自転車の「相棒感」の喪失と復活

おっす!おらチャリンカー。

自転車でウロウロするのは好きだよ。

ちょっと、自転車であれこれあったのでφ(.. )メモっておきたい。

2015-07-20 13.43.00

土曜日は、母親の誕生日だったのね。

おらんちから、実家まで、自転車で30分くらいの距離なので、お誕生日祝いに行くことにした。

リュックサックに、よく冷えたワインをいれて、家を出発したところで、雨が降りだした。

おいおい、やめろよ、と思いつつも、行かないわけにはいかないので、雨に濡れながら出発。

ほら、先日、道路交通法が改正されたから、傘をさしながらの自転車は、すぐに怒られるからさ。

雨に濡れながら、そのまま、自転車を飛ばしていく。


おらんちから、実家までの、半分くらいにさしかかろうと言う時に、自転車の後輪が、ブシュッとなった。

パンクだ。

あーあー!

おらのチャリは、2013年8月に、アサヒサイクル自転車で買ったものだ。

サイクルメイトになって、毎月、定期的にメンテをしてもらっている。

先月、店員さんから「うしろのタイヤが相当磨り減ってるので、パンクのキケンがありますね」とは言われていた。

そのときは「パンクしたら直します」って答えていたのだけど、まさか、このタイミングでねぇ…。

その自転車屋さんは、300mくらい過ぎ去った場所にある。

この時のパンクした自転車の、まあ、頼りなさったら、ないよな。

自転車に乗っている時に「相棒感」は、本当に頼もしい。

でも、パンクした瞬間から「足手まとい感」が、尋常じゃないw

自転車『お、おれは、もうダメだ…。すまないが、このまま引きずって連れて行ってくれ』てな感じだ。

自転車は『置いていってくれ』とは言わないからな。

そして、パンクした瞬間から、ズルッズルと引きずる感じの「足手まとい」になるものな。

ここで、頭に巡ったあるお言葉。

以前書きましたが、結婚式で「健やかなる時も病める時も、喜びの時も悲しみの時も、富める時も貧しい時も、 汝これを愛しますか」と聞くのは、「病気、感情が大きく揺れる、経済状態が変わった時、人間は別人になるよ。気をつけてね」と言ってるんですよね。かなりリアルな警句なのですな。” https://twitter.com/tarareba722/status/554287429692035072

ケッコンについてもそうだけど、これ、自転車についての気持ちも、当てはまるわ!って思った。


雨に濡れながらも、なんとか、かんとか、自転車屋さんに引きずって行き、パンクの修理をお願いすると、20分くらいで、4,500円くらいするという。

誕生日会に出席するので、急いでいたため、とりあえず、自転車をあずけて代車を貸してもらった。

雨が降っていたからか、貸していただいた代車がしょぼくてびっくりしたw

おらのは一応ギア付きで、いままでも、代車を何度か借りたけど、その度にギア付きの自転車を貸してくれた。

けど、この時は、ギアなしで、ところどころ錆びてる、古めかしい自転車だった。

雨だから、しょぼいのを貸してくれたのかしらね?

まあ、無いよりはマシだけど。


そこで、頭のそろばんを弾くと「後輪のパンクを修理すると4,500円くらい+前輪だったら4,300円くらい+サイクルメイト3,000円」あれ?これ、普通に新しいママチャリ買えるんじゃね?

まあ、「相棒」だからな。

うん、「相棒」だから、すぐには手放さないけども、なんとも、自転車のメンテ費からすると、新しい自転車買えちゃう感じがなぁ…。


無事に誕生日会にも参加して、いまさっき、直った自転車を引き取りに行ってきたよ。

おらは、サイクルメイトに入っているので、費用は10%オフになるから、4,000円くらいになったけど。

やっぱり、今の時代、直して使うより、買い直したほうが安いっていうのがあるんだな。

まあ、これからも、よろしく頼むよ、相棒チャリよ。

運転するときの三〜五種の神器

おっす!おらレンタカードライバー!

一人暮らしをはじめてからは、マイカーを売ってしまったので、最近はもっぱらレンタカーだよ。

そんなおらが、運転するときの三〜五種の神器をメモっておくというもの。

三種の神器に絞り込めなかったという。

あと、神器でもなんでもないというのは、先にお断りしておこう。

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

さて、さっそくだけど、おらが運転するときに、「コレがないと運転がギコチナイ」となるモノをあげてみよう。

  1. ガム
  2. 運転用のサングラス
  3. 飲み物
  4. iPhone(好きな音楽)
  5. 車に関するTシャツ

これだ!

★1:ガム

まず、ガムがないと、はじまらない。

ガムを噛むと集中力が増す(と信じている)ので、眠くなるのも防止できると思って、ガムを噛む。

マイカーだった時にはボトルでガムを用意していたけど、いまは、運転するたびに、何かしらのガムを用意している。

眠くなったら噛むのではなくて、運転するときには、常時噛んでいるのが基本スタイルだ。

★2:運転用のサングラス

おらは目が悪いので、普段メガネをしているのだけど、できれば、運転用のメガネに切り替えたい。

一応、普通のメガネでも運転は可能なのだけど、運転用のメガネはさらに軽くて、鼻周りや耳の部分も柔らかいのだ。

あと、メガネの上に装着するタイプのサングラスをかける。

眩しいのは運転の妨げになるので、シーズン問わずに、サングラスをかけて運転している。

★3:飲み物

運転中は、のどがなんだか乾く。

緊張した運転をするときには、特にのどが乾いてしまう。

その時にすぐに飲み物でのどを潤すことができると、運転中のストレスは減るのだ。

しかし、ここで「缶コーヒー」は、おらには鬼門だ。

お腹がゴロゴロピーしてしまう可能性が高いからだ。

普段、すぐにトイレにいけるところでコーヒーを飲むのなら、まだいいけど。

運転中ですぐにトイレにイケない状態では、死活問題だ。

できれば、水などの、刺激がなにもないものが一番望ましい。

★4:iPhone(好きな音楽)

いまのレンタカーには、USBのメスの端子が付いていることが多い。

そこに、自分の音楽プレーヤーをUSBケーブルで差し込めれば、好きな音楽のもとで、ドライブできるのだ。

そして、音楽の力は偉大だ。

音楽によって、運転のやる気メーターがあがることになり、長距離でも、イケイケノリノリで、イケちゃうのだ。

不思議と。

★5:車に関するTシャツ

これは、もう、まったく、趣味の話なのだけども、おらは、運転するときには好きなTシャツを身につけている。

車にまつわるものなら、なんでもいいのだけど、よく着るのは「マッハゴーゴー」のUTだ。

ある種の、おまじないグッズ的なものかもしれないが、「マッハゴーゴーのシャツ」を着ることで、運転がうまくなるようなイメージで、運転できるのだ。

うんこれ、マインドコントロールだこれ。

別に、シャツなんて何でもよくて、ヱビスビールでも、サッポロビールでも、アルコール関連のシャツでもいいのだけども。

なんとなく、車の絵柄が描かれたモノのシャツなどを着ることが多いかな。

Exif_JPEG_PICTURE

宮城で見かけたトレノ

◆他:なんとなく

★「ETCカード」って、マイカーを手放しても、なんとなく、更新して持ち続けている。

やっぱり、高速道路などで、ETCのレーンは便利だかね。

でも、この前、仙台の有料道路で、ETC使えないところがあって、「なんでだよ!」って思ったりしたけど。

★「はだし運転」も、本当に運転に慣れてない時にはよくやる。

これは、クツが無い分だけ、ダイレクトにアクセル・ブレーキの感触が足の裏に伝わって、イイ感じ。

長距離運転すると、ちょっと疲れるから、加減が大事だけど。

★まあ、気持よく運転できるならなんでも揃えたらいいんだけども、一番は「疲れている時に運転しない」が「★0の鉄則」ではあるのだけどね。

水泳と鼻血の思い出

おっす!おら水泳すきっこ!

かつて、中学生のころは、水泳部だったんよ。

いまのように、夏の暑い日に、水泳部だったおらは、鼻血を出したことがあった。

その思い出話。

2391412027_df2feb6d8c_z
By JD Lasica

おらの学校は、屋外プールだったので、水泳をすると日に焼けまくった

水泳部だったので、夏休みは、それこそ朝から夕方近くまで、一日ずっと泳いでいたのだけど。

そうして泳いで帰ったある日、家で休んでいたら、急に鼻血が出た。

それも、めっちゃ出た。

擬音であらわすなら、普段の鼻血が「たらー」だとすると、その時に出た鼻血は「どっろぉー」だった。

いま考えると、それは、熱中症の症状だったのだと思う。

プールに入っていても、一日中、日に焼けていたら、熱中症になるんだわね。

中学生のころだったので、鼻血が出た時には、わりと慌てた。

普段ならティッシュペーパーを鼻の穴につっこんでおけば、すぐに血が止まったのに。

その時には、座って安静にしていても、鼻血はどんどん出るし。

横になっても、喉の奥にあふれてくるくらいに、鼻血が止まらないし。

とにかく、首元やら、身体を冷やしたわ。

熱中症は、甘く見たら、しぬこともあるので、水泳部であっても、マジで注意しようっていう話。

メリダとおそろしの森の弓の構え方

おっす!おらピクサー映画好きっ子。

今回は、『メリダとおそろしの森』を見たのだよ。

本編のストーリーやら、メリダ役が大島優子だったというガッカリポイントは、横においておいて(それはWhisky Milk Punchで書いた)。

気になったのは、「弓の構え方」についてだったので、ちょっとメモしておきたい。

もしかしたら、文化的に、日本の弓の構え方と、欧米の構え方が別なのかもしれないのだけど。

(艦これの誰かさんが、弓の構え方が違うとかなんとかとは、別の話で)

まず、日本の弓の構え方はご存知だろうか?

せっかくなので、メリダの宣伝写真を見てみよう。

merida_yumi_main
(引用:シネマトリビューン

矢は、弓を構えた親指側に乗っているのであるが、これが、日本の弓道の場合の、弓の構え方だ。

そして、今度は、メリダの弓の構え方を見てみると、こうなる。

51eGN0+MREL
(amazon: メリダとおそろしの森

お分かりいただけただろうか。

弓と矢の関係をみると、矢は親指側ではなくて、人差し指側にあるのだ。

これは、本編でもずっとそうなのだ。

で、気になって、他の洋画の弓の構え方を見てみた。

robinhood
(amazon: ROBIN HOOD

やっぱり、メリダと同じように構えている。

では、アーチェリーは?というと、メリダと同じように人差し指側に、構えていた。

気になりだしたので、モンゴルの弓はどうかな?というと、人差し指側っぽい。

モンゴルのおとなりの中国の構え方は?というと、レッドクリフで見る限りは、親指側っぽい。

韓国は?というと、これも、親指側っぽい。

アフリカはどうなの?というと、こっちは人差し指側っぽい。

『メリダとおそろしの森』からは、えらく脱線したのだけど、弓の構え方が国によって違うというのは、ちょっとおもしろかったので、メモしておこう。

あと最後に言っておくと、メリダとラプンツェルをバトルさせてみたくなったのは、別の話。

アイススケート場には「目指す人」しかいなかった件

おっす!お久しぶりのおらだよ。

引っ越した先で、ネットがいまだに開通してなくて、このブログの更新ができてないw

なんて、グチはともかく、タイトルのとおり、スケートをしてきた話をしたいと思う。

01

さて、行った場所はというと、『ダイドードリンコアイスアリーナ』というスケート場。

おらが、子供の頃に行った時には、『東伏見アイスアリーナ』と呼ばれていた場所。

どんだけブリに来たのかというと、それこそ30年ブリとか?分からないくらい前の話。

アイスアリーナ外観

最初に、目についたのは、薬屋さんの看板ね。

こんなに、目立つところに薬屋さんは無かったような気がするけど…。

あれか、スケートで滑って転んで、薬屋さんに駆け込む人が多いのか。

この右のほうへ行くと、アリーナへの入り口がある。

おらの記憶では、前は、この薬屋さんの当たりから入ったような気もするけども…。

ともかく、右の入口を目指して歩く。

本日一般滑走

あった、あった看板が出てた。

「本日一般滑走営業中」とあるけども、いつも、一般滑走があるわけでは無いみたい。

土日は、アイスホッケーの試合があったりね。

おらが行った日は、14:00〜18:00の間が、一般滑走として営業していたよ。

詳しくは、ホームページで調べてみてね。

入口

やっぱり、前に来た時には、こんな感じじゃなかった気がするわ。

急に、アリーナの入口に直結とか無かったもの。

この扉を開けると、すぐ左に受付があって、入場料とスケート靴の賃料を払うよ。

入場料 1,000円 + スケート靴 700円。

ちなみに、時間制限はないようで、一律料金らしかった。

靴を貸してもらう時も「何時までに返して下さいね」とは言われなかったもの。

スケート靴

借りた靴は、こんなスケート靴。

おらのイメージでは「フィギュア」の靴とやらを、初心者向けとして貸し出されるのかと思っていたが、そういうのじゃ無かった。

足首までカッチリしたブーツみたいな形状だったよ。

スケート靴を履いてみた

履いたらこんな感じ。紐がすごく長くて、くつの回りをグルグルっと回しているよ。

ちなみに、この下には長めの靴下を穿いている。

閑話休題。

長めの靴下を穿いて、それからスケートに行く前にいったん実家によってたの。

お昼ご飯を食べて、後片付けをしていた、その時に事件が起きた。

台所の流しのところに、なぜか黒豆が汁ごとこぼれていて、それを知らずに靴下がビシャビシャになったw

で、どうしたかというと、引っ越すときに、靴下を捨てようと思って、実家においてきたのだけど、それを穿いたのだった。

母親が、ものをさっさと捨てる人じゃなくて、助かった!

はい、閑話休題、おしまい。

あ、スケートの話はおわらないw

スケート場のなか

撮影したときは、14時のオープン直後だったので、とても空いてる感じ。

このあと、すぐに、人はちらほらと増えていった。

そして分かったこと。

おらたちには場違いだったw

おらは、妹と一緒に来たのだけど、どちらも、超初心者。

そんな初心者は、このリンクにはいないのだよ。

全ての人が、上を「目指して」練習をしている。

4歳くらいの小さな女の子から、大学生くらいの娘さんまで、みんなフィギュアスケートを「練習」している。

そう、どこもかしこも「目指している人」だらけ。

逆に、ナニも「目指していないヘラヘラしている」のは、おらたち二人だけだった。

でもでも、楽しいのだ!

おらは、よちよち歩きでスタートした。

妹は、それこそおらと同じくらいに久しぶりのはずなのに、いきなりスイーと滑って、おらをおいてどんどん滑りやがってるしw

おらは、なんとか1周を無事にまわれた。

妹に聞くと、すでに2回、転んだという。

妹は、滑り出す前に「スケートで転ばないと思う」と豪語していたけど、やっぱりそりゃ、転ぶよね。

おらは、そのまま2周めに突入する。

また、なんとか、ゆっくり回って、2周めのゴールにとどいた。

瞬間、ド派手にすっ転んだ!w

左の足の先がひっかかり、ずべしゃーっと前のめりに転んだ。

首からケータイをぶら下げていたけど、壊れなくて良かったw

胸まで氷にくっつくくらいに派手に転んだのに、壊れなくてセフセフ。

しかし、転ぶのなんて関係ないくらい、楽しい!

そのまま7周くらいして、ひと息入れて、またぐるぐる回った。

とにかく、スケートで止まる練習をするようにしてた。

滑るのも楽しいけど、止まれないと危ないしね。

なんとか、かんとか、止まれるようになったので、今日の目標は達成したよ。

まわりを「目指している」女の子たちがスイスイ滑るのをみてると、口からでるのは「すげえ!」と「わけわからんw」だったな。

それと、ひと月分の「あぶねぇ」と「やべぇ」を連呼していた。

そんな感じで90分ほど滑ったところで、ギブアップ。

時間

だいぶヘロヘロになったけど、かなり楽しかったなぁ。

本当にスケートって、普段の日常と違うね。

4歳くらいの女の子に超スピードで追い抜かれるとか。

中高生くらいの女の子が回転ジャンプしたり、Y字バランスしてたり、とか。

ある意味では、非日常シーンの連続でね。

最後におまけ。

笑われ男

「笑い男」ならぬ「笑われ男」。

これは、靴を脱ぐ準備をしていたときに、記念に撮影しておこうと、妹に撮ってもらった一枚。

だから、素手だけど、リンクを滑るときには必ず手袋をすること。

あと、自信のない人は、ヘルメットも無料で貸してもらうことができるよ。

って、このスケートリンクには、「目指している人」しかイなかったけどねw

坊主と反省と体罰と高校野球

おっす!おら坊主あたま!

最近なんだか流行っていることを「坊主」の目から眺めてみるよ。

■坊主と反省

先日、あーかーばーの、なんちゃらみなみという人が坊主になった。

あ、坊主というか、女性だから尼さん?

理由はなんでも、お泊まりデートをスクープされたことを「反省」しての、坊主頭(尼頭?)らしい。

坊主頭になった姿をゆーちゅーぶにアップしたんだってね。

そのパフォーマンスなんなのかしらね?

url

でもでも、すぐに坊主頭は隠しちゃって、頭にカツラを被って活動してるらしいけどね!

おらは、なんで坊主頭=反省なのかっていうのが、よくわからない。

あれか、囚人生活するときの坊主頭が「坊主=反省」のイメージなのかな。

おらが坊主頭にしたときも、まわりからの反応は「何かやらかしたの?」って聞かれたわ。

■反省と体罰

話は変わって、反省と体罰の問題について。

大人がしかるときに暴力をふるう「体罰」を、いままでは「愛の鞭」とかなんとか詭弁を使って、正当化してきたのが、いよいよそれっておかしいんじゃね?という時代になってきたのかな。

報道のきっかけは、高校の教師の問題だったが、その後にオリンピックの柔道だとか、オリンピック競技へも波及してきたりして、どこまで行くんだ?っていう状況になってる。

「体罰をどんどんやろうぜ!」って指導していた大阪の橋下某市長も、世間の風向きが変わったのをすぐに感じ取って「体罰はしちゃいかん」ということを言ったりしてね。

あんたが一番先頭を走っていたんじゃなかったっけ?みたいなね。

shidou

マンガ『AKIRA(1)』で、金田ら不良生徒たちを、生徒指導のせんせー(体育教師)がぶん殴るシーンがあるんだけど、こういうのが「指導」だと勘違いしている大人は、いまでも本当にたくさんいるんだな。

で、こうやって「指導」うけた「生徒」たちは、反省するかというと…。

dosukebe

「アゴーッ」「腐れて死んじまえー」「いい気になンじゃねェぞォ アゴォ」ですわ。

反省をうながすのに体罰はなんにも役に立たないっていうのは、AKIRAで1コマでわかっちゃう。

■体罰と高校野球

高校野球でも、体罰はくりかえされてるっていうのは、もはや常識だったと思う。報道されないだけで、みんな知ってた。

みんな知ってて黙ってた。

「それが当たり前」だということで。

そういえば、相撲の世界でも体罰って問題になったよね。

2007年に、力士が部屋を辞めたいとかなんとか言ったことで、親方や先輩力士たちが竹刀などで殴ったりけったりして、あげく死亡させたニュース(時津風部屋力士暴行死事件 – Wikipedia)。

あのとき、相撲を管轄している文科省が動いたわけだけど、その時に相撲の世界だけじゃなくて、学校関係も調査しておけばよかったのにね。

いや、そもそも「いじめや体罰を無くしたい」って、本気で取り組むつもりがなかったんかな。

■高校野球と坊主

高校野球のもう一つの当たり前が「高校球児は坊主である」なんだと思う。

これって、おらはすごく変で、気持ち悪い習慣に思うんだけど、野球少年はなぜか坊主頭が当たり前だよね。

小学生のリーグの頃からそうだし、中学でも高校でも迷わずなぜか坊主頭が推奨されるっていうか。

でも、野球のトップであるプロ野球では、坊主頭を強制されてないところをみると、別に「野球の伝統は坊主である」ってわけじゃなさそうだしな。

これも、なんだか変だなぁ…と。

軍隊や囚人じゃないんだから、丸刈りが原則っていうじゃなくて、好きな髪型でスポーツしてもいいと思うんだよね。

■髪型は自由に。もっと坊主頭に!

おらは、坊主頭が好きだ。

とても楽だし、とても気に入っている。

けども、とかく坊主頭は「マイナスイメージ」をもたれやすい。

上記に書いたような、坊主頭からはじまる一連のイメージも、少なからず影響してるんじゃないかなぁ。

結論は、「自分から選んで、もっと坊主になろうず!」って言いたいだけだったりする。

ロンドンオリンピック競泳と水着

おっす!オラ土日ゴロゴロ星人!

休みの時は完全に引きこもってゴロゴロしてるよ!

そんなオラは、ロンドンのオリンピックをチラチラみているワケだけど、競泳はみるのも楽しいね。

そこで、女子競泳のなかで、ピンクの水着のチームがあったのがビックリした。

競泳の水着って、こう、イルカみたいな色っていうか、群青というか濃紺が普通だよね。

それがピンクだったので、すごく目立ってた。

あれ、いいなぁ…。

そういえば、前回の北京オリンピックでは、SPEEDO社のレーザー・レーサーが流行ったよね。

みんな足首近くまでおおう水着をきて、かっちょわるいけど、ちょー速い水着っていうか。

これは、水着の性能が良すぎて、速く泳げるけど、禁止になったっていう。

今回は、この手の水着はないけど、どんどん新しくなる水着は、面白い。

でも、でも、見た目が黒っぽいのは、ちょっとつまらない。

それぞれの国の色をプリントしたら、見た目が楽しさアップすると思うんだけど、それを求めるのはダメなのかしら。