成人式の思い出づくり

おっす!あけまして、おめでとう!

今年もよろしくな!

1月のイベントといえば…そう「成人式」だな。

成人式についておらの思い出を、書いてみようと思うぞ。

☆成人式っていつだっけ?

クエスチョン:成人式は何月何日にやるんだっけ?

これについての「答え」で、ジェネレーションギャップが発生すると思う。

平成10年からは、ハッピーマンデーとかなんとかで、成人式が「固定の日付」じゃなくなっちゃったからな。

それまでは、1月15日が成人式と決まっていたから。

今年、平静28年の場合は、1月11日が、成人の日だけど、来年おなじ日付じゃないっていうね。

おらの頃は、1月15日だったのだよ。

おもえば、随分まえに、成人式をしたのだなぁ…。

☆成人式の思い出

そして、はるか前の、おらの成人式はどんなんだったかというと、これが全く記憶に無い。

そりゃそうだ、行ってないんだもの。

日本の、東京に住んでいたし、その間に入院していて行けなかった、などの肉体的な理由はない。

あるのは、心の理由だけだ。

おらは、人間がきらいだったからな。

だから、その年の年賀状に「今度成人式で会おうね!久しぶりに会えるから楽しみ!」なんて書かれたものをもらっていたけど、成人式はぶっちぎった。

大学の頃だから、ものすごいたくさんの宿題は出ていたので、それを理由に使ったと思う。

でも、本当の「成人式に行かない理由」はそうじゃない、人嫌いだし、自分に自身が無かったんだろうなあ。

☆成人式は思い出づくり

成人式は、一生に一回しかしないので、いわば、思い出になるイベントだ。

このブログを書く前日に、大学のころの友だちと飲み会があり、そこで「成人式もずっと前のことだなぁ」なんて話したのだけど。

おらには、成人式の思い出はないんだよね。

いま思うと、行っておけばよかったな、と思うこともある。

行かなかったことを「後悔」して、すっごく落ち込んだりすることはないけどね。

もし、いま、これから成人式に行こうかどうか悩んでいる人には「行ったほうが良い」とオススメする。

こう、子供の頃に勉強しなかった大人が、『あとで後悔するから、子供のころは勉強しておけ(自分はやってなかったけど)』みたいなもんだな。

普段は着ない、着物を着て、思い出を増やすと、さらに良いと思う。

☆成人式は二十歳でいいの?

もともと成人式の由来は、「男性の元服」だったり「女性の裳着」だったりする。

いまとは違って、どちらも、10代のイベントだった。

それが、時代がすすむにつれて「大人の定義がかわって20歳が成人年齢」とされたから、いまは20歳なのだけど。

おらは、成人年齢を「18歳に切り替えて」いいんじゃないかな、と思う。

法律がかわり、18歳で選挙権が与えられる。

それはすなわち「18歳で、未来をになう大人の権利が与えられた」ということだ。

タイミング的には、高校を卒業するときに、一緒のタイミングで成人式をやってしまうのがいいと思うのだけど。

あ、もし、成人の年齢を引き下げると、酒や煙草もOKということになり、高校生のうちに、酒や煙草をOKになったりして、余計にめんどくさいのかしら。

まあ、でも、選挙権を与える時点で「アナタは大人です」ってことで、いいと思うんだよね。

☆成人してから長いぞ

とにもかくにも、成人式をあげたからが、大人ステージの章にうつるわけで。

そこからの人生は、まだまだ長い。

おらも、年配からみれば青二才だとしても、新成人の人から見れば、すっかりおっさんだ。

いっそ、成人式2回めや、成人式3回めをやってもいいけどね!

そうすれば、おらにも、成人式の思い出の一つや二つできることになるし!

成人の皆さんには、大人ステージにようこそ!だ!

おめでとうございます!

 

広告

お財布とパスケースを買ったのだ

おっす!おらななし!

ずっと使ってきたお財布の、ジッパーのところが壊れちゃったのね。

だから、新しいのを買ったよ、という日記。

ちなみに、古いお財布から、新しいお財布へ移行しようとしたら、中身が入りきれなかったっていう。

だから、パスケースも一緒に新しくして、お財布の中身の一部を、NEWパスケースに入れることにした。

まずは、今までのお財布とパスケース。

club jurdain の財布とITALY LEATHERのパスケース

Club jurdain の財布とITALY LEATHERのパスケース

もう、何年か使っているので、どちらもだいぶクタっている。

続いて、今日、新しく買いそろえたお財布とパスケース。

無印良品のお財布と、Paquet du Cadeauのパスケース

無印良品のお財布と、Paquet du Cadeauのパスケース

うん、まったくもって、おっさんらしくない品だ。

左のお財布は、無印良品『ヌメ革パスケース付二つ折り財布』。

その名のとおり、ヌメ革なのが気に入って選んだ。

ただし、少しカード入れの容量が小さいのが、マイナスポイントかもしれない。

店頭では、ケースに入れられていたので中身まで確認できなかったので、まあ、仕方ない。

右のパスケースは、Paquet du Cadeau『世界の人々 パスケース』。

たまたまよった雑貨屋さんで、目に止まったので、衝動買い。

もうこれ完全に女子用ですわ、本当にありがとうございます。

ちなみに、柄違いで、「アメリカ人のカウボーイが銃を構えている」のと、「イギリス人の近衛兵が銃を構えている」のがあったのだけど。

そんな物騒な柄は、持ち歩きたくなかったので、「フランス人がラインダンスでスカートをヒラヒラさせている」のを選んでしまった。

機能的には、内側にキーリングが付いているので、鍵の持ち歩きにも便利そう。

のびーるチェーン

のびーるチェーン

買った時には気づかなかったのだけど、このゴールドのチェーンはリールになっていて、伸び縮みできちゃうらしい。

まあ、スーツ姿でコレを持ち歩くって、それはどうなの?っていうのはあるのだけど。

ほら、遊び心が大事だ!、というイイワケで、これを使ってみちゃうのよ。

個人的に満足だから、いいんだもん。

和服の左前着付け撲滅委員会

おっす!

おら、三が日をだらだらすごした者だよ。

結局、お正月のうちに、初詣にも行かなかったのだけど。

Twitterで、振り袖だったり、和服の写メが流れてくると「ああ、お正月っぽい」と思ったりした。

しかし、和服を左前で着ている写メは、いただけない。

撲滅したい。

kancolle_20150104_161002
艦これにて曙にボコられる我が艦隊

オンラインゲームの艦これに、曙というキャラクターが出ているのだけど。

そのキャラクターが、2014年〜2015年の年末年始の限定コスチュームとして、和服を着ている。

上記のイメージがそうなんだけど、ご覧のとおり、きちんと「右前」で着ている(描かれている)。

和服はこれが、当たり前なのだ。

しかし、普段和服を着ない人が、たまに振り袖やら浴衣やらを着るときに、うっかり「左前」で着てしまうようだ。

これを、撲滅したい。

「左前」は死装束なのであるからして、生きているのに死装束を着てしまうとか、そんなに、死に急いでどうするんだ?って思う。

お祭りの浴衣で死装束をまとうとか。初詣に死装束でお参りとか。それを見た周りの人も一気に興ざめであろうな。

日本人として、和装をどうやって着るのが正解なのかを、小中高のどこかで、教えるべきだと思うんだ。

覚え方は簡単で、自分の右手が懐(胸元)に滑りこむように衣を合わせるだけだ。

簡単だけど、知らなければ、大人になってもきちんと着ることはできない。

そういえば、おらがかつて持ってたベッキーの写真集でも、ガンガン左前の写真があって、めまいがしたのを思い出した。

ベッキーの写真集は、もうすっかり処分してしまったので、証拠の写真を載せることはできないけども。

商売として、売りに出すような写真集であっても、スタッフの誰もが知らないでノーチェックで、左前の写真が出ちゃうっていうのは、日本人としては少し恥ずかしい。

外国人が、日本に着てうっかり左前というのとは、ワケが違うのだ。

和服の着付けは、基本的な教育として、教えておくべきだと思うんだけどな。

創作物とスタンドと魂のかたち

おっす!
おら、デザインフェスタの会場から!

デザインフェスタで、たくさんの創作物に触れて感じたこと。

IMG_4994

それは、シンプルにいうと、創作物とは、ジョジョ的にいうと、スタンドと同意だなぁ。
または、魂のカタチ。

前から、美術館をめぐると、そうおもっていたのだけど、デザインフェスタでは、より、強くそう感じる。

様式美である場合もあるけど、めちゃくちゃな格好だったり、めちゃくちゃあやしい、あやういモノであったり。
可愛かったり、小さかったり。
ハイカラだったり、モノクロだったり。

いろんな創作物があって、いろんなスタンドをみた気がする。

そんで、思うのは、しぶんのなかのスタンドとか魂が、共振したりするのがわかる。

ふるふる、プルプル、ブルブル。
バインバイン。

あとは、ほんとに好き勝手な格好してるのは、もっと日常でそうなったら、おもしろそうだ。
会社とか、そういう場面でも、自分のスタンド全開にしてたら、楽しそうだし。
あと、可愛かった。

などと、ビッグサイトで書いたりしてる。

坊主頭でもシャンプーを使いたい時

おっす!おら坊主!

坊様ではなく、たんに、髪の毛を丸刈りにしているだけなのだけど。

そんなおらのシャンプー事情について。

Tomotei Shampoo Lion'
by nagfactor

おらの場合、普段の洗髪は、基本的にお湯洗いである。

お湯をざぶざぶ頭からかけて、流して、すすいで、それでおしまい。

タオルでパパっと拭いて、スッキリさわやか。

だから、シャンプーなどというオシャンティーな人が御用達であろうものは使わないでいる。

髪の毛は、丸刈りにしたばかりであれば、3mm程度であるし。

伸びたとしても、1cmは無いと思うくらいの、超ショートヘア男子なので。

でも、そんなおらでも、シャンプーを使う時がある。

それは、そう、丸刈りにしたばかりの時なのだ。

丸刈りしたてであれば、3mmの長さであるのだが、それのどこにシャンプーが必要だというのか?

それは、刈った直後の細かい毛を洗い流すためだ。

お湯だけで洗い落とすよりも、シャンプーを使ったほうが落ちやすい、のだ。

だから、丸刈りしたときには、おらもシャンプーを使う。

丸刈りは、二週間ないし三週間に一度の割合で、自宅でバリバリ刈り込んでいるので、その時にシャンプーを使う。

だから、うちにあるシャンプーは、ほとんど減らない。

すでに、一人暮らしをして、一年以上が経過するが、シャンプーはいまだに一本を使い切っていない。

昨日(日曜)に、頭を丸刈りにして、シャンプーを使ったので、次に使うのは11月の中旬の予定だ。

クツの捨てどきっていつなんだぜ?

おっす!おらナナシ!

いま、おらのクツ、こわれてんだ。

しかし、クツの捨てどきがいつなのか分からずに悩んでいる。

そんなエントリー。

Exif_JPEG_PICTURE
By ドラゴンボール (巻3)

ドラゴンボールの孫悟空のように、クツがパカパカにぶっこわれていれば、おらも捨てやすいのだけど…。

いまのおらのクツは、クツの裏側が、だいぶ磨り減っている。

すり減っていて、底のグリップ力(滑らない力)がだいぶ弱まっている。

そして、ついに、クツのゴムがぺろっと一部がめくれている。

でも、だが、しかし。

捨てどきが、よく分からない。

もう、とっくに、新しいクツは買っていて、いつでも、履き替えることはできるのだけど。

それでも、古いクツを履いている。

理由は「クツがまだ履けるから」だ。

いまのところ、クツの底がすり減っている以外では、まだ履けそうなんだよね。

また、おらは クツを修理に出したことがないのだけど、クツの底を張り替えたら「さらに履ける」気がする。

しかし、そこまで手をかけて修理するほど、お高いクツだったわけでもないし。

一方で、もう、十二分にもとはとったので、クツを成仏させてあげても、よい気もする。

また、すり減ったクツで、雨の日に歩くのは、危ないという面もあるし…。

でも、雨の日に、新しいクツをおろすというのも、それはそれで、勇気がいるんだよね。

いっそ、悟空のクツのように、自分でぶっこわして、踏ん切りをつけるのがいいのかな。

よし!9月2日は「クツの日」だというので、この日を境に、新しいクツに切り替えよう!

って、もう、今日は、9月3日じゃん!

2

男と女の関係を自分で決める世界

おっす!おら独身かつ四十路!

年齢があがるにつれて、恋愛対象となる女性に対する、ストライクゾーンが広がるという話は、わりとよくきく。
おらも、そうだ。
しかし、そのあたりから、さらに、一歩すすんだ考えを、φ(・ω・ )メモしておきたい。

imakakomi
imakakomiの脳内

◆新プロパガンダの放送をみた

いきなり閑話休題。

おらは、昨夜、ニコニコ生放送で、新プロパガンダのイベントをみた。

そこでは、可愛い女装の人やら、ニューハーフの人やら、たくさん登場していた。

なぜ、このイベントを知ったのかというと、おらの好きなニコ生の主さんが、この放送に出る予定だったからだ。

しかし、おらは、肝心の生主さんの出番の時には、酒で寝落ちしていたのだけども。ファンとして失格だ。

そのため、お目当ての人は、見られなかったが、それでも、おらは25時までその放送をみていた。

そして、いま、この記事を書いている。

女性とか、男性とか、女性とか、ニューハーフとか、そういう枠って、なんなんだろう?
恋愛対象として、どうなんだろう?

◆理想の女性を妄想して

話を、恋愛対象に戻してみよう。

とかく、恋愛経験がないと、女性に対するイメージを、勝手にいろいろ妄想しがちだ。
そのため、理想の女性と、お付き合いしようと思ったりする。
ナイスバディである、とか。
めちゃくちゃ可愛い、とか。
菩薩のような心をもち、とか。
マリリンモンローのようにセクシーで、とか。
サキュバスのようにエロエロで、とか。
その、全部盛り、とか。

うん、ない。
そういう理想の女性は、神話の世界の生き物でしかない。

◆理想の女性のような男性がいたら?

じゃあ、もしも、そうした、自分の理想に、ものすごく近い人がいたとして、その人が女性ではなく、男性だったら、どういうコトになるんだろうか?
理想の女性の姿を持ち合わせた、男性だったら、お付き合いしようと思うのだろうか?という話。

おらは、全力でNOの人だった。
おらに、そのキャパは、なかった。
男と男が恋愛するのは、こわかった。
気持ち悪いとしてしか、見てなかった。
男性と男性は、無しだという、固定観念がガチガチであった。

が、それも、過去の話。
いまは、違う。
どういう男と女との関係でも、それは、そのお互いが、よければよいのだ。

男と男でも、女と女でも、男と女でも、そういう関係で、よいのだ。
今は、そう思う。

時代が、そういうものを、認めるようになってきた、というのもある。
けども、おらは、そこに「納得」できるようになったのは、この、1〜2年だ。
影響は、ネットで、おらが見ていたものによるのが大きい。

◆男女の壁を取り払うという考え方

色んな趣向があって、いいんだ。
自分の好きな相手の性別を決めていいし。
自分の性別すら、男か女か、決めていいんだ。
そう、今は思う。

レズビアンも、ホモセクシャルも、バイセクシュアルでも、いいし。

男として生まれたけど、女性の格好が好きな人でもいいし。

女装をするのが趣味だけど、恋愛対象は女性でもいいし。

男として生まれたけど、女として生まれ変わって、恋愛対象は男性でもいいし。

男として生まれたけど、女として生まれ変わって、バイセクシュアルでもいいし。

ネットで、そうした色んな趣向の人にふれて、おらは『なんでもありだ』と気づいた。

◆おっぱいが好きだ。けども…

気づくきっかけは、それこそ、ニコ生のあの人だったり、Twitterのあの人だったりするのだけど。
下地は、上連雀先生のおちんちんマンガなのかもしれないけど。
リアルに、色んな趣向の人が、この世界にはいて、そうした人の発する言葉や、姿に、おらの固定観念は、崩された。

おらは、女の人が好きだ。
おっぱいが、好きだ。
これは、事実だ。

でも、『男として生まれたけど、女として生まれ変わった女の人』は、どうかと考えると、そこもありになってきた。

じゃあ、『男として生まれたけど、女として生まれ変わりたいが、まだ男の人』はどうか?とか、色んなパターンを考えると、それこそ、ボーダレスになってくる。

おっぱいもあるし、おちんちんもある人を好きにならないとは、言いきれない。

◆混沌な世界を受け入れる

世の中は、混沌である。
自分に都合よく、整理された世界ではない。
自分の理解が及ばないことに、出会った時に、『NO それはない!』と判断するのか、あるいは『Yes それもあり!』と判断するかで、見方は大きく変わってくる。

おらは、いま、キャパを広げて、世界をみたい。
キャパを広げて、お付き合いするパートナーが、(∩´∀`)∩ホシイのかも、しれない。
おら的には、おっぱいさえあったら、あとは、きっと、なんとかなる←