Kinivo BTH240を使って良かったこと・困ったこと

おっす!おらヘッドフォンを買った人!

今回は、『Kinivo BTH240 Bluetooth ヘッドフォン』について、感想を述べてみるよ。

2014-08-24 10.15.06

☆買った理由:

  • ヘッドフォンが欲しかった。耳掃除をしすぎて、左耳が壊れてしまったので、イヤフォンではなく、ヘッドフォンが欲しかった。
  • ケーブルレスが欲しかった。今まで、ケーブルレスのヘッドフォンを持ってなかった。

☆グッドな点:

  1. iPhoneとの接続は簡単:箱をあけて、ヘッドフォンとiPhoneを接続するまで、1分くらいでできた。おらは、Bluetoothの機器を買うのははじめてだったけど、説明書のとおりで全く問題なかった。
  2. Macとの接続も簡単:こちらも、簡単で、はじめてでも1分かからない。
  3. ケーブルが無い:Bluetoothなのでケーブルが無い。ケーブルは、こんがらがってとても煩わしいのだが、それが無いのは、スッキリしてとてもよい。
  4. 眼鏡をかけていてもおk:眼鏡をかけていても、このヘッドフォンはうっとおしくない。頭を締め付けられる感じもない。
  5. バッテリーは6時間くらい:充電はUSBケーブルで行う。こまめに充電しておけば、バッテリー切れで困ることは無さそう。

☆改良してほしい点(困ったこと):

  1. 電話の誤作動:おらは、iPhoneはSiriをオフにしているのだが、BTH240を接続すると、音声入力が有効になるっぽい。ボタンひとつと音声で電話がかけられるのは、便利であるようでいて、困ることもある。
  2. 寝る時にかけるのはジャマ:寝落ちするときまで音楽を聴いていたいタイプの人には、このヘッドフォンの

★電話の誤作動の思い出:

ヘッドフォンを首にかけて、iPhoneはバッグに入れて、自転車にのって出かけていた。

その時に、うっかりヘッドフォンのボタンを押してしまったようで、実家に電話がかかってしまっていた。

ボタンの誤操作と、Siriを切っているのに、BTH240の音声入力が強制的に有効になるという合わせ技が原因だと思う。

おらは、電話したことに気づかなかった。

家族が、おらからの電話だということで電話に出るも、おらは何も返事をしない。

通話しているとき、ちょうどおらのそばを救急車がサイレンを鳴らしながら通った。

それを、電話ごしに聞こえた家族は、おらが行き倒れ寸前に電話をかけてきて、救急車が現場に到着した瞬間だと、想像したらしい。

その後、家族は実家の電話ではなく、母親の携帯からもおらの携帯に電話をかけたりするが、おらの電話は通話状態を保っているので、電話がなることもなく、余計に混乱状態になってしまったとのこと。

しばらくして、おらがヘッドフォンから漏れ聞こえる家族の呼びかけていた声に気づいて、電話に出て、ことの顛末を説明することになった。

この電話機能は、うっかり発信すると非常にめんどくさいことになるので、電話は受け専門という設定ができたらよかったのになと思う。

★蛇足:Kivinoの読み方

キニボ、かな。

Windowsを捨てるときにディスクをきれいに

おっす!おら、Macユーザなりたて!

先日、Windowsを下取りにだして、1万円をゲットしたよ。

が、その前に、Windowsでやったことφ(・ω・ )メモ。

まず、WindowsからMacへデータのコピー。

そしたら、Windowsをリカバリーして、まっさらにして。

まっさらにして、唯一したのが、ファイルを復元できないようにした。

20140505-054326.jpg

これで、とりあえず、何にもファイルを復元できない、と思う。

おらの、あんなエロい写真や、こんなエロい動画も、安心!

新しいMacにiTunesとiPhoneのデータをお引っ越し

おっす!おら新MacBook Airユーザ!

今回は、古いMacから、新しいMacへ、iTunesのデータのお引っ越しやらなんやらをやってみた。

懸案事項は、iPhoneのデータのお引っ越しだった。

なんとかなったので、なにをしたかのメモ。

2014-05-03 11.06.35

■環境について

旧Mac:MacBook / 13-inch,Late 2009 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

新Mac:MacBook Air / 11-inch,Early 2014 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

旧Macでも、新Macでも、同じOSで、同じiTunesのバージョンを使えるのが、Macのいいところ!

それでは、やったことを、順番に羅列してみようかな。

詳しいやり方は、さらにネットを調べてくださいね☆

■(1)ネットで下調べ

ネットで、iTunesとかiPhoneとか同期とかをキーワードに検索した。

あらかじめ、やりたいことを、イメージできるのが大事。

■(2) iTunesの音楽のお引っ越し

@旧Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にする。

@新Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にして、旧Macのホームシェアリングをみて、引っ越す。

これは、簡単だった。

■(3) iTunesの設定

@旧Macで
iPhone のフルバックアップをとっておく。

@旧Macで
メニューの、ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理→ファイルを統合
→iTunes Media フォルダに保存し、オリジナルは現在の場所に残します。

環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない

@新Mac
環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない 。

■(4) Mobile Applicationsのフォルダの場所

@旧Mac
~/Puboic/iTunes Media/Mobile Applications

@新Mac
~/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications

これは、iPhoneに入っている、アプリのデータのバックアップっぽい。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(5) MobileSync

@旧Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

@新Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

これは、iPhone の、完全バックアップのデータ。

データサイズは、4.12GBくらいあった。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(6) FInderでライブラリディレクトリ(フォルダ)を見る方法

(4)や(5)で、フォルダが表示されない場合は、Finderのオプションの設定が必要。

Finderで、ホーム(~)を表示させる。

メニューの、表示 → 表示オプション → “ライブラリ”フォルダを表示

ライブラリフォルダは、非表示になっているので、これがないと、旧Macから新Macへのコピペができない。

■(7) 新しいMacで、「共有」を許可する

@新Mac
システム環境設定 → 共有 → ファイル共有

で、共有のフォルダを設定する。

@旧Macで

Finderから新Macを探して、データを移す。

MobileSyncのデータは、上記のフォルダを、コピーするのに、1時間くらいかかる。

※注意:新・旧Macともに、電源を繋いでいないと、データを引っ越し中に、スタンバイになって、やり直しになる。

■(8) iTunesのプレイリストを引っ越し

@旧Macで

プレイリストを書き出し。

@新Macで

プレイリストの読み込み。

■(9) 新MacにiPhoneを接続してみる

(1)〜(8)までの下準備をしていたので、特に問題はないようだ。

iTunesには、iPhoneのソフトもちゃんと反映されていたし。

@新Mac
新Macで、念のためフルバックアップをとった。

あと、メッセージ(意訳)「旧Macで、このiPhoneは管理されてたみたいだけど、新MacのiTunesで管理しちゃっていいよね?2台のiTunesでは管理できないんだよねぇ」みたいに言われた。

ので、「新Macだけで管理するよ」という意味で、YESと答えておいた。

■(10) iTunesの認証解除はあえてしない

WindowsXPを処分するときには、iTunesの認証を解除したけども、旧Macは、まだ家族が使うので、認証解除はしないでおいた。

関連: WindowsXPを処分するときにiTunesの認証解除を忘れずに | 774no874 

■まとめ

iTunesの移行って、はじめてだったけど、あらかじめやり方の雰囲気を調べておけば、なんとかなった。

とりあえず、このメモも、誰かの何かの参考になれば。

1

WindowsXPを処分するときにiTunesの認証解除を忘れずに

おっす!おら旧WindowsXPユーザ!

WindowsXPのマシンが、2つあるのだけど、それを処分するまえに、iTunesの認証を解除しておくよ。

アップルIDでは、最大5台までの認証らしい。

これやっておかないと、次のマシンでiTunesの音楽が引き継げない、なんてことになりかねないので。

iTunes Store:Mac または Windows パソコンを認証または認証解除する
http://support.apple.com/kb/ht1420?viewlocale=ja_JP

Mac または Windows パソコンを認証解除する

1. iTunes を起動します。
2. メニューバーから「Store」>「このコンピュータの認証を解除」を選択します。
Windows でこのオプションを表示させるには、 メニューバーの表示 が必要な場合があります。古いバージョンの iTunes では、「詳細」メニューからこのオプションを選択できます。
「このコンピュータの認証を解除」を選択します

3. Apple ID を入力し、「認証を解除」をクリックします。

そうして、Windows XPで外した画面がこちら。

スクリーンショット

とりあえず、認証が正常に解除された。

これを、捨てるWindowsXPの2台とも行ってから、新しいMacBook AirのiTunesの起動をしよう。

ちなみに、1台ずつ解除じゃなくて、一気に解除する方法も上記の紹介したページにあるのだけど、その技は年に一度しか使えないらしいので、最終奥義という感じ。

 

MacBook Air MD711J/Bを買ってやったこと

おっす!おらマカー!

ついに、サポート切れしたWindowsXPから、MacBook Airにのりかえたよ!

やったことを、一応、メモっておこうと思う。

2014-05-01 12.04.07

購入したモデル:MacBook Air MD711J/B

スペック: 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 / メインメモリ4GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ / ストレージ128GB / 11.6インチ / 1,366 x 768ピクセル(標準)

  1. (iPhoneから)MacBook Airを撮影

  2. 無線LANの設定

  3. Twitterアプリのインストール

  4. (iPhoneから)Tumblrに投稿
  5. Google Chromeのインストール

  6. Googleアカウントの設定

  7. Dropboxのインストール

  8. Evernoteのダウンロード

  9. Google日本語入力のインストール

  10. ニコニコ動画をみてみた。

  11. コンピュータ名を変更APPLESEED

  12. FaceTimeの設定

  13. Skypeの設定(なぜかログインできずにパスワードの再発行)

  14. アップルのカレンダーと連携するために、Googleアプリの固有のパスワード発行

  15. iCloudにログイン

  16. Dockのアイコンが大きくなる設定へ変更

  17. ソフトウェアのアップデート

  18. WordPress.comに記事を書く←今ここ

  19. 19:50@追記:テキストエディタmiのインストール

  20. 19:50@追記:顔文字辞書のインストール

  21. WindowsXPのデータを以降?(これから)

  22. 実家の旧Macから音楽データを移行(これから)

  23. WindowsXPを破棄(ヨドバシカメラでは1万円で買い取り?)

  24. 新しいバックアップのストレージを購入

  25. タイムマシンでバックアップ

こんなところかな。

EvernoteやDropboxやGoogle Chromeは、こういう、データのお引っ越しの時に、すごくやりやすいというのが、実感できるな。

あと、8GBのメモリのMacBook Airがほしいって思ってたのだけど、おらがやろうとすることは、まあ、せいぜい、たかがしれてるので、十二分の買い物だったのじゃなかろうか。

Evernote5.0.4 for Macはインストールしたらダメ

おっす!おらエバーノートラー。

エバーノートでメモとることが、いろんな基本になっている人間。

そんなおらが、Evernoteの最新版はおすすめしない。

理由はバグだらけだから。

先日、Evernote5.0.3で、メモの同期ができないバグがあり、それをApp Storeでなんとか、Evernote5.0.0に戻したところだった。

それで、App Storeで、5.0.4の配布がはじまったのだけど…。

だめだ、今回も地雷バージョンだ。

App Storeのレビューでは、5.0.4をインストールした人の罵詈雑言が飛び交っている。

どうしたEvernote!しっかり仕事してくれ!

Evernote for Mac バージョン5のバグとローカルフォルダの場所など

おっす!オラEvernoteらー!

Evernoteがないと、いろいろと困るタイプ。

それで、先日から、Evernoteの調子が悪くてこまっていた。

【現象】
Evernote for Mac(バージョン 5.0.3)でノートブックを変更できない。
新しいノートをローカルで作っても同期が失敗する。など。

【原因】

Evernote for Mac バージョン5.0.3では、同期に関するバグがあって、このソフトはいれたらダメっぽい。

ちなみに、ぐぐると、英語のフォーラムの記事がヒットするが、該当記事が消されまくってるので、詳しい話がよくわからん。

【試したこと】

以下はおらが試した方法(でもこれでは解決しない)。

  1. ローカルのデータを削除した。
  2. AppCleanerでEvernote 5.0.3を一度削除した。
  3. Time Machine からバックアップを戻した(バージョンアップする前のローカルデータ)
  4. Evernote 5.0.3をインストールした。

同期がして、元に戻るかな?って思ったんだけど、結局ダメ。

Evernote 5.0.3 for Macを使っている限り、この問題はダメっぽい。

【ローカルデータの場所】
ちなみに、Evernote 5.xになって、また保存場所が変わったっぽい?

下の二つだけでいいと思われる。

/Users/Macユーザー名/Library/Application Support/Evernote/accounts/Evernote/Evernoteのアカウント名

/Users/Macユーザー名/Library/CoreData/com.evernote.Evernote

【今後の対応】

方法としては三つかな。

  • Evernoteがちゃんと対策したバージョンを出してくれるまで、放置。
  • Evernote 5.0.3以前のものを、なんとか見つけてインストールする。
  • Web版のEvernoteを利用する。

とにかく、すっごく困るので、早くなんとか直って欲しい。