風が強い日の洗濯物の干し方

おっす!おら洗濯係!

おらは、平日はお仕事タイムなので、土日は洗濯の日になるのよね。

土日が晴れればいいのだけど、場合によっては、風が強い日もあるね。

洗濯物が飛んで行ったらやっかいだし。

だから、洗濯物が飛ばされない方法を考えてみた!

View this post on Instagram

風の強い日の干し方

A post shared by イマカ (@imakakomi) on

 

★その1:ビニール紐を、ハンガーに通す方法

まず、ビニール紐を、物干し竿とを同じくらいの長さにする。

そのあと、ハンガーに洗濯物を吊るしてから、そのハンガーの首元のスキマをぬうようにして、ビニール紐を通す。

そしてビニール紐の両端を、結んでおけば、洗濯物を飛ばされることは、まず無い。

★その2:ビニール紐を往復させて、固定する方法

「その1」の方法だけでも、洗濯物は飛ばされなくなるのだけども、風が吹くことで洗濯物が一箇所に偏ってしまうこともある。

洗濯物が、重なってしまうと、乾きにくくなる。

そうならないように、洗濯物同士の、ある程度の間隔をキープする方法が「その2」だ。

まず、ビニール紐を物干し竿の2倍くらいの長さにする。

そしたら「その1」の要領で、片一方を首元に通したあとに、もう片方を洗濯バサミで肩あたりに止める。

ここうすることで、洗濯物は飛ばされないし、洗濯物同士を一定の間隔をキープすることができる。

★難点は急な雨かな

この洗濯物を飛ばされない方法に、難点があるとすれば、急な雨のときだ。

急な雨で、洗濯物を猛ダッシュで取り込まないと!ってときには、あたふたするね。

「その1」の方法のときは、ヒモを抜き取るまでに、あたふたするし。

「その2」の方法の場合は、それぞれの洗濯物の肩から、洗濯バサミを外さないとイケないからね。

でも、まあ、風が強い日で、かつ、雨が降りそうなときには、洗濯をしない方がいいけどね!

お試しあれー。

広告

餃子の皮は25枚ではなく24枚がベターな件

おっす!おら餃子好き!

先日、餃子を包んでいた時に、ふと、餃子の皮の枚数について思いついたことをφ(`д´)メモっておきたい。

2014-03-03 18.39.20

◆お店で買うときを考えてみよう

お店で餃子の皮を買う時に、25枚入りと、24枚入りとが並んでいたら、どちらを選んで買うだろうか?

1枚多く買える25枚入りだろうか。それとも、24枚だろうか。

先日おらが買った餃子の皮は、25枚入りだったのだけど…。

結論としては、24枚入りを買うことをオススメする。

なぜか?

◆何人家族で食べる?

24枚入りと、25枚入り、どちらを買うべきかは、その餃子を食べる人数による。

家族で、餃子を分けるときに、きちんと人数で割り切れるかどうかが重要なのだ。

ここで、人数で餃子を割り切れた場合を◯、割り切れなかった場合を☓とすると。。

@24枚の場合

  • 1人…◯
  • 2人…◯
  • 3人…◯
  • 4人…◯
  • 5人…×
  • 6人…◯
  • 7人…×
  • 8人…◯
  • 9人…×

このように、だいたいスッキリ割り切れた。

では、同じように、25枚を分けてみるとどうだろうか。

@25枚

  • 1人…◯
  • 2人…×
  • 3人…×
  • 4人…×
  • 5人…◯
  • 7人…×
  • 8人…×
  • 9人…×

このように、見事に、×だらけになるのだった。

◆結論:24枚入りの餃子を買った方がベター

以上の結果から、24枚入りを買ったほうが、よりベターだということが分かる。

具体的には、5人家族以外では、24枚入りを買うべきなのである。

◆おまけ:一人暮らしでも24枚を推奨

最後におまけとして、一人暮らしの場合の考察をしてみよう。

25枚でも、24枚でも、どっちでもいいんじゃね?どうせ一人で食べるんだし…と思うかもしれないが、それは甘い。

1度に全部の枚数を食べるのならば、確かにどちらを選んでもいいのだけど。

だがしかし、そんな25枚も一度に食べるとか、おらじゃないんだから、普通はしない。

普通は、何回かに分けて、食べることになると思う。

その時も、24枚のほうが都合がいいのだ。

25枚の場合は、それこそ、1度に食べる量を5個と決めているなら、そのほうが綺麗に分けることができる。

しかし、6つずつ食べたいなとか、いや8つだとか、4つくらいがいいわなどと思うのならば、迷わず24枚を買うことをオススメするのだ。

以上、餃子の皮を買うときの参考になれば。