2

生まれてはじめてラプンツェルをみた

おっす!おらオタク系おっさん!

今日は、生まれてはじめてラプンツェルを見たので、そのことをメモしておくよ。

◆ラプンツェルを見ようと思った3つのきっかけ

おらが、ラプンツェルを見ようと思ったきっかけは、次の3つだ。

1)アナと雪の女王 のニコニコ動画をたくさん見たから

2)ジョン・ラセターへの熱い思いの日記を読んだから

3)ミュージカル映画としてのアナと雪の女王の前に、ラプンツェルを見ておきたかった

という3つがあげられる。

もともと、おらは、ピクサー映画は好きで見ていたのだが、一方で本家のディズニー映画は、敬遠している部分があった。

だから、『塔の上のラプンツェル(Rapunzel)』を、見ようとは思ってなかった。

しかし、3つのきっかけが、重なったら、見たくなってしまったのだ。

◆その1:アナと雪の女王とラプンツェルとニコニコ動画

ラプンツェルの話をする前に、『アナと雪の女王』のニコニコ動画について話しておきたい。

おらは、『アナと雪の女王』の映画をみたことがないのだが、ニコニコ動画で『アナと雪の女王』を見るのが好きだ。

変な話だけど、トータルで視聴時間は、数時間にのぼるくらい、何度も繰り返し『アナと雪の女王』の関連の動画を見ている。

なかでも、「歌ってみた」タグの、本家ではない歌声を聞くのが、かなり好きである。

その中で『♪生まれてはじめて』は、人気の歌ってみたネタなので、多くの人が投稿している。

それら多くの動画に、「ラプンツェル!」という書き込みがシーンがある。それがこれだ。

2014-06-29 10.26.18

アナが、「生まれてはじめて〜」と歌いながら、城の門を出てくるシーンで、一瞬だけ、左の下に「ラプンツェル」が登場しているのだ。

まあ、これは、わりと有名な小ネタなのだけど、このシーンで「ラプンツェル!」というコメントをしている人は、同じ人なのではなかろうかと、おらは睨んでいる。

不自然なくらいに、多くの動画の、同じこのシーンで「ラプンツェル!」というコメをみていると、そのタイミングからして、同じ人が書き込んでいるんじゃなかろうか、とw

とにかく、この『アナと雪の女王 ♪生まれてはじめて』を繰り返しみることで、頭のなかに、ラプンツェル!が刷り込まれていったのは、間違いない。

あと、Wikipediaの『塔の上のラプンツェル』の項目では、

本作後に公開された映画『アナと雪の女王』では、ラプンツェルが髪を切った姿で、フリンと共に登場しているシーンがある(両者とも後姿のみ)

塔の上のラプンツェル – Wikipedia

と書いてあるが、上の図のように、ラプンツェルは、一瞬だけ横顔が写っているのだから、「後姿のみ」というのは間違いである。

ちなみに、おらの好きな「生まれてはじめて」は、ウアココさんの替え歌バージョンが大好きだ。

ぜひ、一度聴いてみてほしい。

【アナと雪の女王】生まれてはじめて(二次元大好き) 【歌ってみた】 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23623831

◆その2:ジョン・ラセターへの熱い思いの日記(ウケる日記)

次に、おらが、ラプンツェルを見ようと思ったのは、この記事によるところが大きい。

昨日、TSUTAYAで号泣しました。|水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-11882338071.html

この記事では、『アナと雪の女王』のCMがTSUTAYAで流れているのを見て号泣した著者が、なぜ号泣するに至ったのかが書かれている。

かいつまんでいうと、『アナと雪の女王』で製作総指揮をつとめたジョン・ラセターへの熱い思いが書かれているのだが、詳しくは上の記事を読んでもらうとして。

おらは、ジョン・ラセターに興味を持ったし、その人がピクサー買収ののちに、ディズニー映画で「ミュージカル映画を作った」のが、『ラプンツェル』であると、その時はじめて知った。

そして、見たくなった。

ディズニーの、ミュージカル映画を敬遠していたおらが、ジョン・ラセターが携わる『ラプンツェル』というミュージカル映画に期待したのだ。

◆その3:ミュージカル映画アナと雪の女王を見る前に、ラプンツェルを見たい(英語版)

その1とその2の理由から、おらは『アナと雪の女王』と『ラプンツェル』の、その両方を見たくなった。

が、しかし、まずは、『ラプンツェル』を先に見る必要があると思った。

しかも、英語版を。

みゅ -アナと雪の女王 – Uncrowned
http://halkc.com/post/87484521808

上の記事によると、アナと雪の女王を日本語吹き替え版でみた著者が、ミュージカル映画なら吹き替えによるニュアンスや歌詞とメロディのニュアンスが変わると主張されてた。

なるほど、そういうこともあるかもしれない。

まして、おらは、ミュージカル映画を見ることをしてこなかったので、ミュージカル映画が全般苦手な可能性もある。

一方で、食わず嫌いなだけで、実際に体験してみたら、ミュージカル映画が好きになるかもしれない。

だったら、まずは、原作の雰囲気を感じられる英語版で、ミュージカル映画を体験しようと思った。

◆みた結果:ラプンツェルは面白い!(当たり前)

そうして、こうして、見たくなる理由が重なり、おらはTSUTAYAのディズニーコーナーに行って、ラプンツェルを借りてきた。

そして、今さっき、見終わったところだ。

結論として、おらは、ディズニーのミュージカル映画は面白いと思う(当たり前)。

あ、ただし、ジョン・ラセターが関わった以降の作品でしか知らないので、それ以前のディズニー映画も、同じように楽しめるかどうかは、まだわからない。

『ラプンツェル』では、色々と、ストーリー的に突っ込みどころはあるのだけども、歌の挿入に関しては、おらは拒否感や違和感は無かった。

ストーリー的に(ネタバレツッコミ)はいくつもあるが、それはここでは書かない。

(ネタバレ蛇足ツッコミを読みたい人はこちらへ→ Whisky Milk Punch

ちなみに、おらと同じようにTSUTAYAでレンタルしてこようと思っている人に向けて、一つだけアドバイス。

『ラプンツェル』は、正式邦画のタイトルが『塔の上のラプンツェル』なので、陳列棚では「た行」においてあるので、注意だ。

「ら行」を探しても、『リトルマーメイド』はあっても『ラプンツェル』は置いてないからね。

まして、「ら行」は、棚として、だいぶ下の方に置かれていたりすることが多いので、棚の前でしゃがみこんで探すことになったりするだろうし…。

おらのように、おっさんが、ディズニーコーナーでしゃがんで、「ら・ら・ら…ラプンツェルのら」とかブツブツ言いながら、なかなか本作を探せないということがないように。

広告

他人の悪口が、自分の評価を雪崩式に下げるわけ

おっす!おら、おしゃべり!

なんでも、かんでも、しゃべってしまいがちなのだけど、悪口言うときには、気をつけようというφ(・ω・ )メモ。

◆悪口で評価を下げるのは誰か

Aさんが、Bさんのことを、悪く言ったとき。
その流れを、
A→B
とする。

で、Aさんは、Bさんへ、直接悪口をいうわけではなく、他の友達XYZさんの3人へ言ったとすると。

A→X(b)
A→Y(b)
A→Z(b)

これで、評価を下げるのは、果たして、Bさんか?ということ。
案外、Aさん自身の評価を下げていたりするんだけど、それには、Aさんは気づいてない。

Aさんは、Bさんの評価を下げようとした結果、3人のXYZさんから、評価を下げるカタチになったりする。

結果
A←X (Bさんの友だちなので、気分が悪い)
A←Y(Bさんのことを評価してた人)
A←Z(悪口そのものが、きらいな人)

同様に、AさんはCさんの悪口をふれてまわると、その何倍もの人から、Aさん本人の評価を下げたりしている。

で、Aさんは、雪崩式に、自分の評価を下げることになり。
だんだんと、Aさんのまわりから、したってくれる人が減っていく…。
みたいなことになりがち。

◆他人の悪口は自分に対して戻ってくる

これは、まず、間違いないと、おらは思う。

まあ、Aさんの信念で、
*他人からの悪口なんて、気にしないぜ!とか
*孤立無援が好きだから、敵を作りたいぜ!とか
そういう趣向ならば、Aさんの行動をとめないけども。

もし、そうじゃないなら、悪口を言うときは、少し気にした方がいい。

まあ、悪口言う人ほど、他人からの評価を気にしてたりするのが、よくあるパターンなのだけども。

また、悪口言いたい時は、誰が、どう聞いてるかわからないので、言わなくてすむ方法があるなら、そっちがいいと思う。

こう、おらが、ブログに書くことで、おらにUターンブーメランが返ってくる可能性も高まるかな?

うん、たぶん、そう。

小明の秘話でモンスターズ・ユニバーシティの感想

おれは、モンスターズ・ユニバーシティは「面白かった」と思うのだけど、小明の秘話ではまた違った意見で述べられていた。

「スクールカーストは人間の世界と同じなんかい!」

って部分で心のシャッターを降ろしてしまったから大事な部分が伝わってない恐れがありますもんで、
読んでもらっておいてなんだけど、↑この感想は全くアテにならないもんだぜ!よろしくな!

小明の秘話http://yaplog.jp/benijake148/archive/13710

ああ、そうか!と思ったね。

モンスターズ・ユニバーシティは、スクールカーストのお話なのかと。

でも、そういう目で、前作のモンスターズ・インクをみると、

「エネルギー問題は人間の世界と同じなんかい!」

とも思えるし

「営業成績重視は人間の世界と同じなんかい!」

とも思えるよね。

まあ、表面的にはモンスターだけども、描いているのは、人間の社会と同じもの、というのがピクサーのやり方だとは思う。

一方で、日本のモンスターといえば、「妖怪」なのだけど。

ゲゲゲの鬼太郎の歌にはこんなのがある。

♪げ げ げげげのげー おばけにゃ 学校も 試験もなんにもない

ってね。

日本の妖怪の世界が、小明がのぞむような、「モンスターの世界観」なのかもしれないな。

彼氏または夫かAVでオナニーすることを許せない女たち

なぜなのかしらね。

<性処理>

男性には、性処理が必要なときがあるのだけど、それを「許せない」って思うのは、なんなのかしら。

性処理として、彼女や、妻をつかわない男性、いいことじゃないかな。

AVみたいなことを、いつでも、彼氏や夫が望むたびに、こたえられる女性がいるとは思えない。

たとえば、セックスしたいときが、必ずしも二人の間で一致しないかもしれないじゃない。

片一方は、今日はムラムラしているが、もう片一方は、今日は勘弁して下さいって時があったら、どうするのかね。

ぶっかけしたい、精飲してほしい、中出ししたい、野外プレイしたい、SM したい、それらすべてのフェチズムに対して、いつなんどきでもウェルカム状態でこたえられる女性がいるのかしら?

<ファンタジー>

AVは一種のファンタジーである。

そのファンタジーに対して、オナニー(射精)するという行為そのものに、問題があると考えているのかな?

では、女性は、ファンタジーの存在的なものに心を動かされることはないのかね。

恋愛映画に涙するのと、AVで射精するのと、どれほどの違いがあるのかな。

どちらも、ファンタジーに心を動かされて、体液を漏らしているという点では同じだ。

夫や彼氏がいるのに、他の恋愛モノをみて、涙するのを許せない!とは、男性は言わないよね?

<趣味の物を勝手に捨てるな>

趣味で、AVを集めている場合、それらを勝手にすてるなって話。

ゲームを集めている、あるいはマンガを集めている人が、勝手に捨てられたら怒るのは当たり前。

こんな子供っぽいものとか、そんなやらしいものとか、集めているなよ!ってことで捨てるんだろうけども。

自分の価値観にあわないからって、相手の物を処分できると考えている時点で、エゴイストだなって。

貴女に似合わないからと、すべてのジュエリーを捨てられたらどうだろうか。

子供っぽいと、ディズニーのグッズをまるごと捨てられたら、どう思うのか。

ドラえもんののび太のママは、勝手になんでも捨てちゃうのだけど、ファンタジーの世界だけじゃなくて、本当にそういう女性がいるっていうのがね。

(自分が相手にやられたらどう思うのか)という当事者意識が低いんだな。

<オナニーしよう>

オナニーすること自体を、気持ち悪いと思う人がいる。

オナニー、すばらしいよ?

オナニー禁止論って、どこからくるのかしらね。

オナニーを拒否する女性は、おなじ女のコがオナニーしている話は、どう聞くのかね。

魔女狩りならぬ、オナニスト狩りとかあるとすれば、怖い話だ。

オナニーして、自分がどうやったら気持ちよくなれるかを知ることは大事だと思う。

そうじゃないと、セックスの時に、こうしてほしいとか、こうしたら気持ちよくなれるのだけど、というのがわからないじゃん?

セックスの話は、密室のミッションなので、他人がうかがい知ることはできないけどさ。

<結論>

AVみて、オナニーするくらい、なんでもないよ。

やらしいものみて、やらしい気持ちになるなんて、正常そのもの。

もっと、ぜんぜん、関係ないもので、やらしい気持ちになってたら、レベル高いけど。

たとえば、相撲の取り組みをみて、オナニーしてたら、それはそれで、すごい世界だが。

犬を殺すしか!と思った瞬間

あなたは、犬を殺すしか!と思ったことはあるだろうか?

おらは、今朝の出勤中に、そう思った。

理由はこうだ。

出勤するため家を5:45に出て、歩いて20mほど行った曲がり角を、右へ曲がった。

その瞬間、おらが歩いてきた後方より、犬が猛然と飛びかかってきて、牙をむいて、吠えたててきたのだ!

おらは、「うわああぁあ!!」と悲鳴にちかい声をあげた。

まさか、後ろから犬が飛びかかってくるなんて、思いもしなかったからだ。

犬の種類は、ゴールデンレトリーバーで、首輪はしていない。飼い主の姿もない。

ゴールデンレトリーバーは、よく「おりこうな犬」として、雑誌やテレビでも紹介されている。

おらも、普段なら、犬のことを「わんわんお」と、親密な気持ちをこめて呼ぶくらいで、好きか嫌いかで言えば、好きである。

しかし、今朝は、この犬に対して、「かわいい」などとは微塵も思わず、とにかく恐怖しかなかった。

犬、というより、一頭の「獣」だった。

そして、おらのスイッチが入った。

牙を剥いて吠えまくる一頭の「獣」に対して、日常生活では、まるで縁のない「闘争本能」が、むりやり着火された。

やられる前に、殺らなければ!』と、おらのなかで、野生が目覚めた。

大げさではなく、そういう感情が湧いたのだ。

自分の生命の危機から、逃れるためには、目の前の犬を殺すしかない!そう思ったのだ。

その時、ちょうど、雨が降っていたので、おらは傘を持っていた。

その広げていた傘で、犬を追い払おうと、振り回し続けた。

そのうち、犬はもときた道へ戻っていった。

この間、家を出てから2分といったところだ。

おらの心臓はバクバクだった。

犬が去って「ほっとした」のとともに、猛烈な怒りが湧いてきた。

犬に対しては「殺す」と思ったくらいの怒りもあったし、なによりも首輪も付けずに、大型の犬を話した飼い主に対して、同様に強い怒りを覚えた。

そして、いくらペットと言っても、首輪のない犬は、まさしく「獣」なのだと感じた。

犬、マジこええよ、犬。

お客様は神様ではない。王様である。

先日、乙武氏が、車椅子を理由に入店を断られたという料理屋があり、それをツイートした件について。

おらは、どっちもどっちであると思っている。

乙武氏にも落ち度はあるし、レストラン側にも不備があったと思う。

しかし、この件について、「(お客様は神様なんだから)レストラン側が一方的に悪い」という感想を書いている人がいた。

それは違うだろうと、おらは思う。

どうにも、この「お客様は神様だ」的な発想が、おらは好きではない。

むしろ、反吐が出るくらい嫌いかもしれない。

最初に、この言葉を広めた、三波春夫を、おらはずっと好きになれないと思う。

◆お客様は王様である

おらの好きなテレビドラマに『王様のレストラン』というのがある。

三谷幸喜が脚本を書いた連続テレビドラマで、つぶれかけているフランス料理店を、伝説のギャルソンがたてなおそうとするストーリーだ。

その1話目で、伝説のギャルソンこと千石さん(松本幸四郎)が、次のようなセリフをのべる。

わたくしは先輩のギャルソンに、 お客様は王様であると教えられました。
しかし、先輩は言いました。
王様の中には首を刎ねられた奴も大勢いると。

王様のレストラン – Wikipedia

こう言って、千石さんは、失礼なお客を追い返すのである。

おらは、このセリフが好きで、事あるごとに、よく思い出す。

また、この姿勢は、とても正しいと思う。

日本では、とかく、お客様は神様扱いされて「当然である」というフシがあるが、そうではないと思う。

現実的な話をすれば、費用対効果を考えるべきだ。

支払った金額分が、お客様の「価値」だと思う。

それ以上でも、それ以下でもないのである。

神様のような「絶対的な価値」は、お客様にはないのである。

お金でその地位を買っただけの、インスタントな王様なのである。

願わくは、裸の王様にならないことを。

2

サービスの終了の仕方とWassrについて

おっすオラわさらー(=wassrを利用している人の意味)!

もうすぐWassrが終わるのでわさらーじゃなくなるけども。

Wassrは今日(9月14日)で新規受付が終了。10月1日でおしまい。(参考:サービス終了のお知らせ – Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

ところで、wassrの終了のアナウンスは8月1日にあったのだけど、9月14日の現在、とくにそれ以上のアナウンスはない。

ログのエクスポートも(今のところ)できないみたい。

ログのエクスポートって、それほど重要視されてないのかしら?

wassrに流れてくる前に、nowaってサービスを使っていたのだけど、nowaが終了するときにはログのエクスポートを用意してくれていた。

まあ、nowaは、ブログとsnsのあいのこみたいなサービスだったから、ログをエクスポートして、livedoorブログへお引越ししてねって意味もあったのだろうけども。

wassrはブログではないが、ログのエクスポートを用意してくれたら親切なのになぁ、とは思う。

というか、逆にオラの感じ方では、ログのエクスポートを用意してくれないのは不親切だなぁと思う。

提供者側としては、サービスは終わりです。はいおしまい。でいいのかしら?

ログのエクスポートが用意されてないのなら、自分でなんとかしろっていうのが「普通」なのかしら?

まあ、それがWebサービスなのかもしれないね。無料だし。無料だから文句言うなっていうね。

ただただ、オラが今まで使ってきたところが「親切すぎた」だけなのかもしれないね。

でも、少なくとも、「ユーザに親切」にしてくれる会社は、オラとしては好感が持てるけど。

「ユーザに親切」っていうのは、ユーザがのぞむ機能を盛りこんでくれるって意味だけど、もし、最後までそうした「ユーザに親切」にしてくれるなら、もしサービスが終わったとしても、その会社の他のサービスも使ってみようかなとは思う。

それって、「次に繋がる」チャンスと思うんだが…ちがうのかしら?

ま、実質wassrのアクティブ数が何人いるのかわからないけど、せっかく確保したユーザを、そのまま放流するんじゃなくて、他の自社のサービスを使ってくれるように「ユーザに親切にしておく」のもいいんじゃないかな、と思った。

モンスターペアレントというのがあるけど、上記のメモは、オラが「モンスターわさらー」な可能性もあるのだが、が、が。