坊主と反省と体罰と高校野球

おっす!おら坊主あたま!

最近なんだか流行っていることを「坊主」の目から眺めてみるよ。

■坊主と反省

先日、あーかーばーの、なんちゃらみなみという人が坊主になった。

あ、坊主というか、女性だから尼さん?

理由はなんでも、お泊まりデートをスクープされたことを「反省」しての、坊主頭(尼頭?)らしい。

坊主頭になった姿をゆーちゅーぶにアップしたんだってね。

そのパフォーマンスなんなのかしらね?

url

でもでも、すぐに坊主頭は隠しちゃって、頭にカツラを被って活動してるらしいけどね!

おらは、なんで坊主頭=反省なのかっていうのが、よくわからない。

あれか、囚人生活するときの坊主頭が「坊主=反省」のイメージなのかな。

おらが坊主頭にしたときも、まわりからの反応は「何かやらかしたの?」って聞かれたわ。

■反省と体罰

話は変わって、反省と体罰の問題について。

大人がしかるときに暴力をふるう「体罰」を、いままでは「愛の鞭」とかなんとか詭弁を使って、正当化してきたのが、いよいよそれっておかしいんじゃね?という時代になってきたのかな。

報道のきっかけは、高校の教師の問題だったが、その後にオリンピックの柔道だとか、オリンピック競技へも波及してきたりして、どこまで行くんだ?っていう状況になってる。

「体罰をどんどんやろうぜ!」って指導していた大阪の橋下某市長も、世間の風向きが変わったのをすぐに感じ取って「体罰はしちゃいかん」ということを言ったりしてね。

あんたが一番先頭を走っていたんじゃなかったっけ?みたいなね。

shidou

マンガ『AKIRA(1)』で、金田ら不良生徒たちを、生徒指導のせんせー(体育教師)がぶん殴るシーンがあるんだけど、こういうのが「指導」だと勘違いしている大人は、いまでも本当にたくさんいるんだな。

で、こうやって「指導」うけた「生徒」たちは、反省するかというと…。

dosukebe

「アゴーッ」「腐れて死んじまえー」「いい気になンじゃねェぞォ アゴォ」ですわ。

反省をうながすのに体罰はなんにも役に立たないっていうのは、AKIRAで1コマでわかっちゃう。

■体罰と高校野球

高校野球でも、体罰はくりかえされてるっていうのは、もはや常識だったと思う。報道されないだけで、みんな知ってた。

みんな知ってて黙ってた。

「それが当たり前」だということで。

そういえば、相撲の世界でも体罰って問題になったよね。

2007年に、力士が部屋を辞めたいとかなんとか言ったことで、親方や先輩力士たちが竹刀などで殴ったりけったりして、あげく死亡させたニュース(時津風部屋力士暴行死事件 – Wikipedia)。

あのとき、相撲を管轄している文科省が動いたわけだけど、その時に相撲の世界だけじゃなくて、学校関係も調査しておけばよかったのにね。

いや、そもそも「いじめや体罰を無くしたい」って、本気で取り組むつもりがなかったんかな。

■高校野球と坊主

高校野球のもう一つの当たり前が「高校球児は坊主である」なんだと思う。

これって、おらはすごく変で、気持ち悪い習慣に思うんだけど、野球少年はなぜか坊主頭が当たり前だよね。

小学生のリーグの頃からそうだし、中学でも高校でも迷わずなぜか坊主頭が推奨されるっていうか。

でも、野球のトップであるプロ野球では、坊主頭を強制されてないところをみると、別に「野球の伝統は坊主である」ってわけじゃなさそうだしな。

これも、なんだか変だなぁ…と。

軍隊や囚人じゃないんだから、丸刈りが原則っていうじゃなくて、好きな髪型でスポーツしてもいいと思うんだよね。

■髪型は自由に。もっと坊主頭に!

おらは、坊主頭が好きだ。

とても楽だし、とても気に入っている。

けども、とかく坊主頭は「マイナスイメージ」をもたれやすい。

上記に書いたような、坊主頭からはじまる一連のイメージも、少なからず影響してるんじゃないかなぁ。

結論は、「自分から選んで、もっと坊主になろうず!」って言いたいだけだったりする。

広告

ミス・ユニバース日本代表決定とぽっちゃり系の美について

おっす!おらぽっちゃり好き!さっき見ていた「ミス・ユニバース」のニュースで、女の子の水着姿をみたんだけど、気になったことがあるので書いてみるよ。

月刊ミス・ユニバース・ジャパン【AA】

ミス・ユニバース日本代表に宮城県出身の原綾子さん「世界に支援呼びかける」 | エンタメ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/04/02/033/

ミス・ユニバースって、それぞれの国の「美の代表」をきめるっていう大会だけども。
その日本代表を決めるというニュースに登場していた女性たちの容姿に、おらはまるでぴんと来なかった。

いや、女性たちの水着姿があまりにガリガリで、おらは驚いてしまったくらいだ。

素朴な疑問なのだけど、「女性らしい美しさ」って何をさして言うんだろうね?
スタイルのよさや、顔の造形など、「単純な数値では判定できないもの」を、ミス・ユニバースでは審査して、決めているんだろうけども。
おらの美の基準からいえば、彼女たちは「女性らしいからだのライン」より、あきらかに痩せすぎていた。

健康的な女性は、もう少し、脂肪がついたボディをしていてほしいと思うし。
すくなくても、BMI的な数値でいうなら、彼女たちはちょっと痩せすぎだろうと思う。

ミス・ユニバース・ジャパンに出ていた女性は、だれもがみなスレンダーな女性たちだったが、これらが「美しさの基準」だというのだろうか?
また、いつから、こうした「痩せている美しさ」のみを追求するようになったのだろうか?

おらは、もっと、「スレンダー以外の美しさ」に目をむけるべきだと思う。
はっきりいうなら「むっちり系」や「ぽっちゃり系」の美しさを、知ってほしい。

おらが思う美しい女性は、先のミス・ユニバース・ジャパンに登場するような女性ではまったくない。
タレントで言うなら、柳原可奈子くらいの、むっちりボディが理想的だ。
それよも、さらにふくよかでも、個人的には全く問題ないが、これが逆にガリガリだった場合は、急速に萎えてしまう。
性的な意味であっても、ガリガリよりもぷよぷよを推していきたい。

また、おらが絵を描くときには、写真を参考にしながら、模写するのだが、ぽっちゃり系を描きたいと思っている。
しかし、ぽっちゃり系の写真はネットでも少ないようで、それよりもスレンダーな女性の写真の方がずいぶんと多いと感じる。
おらは、スレンダー気味の女性の筋肉を描く練習の時くらいしか、そういう写真には目が行かないな。

おらが、ナチュラルに描きたいと思うのは、全身がおっぱいでできてるような、やわらかな感じがするラインだ。
それこそ「女性らしいからだ」だと思う。
ルネッサンス時代の絵画には、女性のヌードがたくさん描かれているが、おらが好きなラインは、こちらに近いかもな。

もし、おらのように絵画に出てくる女性をみて美しいと思う心があるのなら、あるいみで同志だ。
そういった気持ちがあれば、現代女性に「もっと痩せろ」というのが、ナンセンスだと分かるはずだ。

また、ダイエットをしようと思う女性は、まずは、BMIをもとにして、「本当にそのダイエットは必要なのか?」と、一回考えてから、はじめてほしい。
それと、世の中の男性がすべて、ミス・ユニバース・ジャパンの女性を美しいとは感じているわけではないと、知ってほしい。
おらは、今後も、ことあるごとに、ぷよぷよ&ぽっちゃりの良さを、もっと応援していきたいと思っている。

ぽっちゃりBANZAI。