自転車の「相棒感」の喪失と復活

おっす!おらチャリンカー。

自転車でウロウロするのは好きだよ。

ちょっと、自転車であれこれあったのでφ(.. )メモっておきたい。

2015-07-20 13.43.00

土曜日は、母親の誕生日だったのね。

おらんちから、実家まで、自転車で30分くらいの距離なので、お誕生日祝いに行くことにした。

リュックサックに、よく冷えたワインをいれて、家を出発したところで、雨が降りだした。

おいおい、やめろよ、と思いつつも、行かないわけにはいかないので、雨に濡れながら出発。

ほら、先日、道路交通法が改正されたから、傘をさしながらの自転車は、すぐに怒られるからさ。

雨に濡れながら、そのまま、自転車を飛ばしていく。


おらんちから、実家までの、半分くらいにさしかかろうと言う時に、自転車の後輪が、ブシュッとなった。

パンクだ。

あーあー!

おらのチャリは、2013年8月に、アサヒサイクル自転車で買ったものだ。

サイクルメイトになって、毎月、定期的にメンテをしてもらっている。

先月、店員さんから「うしろのタイヤが相当磨り減ってるので、パンクのキケンがありますね」とは言われていた。

そのときは「パンクしたら直します」って答えていたのだけど、まさか、このタイミングでねぇ…。

その自転車屋さんは、300mくらい過ぎ去った場所にある。

この時のパンクした自転車の、まあ、頼りなさったら、ないよな。

自転車に乗っている時に「相棒感」は、本当に頼もしい。

でも、パンクした瞬間から「足手まとい感」が、尋常じゃないw

自転車『お、おれは、もうダメだ…。すまないが、このまま引きずって連れて行ってくれ』てな感じだ。

自転車は『置いていってくれ』とは言わないからな。

そして、パンクした瞬間から、ズルッズルと引きずる感じの「足手まとい」になるものな。

ここで、頭に巡ったあるお言葉。

以前書きましたが、結婚式で「健やかなる時も病める時も、喜びの時も悲しみの時も、富める時も貧しい時も、 汝これを愛しますか」と聞くのは、「病気、感情が大きく揺れる、経済状態が変わった時、人間は別人になるよ。気をつけてね」と言ってるんですよね。かなりリアルな警句なのですな。” https://twitter.com/tarareba722/status/554287429692035072

ケッコンについてもそうだけど、これ、自転車についての気持ちも、当てはまるわ!って思った。


雨に濡れながらも、なんとか、かんとか、自転車屋さんに引きずって行き、パンクの修理をお願いすると、20分くらいで、4,500円くらいするという。

誕生日会に出席するので、急いでいたため、とりあえず、自転車をあずけて代車を貸してもらった。

雨が降っていたからか、貸していただいた代車がしょぼくてびっくりしたw

おらのは一応ギア付きで、いままでも、代車を何度か借りたけど、その度にギア付きの自転車を貸してくれた。

けど、この時は、ギアなしで、ところどころ錆びてる、古めかしい自転車だった。

雨だから、しょぼいのを貸してくれたのかしらね?

まあ、無いよりはマシだけど。


そこで、頭のそろばんを弾くと「後輪のパンクを修理すると4,500円くらい+前輪だったら4,300円くらい+サイクルメイト3,000円」あれ?これ、普通に新しいママチャリ買えるんじゃね?

まあ、「相棒」だからな。

うん、「相棒」だから、すぐには手放さないけども、なんとも、自転車のメンテ費からすると、新しい自転車買えちゃう感じがなぁ…。


無事に誕生日会にも参加して、いまさっき、直った自転車を引き取りに行ってきたよ。

おらは、サイクルメイトに入っているので、費用は10%オフになるから、4,000円くらいになったけど。

やっぱり、今の時代、直して使うより、買い直したほうが安いっていうのがあるんだな。

まあ、これからも、よろしく頼むよ、相棒チャリよ。

Kinivo BTH240を使って良かったこと・困ったこと

おっす!おらヘッドフォンを買った人!

今回は、『Kinivo BTH240 Bluetooth ヘッドフォン』について、感想を述べてみるよ。

2014-08-24 10.15.06

☆買った理由:

  • ヘッドフォンが欲しかった。耳掃除をしすぎて、左耳が壊れてしまったので、イヤフォンではなく、ヘッドフォンが欲しかった。
  • ケーブルレスが欲しかった。今まで、ケーブルレスのヘッドフォンを持ってなかった。

☆グッドな点:

  1. iPhoneとの接続は簡単:箱をあけて、ヘッドフォンとiPhoneを接続するまで、1分くらいでできた。おらは、Bluetoothの機器を買うのははじめてだったけど、説明書のとおりで全く問題なかった。
  2. Macとの接続も簡単:こちらも、簡単で、はじめてでも1分かからない。
  3. ケーブルが無い:Bluetoothなのでケーブルが無い。ケーブルは、こんがらがってとても煩わしいのだが、それが無いのは、スッキリしてとてもよい。
  4. 眼鏡をかけていてもおk:眼鏡をかけていても、このヘッドフォンはうっとおしくない。頭を締め付けられる感じもない。
  5. バッテリーは6時間くらい:充電はUSBケーブルで行う。こまめに充電しておけば、バッテリー切れで困ることは無さそう。

☆改良してほしい点(困ったこと):

  1. 電話の誤作動:おらは、iPhoneはSiriをオフにしているのだが、BTH240を接続すると、音声入力が有効になるっぽい。ボタンひとつと音声で電話がかけられるのは、便利であるようでいて、困ることもある。
  2. 寝る時にかけるのはジャマ:寝落ちするときまで音楽を聴いていたいタイプの人には、このヘッドフォンの

★電話の誤作動の思い出:

ヘッドフォンを首にかけて、iPhoneはバッグに入れて、自転車にのって出かけていた。

その時に、うっかりヘッドフォンのボタンを押してしまったようで、実家に電話がかかってしまっていた。

ボタンの誤操作と、Siriを切っているのに、BTH240の音声入力が強制的に有効になるという合わせ技が原因だと思う。

おらは、電話したことに気づかなかった。

家族が、おらからの電話だということで電話に出るも、おらは何も返事をしない。

通話しているとき、ちょうどおらのそばを救急車がサイレンを鳴らしながら通った。

それを、電話ごしに聞こえた家族は、おらが行き倒れ寸前に電話をかけてきて、救急車が現場に到着した瞬間だと、想像したらしい。

その後、家族は実家の電話ではなく、母親の携帯からもおらの携帯に電話をかけたりするが、おらの電話は通話状態を保っているので、電話がなることもなく、余計に混乱状態になってしまったとのこと。

しばらくして、おらがヘッドフォンから漏れ聞こえる家族の呼びかけていた声に気づいて、電話に出て、ことの顛末を説明することになった。

この電話機能は、うっかり発信すると非常にめんどくさいことになるので、電話は受け専門という設定ができたらよかったのになと思う。

★蛇足:Kivinoの読み方

キニボ、かな。

背中の補給食かっちょいい

おっす!おら弱虫ペダルのファン!

弱虫ペダルでは、好きなシーンが沢山あるんだけど、今日は、補給食について書いておきたい。

まず、補給食とは、どういうモノかとういと、こういうモノ↓(弱虫ペダル15巻)。

2014-07-21 17.40.06

2014-07-21 17.40.15

上で補給食を食べているのは新開さんというキャラクターだ。

彼は、弱虫ペダルに登場する「箱根学園」のエーススプリンターで、つねに、何かしらをもぐもぐ・サクサクしながら、レースを走っている。

補給食というのは、長時間の自転車レースでは、カロリーを摂取しながら走らないと、エネルギーが切れて、動けなくなってしまうそうで。レース中にも、2000kcal以上のカロリー摂取をするんだって。

ちなみに、マンガでは、POWER BERと書いてあるけど、コレは『PowerBar(パワーバー)』という商品名をもじっているようす。

新開さんは、とにかく、ずっと、もぐもぐしているのだけど、この、背中から食料を取り出すシーンが、とくにおらは大好きだ。

実際に、ツール・ド・フランスの選手でも、このように、背中のポケットに食料をつめこんでいる。

YAZUKA_WADA-0568-620x413

引用:NBS創設記念!! ツール・ド・フランス2013フォトリポート・第1ステージ(和田やずか)

vuelta1005
引用:補給食のバナナを背中のポケットに詰め込むアレッサンドロ・バッラン(イタリア、ランプレ) 

(・∀・)イイね!!

こういうシーンは、なんだかかっこよく感じる。

子どものころは、歩きながら食べるのは「行儀が悪い」と教わっていたので、ずっと歩きながら食べる行為はしなかったのだけど。

最近は、この「背中の補給食」に憧れている。

とは言っても、シャツの背中に大きなポケットをとりつけるわけにもいかないので、おらは小さなバッグに食料をつめこんでいる。

おらの食料は、『パワーバー』ではなく、『ソイジョイ』だけどもね。

ソイジョイをバッグにつめこんで、それをあえて背中側に持って行き、その状態のまま手探りにソイジョイを取り出して、もぐもぐと食べる。

これが、カッコイイと思っている。

アホくさいくらいに、子ども目線だけど、そうした「気持ち」でソイジョイを食べているコトは、周りの人には全くバレていないから、問題ないのだった。

amazon: 弱虫ペダル15巻

自転車をなおしてもらった話

おっす!おら弱虫ペダルだいすきっこ!

自転車をこいでいると、だんだん、重いギアでがしがしこぎたくなるね。

そんな、おらの相棒こと、マイ自転車が、最近ちょっと調子悪かったのだよ。

その自転車をなおしてもらった話。

2014-06-01 20.34.12

 

この自転車は、あさひで、2013年の8月に購入したものだった。

それで、サイクルメイトという、まあ、会員になっておくと、一年間無料の点検が行えるというのに入っていた。

それで、調子が悪くなった、5月の点検のときにも、自転車をみてもらったのだけど。

おらの説明が悪かったのか、メンテの人には、悪い場所が特定できなかったらしく「どこも異常はありませんでした」という結果になった。

おらとしては、自転車をこぐときに、ちょうどこの写真のあたりから、カチャカチャ音がして、ひっかかるような感じがしてたんだけど…。

で、5月のときには、ダメなまま、おらの手元に戻ってきたのだけど、今日(6月1日)に、あらためて、自転車屋さんに持っていったわけ。

今日、受付してくれた人に、なんとかわかってもらおうと説明する。

「乗ったらすぐに分かるんですが、この部分がから音がして…」というと、その人は、すぐに自転車を外に持って行き、ひとこぎ、ふたこぎして、首をうんうんうなずくようにした。

「これは**の部分のなんちゃらかんちゃらに異常がおきてるかもしれないですね。自転車を倒しましたか?」という具合。

すでに、症状を把握して、なおす方法もわかっているようだ。

おらとしては、自分で自転車を倒したことはないのだけど、マンションの前の駐輪場においておいて、気づいたら倒れていたことが前にあったので、それかな?

という話をして、自転車をあずけることにした。

(そして自転車をあずけ。また時間がきて自転車をとりに行くと…。)

そして、自転車は、もとのように、音がしない状態に直っていた。

ちょーうれしい!

そして、修理費用は、486円というやすさだった。

これは、サイクルメイトという会員価格らしいのだけど、それでも、めちゃ安いと感じた。

おらとしては、1,000円以上もしくは3,000円未満くらいは、とられるのじゃないかしら?と思っていたから。

自分の自転車だけど、どこか、どう悪いのか、よくわからないおらにとっては、こうやって自転車をなおしてくれる場所があるのは、ありがたい。

そして、ちょーうれしい!(二回目)

引越し近況

いま、一人暮らしの準備をしている。

住む場所は、ほぼ決まった。

ほぼ、というのは、不動産屋さんの中間手数料は支払った。

元の不動産屋さんへは、今週の7月26日(金)に、正式契約&家賃を支払う。

7月27日(土)に、引越し業者が、現状を下見に来る。

という流れだ。

8月16日(金)より、部屋はおれが借りることになっており、事前準備期間。

実際に引っ越すのは、8月23日(金)の午後の予定。

引越し先は、近しい人にはあとでご連絡ってことで。

いま、ほしい物リストも作っているが、自転車もほしいと思っている。

その前に、正式契約のときに、聞きたいことをちゃんと聞けるようにリストにしておかないとだな。

福岡旅行の思い出フォト

おっす!オラ先日、福岡に旅行してきたよ。

その思い出など

※フォト蔵にアップした写真なのでクリックで拡大できる。

◆台風17号がきていた@東京

R0023900

◆太宰府駅の電灯は梅の模様

R0023901

◆スターバックスが綺麗

R0023906

◆牛どーん

R0023929

◆太宰府の樹どどーん

R0023940

◆麒麟もじもじ

R0023944

◆光る通路

R0023945

R0023946 R0023947

R0023948 R0023949

◆梅ヶ枝餅

R0023955

◆ごまサバ定食@柳橋食堂
R0023958

R0023959

◆パティスリージャックのマロンケーキ
R0023964

◆町中になんかいた
R0023968

◆福岡タワー
R0023973

R0023974

R0023988

◆タワーのソファーでリラックス
R0023993

◆外は大風ふいてる台風だもん(13.7m/s)
R0023995

◆よかろうもん!
R0023996

◆タワーに顔入れて
R0023997

◆なんとか飛んでる
R0024004

◆カメラをセットすると自分撮りできる
R0024007

作例↓

◆サザエさんは福岡から世田谷に引っ越したという
R0024009

◆あはーん
R0024013

◆ロボスクエア
R0024014

◆SONYに見捨てられた犬型ロボAIBO(と解説するおねーさんの手)
R0024024

◆ナニコレぬこ型ロボ?
R0024025

◆お掃除ロボWALL-E
R0024027

◆龍型ロボは番犬みたいなバンリュウ
R0024028

◆連邦軍のモビルスーツは35万円
R0024029

◆えろぐろトマトは中に入れる
R0024030

◆ピンクのプードルえろいような
R0024031

◆ツインのホテル
R0024032

R0024033

◆福岡は東京にくらべて自転車が多い(どちらも中心街のコト)
R0024035
↑レンタサイクル(ヤホードーム近く)
↓駐輪場がたくさん(天神駅の近く)
R0024040

◆やほードームの近くの送水口
R0024036

R0024037

◆水だき@天神 新三浦
R0024042

◆帰路の飛行機は台風へ向かって(福岡15:00発)
R0024048

◆博多のおみやげ「通りもん」は濃厚な味
R0024059

◆オランダ語で休日をあらわす「ゾンターク」が「どんたく」へ
R0024060

◆「博多きゃらまん」はキャラメル味
R0024062

◆まとめ

二ヶ月前に飛行機のチケットをとると3万くらいとお安いけど台風は避けられない。

爆弾低気圧と企業の対応とか

おっす!オラ低気圧ボーイ。低気圧のときになると頭が痛くなるよ。

昨日のは「爆弾低気圧」と呼ばれる、台風のような天候になったのだけど、そんななかでの企業の対応をメモしてみるよ。


※千葉にある某夢の国

まずこの「爆弾低気圧」というのは、一日に24ヘクトパスカルも低下するような、ものすごい勢いで成長する低気圧のことをさす。これは、気象学的な正式な用語ではない。英語では“bomb cyclone”とも。

それで、ふつうは気象庁は台風の時くらいしか記者会見しないんだけど、今回は4月2日(月)の時点で、注意を呼びかける異例の会見をしたんだよね。まあ、そのくらいに「警戒して備えてね!」ってレベルの低気圧だった。

あけて、4月3日(火)は、関東地方でもつよい風が吹いていて、お昼くらいには、各地でいろんな被害がではじめた。

台風のようなつよい風にあおられて、富山市ではトラックがなぎたおされたりした(写真は時事通信)。

そうした状況をみて、企業では午前中で仕事をきりあげるところや、早めに社員を帰宅させるところもでていた。
昨年の3.11で帰宅困難者が多数出たときのこともあって、「安全第一」の対応が目立ったように思う。

千葉県の海浜幕張ちかくにある企業が、午後3時には社員を帰宅させようとしていたけど、京葉線が風の影響で止まってしまって、バス停が混雑している状況がテレビでも放映されてた。

◆東京ディズニーリゾートの対応

そんななか、海浜幕張駅のすぐ近くにある、舞浜駅の前にある『東京ディズニーリゾート』では、一部の屋外でのアトラクションなどは中止になるも、閉園時間がはやまることはなかったみたい。

テレビのニュース映像で、ディズニーリゾートに遊びに来ている家族のインタビューが流れた。
ものすごい風の中で、カッパを着ながら「せっかく楽しみにしてきたのに天気が悪くて残念です」とインタビューに答えていた家族などが印象的だった。

◆自転車便/サイクル急便Cy-Q

おなじニュースで、都内の様子も取材していたが、そんななか自転車便の『サイクル急便 Cy-Q』の配達員のおねーさんの姿もあった。

ものすごい雨と風の中を、自転車に乗って配達する姿が、印象的だった。
リポーターに「大丈夫ですか」と聞かれていたけど、ふつうに考えれば「大丈夫ではない」だろう。

◆鬼畜の所業

これらの企業の態度は、オラには「鬼畜の所業」にうつったよ。

東京ディズニーリゾートは、お客さんの安全第一に考えれば、閉園時間を早めるべきだったし、もっといえば、開園しなくてもよかったのではないか?
また、京葉線は早々に風の影響で止まってしまったけども、ディズニーリゾートに来た客のなかでは、足止めくらうひともいただろうし。

また、Cy-Qは、社員の安全を考えれば、営業時間を短縮する方がよかったのではないか?
自転車便は、都内の車の間をすり抜けることで、郵便物をより早く配達できることを売りにしている。
でも、昨日のような、大嵐の中で、安全に配達するのは、とても困難だと思う。

昨日は、東京都心でも29.6メートルの風が吹いたっていうが、そうした状況で、車の間をすり抜けて自転車を飛ばすということが、まあ、どれだけ「危険」かは、判断できるはずだ。

それでも、東京ディズニーリゾートも、Cy-Qも、営業を続けることにしたのは「安全よりも利益追求」した姿勢の表れだと、オラは感じた。
気象庁がいくら「危ないから外出は控えるように」と記者会見で注意を呼びかけても、それを企業が聞き入れなければ、なんの意味もないし。

こうした「危険予測ができない企業」の姿勢は、非難されてしかるべきだと、オラは思う。