Minecraftで天空の城ラピュタ世界を再現した動画がすごい!

おら、宮崎駿アニメは、初期のがすきなんだけど。

この、ラピュタもすきな作品の一つ。

そんな、ラピュタの世界を、Minecraftで再現した人があらわれた。

Minecraftで天空の城ラピュタ世界を再現してみた。第1部 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26722657
aa307ab8-e391-4d9c-bde4-bf139a7ba211

まだ、これ、第1部ということで、続編が登場することになっている。

しかし、もう、第1部で、すごさはハンパない。

あと、このMincraftの動画で流れるコメントをみると、脳内補完で、キャラのセリフが脳内再生されるのが面白いw

第2部は7月22日というので、それも楽しみ!

2015年はDEBUにナル

おっす!おら774。

ことしもよろしく。

一年のはじめということで、2015年の目標を立ててみた。

今年はDEBUをめざすのだ。

ベクウ
niconico

DEBUとは。

  1. Drawing:絵を描く。2015年は2014年にくらべて、より多く描くこと。
  2. Ero:エロい。2014年にくらべて、よりエロいこと。
  3. Body:ボディを鍛えること。2014年にくらべて、よりマッスル&スリムなこと。
  4. Ubiquitous:ユビキタス。上記3つを、いたるところで行うこと。

以上の4点を目標にして「DEBUの年」にしたいとおもう。

いや、おもうじゃなくて、「DEBUの年」にナルんだ!

Uは、なんか後づけっぽい設定だけど、(゚ε゚)キニシナイ!!

[手描き]ジョジョ★ウェザー・リポート[かっこ良すぎ!]ニコニコ動画

おっす!おら、ジョジョ大好きっこ。

ジョジョは、ミュージシャンなどから名前やキャラを引用していたりすることが多い。

今回は、その逆に、ジョジョのキャラを、ミュージック・クリップにあわせた動画だ。

jojo
【手描き】ジョジョ★ウェザー・リポート【WWD】 – ニコニコ動画:GINZA 

元ネタは、ジャミロクワイのVirtual Insanity。

元ネタを知っていようと、いまかろうと、とにかく、かっこいいウェザー。

スタンドと本体との動きが、かっこ良すぎて、何度も見てしまった。

比較動画もあがっているが、まずは、とにかく動画を見てほしい。

のび太やパーマンがダンスする動画

おっす!おら、ドラえもん好きっこ!

まずは、こちらのニコニコ動画の作品を、兎にも角にも、みてほしい。

dora

【ドラえもん】藤子Fラッシュ【手描きMAD】 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23950293

このハイクオリティな動画が、手描きだというから、すごすぎる。

ちなみに曲は、スーパーバタードッグの、コミュニケーション・ブレイクダンスだ。

公開されたあとに、一度非公開になったりしていたので、ずっと紹介できずにいた。

もしかしたら、また非公開になってしまうかもしれないので、早めにチェックするべし!

ペルソナQを買いまして

おっす!おら、ATLASのゲーム好きっこ。

そんなおらが、3DS用のソフト『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 』を買いまして(→ 公式サイト)。

正確には、ヨドバシカメラのポイントで補充したので、ポイントでゲットしたという感じ。

PERSONA Q

おらは、ペルソナQを買ったのだけど、実はペルソナシリーズは、未プレイであったりする。

ニコニコ動画で、ペルソナ4の実況プレイは完走して見たりしたので、ペルソナ4の話は知ってる。

ペルソナ3はほぼ知らない。

ペルソナQの公式サイトで、「忙しい人のためのペルソナ3」の動画をちらっと見た程度。

そういう意味では、おらは、ニコニコ動画の実況プレイを見て、その影響で、買うのが好きみたいだな。

前に、『新・世界樹の迷宮』を買ったのも、世界樹の迷宮シリーズの実況動画が好きで、自分でもプレイしてみたくなったからだし。

あと、ATLASには頑張ってほしいの。

で、ペルソナQである。

ペルソナ4の実況動画を見終わった影響で、さっそく、買ってきてみたしだい。

まだ、説明書すら見てないレベル。

どっちをプレイするかは決めていて、もちろん、ペルソナ4を選ぶ。

あ、主人公の名前を考えなきゃなのか!

これが、最初は、大変だったりするのよな。

とりあえず、レッツ、ペルソナ!

# Amazon: ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

2

生まれてはじめてラプンツェルをみた

おっす!おらオタク系おっさん!

今日は、生まれてはじめてラプンツェルを見たので、そのことをメモしておくよ。

◆ラプンツェルを見ようと思った3つのきっかけ

おらが、ラプンツェルを見ようと思ったきっかけは、次の3つだ。

1)アナと雪の女王 のニコニコ動画をたくさん見たから

2)ジョン・ラセターへの熱い思いの日記を読んだから

3)ミュージカル映画としてのアナと雪の女王の前に、ラプンツェルを見ておきたかった

という3つがあげられる。

もともと、おらは、ピクサー映画は好きで見ていたのだが、一方で本家のディズニー映画は、敬遠している部分があった。

だから、『塔の上のラプンツェル(Rapunzel)』を、見ようとは思ってなかった。

しかし、3つのきっかけが、重なったら、見たくなってしまったのだ。

◆その1:アナと雪の女王とラプンツェルとニコニコ動画

ラプンツェルの話をする前に、『アナと雪の女王』のニコニコ動画について話しておきたい。

おらは、『アナと雪の女王』の映画をみたことがないのだが、ニコニコ動画で『アナと雪の女王』を見るのが好きだ。

変な話だけど、トータルで視聴時間は、数時間にのぼるくらい、何度も繰り返し『アナと雪の女王』の関連の動画を見ている。

なかでも、「歌ってみた」タグの、本家ではない歌声を聞くのが、かなり好きである。

その中で『♪生まれてはじめて』は、人気の歌ってみたネタなので、多くの人が投稿している。

それら多くの動画に、「ラプンツェル!」という書き込みがシーンがある。それがこれだ。

2014-06-29 10.26.18

アナが、「生まれてはじめて〜」と歌いながら、城の門を出てくるシーンで、一瞬だけ、左の下に「ラプンツェル」が登場しているのだ。

まあ、これは、わりと有名な小ネタなのだけど、このシーンで「ラプンツェル!」というコメントをしている人は、同じ人なのではなかろうかと、おらは睨んでいる。

不自然なくらいに、多くの動画の、同じこのシーンで「ラプンツェル!」というコメをみていると、そのタイミングからして、同じ人が書き込んでいるんじゃなかろうか、とw

とにかく、この『アナと雪の女王 ♪生まれてはじめて』を繰り返しみることで、頭のなかに、ラプンツェル!が刷り込まれていったのは、間違いない。

あと、Wikipediaの『塔の上のラプンツェル』の項目では、

本作後に公開された映画『アナと雪の女王』では、ラプンツェルが髪を切った姿で、フリンと共に登場しているシーンがある(両者とも後姿のみ)

塔の上のラプンツェル – Wikipedia

と書いてあるが、上の図のように、ラプンツェルは、一瞬だけ横顔が写っているのだから、「後姿のみ」というのは間違いである。

ちなみに、おらの好きな「生まれてはじめて」は、ウアココさんの替え歌バージョンが大好きだ。

ぜひ、一度聴いてみてほしい。

【アナと雪の女王】生まれてはじめて(二次元大好き) 【歌ってみた】 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23623831

◆その2:ジョン・ラセターへの熱い思いの日記(ウケる日記)

次に、おらが、ラプンツェルを見ようと思ったのは、この記事によるところが大きい。

昨日、TSUTAYAで号泣しました。|水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-11882338071.html

この記事では、『アナと雪の女王』のCMがTSUTAYAで流れているのを見て号泣した著者が、なぜ号泣するに至ったのかが書かれている。

かいつまんでいうと、『アナと雪の女王』で製作総指揮をつとめたジョン・ラセターへの熱い思いが書かれているのだが、詳しくは上の記事を読んでもらうとして。

おらは、ジョン・ラセターに興味を持ったし、その人がピクサー買収ののちに、ディズニー映画で「ミュージカル映画を作った」のが、『ラプンツェル』であると、その時はじめて知った。

そして、見たくなった。

ディズニーの、ミュージカル映画を敬遠していたおらが、ジョン・ラセターが携わる『ラプンツェル』というミュージカル映画に期待したのだ。

◆その3:ミュージカル映画アナと雪の女王を見る前に、ラプンツェルを見たい(英語版)

その1とその2の理由から、おらは『アナと雪の女王』と『ラプンツェル』の、その両方を見たくなった。

が、しかし、まずは、『ラプンツェル』を先に見る必要があると思った。

しかも、英語版を。

みゅ -アナと雪の女王 – Uncrowned
http://halkc.com/post/87484521808

上の記事によると、アナと雪の女王を日本語吹き替え版でみた著者が、ミュージカル映画なら吹き替えによるニュアンスや歌詞とメロディのニュアンスが変わると主張されてた。

なるほど、そういうこともあるかもしれない。

まして、おらは、ミュージカル映画を見ることをしてこなかったので、ミュージカル映画が全般苦手な可能性もある。

一方で、食わず嫌いなだけで、実際に体験してみたら、ミュージカル映画が好きになるかもしれない。

だったら、まずは、原作の雰囲気を感じられる英語版で、ミュージカル映画を体験しようと思った。

◆みた結果:ラプンツェルは面白い!(当たり前)

そうして、こうして、見たくなる理由が重なり、おらはTSUTAYAのディズニーコーナーに行って、ラプンツェルを借りてきた。

そして、今さっき、見終わったところだ。

結論として、おらは、ディズニーのミュージカル映画は面白いと思う(当たり前)。

あ、ただし、ジョン・ラセターが関わった以降の作品でしか知らないので、それ以前のディズニー映画も、同じように楽しめるかどうかは、まだわからない。

『ラプンツェル』では、色々と、ストーリー的に突っ込みどころはあるのだけども、歌の挿入に関しては、おらは拒否感や違和感は無かった。

ストーリー的に(ネタバレツッコミ)はいくつもあるが、それはここでは書かない。

(ネタバレ蛇足ツッコミを読みたい人はこちらへ→ Whisky Milk Punch

ちなみに、おらと同じようにTSUTAYAでレンタルしてこようと思っている人に向けて、一つだけアドバイス。

『ラプンツェル』は、正式邦画のタイトルが『塔の上のラプンツェル』なので、陳列棚では「た行」においてあるので、注意だ。

「ら行」を探しても、『リトルマーメイド』はあっても『ラプンツェル』は置いてないからね。

まして、「ら行」は、棚として、だいぶ下の方に置かれていたりすることが多いので、棚の前でしゃがみこんで探すことになったりするだろうし…。

おらのように、おっさんが、ディズニーコーナーでしゃがんで、「ら・ら・ら…ラプンツェルのら」とかブツブツ言いながら、なかなか本作を探せないということがないように。

女性は相手の爪を見ているか?の件

おっす!おら、夜に爪を研ぐおとこ。

さっき、動画を見ていて、爪を切ろうと思ったので、φ(`д´)メモメモ。

爪を切った、という話以外は、とくに落ちもないエントリー(ネタバレ)。

2014-06-08 22.30.06

◆気づき:ニコニコ動画でのコメントより

おらはよく、ニコニコ動画を見ているのだけど、さきほど、シールで占いの動画を見ていた。

おらは、占いには興味ゼロなので、流し見していたのだが、そこで、あるコメントに気づいた。

「**さん、めちゃ深爪!」みたいなコメントがいくつか流れているのだ。

動画をアップした人(=男性)の爪を見て、わざわざコメントしている人がいることに、びっくりしてしまった。

なぜなら、おらは、他人の爪を、まじまじと見ることは無かったからだ。

まして、男性の爪なんか、興味ゼロもゼロのゼロだ。

「深爪!」とコメントしたのは、男性なのだろうか。いや、女性だろうか?

◆仮説:女性は男性の爪を見ている

「女性は男性の爪を見ている」というような、同じ話を、以前にも書いていた。

爪にまつわるアレこれ | 774no874

どこまでホントか知らんけど、もてる男性は爪をきちんと切っておくものらしい。

この動画にコメントをした人も、案外、女性なのかもしれないよね。

◆行動:夜中に爪を切った。その理由。

おらは、その動画のコメントを見て、夜中にすぐに爪を切ることにした。

いつもだったら、まだ切らないレベルだったかもしれないけど、爪を綺麗に割りと深く切ってみた。

その理由は、明日、女性から仕事の説明を受けるからだ。

現在、おらはマンツーマンで(マンツーウーマンで?)、仕事の引き継ぎをしている。

おらが、引き継ぎを受ける側で、女性が説明をする側だ。

いままでの、おらの仕事とはまるで違うことなので、はっきり言って、ちんぷんかんぷんの、アブラカタブラだ。

何を説明されているのか、その質問すら、よくわからないのだけど。

それでも、なんとか、やらないとイケナイ。

そこで重要なのは、勝手に3つあると考えている。

  1. 仕事ができること
  2. 身だしなみがちゃんとしていること
  3. 仕事と別で共通の話題がある

根拠となるソースはなし。

(1)の仕事ができる、についていえは、全くのダメダメの、野田野田だ。ある意味で、開き直って、やるしかない。

(2)の身だしなみで、爪が出てくる。

おらの5月までの職場は、男ばかりだったので、爪がどーのこーのなんて、一グラムも話題にならなかったのだけど。

動画のコメントを見て、もしかしたら、おらも女性から爪を見られているかもと、思った次第。

(3)は息抜きタイム用というか、仕事以外の部分で、何かしら共通のものを見つけようとしている。

仕事の面で「駄目だこいつ」と思われてしまっても仕方がない状況なのだけど、そこで、完全に切られて(嫌われて?)しまうと、もう、お手上げ状態なので。

女性は、より感情面が大事と聞いたので(ソースは会社の他の部署の人から)。

その命綱を切らないように、姑息なおらは、仕事以外での「共通意識」をもとうと、あれこれしている。

おもに、オタク系のおっさん!なので、オタク系の話が通じるといいな、と。

このあたりは、また、別の話。

◆結論:爪は切っておこうか

結論としては爪をきっちり切っておこうというもの。

セクロスする前には、深爪にしておこうという、加藤鷹の談話を持ち出すと、おかしな話になってしまうが。

何も、おらは、セクロスのお誘いをしようと思っているのではないけども。

少なくとも、職場の女性から「嫌悪感をもって見られない」程度の基本として、爪を切ろうというもの(おおげさ?)。

まあ、おらの場合、爪の長さよりも、何本もの指にあるササクレに、目が行くだろうけども。

あと、逆に、女性の爪について、男性からは何も言わないほうがよいのだろうかとも、思っている。

たとえば、ネイルをしていたとしても、うかつに褒めて良いのかどうか、分からない(オサレ系に疎い)ので、気づいたとしても、言わない方が無難かな、と。

このあたりは、女性の人に聞いてみたい。

しかし、爪を切っただけの話で、こうも、あれこれ、ながながと書くのはどうかな。

スパッと、「爪を切ったマル」の1ツイートですむ話ではある。