ご飯を作ると気づくこと

おっす、おら名無し。
最近もっぱら、夕飯をつくることくらいしか、楽しみがないよ。

ところで、一人暮らしして、ご飯を作るようになって、気づいたことがある。
それは、何かに感謝する気持ち。

いきなり、偽善くさくなってあれなんだけど、これは、おらの本心である。

料理を自分で作らないと、料理が目の前にあって、当たり前な感じがしてしまう。
ありがたさに、気づけない。

たとえば、実家にいれば、勝手に朝昼晩と、ご飯の用意がされたりする。
その都度、両親だったり、なんだったりが、あたたかいご飯を並べてくれる。
それが本当は、どれだけありがたいことなのかには、気づけない。
おらは少なくとも、気づけてなかった。

たとえば、コンビニ弁当なら、500円でハンバーグが食べられたりする。
パンも買ってくれば、すぐ食べられる。
そんなインスタントで食をすませると、『このご飯を作ってくれた人に美味しかった!と伝えたい』気持ちには、なかなかなれない。

でもね。
自分で作ると、そうじゃない気持ちになる。
朝昼晩と、自分でご飯の支度をして、食べ終わったら、また自分で片付けて。
そんな料理をしてくれていた、今まで、気づいてなかった、作ってくれてた人に感謝する、ようになる。
おらは、なった。

また、食べ物に、ちゃんと向き合うようになる。
自分で作ったロールキャベツが美味しくできれば、キャベツ農家に感謝し、豚を育ててくれた畜産業の方に感謝する。
もちろん、キャベツそのもの、豚そのものにも、感謝する。
命に感謝する。

って、なんぞ、どこかの宗教みたくなると、アレだけど。
でも、これ、おらの本音。

ご飯を作ると、感謝するようになる。
色んな人の、色んな生き物のおかげで、ご飯が食べられてるんだなって、実感する。

最近、何かに感謝したことないな、と思う人は、ぜひ、自分で料理を作るといい。オススメする。

また、できるなら、誰かに自分で作った料理を食べてもらえたら、なお良いと思う。
食べてくれたその人は、作ったあなたに『ありがとう』『ごちそうさま』『美味しかったよ』と、感謝の言葉をかけてくれるだろう。

そうすれば、今度、自分が食べる側になったときでも、誰かに感謝する気持ちが生まれるはずだ。

そういうシンプルなことに、料理を作ると気づけるのだ。

今年の目標を1月のうちにやっておこう

おっす!おらナナシ!1月の終わりの終わりに滑り込みエントリーをするよ。

今年の目標を、色々と考えていたら、10個にもなってしまった。

サクサクいってみよう。

◆身体

  •  1. 柔らかくなる(前屈とか股割りとか)
  •  2. 腹筋を割る
  •  3. 痩せる(具体的には72kg)

◆食事

  •  4. 腹をいっぱいにしない(腹八分)

◆学習

  •  5. 字を綺麗に書く
  •  6. Mac で英語を勉強して話せるようになる

◆旅

  •  7. パスポートを取得する
  •  8.  家族(親)に、旅のプレゼントをする

◆生活

  •  9. 収支のバランスを改善する

◆ネット

  •  10. 西遊記のブログを立ち上げる(更新する)

やる気になったら、すぐにでもできそうなモノもあるのだけど、一応、今年の12月31日までの目標ということで。

年初に行う目標設定なのに、もう、あと、3時間くらいで、2月っていうね!

はやっ!

これから愛☆さんと同居するよ

おっす!おら奈奈氏。

先日、ついに、愛☆さんを迎えることになったのよ。

お金で手にした、愛☆さんはこちら!

愛星さん

これ、『愛星』という種類の多肉植物だよ(愛人じゃないよ!)。

一人暮らしをはじめるときに、なんとなくサボテンがほしい(∩´∀`)∩と思ってた。

それで、先日、食べ終わった『豆苗』を育ててみたところ、これがなかなかよかったのよ。

部屋の中に、ちょっと緑があるって、目がそれをちらっと見るたびに、落ち着くんだわ。

「癒される」というよりも、おらとしては「和む」と言いたいかな。

食べられるための豆苗もよいのだけど、そのうちしなびてきちゃうので、ちゃんとして育てられる植物がいいなーと。

花屋さんをウロウロした時、花を咲かせる植物は、それ以外の季節を「ガマンの時期」に思えてしまうので、やめにした。

そうではなく、一年を通して、あまり変化のない(ように見える)植物を選びたかったので、当初のとおりサボテンの仲間の、多肉植物にしたよ。

この『愛星』を選んだのは、お店でみかけて、偶然に。

最初はね、この鉢にささってる名札の『愛星』の、ちょうど半分が埋まっててさ。

「愛」って見えたのね。

おお!おらに足りないのは「愛」じゃないだろうか?みたいな思いもあって購入したわけ。

その下半分に、「星」があったのは、あとあと知ったっていうね!w

もう、ニックネームというか呼び名も、付けたのよ。

命名:キララキラ

どこかで聞いたことのあるような名前だけども、『愛星』という感じをあらわしてる、なかなかよさげな名前だと思う。

早くも親ばか。

よろしくね、キララキラ

(新年一発目のエントリーだったので、あけおめことよろ!←付け足しかい)

<追記:2014-0222>

お店では「愛星」として売っていたのだけど、よくよく調べたら「博星」という種類のようだった。

違いは、「愛星」は、葉の周辺がうっすら赤みを帯びるのだけど、「博星」はそれがなくて、ぜんぶ緑色なの。

うちのは、緑色なので、「博星」なんだろうね。

住み心地のよい部屋5箇条とは?

おっす!おら無印良品に囲まれた部屋で生活しているモノだよ。

さて、さて、今回は、「住み心地のよい部屋」について、お話しようと思っている。

一人暮らしをはじめて三ヶ月とちょっと経ったおらの、いま考える5箇条について、話してみるよ。

v1

上の画像は、無印良品のサイトから引用したイメージなのだけど…。

うん、棚などは、無印良品の「規格」にのって、すっきり、きれいに整理されているね。

一方で、引っ越すにあたり、おらの部屋にも、色々と無印良品でそろえてみたのだけど、まあ、上のような感じにはなってない。

おしゃれグッズなるものは、ひとつもなく、基本的にマンガと一緒に暮らしているからね。

じゃあ、そういうモノに囲まれた部屋が、イコールで、「住み心地のよい部屋」かというと、そうでもない気がしてきた。

では、なにが「住み心地を左右する」要素なのだろうか?

◆1:全裸でいられること

3187187757_b2607d1645

どうどうの第1位は、「全裸でいられること」という要素である。

これは、もう、間違いなく、そうだ。

断言できる。

一人暮らしの何が「楽」になったかというと、家族からの目からの解放というのが、大きかった。

現在のおらのパターンは、

  1. 家に帰り、
  2. おもむろに服を脱ぎすて、
  3. 全裸になる
  4. そのままシャワーに入り、
  5. そのままウロウロする

なんという、「自然体」であろうか。

一人暮らしを満喫する上では、この「全裸」が欠かせない。

一方で、家族みんなが、全裸オープンの一家というのは、あるのだろうか?

(あ、柳原可奈子の逸話では、家族みんなが全裸で過ごしていたため、宅配などが玄関にきたとき、誰が出るかでもめた。みたいな話を聞いたことあるなぁw お父さんも、お母さんも、やなかなも全裸っていうのが、すげえ!)

おらの実家では、少なくとも、全裸オープン家族ではなかった。

なので、一人暮らし=全裸オープンだと思うのである。

全裸を鏡に写すことも、自己を確認するためには、必要かもしれない。

のびのびと全裸になれるよう、まわりから覗かれる心配がない部屋、というのは大事な要素だ。

◆2:部屋にものが少ないこと(テレビ無)

a0001_017039

無印良品に囲まれて、マンガに囲まれておいてなんなのだけど、「部屋にものが少ないこと」は、とても重要である。

そして、それには「テレビが部屋にないこと」も、重要である。

なぜか。

もの=モノ=MONOは、ある種のしがらみである。

こだわりものに囲まれた生活というのは、逆にいえば、しがらみに縛られている生活、でもある。

コレじゃないといや。アレじゃないといや。

コレがほしい。アレがほしい。

そうやってあつめたモノがたくさんあると、それだけモノが持ち主に対して、声なき声を語りだす。

しゃべりだす。

一人暮らしは、誰もまわりにいない時間が送れるはずなのに、モノが多いと、モノたちがわーわーわーわー語りだして、うるさいのだ。

テレビはそのさいたるもので、その存在だけでうるさい。

なので、おらの部屋にはテレビはない。

ノイズだらけのテレビは、一人暮らしにはジャマなのだ。

テレビがない状態で暮らしてみると、とても静かで、とても満足している。

◆3:綺麗であること

a1180_005135

住み心地のよい部屋は、綺麗な方がよい。

これは、疑いようがない。

汚い部屋は、気持ちがよくない。

おらも、引越し前にはかなり汚い部屋にいたし、足の踏み場がないくらいに、モノとマンガとゴミとであふれたこともあった。

しかし、いまのおらの部屋には、基本的にゴミはない。

マンガはあるが、不要なものは何もない。

それだけで、心が楽しくなるので、ますます部屋が好きになる。

部屋の掃除は、一人暮らしをしなくてもできることだが、本当にとても重要なコトだった。

◆4:静かであること(テレビ無)

a1070_000018

静かであるというのは、自分ひとりではどうにもならない要素かもしれない。

テレビを無くすことはできるけど、まわりの環境に左右される部分も大きい。

  • 交通量の多い道路のそばに住んでいる、とか。
  • 隣人が夜中に突然奇声を発する、とか。
  • 四六時中、ギシアンする声が聴こえる、とか。
  • どこからともなく読経と木魚の音がする、とか。
  • 線路のそばに住んでいる、とか。
  • 米軍基地が近くにあり、オスプレイを含む軍用機が頭の上を爆音をあげて飛び回っている、とか。

自分が出す生活音や、選べる音楽とは違い、まわりから入ってくる音は、コントロールできない部分が大きい。

これは、引っ越してからどうこうできない事が多いので、引越し先を決める前に、充分にリサーチしておかないとアレ。

ちなみに、おらの部屋の場合、隣人が大学生らしく。いつでも家にいて、急に深夜に奇声をあげたり、どうやったらそんな音で歩けるの?という足音や、足で蹴ったような壁ドンや、ギシアンやらがあまりにもアレだったので、先日不動産経由でクレームいれてみた。

そしたら、隣人いわく、おらもうるさいんだそうで。

一人暮らしで喋る相手の(ほぼ)いないおらが、うるさくすることってないハズなんだけどなぁ…。

とも思うが、まあ、なるべくお互い音を出さずに静かに暮らしたいものである。

無意識に、般若心経を大きな声で読経してたら、ごめんなさいね。

◆5:牛乳が絶えない

soudan

マンガ『よつばと!』のなかで、よつばが言うセリフ「どんなときもぎゅうにゅうだぞ?(どんな時も牛乳だぞ?)」。

まさに、おらの日常は、牛乳なしではいられない。

常に、冷蔵庫には牛乳をキープしておきたい。

先日、39.1度の熱を出したときに、うっかり牛乳を切らしてしまった時の絶望感といったら無かった。

それまでは、一人暮らしになって、一度も牛乳を切らしたことは無かったので、二倍ショックだった。

お酒を一週間、飲まない「酒断ち」は余裕であるが、それが「牛乳断ち」は絶対に無理である。

逆に、一週間に、3リットルの牛乳を飲む、とかは余裕であるが。

というか、そうしているが。

◆まとめ:それぞれの5箇条

以上が、おら流の住み心地のよい部屋5箇条だったのだが、果たして読んだアナタと、何かしらの共通点はあっただろうか?

また、アナタが、アナタらしく住むために、必要な5箇条を考えるとしたら、何をあげるだろうか?

気が向いたら、そっと教えて下さい。

ヤマザキ秋のパンまつり(仮)

って、タイトルは大げさだけど、菓子パンを買った話。

ヤマザキパン

菓子パンをいくつか買ってみたのには理由があって、父親におみやげにしたの。

おみやげにしては、しょっぱいモノと思われるかもけど、これには理由があって…。

いま、おらは一人暮らしをはじめたわけだけど、まだ一人暮らしする前の、実家での話。

お酒を飲んで帰ったおらは、居間のテーブルにあった、パンを食べることにした。

そのパンは、おらの父親が、自分で食べようと思って買っていた、ヤマザキの菓子パン(↑)だった。

酔っ払ったおらは、それを無心でむしゃむしゃ食べはじめた。

父親も、「酔った後の炭水化物はうまいから」と思っていたらしく、そのまま、おらが食べるままにしてた。

ところが、おらは、パンを一つではなく、二つ目もむしゃむしゃ、ぱくぱくって食べてしまった。

結果、父親が食べるパンをも食べ尽くしてしまったのだ。

この時の悪い点は、おらがその行為を、記憶していなかった点で…。

翌日、父親にそのことを言われて、はじめて「食べ尽くしてしまった」コトを知ったという。

どんだけ、無心で食べていたのか、酔っぱらいのおれよ!

そんなわけで、このヤマザキの菓子パンを、おみやげにしてみたのだった。

ちなみに、左上に写っている青い袋は、菓子パンとは別の、普通のお菓子屋さんのおみやげも。

TOTOウォシュレットの方が好き(INAXとくらべて)

先日、INAXのトイレに脆弱性があるという話があったらしい。

LIXIL

LIXIL、トイレ操作アプリの脆弱性に「極めて稀なケースでしか悪用はムリ」 | 携帯 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/08/263/index.html

「トイレの脆弱性」って、すごい話だw

しかし、トイレの快適さって、アプリで操作できることではないと思うんだけどもね。

おらのこだわりは、トイレのウォシュレット(シャワートイレ)だ。

◆ウォシュレットじゃなきゃイヤ

おらは、今度の一人暮らしでこだわったポイントは、ウォシュレット(シャワートイレ)だった。

おらは、自宅のトイレも、会社のトイレも、シャワー付のトイレだ。

シャワー付トイレがない生活には戻れない。

でもね、メーカーによって微妙な違いがあるのか、とも思う。

自宅のトイレはTOTOで、会社のトイレはINAXなのだけど、おらはTOTOが好き。

◆TOTOが好き

どっちも、シャワーの位置が調整できないタイプでね、そのシャワー位置がTOTOの方がぴたっとくるわけ。

こう、アナルの位置にピンポイントで、シャワーが当たるのは、TOTOの方なんだよね。

INAXの方は、アナルよりも、さらに後方側に、シャワーが当たるのが、アレ。

すこし、座る位置を後ろ気味にしないと、INAXではピントがずれちゃうんだわ。

あ!おらの一人暮らしする部屋のトイレは、どっちだったんだろう。

TOTOのウォシュレット(登録商標)だといいんだけどな。