ノートPC?)も、くるくるっとまきとりできちゃうようで、持ち運びに便利そうだ。

でも、オラの記憶では、アップルシードの世界って、いわゆる攻殻機動隊の世界でいう「電脳」みたいなのが存在するはずなんだけども…?

ま、すべての人が電脳化手術しているほどではなく、サイボーグの一部が電脳使っているっていうレベルだとすれば、こういうガジェットも残っているよね。

あと、蛇足でいうと、読者を選ぶマンガかもしれない、というのが気になった。

この作品が『アップルシード』に触れるのはじめてだと、主人公のブリアレオスとデュナンの立ち位置というか、生い立ちというか、そういうのが端折られてるので、さっぱりわからないと思う。

そこは少し不親切かもしれないが、いままでアップルシードを知ってる人からすれば、アナザーストーリーとしては十分に楽しめる作品と思う。

特に登場するキャラクターの表情が豊かなのが、とにかく楽しい『アップルシード』なので、そこが好きならオススメよ!