浦沢直樹展☆描描描!

おっす!おらマンガすきっこ。

最近は、毎日のようにマンガを買って、読んでいるよ。

ストレスへの対抗措置だな!

それはおいておいて、世田谷文学館で開催中の『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる』をみてきたよ。

※猫猫猫ではないよ!(似てるけど!)

800円とおやすめ。おすすめ。浦沢直樹の原画展。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

最近、アートと魂について、「日記かな」に書いていたこともあって、なにかしらのアート作品にふれてみたいタイミングではあったのね。

そんななか、NHKの『浦沢直樹の漫勉』が、良いコンテンツだとしる機会があったり、本屋で立ち読みした雑誌に、浦沢直樹の記事がのっていたこともあって(宣伝のいっかんなんだろうけど)、たまたま目にした浦沢直樹の展示に、まんまと行ってきたしだい。

結果、よかった!

マンガにも、もちろん、作者の魂がのっていて、マンガで描かれている線の一本一本にも、確実に魂がやどっている。

そして、やっぱり、一コマや、線の一本ではなく、マンガの原稿が、マンガとして並べられているのをみると、ものすっごい吸引力がある。

世界に引き込まれるね。

で、展示会場にきていた人たちは、みんなマンガ好きなので、原稿の前で食い入るようにみたりしてた。

あと、館内には撮影ポイントが2箇所あって、その前で撮影している人もいたよ。

おらはひとりで行ったから、トモダチいなくて、行ったから、トモダチの撮影だけしてみた(意味深)。

ともだちー

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

でも、そうは書いているけど、たとえトモダチがいたとしても、美術館には一人で行くと思う。

一緒にいっても、横にいる人を気にしていたら、アートに没頭できないからね。

浦沢直樹の展示でもそうだったのだけど、子供の時の作品を、まだとってあるのがすごいよな。

小学二年生の時に描いた、マンガが、すでにちゃんとマンガとして、そこに展示されているのが、本当にびっくりした。

浦沢直樹は、子供の頃から漫画家になるべくしてなったような気もしたな。

あと、大学生の頃のルーズリーフがあって、そこに、数学の先生やら、教科ごとの先生の似顔絵がかかれているのが面白かった。

いっぱつで、その人の特徴をとらえて、マンガのキャラクターのように描かれた人物像は、浦沢直樹のキャラクター形成のすごさを実感できる。

デビューする前から、すごかったんだって本当にわかる。

おらは、『PLUTO』が好きだったのだけど、それ以外の作品もまた読み返したくなったよ。

あと、2月28日には、トーク「Boseと美津留の浦沢解剖学」があるらしいよ。

浦沢直樹本人とスチャダラパーのBoseと、浦沢直樹の漫勉の放送作家/倉本美津留がトークイベントするんだって。

応募締め切りは、2月14日までとのことで、申し込み方法等は下記のURLから、どうぞー。

http://www.setabun.or.jp/event/list.html#event00199

 

無意識の腕組みを意識する

おっす!おら会社勤め。

最近、中間管理職の予備軍みたいな立場になりつつあるよ。

そんななか、Aさんが退職するに当たり、若手Bくんに引き継ぎを行っているのを目撃している。

そこで、 Bくんの癖(クセ)に注目しているよ。

★腕組みの印象

結論からのべると、Bくんは、すぐに「腕組み」をする。

その「腕組み」こそが、印象を下げるしぐさなのだけど、それが分かっていないんだろうな。

だから、まわりの人から、Bくんに対する印象が、じわじわと下がってしまう。

以前におらはこんな記事を書いた。

ナニをもとに好きになるのか?っていう話 | 774no874印象アップ作戦

そこでも引用した「所さんの目がテン!」の『印象を左右するしぐさ』の表をみてほしい。

印象をダウンするしぐさに、しっかりと「腕組み」が入っている。

これは、相手を拒否している、もしくは、相手の言動を「自分のなかに入れさせない」という心の現れが、体から出てきている、のだ。

それを、すぐにしてしまうBくん。

Bくんの「拒否する心」が「腕組みというしぐさ」となって出てきているのが、ありありとわかる。

実は、Bくんは、会社の研修で「コミュニケーション研修」を受けている。

そこで、腕組みのマイナス効果の話も、聴いているハズなんだが…。

きっと、あまり、身につかなかったのだろう。

おらも、無意識に腕組みをしてしまうこともあるけど、その時に「意識的に、なぜいま腕組みしたのか?」を見つめなおす。

だから、会社の中では、腕組みを極力しないように「意識」している。

一方で、このBくんの腕組みを「やめさせる」必要があるのかどうかが分からない。

その人の行動を、他人であるおらがコントロールしようとするのは、よくないことだと思ってしまう。

自分で気づいて、自分でコントロールしないといけないのだ。

って、うちの上司も、実はよく「腕組み」するんだよねぇ…。

 

艦これアニメをみると不安になるという感想

おっす!おら提督!

提督というのは、艦隊これくしょんという、DMMの18禁ゲームをプレイしている人という意味だよ。(※おっぱいポロリはないけど、規約的には艦これは18禁)。

そんな艦これが、『艦隊これくしょん -艦これ-』として、アニメ化されている。

こちらは、18禁ではなく、地上波で放送されているので、小学生のショタやロリが見ても、なんら問題ない(はず)。

しかし、このアニメをみると、不安になるんだよね。

そのあたりの、個人的な感想をメモしておきたい。

08f53b0a-d7c2-4922-acaa-0cb812eb86cc

◆艦これというゲーム

艦これというゲームは、艦娘たちを育成して、戦わせる、ブラウザゲームだ。

たくさんの艦娘たちがいて、戦っている最中にダメージを受けると、服が破けて、ポロリもあるよ!というゲームだ。

艦娘たちは、日本の軍隊の戦艦たちの「魂」が宿っていて、なぜかその時の記憶もあるとかなんとか。

まあ、ブラウザゲームでは、ストーリー的なものはなく、とにかくたくさんの艦娘たちを育てて、強くしていくのが目的のゲームだ。

最終目標や、ゲームの最終的なクリア条件や、ゲームのエンディングは、「用意されていない」。

ずっと新しい艦娘たちが増えていって、そのたびに、提督たちは「課金」することで、自分の艦隊を増やしていく、というゲームだ。

課金ゲームだから、それでもいい。

ストーリーなんてなくて、ただ、提督たちに飽きられないように、新しい要素を増やし続けて、課金させつづければイイ。

◆アニメ艦これの不安感

このゲームをアニメ化したのが、「アニメの艦これ」であるが、このアニメを見ていると、不安になってくるのだ。

上にあげたキャプチャ画面では、あかるい艦娘たちの姿が描かれているが、そんなアニメでは無いと感じる。

不安になる材料はいくつもあるが、3つだけに絞ってみよう。

  1. 提督の姿が見えない
  2. 艦娘たちの過去・現在・未来が見えない
  3. 戦う理由とハッピーエンドが見えない

これらの「不透明感」が、視聴者を不安にさせている気がしてならない。

★1: 提督の姿が見えない

提督は、艦娘たちをとりまとめて、「戦争」を指揮している。

しかし、いっこうに、姿をみせる気配がなく、艦娘の一人が轟沈(死ぬ)ことになった時でも、なんの感情もあらわにしなかった。

艦これをしているプレイヤー目線からすると、このアニメの提督のおこなっている艦隊運営は、「無能」でしかない。

そんな無能な提督の姿は、視聴者の気持ちを不安なものにさせる。

★2:艦娘たちの過去・現在・未来が見えない

ゲームでは、そのストーリーが皆無なため、艦娘たちの日常などは、キャラクターボイスを頼りにした「妄想」でしかない。

しかし、アニメについては、あらたに艦娘たちの姿を提示してみせる必要がある。

艦娘たちの過去・現在・未来とは?

@過去:

  • 艦娘たちの過去は、まったく明らかにされていない。
  • 艦娘たちの、個人の記憶というのは、どこまであるのか。
  • 幼少時代はどうか。
  • お父さん、お母さんなどの記憶はあるのか。
  • 人間ではないから、お父さん、お母さんはいないのか。
  • いないとすれば、最初の記憶は、なんなのか。

全くもって分からない。

艦娘たちの過去は、真っ暗な深海よりもさらに真っ暗だ。

そもそも、艦娘たちと深海棲艦との関係性からして、何も明らかにされない。

@現在:

  • 提督は、何を考えているのか、わからない(説明しない)
  • 艦娘たちは提督の気持ちを想像するしか無いが、わからない
  • 轟沈(死ぬ)まで働いて、それが何になるのか、わからない
  • 死んだときの葬儀についても、なぞのまま

戦争アニメでは、人が死んだ時の葬儀が、大事な場面だったりする(ガンダムしかり、宇宙戦艦ヤマトしかり)。

しかし、艦これでは、そもそも葬儀をしたのかどうかさえ、分からない。

相手を殺し、相手に殺されるような、死と隣り合う生活というのをまじめに考えたら、地獄のような現在だ。

現在もまた、真っ暗闇だ。

 @未来

  • 艦娘たちの未来とは、これは過去の戦争とリンクした未来しか無いのか
  • 如月という艦娘が轟沈した(=死んだ)のは、過去の戦争とリンクしているのか
  • だとすれば、艦娘たちのほぼすべてが轟沈する未来しか見えない
  • 艦娘たちが、「敵」と呼ぶものを、全滅させることができたとして、その先の未来は?

これまた、真っ暗闇だ。

そもそも、平和な世界を目指しているのだとすれば、艦娘たちの未来は、戦争の無くなった未来では、「不要な存在」になってしまうのではないか。

★3:戦う理由とハッピーエンドが見えない

艦これは、何を目的として戦争をしているのか、分からない。

そもそもの話、世界の警察(笑)である米国が、日本の海上のドンパチに参戦してこないのが分からないし。

世界を無にしてあまりあるほどの核爆弾を持った米国が勝てない相手が「深海棲艦」という敵だとすると、それって、いったい地上はどうなっているんですかね。

そして、そうした核爆弾をも超える存在として、艦娘たちがいるのだとすると、もうそれ、地球上で艦娘たち以外の人間が生きているとは思えない。

また、仮に「深海棲艦」たちを、全滅させて、殺し尽くして、艦娘たちが完全勝利したとして、それがハッピーエンドなんですかね。

★結論:アニメの艦これをみると不安になるが

艦これアニメをみると不安になるのがよくわかった。

そもそも、艦これというアニメを放映している時点で、なんだか、ちょっと変なんだ。

戦争を扱うアニメが増えるという状況は、現実世界の日本が「あまりよくない状況」にあるのと、リンクしている。

二次元の世界と、三次元の世界は、全くの別物ではなく、社会情勢を色濃く反映しているからだ。

とすれば、艦これアニメの不安感は、ひるがえって、現実世界の不安感とも、リンクしている。

アニメの感想を書いているようでいて、本当は、いまの日本の不安を述べているのかもしれない。

そして、お先の真っ暗がモノを否定することで、「お先が見通せるようなモノ」を目指していきたいとも思う。

「艦これのような世界にはしたくない」という、反面教師としてみるのならば、これもまたアリなのかもしれない。

東京のソウル・フードってなんじゃろね?

さっき、今年最後の、ご飯を作った。

そこで、ふと思った。

はたして東京のソウル・フードってなんじゃろね?

as promised, the main food table
By kweez mcG

おらは、東京生まれの、東京育ちだけど。

父親と母親はそれぞれ他県の生まれなので、「東京のソウル・フード」というのを、よくわからないでいる。

「県民食」というか、この地方に生まれ育ったら、これだろ!っていう食べ物が、東京には無いような気がする。

あるのかもしれないが、おらにはよくわからない。

栃木なら、宇都宮餃子とか。

山形なら、芋煮会とか。

山梨なら、ほうとうとか。

北海道なら、海の幸とか。

じゃあ、東京といったら…。

うん、なんだろう?

たとえば、他県から東京に遊びにきた人と一緒にごはんを食べるとき、「東京のソウル・フード」は何を食べたらいいんだろう?

★1: 東京の味は地方の味?

東京には、それこそ、色んな地域の美味しいものが集まっている。

レストランやグルメ番組でも、東京のお店が取り上げられることは多い。

だけれども、「本場」は、また別の場所だったりする。

「美味しいイタリアンレストラン」があっても、その料理の本場はイタリアだし。

「美味しい焼き肉のお店」があっても、それは韓国が本場なのだろうし。

「美味しいフレンチ」はフランス料理だし。

「美味しいお酒が飲める店がある」といっても、それは東京で作っているお酒ではないでしょうし。

ありとあらゆる料理が食べられるのだろうけど、「ありとあらゆる地方料理を、東京で食べている」のじゃなかろうか。

「東京のソウル・フード」や「東京の味」って、あるんかいな。

★2: 東京の味は、もんじゃ焼き(仮)

東京っていったらこれよ!ってなんだろうなー。

ムリヤリ思いつくものだとすると、「もんじゃ焼き」かしら。

うん、もんじゃ焼きは美味しいけど、あれって月島という限定された地域の料理な気がするのよね。

月島以外で、もんじゃ焼きを食べたことないし。

おらが、月島でもんじゃ焼きを食べたのは、三十路近かった気がするぞ。

それが、ソウル・フード、と言っていいのだろうか?

★3: あっちとこっちの地方料理をリミックス

もんじゃ焼きを横においておいたとして、他の東京ならではの料理…なんじゃろか。

あれか、リミックス料理なのかな。

あちこちの美味しい地方のお店が集まってくる街、東京。

そうして、あちこちの地方料理が、東京の中でミックスされて、あわさって、リミックスされてできた料理。

いいとこ取りして、まぜて作った新しい料理が、「東京の味」なのかしら。

ほら、創作料理屋とかって、和洋折衷だったりするでしょ。

「○○料理の革命」って、なかをあけたら、あっちの地方とこっちの地方をごっちゃにした料理だったりするし。

中華と和風をあわせた、とか。

フレンチと懐石料理をミックスさせた、とか。

あれとこれと、ごちゃごちゃまぜて、ぐるぐるーってしたのが「東京の味」ってことでいいのかな。

★4: もんじゃ焼きでいいんじゃね?

どこの地方の、どこの食材かは知らないし、それが地図上でどこかも分からないけど、まぜて作ってみた!っていう。

ぐるぐる混ぜた料理が、「東京の味」だとするとだよ。

これって、「もんじゃ焼きの作り方」と同じかも!?

ぐるぐるごちゃまぜして、なんだか原型はよく分からないけど、できあがって食べてみたら、美味しかった。

みたいな。

やっぱり、他県の人と東京ならではのごはんに行くなら、もんじゃ焼きに連れて行ったらいいんだね。

うん、納得。

「もんじゃ焼き」が東京の味ってことで、仮にもし他県の人とデート的なごはんだったとしても、いいんだよね。

大丈夫だ。問題ない。

もぐもぐ系女子といえば柳原可奈子

おっす!おら、柳原可奈子推し!

まあ、それは、もう、何度も言ってきているのだけども、さらに、ここでも推していこう。

柳原可奈子が、永谷園の「やさしい中華」というCMで、ご飯をもぐもぐ食べている、というニュースを読んだよ。

biz14081512000001-p2

【CMのツボ】女子の豪快な食べっぷり 満足げな柳原可奈子さんにこちらもほんわか+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

はい、もう、これを見ていただければ、一目瞭然。

どうです、この画。

イイネ!カワイイね!

料理のにおいが、その場所を充満しているのが、こちらにも伝わってくるくらいの、鼻の穴のひらきっぷり(褒めてる)。

実にカワイイね(褒めてる)。

いや、もぐもぐ系女子って、いいよね、ホント。

食べる姿というのは、とても、とても、萌える。

これは、エロいものへのイメージ変換ではなくて、純粋に、美味しそうに食べる姿を見るのが好きっていうね。

動画でみるには、下の永谷園のサイトで、どうぞ。

yanakana

やさしい中華「やさしい回鍋肉」篇|テレビCM紹介|CM・楽しむ|永谷園

あと、蛇足で言うと、「もぐもぐ系女子」って言葉、おらが勝手に考えたのだけど、ぐぐったらもうすでにそういう言葉があって、びっくりしたw

だったら、もぐもぐの擬音をかえて、「まぐまぐ系女子」でもいいんだけど。

それだと、「まぐまぐ」からの説明が必要になるので、今回は却下で。

有名人による、エゴサーチRTが、よくわからない

おっす!おら名無し。

最近、有名人によるTwitterでのRTの使われ方について、疑問に思っていることをメモしておくよ。

◆有名人によるエゴサーチ

おらがフォローしている有名人は、エゴサーチをよくしている印象をもつ。

たとえば、有名人Xさんとしよう。

そのXさんは、Twitterでエゴサーチをしては、自分に対するツイートを探しだしているようだ。

ここまでは、分かる。

人気商売だから、自分のことが、どう評価されているのか、エゴサーチして気になっちゃう感じなのは、わかる話だ。

◆エゴサーチからのRTがわからない

そして、「Xさんのライブ素敵だった!」とか「Xさん、めちゃ可愛かった!」とか「Xさんの新刊買いました」などのツイートを見つけては、RTするのだ。

XさんのいちファンであるAさんや、BさんのツイートをXさんがRTするメリットが、どうしても見いだせない。

そこに書かれていることが、Xさんにとっても新鮮な驚きや発見につながるツイートなら、まだわかる。

でも、Xさんのことを、ただ褒めているようにしか思えないツイートを、RTするのは、なんなんだろう。

ともすれば、自画自賛ツイートなだけにも見えるわけで。

おらが、Xさんのファンだとして、おらにとってはAさんからみたXさんの評価は、まるでどうでもイイ話だし。

同じく、BさんがXさんを褒めたり、あるいはXさんの新しい何かを買ったよっていうツイートも、まるで同様に、どうでもイイ話だ。

Xさんは、ナニを共感してほしくての、RTなんだろう?

もしかして、XさんがRTしたAさんのツイートを、さらにファンがRTして拡散してくれることを期待しているのだろうか。

少なくとも、おらは、XさんがRTした自画自賛(?)ツイートを、さらにRT連鎖しようとは思わないんだけども。

ウゴウゴルーガ同窓会の記事を読んで

おっす!おらオタク系おっさん!

ウゴウゴルーガ同窓会の記事を読んで、懐かしくなってのメモ。

懐古厨とも。

そんなエントリー。

いまでも、『伝説の子ども番組』と称される『ウゴウゴルーガ』の同窓会が、ひらかれたそうだ。

そのことが、秋元きつねさんのブログで書かれていた。

Spiky Spoon — ウゴウゴルーガ同窓会
http://spikyspoon.tumblr.com/post/88090905912

ルーガちゃんは、もう、29歳なんですって!

そりゃそうか。

おらは、ウゴウゴルーガをタイムリーに見ていたのが、高校生の頃だったと思うが、そのおらが四十路まじかなんだからな。

って、書いていて、痛すぎるw

ウゴウゴルーガは、ハチャメチャだった。

1992年当時のフジテレビは、かなり好きだった。

ウゴウゴルーガみたいな、ぶっ飛んでる番組を、早朝からスタートさせて。

あげく、早朝に生放送やら、夜に生放送やらをしていて、ひやひやしながら応援していた思い出がある。

小学1年くらいのウゴウゴルーガの二人の発言が、子どもならではの「ドストレートの危なさ」があったり、登場キャラの「狙った危なさ」だったり。

生放送で、ルーシュくんが、NHKのことを「国営放送」とよんで、番組の後半で「不適切な発言でした」とお詫びしていたのも、覚えている。

でてくるキャラクターも、ひとつひとつが、めちゃくちゃのパワーが集まっていたし。

ウゴウゴルーガは、ビデオにもとりだめていたけど、VHSのテープは全部処分しちゃったから…。

手元に残っているのは、予約して買ったDVDくらいのものだ。

しかし、いまのテレビには、「実験番組」を許容する雰囲気があるとは思えないな。

だから、テレビを見ないんだけども。

どのチャンネル見ても、アレなタレントを使って、アレな番組とかするくらいなら、ウゴウゴルーガの再放送でもやってくれないかな。

とか、まさに、懐古厨。