新しいMacにiTunesとiPhoneのデータをお引っ越し

おっす!おら新MacBook Airユーザ!

今回は、古いMacから、新しいMacへ、iTunesのデータのお引っ越しやらなんやらをやってみた。

懸案事項は、iPhoneのデータのお引っ越しだった。

なんとかなったので、なにをしたかのメモ。

2014-05-03 11.06.35

■環境について

旧Mac:MacBook / 13-inch,Late 2009 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

新Mac:MacBook Air / 11-inch,Early 2014 / OS: 10.9.2/ iTunes 11.1.5

旧Macでも、新Macでも、同じOSで、同じiTunesのバージョンを使えるのが、Macのいいところ!

それでは、やったことを、順番に羅列してみようかな。

詳しいやり方は、さらにネットを調べてくださいね☆

■(1)ネットで下調べ

ネットで、iTunesとかiPhoneとか同期とかをキーワードに検索した。

あらかじめ、やりたいことを、イメージできるのが大事。

■(2) iTunesの音楽のお引っ越し

@旧Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にする。

@新Macで
iTunesを立ち上げて、ホームシェアリングを有効にして、旧Macのホームシェアリングをみて、引っ越す。

これは、簡単だった。

■(3) iTunesの設定

@旧Macで
iPhone のフルバックアップをとっておく。

@旧Macで
メニューの、ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理→ファイルを統合
→iTunes Media フォルダに保存し、オリジナルは現在の場所に残します。

環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない

@新Mac
環境設定 → デバイス → iPod、iPhone、およびiPad 自動的に同期しない 。

■(4) Mobile Applicationsのフォルダの場所

@旧Mac
~/Puboic/iTunes Media/Mobile Applications

@新Mac
~/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications

これは、iPhoneに入っている、アプリのデータのバックアップっぽい。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(5) MobileSync

@旧Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

@新Mac
~/Library/Application Support/MobileSync

これは、iPhone の、完全バックアップのデータ。

データサイズは、4.12GBくらいあった。

旧Macから、新Macのフォルダへコピペ。

■(6) FInderでライブラリディレクトリ(フォルダ)を見る方法

(4)や(5)で、フォルダが表示されない場合は、Finderのオプションの設定が必要。

Finderで、ホーム(~)を表示させる。

メニューの、表示 → 表示オプション → “ライブラリ”フォルダを表示

ライブラリフォルダは、非表示になっているので、これがないと、旧Macから新Macへのコピペができない。

■(7) 新しいMacで、「共有」を許可する

@新Mac
システム環境設定 → 共有 → ファイル共有

で、共有のフォルダを設定する。

@旧Macで

Finderから新Macを探して、データを移す。

MobileSyncのデータは、上記のフォルダを、コピーするのに、1時間くらいかかる。

※注意:新・旧Macともに、電源を繋いでいないと、データを引っ越し中に、スタンバイになって、やり直しになる。

■(8) iTunesのプレイリストを引っ越し

@旧Macで

プレイリストを書き出し。

@新Macで

プレイリストの読み込み。

■(9) 新MacにiPhoneを接続してみる

(1)〜(8)までの下準備をしていたので、特に問題はないようだ。

iTunesには、iPhoneのソフトもちゃんと反映されていたし。

@新Mac
新Macで、念のためフルバックアップをとった。

あと、メッセージ(意訳)「旧Macで、このiPhoneは管理されてたみたいだけど、新MacのiTunesで管理しちゃっていいよね?2台のiTunesでは管理できないんだよねぇ」みたいに言われた。

ので、「新Macだけで管理するよ」という意味で、YESと答えておいた。

■(10) iTunesの認証解除はあえてしない

WindowsXPを処分するときには、iTunesの認証を解除したけども、旧Macは、まだ家族が使うので、認証解除はしないでおいた。

関連: WindowsXPを処分するときにiTunesの認証解除を忘れずに | 774no874 

■まとめ

iTunesの移行って、はじめてだったけど、あらかじめやり方の雰囲気を調べておけば、なんとかなった。

とりあえず、このメモも、誰かの何かの参考になれば。

広告

MacBook Air MD711J/Bを買ってやったこと

おっす!おらマカー!

ついに、サポート切れしたWindowsXPから、MacBook Airにのりかえたよ!

やったことを、一応、メモっておこうと思う。

2014-05-01 12.04.07

購入したモデル:MacBook Air MD711J/B

スペック: 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 / メインメモリ4GB 1,600MHz LPDDR3オンボードメモリ / ストレージ128GB / 11.6インチ / 1,366 x 768ピクセル(標準)

  1. (iPhoneから)MacBook Airを撮影

  2. 無線LANの設定

  3. Twitterアプリのインストール

  4. (iPhoneから)Tumblrに投稿
  5. Google Chromeのインストール

  6. Googleアカウントの設定

  7. Dropboxのインストール

  8. Evernoteのダウンロード

  9. Google日本語入力のインストール

  10. ニコニコ動画をみてみた。

  11. コンピュータ名を変更APPLESEED

  12. FaceTimeの設定

  13. Skypeの設定(なぜかログインできずにパスワードの再発行)

  14. アップルのカレンダーと連携するために、Googleアプリの固有のパスワード発行

  15. iCloudにログイン

  16. Dockのアイコンが大きくなる設定へ変更

  17. ソフトウェアのアップデート

  18. WordPress.comに記事を書く←今ここ

  19. 19:50@追記:テキストエディタmiのインストール

  20. 19:50@追記:顔文字辞書のインストール

  21. WindowsXPのデータを以降?(これから)

  22. 実家の旧Macから音楽データを移行(これから)

  23. WindowsXPを破棄(ヨドバシカメラでは1万円で買い取り?)

  24. 新しいバックアップのストレージを購入

  25. タイムマシンでバックアップ

こんなところかな。

EvernoteやDropboxやGoogle Chromeは、こういう、データのお引っ越しの時に、すごくやりやすいというのが、実感できるな。

あと、8GBのメモリのMacBook Airがほしいって思ってたのだけど、おらがやろうとすることは、まあ、せいぜい、たかがしれてるので、十二分の買い物だったのじゃなかろうか。

MacBookの時計がずれた→2001/01/01→NTP設定

おっす!オラまかー!

朝、MacBookを起動したら、時計が2001年1月1日になっていた。

「ど・ゆ・こ・と?」

時計がずれるだけでも困るのに、無線LANにも接続できない状態になってるし…。

とりあえず、無線LANに接続しようとしたんだけど、無線LANの設定が飛んでるのか、Macを再起動してもつながらない。

というわけで、なおす手順をメモ。

◆無線LANの復旧

無線LANの設定は、以前にMacBook Airでの手順と同じ。

MacBookAirをWZR-HP-G300Hに接続するまで | 774no874
https://774no874.wordpress.com/2012/03/26/macbookairwzr-hp-g300h/

うちはバッファローなので、以下のサイトから、Mac用のAOSSアシスタントのファイル(airnavi-1310-mac.dmg)をダウンロードした。

そもそもMacは無線につながらないので、別のWindows PCでファイルを落として、それをSDカードに保存してMacに移動してから使った。

エアナビゲータCD Ver.13.00(Mac用) (2011年10月12日掲載) http://buffalo.jp/download/driver/lan/airnavi-mac.html

上のファイルをつかえば、サクッとAOSSで無線LANを接続できた。

ここで、時間のずれを修正しないで、Macを再起動しちゃうと、時計のズレに引きずられるのか、無線の設定がまたおかしくなってしまう。

ので、時計の修正もしておく。

◆日付と時刻(NTP)の設定

  • NTPサーバー: ntp.jst.mfeed.ad.jp
  • 「日付と時刻を自動的に設定」をチェック
  • 時刻同期がされる。

どうして時計が2001年にずれたのかの原因は分からないが、とりあえずこれで様子見しようっと。

MacBookとMacBook Airで共有してTimeMachineを使ったらLinkStationからデータが消えた件

おっす!オラ、まかー。よく分からない事態が起こったので、メモっておこうと思う。

◆起きたこと:

MacBookAirのバックアップをしようとしたら、MacBookのバックアップ用ディスクが消された!

◆環境:

  • バックアップディスク:LinkStation LS-V1.0TL
  • MacBook:Mac OS X 10.6 Snow Leopard
  • MacBook Air:Mac OS X 10.7 Lion

◆バックアップについて:

  1. MacBookのバックアップはTime Machineを利用し、バックアップ先はLinsStationを設定した。
  2. 同様に、MacBook AirのバックアップはTime Machineを利用し、バックアップ先は、同じLinStationを設定した。
  3. LinkStationの中には、バックアップのイメージとして、次の二つが存在していた。
    1) MacBook:SnowWhite_(イーサネットのMACアドレス).sparsebundle
    2)MacBook Air: WilhelmTell_(無線のMACアドレス).sparsebundle

◆異変前:

  1. MacBook Airで、「Time Machine によるバックアップの検証が完了しました。信頼性を向上するために、新規バックアップの作成が必要になりました。」が表示された。そのため「新規バックアップを開始」を実行した。
  2. LinkStation に「WilhelmTell」というファイル名で、MacBook Airのバックアップディスクができた。
  3. LinkStationから、MacBookのディスクが消えた!

MacBook Airは、自分のバックアップディスクだけではなく、MacBookのバックアップディスクも削除したようだ。

◆オラの感想:

ワケが分からない。

オラが「新規バックアップ」を許可したのは、MacBook Airの方なのに、MacBookのバックアップディスクも削除しちゃうなんて!

おいおいおいおい!

なんのために、ファイル名に、MACアドレス指定してるのよ。

そのMACアドレスを持ったマシンは「この世に1台」なので、だからバックアップのファイル名にそれを指定してたんじゃないのかい?

◆MacBookでのバックアップ手順

仕方ないので、MacBookでもう一度、バックアップを行う。

手順は、下記のエントリーの『はてなダイアリー「思い出しようの手順」』という部分から下を行っている。

MacBookのTime Machineにまたハマりそう | 774no874
https://774no874.wordpress.com/2012/03/13/macbook-time-machine/

◆まとめ

しかし、なんだかなぁ、これ、バグだよなぁ。

MacBookとMacBook Airで、同じディスクを使ってバックアップとるなんて、普通にあると思うんだけどなぁ…。

ASPIRE One AOA 150-Bbの再インストールメモ

おっす!オラ両刀使い。WindowsもMacも一応もってるよ。

オラのWindowsは、いまだにXPだったりして、もうかなり古いんだけども、まあブラウザとEvernoteと2chクライアントみるくらいなので、これでもいいのだ。

で、なんか、最近わりと高頻度に下記のメッセージが出るようになったのね。

さらに高速で実行できるデバイス
この USB デバイスは、高速 USB 2.0 ポートに接続するとさらに高速で実行できます。
利用可能なポートの一覧を表示するには、ここをクリックしてください。

外付けのUSBなんか、まるで挿してないのに。

なので、再インストールをしてみようってことで、やった手順などをメモしておこう。
完全にオラ用。
あと、結果からいうと、Webカメラが壊れてるっぽくて、それがどうも「USBデバイス~」を繰り返す原因にあるっぽい。なので、OSを再インストールしても、症状は改善しなかったんだよね。

が、OSがきれいになったので、まあ、結果良しとしよう。

メーカー:acer
ハードウェア:ASPIRE One AOA 150-Bb
OS:WindowsXP

■バックアップ
うちのNASにバックアップ完了済み、からスタート。

■再インストール

17:45 2012/04/04
Acer eRecovery Management を実行するだけ。
10分くらいで完了する。

■McAfeeをアンインストール
17:47 2012/04/04

■Windows Update
17:55 2012/04/04
更新プログラム111って!
→完了:18:43 2012/04/04

■Microsoft Updateにして更新
18:44 2012/04/04

■Panda Cloud Antivirusインストール
18:51 2012/04/04

■カメラはやっぱりだめだったorz
18:06 2012/04/04
→カメラが死んでるんだなこりゃ。
→skypeもインストールしなくていいや。
→このカメラが立ち上がったりすると、
USBの接続なんちゃらがでるみたいだ。

■Dropboxインストール
18:54 2012/04/04
→NASからバックアップを戻したのだけど、やっぱりもう一度インデックス作業がはじまるみたいだ。
→完了:2012/04/04 23:39
ほいやぁ!時間かかったぁ!

■Google Chromeインストール
18:57 2012/04/04

■Evernoteインストール
19:09 2012/04/04
→完了:2012/04/04 23:11

■無線LAN
ドライバーダウンロード クライアントマネージャ3 | BUFFALO バッファロー
http://buffalo.jp/download/driver/lan/clmg3.html

■NAS
ドライバーダウンロード NAS Navigator2 | BUFFALO バッファロー  http://buffalo.jp/download/driver/hd/nasnavi.html

■RealSyncインストール
NAS→My Picturesフォルダ へ戻す
NAS→Dropboxフォルダ へ戻す(直接LAN経由のほうが早い)
スタートアップに登録
同期フォルダの設定

■MassiGra 0.42(画像ビューア)
今回Picasaはインストールしない(重いから)
20:27 2012/04/04

■AdobeAIRインストール
20:47 2012/04/04
ツイタマのため

■ツイタマインストール
20:51 2012/04/04

■グーグル日本語入力インストール
20:59 2012/04/04
Windows XP標準のIMEを鍛えるとかめんどくさいので。

■NTP設定(Windows標準時計)
ntp1.home.ne.jp

■テキストエディタ
Meryをそのまま使うことにした。
2012/04/04 21:26

■radikoはインストールしない
理由:ラジオを買ったから。
2012/04/04 21:32

■桜時計インストール
ntpの設定
スタートアップに登録
2012/04/04 22:29

■アイコンの設定
・大きく
・アニメーションの設定などをOFFに
2012/04/04 23:11

■圧縮解凍ソフト
Lhaplus 1.59
2012/04/04 23:23

■グラフィックエディタ
JTrim v1.53c
2012/04/04 23:25

■追加フォントインストール
マイクロソフトアップデートによる
2012/04/04 23:36

こんな感じかな。
まだ、あとチョコチョコ残ってるけど、基本はこれで、環境は戻ったと思う。

1

MacBookAirをWZR-HP-G300Hに接続するまで

おっす!オラまかー!おらの父親がMacBookAirを購入したよ!

というわけで、MacBook Airで無線LAN(バッファロー:WZR-HP-G300H)に接続するまでの方法をメモっておこう。

まず、ごく基本だけど、MacBook Airにはイーサネットのポートが存在しない。
なので、無線が使えないと、このあと話にならないのよね。

というわけで、おらの元々使っていたMacBookを使って、WZR-AGL300NHのサイトから、「エアナビゲータCD」というのを落としてくる。MacBook AirにはCD/DVDドライブもないので、ディスクイメージをCD経由でインストールできないから。

〈エアステーション エヌフィニティ Giga〉 11n対応 11a&g&b 無線LANブロードバンドルーター | WZR-AGL300NH
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr-agl300nh/

ここから、「ドライバ/ファームウェア」→「エアナビゲータCD」に進む。

エアナビゲータCD Ver.13.00(Mac用) (2011年10月12日掲載)
http://buffalo.jp/download/driver/lan/airnavi-mac.html

おらがダウンロードしてきたのは、Ver.13.00(airnavi-1300-mac.dmg)というファイルで、62.9 MBあった。

これを、MacBookのUSBメモリーに入れて、それをMacBook Airに持ってきた。

あとはそのディスクをダブルクリックして、manual.htmlのとおりに作業をすすめるだけで、何も問題はない。

作業のキャプチャはしてないけど、流れだけ書いておく。

  1. エアナビゲータCDの中のMacフォルダを開く
  2. 「AOSSアシスタント」と書かれたアイコンをダブルクリック
  3. 「ソフトウェア使用許諾契約書」がでるので「同意」
  4. 「AOSS開始」をクリック
  5. 管理者ユーザのパスワードを求められる
  6. エアーステーションの本体のAOSSボタンを押す
  7. しばらく待つと設定完了する。

というわけで、わーい!
MacBook Airからこの記事を書いてみてるよ!

Windowsだと変なソフトをインストールしないとだめなのに、同じバッファロー製品でも、Mac版のソフトはスマートにインストールが完了して、すてき。

BGM:なし。