仕事の評価軸について

おっす!おらサラリーマン!

サラリーマンをしていると、会社の同僚や上司について、「評価」することがあるのだけど、それについて、感じたことをメモっておくよ。

一般論じゃなくて、主観的に、おらがそう感じるっていう話よ。

(‘A`)マンドクセ と思った愚痴よ!

◆男性が評価するときの軸(二次元)

男性が、会社の同僚や上司を「評価」するときの軸は、主に二つあると思う。

1つは、その人物に対する「能力のある・ない」という点。仕事ができるかどうか、と言い換えることもできる。

2つめは、その人物に対する「性格の良し・悪し」という点。これは、自分にとってソリが合うかどうかの、相性的な意味とも言い換えられるな

評価の基準は2つの軸(能力,性格)で表せるとすると、x軸とy軸の二つの軸を持った二次元のグラフでも表せそうね。

まあこれは、客観的に見えるけど、でもその実は、(自分から見て)評価する対象の人がどう見えるかっていうだけなのだけどね。

◆女性が評価するときの軸(三次元)

一方で、女性が、会社の同僚や上司を評価するときの軸には、主に三つあると思う。

1つは「能力」、2つめは「性格」で、これらは男性が評価するときと同じと思う。

3つめは、その人物がどういう「容姿」なのかという点である。

・生まれ持っての容姿が、美人なのかブサイクなのか。

・ファッションセンスや、お金をかけているかどうか。

・美容にどれだけお金をかけて、加工しているかどうか

これらの「容姿」についてが、女性が評価するときには大きなポイントになっている。

評価の基準は3つあり(能力,性格,容姿)で表せるとなると、x軸とy軸とz軸の三次元のグラフになるのだ。

そして、この第三の「容姿」についての評価が、女性にとってはとにかく重要になっている点が、男性の評価基準とはまるで違う点だ。

◆男女で評価軸がずれる

ある人の評価をする時に、その話を詳しく聞いてみると、男女で見ているところが大きく違っているのに気づくことがある。

男性から見て、Aさんがどういう人かというと(能力,性格)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

女性から見ると、Aさんがどういう人かというと(能力,性格,容姿)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

そして、女性から、女性を評価するときの話に限っていうと、「容姿」がとにかく第一優先の評価基準になっていたりするのだ。

男性からみると、本当にどうでもよい点なのだけども、女性にとってはとても重要な点になっている。

例えば、付けまつげをどの程度盛っているかや、その頻度、どのお店に行っているか。

あるいは、ファッションはどういう物を身につけているか、いくらぐらいか、似合っているかどうか、とか。

美容にはいくらぐらいかけているか、そのかけた結果あれぐらいなのか、とか、エステやなんやらにお金をかけているかどうか。

髪型や、肌の色つや、などなどなどエトセトラ、この辺りが、非常に(‘A`)マンドクセ 評価基準があるのだ。

ある意味では、「嫉妬」からスタートした評価基準を、持っている。

なので、男性と女性とで、同じ人を評価して話し合おうとしても、割と不毛なやりとりになる。

男性から見たら(能力,性格)で、対象となる人を評価したいのだけど、女性から見たらそれらは二の次三の次であり(容姿)がどうなのかが、大きなファクタになっているくらいだ。

◆女性にとっての第4項目(タブー)

女性が女性を評価する時には、(容姿)が評価の基準になっていて、それが嫉妬から出たものであるのは述べた。

実は、女性が女性を評価する時には、第4の項目があるのだが、これはあえて触れないタブー視されている。

それは「恋人・結婚相手」がいるかどうかだ。

例えば、Aさん(能力,性格,容姿)について、とりわけ「容姿」について、延々と批評(ダメ出し)をしてるとしても、そのAさんに「恋人・結婚相手」がいる場合は、すべてが逆転してしまうようだ。

批評(非難)している側に「恋人・結婚相手」がいなかった場合は、特に、Aさんに「恋人・結婚相手」がいることは触れてはいけないようだ。

ぶっちゃけ、Aさんの(能力,性格,容姿)が劣っていると、批評(見下し)しても、Aさんに「恋人・結婚相手」がいるとなったら、その時点でAさんとの優劣は決してしまうのだ。

Aさんは「恋人・結婚相手」がいることで「勝っている」ことになり、批評・非難している側が「負けている」となってしまうようなのだ。

だから、この部分については、暗黙の了解で、話題として触れてはならないようだ。

逆に、Aさんの肩を持つのであれば、〝批判している側には「恋人・結婚相手」はいないけど、Aさんには「恋人・結婚相手」がいるよね!〟とでも言えば、その場のやり取りをぶち壊せるタブーワードだ。

◆ズレている認識をもつ

男女が一緒になって、誰かAさんの話をする時には、評価軸がまるで違っているという認識をもった方が良さそうだ。

男性から見たら(能力,性格)で評価するとしても、女性から見たら(能力,性格,容姿)で評価して話しているかもしれない。

そして、話題には上がらないが、「恋人・結婚相手」も、その場の評価を覆せるファクターとして存在している。

結論: (‘A`)マンドクセ

無意識の腕組みを意識する

おっす!おら会社勤め。

最近、中間管理職の予備軍みたいな立場になりつつあるよ。

そんななか、Aさんが退職するに当たり、若手Bくんに引き継ぎを行っているのを目撃している。

そこで、 Bくんの癖(クセ)に注目しているよ。

★腕組みの印象

結論からのべると、Bくんは、すぐに「腕組み」をする。

その「腕組み」こそが、印象を下げるしぐさなのだけど、それが分かっていないんだろうな。

だから、まわりの人から、Bくんに対する印象が、じわじわと下がってしまう。

以前におらはこんな記事を書いた。

ナニをもとに好きになるのか?っていう話 | 774no874印象アップ作戦

そこでも引用した「所さんの目がテン!」の『印象を左右するしぐさ』の表をみてほしい。

印象をダウンするしぐさに、しっかりと「腕組み」が入っている。

これは、相手を拒否している、もしくは、相手の言動を「自分のなかに入れさせない」という心の現れが、体から出てきている、のだ。

それを、すぐにしてしまうBくん。

Bくんの「拒否する心」が「腕組みというしぐさ」となって出てきているのが、ありありとわかる。

実は、Bくんは、会社の研修で「コミュニケーション研修」を受けている。

そこで、腕組みのマイナス効果の話も、聴いているハズなんだが…。

きっと、あまり、身につかなかったのだろう。

おらも、無意識に腕組みをしてしまうこともあるけど、その時に「意識的に、なぜいま腕組みしたのか?」を見つめなおす。

だから、会社の中では、腕組みを極力しないように「意識」している。

一方で、このBくんの腕組みを「やめさせる」必要があるのかどうかが分からない。

その人の行動を、他人であるおらがコントロールしようとするのは、よくないことだと思ってしまう。

自分で気づいて、自分でコントロールしないといけないのだ。

って、うちの上司も、実はよく「腕組み」するんだよねぇ…。

 

マイナンバー通知カードとどいたけども

おっす、おら、住所固定・有職!

いちおう、働いて生きているよ!

そんなおらもとに、マイナンバー通知カードが届いた!

届いた感想をメモしておくと。

「なんだこのペラッペラのうすっぺらの紙は?」という印象。

見せちゃいけないカード、というけど、カードというより、ただの紙ペラ1枚っすねこれ。

イメージとしては、紙だったら遊戯王のカードみたいな、なんらかの加工がされてて、紙でもしっかりしてるもの。

もし、プラスチックのカードなら、TSUTAYAのカードみたいな。

まあ、せめて、「一生もののだいじなカード」の雰囲気があるものが届くと思っていたけども。

お札みたいな、薄っぺらな紙だった。

あと、お札みたいな透かしも入ってる。

あと、お札みたいに、よくよく見ると、細かい文字で「ニホン」とか「JAPAN」とか「NIPPON」とか書いてあるわ。

つーか、いらんのだけど?

すっごい意味不明な「メリット」として、コンビニで住民票や印鑑登録証明書などの取得できるっていうのがあったり。

すっごーい、いらなーい。

あと、図書券や、保険証なんかが、「個人番号カード」に集約できるようになるっていうのも、まったくもって意味わかんない。

誰にも見せちゃ、知られちゃいけないという「個人番号」が書かれたものを、図書カードに付記することのメリットって何?

デメリットしか無いんだけどそれは?

あと、見られちゃいけないものを、アプリで利用できるようになるんだって。

はあ?アプリで個人番号を扱っていいんだ?

それは、何なのかしらね。

見られちゃイケないとか、収集しちゃいけないことになる「個人番号」を、アプリで収集してもよいの?

異見わからない。

ていうか、もう、そういうのが流出するのが、目に見えているし。

マイナンバー通知のカードが配布されるまえに、すでに、配達の段階でどっか行っちゃってる事件おきてるし。

すっごいお金をかけて、すっごーいムダをして、何をしたいのか。

知ってる、個人や会社のお金の流れを、国がすべて掌握したいんだよね。

それでもって、誰がどこで何をして「お金を得ているか」を、掌握したいんだよね。

なんか、水商売やら、風俗で働くときにも、雇う側は、この「マイナンバー」を管理することになるらしく。

完全個人特定されて、副業すらも、完全把握される模様。

そして、「お上にバレずに稼ぐ」コトが、できないようにしたいと。

そうしたところからも、税金を押収したいと。

あと、保険屋さんには、この番号を収集する権利を与えているので、まあ、なんていうか。アレな感じ。

昔あったマンガで『蛮勇引力』っていうのがあったけど、あれを思い出したよね。

個人番号を他人に知られちゃいけないと言いつつ、会社の人(=他人)には知らせないと、どの職業であっても働くことはできないって、もう、ほんとに何なの。

あと、会社をあんまり信用してないから、そこから流出とかもさもありなんなん。