プラレス3四郎=初めて買ったマンガ

おっす!おら、マンガマニア。

オタク的な娯楽で、アニメ、マンガ、ゲーム、などとあるけれど、おらは圧倒的に「マンガ派」だよ。

そんなおらが、マンガにハマるきっかけとなった作品について、書いておきたいとおもう。

プラレス3四郎

■プラレス3四郎とは?

おらが、一番最初に、お金を出して買ったマンガは『プラレス3四郎』だった。

プラモデル×プロレス×マイコン(いまでいうパソコン)=プラレス、という仮想のホビーを使った、バトルマンガだ。

主人公の3四郎が作ったプラレスラー柔王丸が、さまざまな敵と戦うバトルマンガだ。

おらは、この作品が大好きだ。

■アニメ版と原作のマンガ版の違い

この作品はアニメ化もされており、1983年(昭和58年)の6月から スタートとなっている。

おらが、この作品に入っていったのは、アニメではなくマンガ版からだった。

アニメとマンガの大きな違いの特徴は、柔王丸というロボットの表情が、あるかどうかだ。

マンガの原作には、上の表紙のように、柔王丸はにっこり微笑むこともできるし、バトルで苦しむ表情を浮かべることもある。

しかし、アニメ版では、まったくの、能面で戦っている。

これが、おらには耐えられない違いだったので、アニメ版はほぼ見ていない。

ちなみに、マンガ版は全部で14巻まで発売された。

■プラレス3四郎のマンガの思い出

おらは、プラレス3四郎のマンガ版から入った口だ。

1巻からではなく、なぜか2巻から買った記憶があるのだが、なぜ、このマンガを買ったのかまでは、覚えていない。

2巻の奥付を見ると「昭和58年4月15日」と書いてあるが、実際に発売されたのは、1983年の3月のようだ。

当時のおらには、マンガ雑誌を買う習慣も、また、お金もない小学生だったので、たまたま手にしたマンガだったんだろうと思う。

このマンガの何がよいか?

一つに未来(SF)があり、一つにバトルがあり、もう一つにエロスがあった。

■未来(SF)のワクワク感

2014-05-11 11.05.22

プラモデルをマイコン(パソコン)で動かして戦わせるという設定は、ものすごくワクワク未来(SF)設定だった。

いまのように、パソコンが高性能でもなく、それこそ、ファミコンが登場するより前にスタートした物語である。

おらがマンガ版のプラレスにハマったのが1983年3月で、アニメが同年の6月からのスタートであり、同年の7月にファミコンが登場したのだ。

とても、時代の先を夢見た、設定であったと思う。

■バトルのハラハラ感と敗北感

このマンガは、プラレスという舞台設定のため、さまざまな敵と柔王丸が戦うことになる。

また、対戦方式がトーナメント戦ということもあり、柔王丸と対戦する相手だけではなく、さまざまなキャラクターを見ることになる。

そして、プラモデルを使ったバトルなので、相手のプラレスラーが壊れることもある。

いま思うと、リョナ要素なのか?とも思うが、激しい戦闘の結果、激しく壊れるというところに、なぜがゾクゾクしていたんだと思う。

2014-05-11 10.53.01

強敵と戦ったあとの柔王丸は、常にボロボロであり、手がとれたり、足がとれたり、痛々しい姿になる。

そして、それが、グッとくるのだ!

このボロボロ柔王丸は、まねしてお絵かきしたりした。

■エロスに(*´Д`)ハァハァ

さいごにあげるエロスについては、少年はエロスを求めるものなのである(断言)。

と、言っても、直接的なセクロスシーンなんていうものはない。

2014-05-11 11.03.18

おらが、最初に手にした、この『プラレス3四郎 (2)』では、唯一エロスシーンは、この吹雪今日子さんのパンチラくらいのものだ。

しかし、小学低学年のおらには、これで、もう、どエロスなのである。

(*´Д`)ハァハァなのである。

もうちょっと巻がすすむと、おっぱいシーンが登場したりもするんだぜ!←

ちなみに、この吹雪今日子が作ったプラレスラー桜姫も、これまたエロいのである。

2014-05-11 11.26.49

戦うシーンからして、えろ担当なのがわかる。

ちなみに、この『桜姫』は、Figmaが売っていたりするくらいの人気キャラだったりもする。
41iUMpj1lGL

■プラレス3四郎のよい思い出(3巻はどこへ?)

こうした、要素が組み合わさって、プラレス3四郎は、ぼくの欲しい要素がすべて組み合わさってできていたマンガだ。

いや、逆に、プラレス3四郎から、ぼくの好きな要素が作られたということなのかもしれない。

おらの、深いところの根っこの部分に、このマンガがあるのは確かだ。

2014-05-11 10.26.52

よい思い出は、たまにひっくり返したりするものなのだけど…。

(゚Д゚)アラヤダ机に並べてみたら、3巻が無いぞ??

どこへ行っちゃったのかな(´Д`; )

広告

病気でしょ 体弱ってんしょ そういう時こそ…?

うがぁー、なんか、喉だけ痛い。

喉風邪ひいたかもなと。

「風邪」というキーワードで、すぐに脳内再生される音楽がある。

スチャダラパーの♪Kick It, JAWSだ。

風邪を引いた役のアニと、それを聞き上手な役としてのボーズがかけあう歌だ。

でも、聞き上手なはずのボーズが、相手の話を聞かずに、一方的にしゃべりたおす歌なんだけどw

そこで、風邪をひいた時のアドバイスで、こんな歌詞がある。

ねぇ 食ってる メシ ちゃんと オマエ 「いや・・・」
エー? まじで? やばくない? じーまで?
病気でしょ 体弱ってんしょ?
そういう時こそ
大量に食う
基本 これ常識
第一 おれがそれでなおしてるクチ
もうあれよー おれともなるとさー
決まってんの
カゼだと中華屋
行って 店ごと 食っちゃう 食っちゃう
かっつうの かっつうの

聞き上手いわく、病気の時は大量に食う!

この歌が収録されてるアルバム『WILD FANCY ALLIANCE』をはじめて聞いたとき(1993年)は、わりと本気で信じてたよw

そして、いまである。

おらは、喉が痛いので、ある意味「体弱ってんしょ」である。

が、中華屋に行って店ごと食っちゃう、のではなく、空腹をたもつような感じで過ごそうと思っている。

最近のおらは、ミトコンドリア信仰者に近い。

ミトコンドリアは、細胞の中にいて、体を動かす仕組みの根底にある存在だ。

ミトコンドリアに頑張ってもらう方法の一つに、飢餓状態というのがある。

生命の歴史は飢餓との戦いがながかったので、飢餓になるとミトコンドリアも活性化のスイッチがオンになる。

病気になって食欲がなくなるのはあたりまえで、おらは、そこでミトコンドリアのスイッチを入れようと体が反応しているからだと思っている(信じている)。

ペットの犬やねこが、体調不良のときは、水だけ飲んで、じっと耐え忍ぶのにも通じる。

ということで、喉が痛いおらは、ヤクルト1本と薬を飲んで、また寝ようと思う。

ヤクルト1本、80mlで、62kcal。

って、けっこうカロリーあんな!w

WILD FANCY ALLIANCE

WILD FANCY ALLIANCE

posted with amazlet at 13.06.07
スチャダラパー
キューンレコード (1993-02-21)
売り上げランキング: 16,994

ナニをもとに好きになるのか?っていう話

おっす!おらロンリーウルフ!

唐突だけど、アナタには、いま、好きな人がいるですか?

こう聞かれて、イエス!と答えられる人は、それだけで幸せかもしれない。

もし、特に好きな人が見つからない状態であっても、それがイコールで不幸せってわけでは、全然ないんだけどもね。

ところで、好きな人ができるとき、何がきっかけなんだろうか。

容姿かな。行動かな。

「容姿じゃないよ。中味だよ」という答えもあるけども、中味を知るのは、その人がどういう人なのか、しばらく一緒に行動する必要があると思う。

そう「一緒の行動する」のが、なかなか大事らしい。

印象アップ作戦以前、『所さんの目がテン!』という番組で、「第一印象」の話を見た。

普段、初対面の女性とうまく会話ができない男性が、「第一印象」の実験ということで、初対面の女性と、カフェで二人きりで話してもらうのだ。

まずは、普段どおりに話してもらうと、会話がぜんぜん盛り上がらず、女性からの評価も低かった。

次に、その同じ女性に対して「モノマネ」をしてみると、話が盛り上がりはじめ、女性からの評価もあがるというもの。

女性自身はは、なぜ男性に対して印象が良くなったのか、ちゃんと分かってないというのも面白い。

マネするだけという、お手軽さからは想像できないくらい、印象が左右する(画像は目がテン!ライブラリーより)。

おらが誰かを好きなるときって、ナニを重視していたっけかな。

容姿かな(ぽっちゃりとか、かわいい顔をしてるとか、猫っぽいとか)。

中身かな(話しやすいとか、面白いとか、尊敬できるとか)。

案外、声だったり、ご飯の好みが近い、っていうのも、好きになるきっかけだったりするのかも。

福岡旅行の思い出フォト

おっす!オラ先日、福岡に旅行してきたよ。

その思い出など

※フォト蔵にアップした写真なのでクリックで拡大できる。

◆台風17号がきていた@東京

R0023900

◆太宰府駅の電灯は梅の模様

R0023901

◆スターバックスが綺麗

R0023906

◆牛どーん

R0023929

◆太宰府の樹どどーん

R0023940

◆麒麟もじもじ

R0023944

◆光る通路

R0023945

R0023946 R0023947

R0023948 R0023949

◆梅ヶ枝餅

R0023955

◆ごまサバ定食@柳橋食堂
R0023958

R0023959

◆パティスリージャックのマロンケーキ
R0023964

◆町中になんかいた
R0023968

◆福岡タワー
R0023973

R0023974

R0023988

◆タワーのソファーでリラックス
R0023993

◆外は大風ふいてる台風だもん(13.7m/s)
R0023995

◆よかろうもん!
R0023996

◆タワーに顔入れて
R0023997

◆なんとか飛んでる
R0024004

◆カメラをセットすると自分撮りできる
R0024007

作例↓

◆サザエさんは福岡から世田谷に引っ越したという
R0024009

◆あはーん
R0024013

◆ロボスクエア
R0024014

◆SONYに見捨てられた犬型ロボAIBO(と解説するおねーさんの手)
R0024024

◆ナニコレぬこ型ロボ?
R0024025

◆お掃除ロボWALL-E
R0024027

◆龍型ロボは番犬みたいなバンリュウ
R0024028

◆連邦軍のモビルスーツは35万円
R0024029

◆えろぐろトマトは中に入れる
R0024030

◆ピンクのプードルえろいような
R0024031

◆ツインのホテル
R0024032

R0024033

◆福岡は東京にくらべて自転車が多い(どちらも中心街のコト)
R0024035
↑レンタサイクル(ヤホードーム近く)
↓駐輪場がたくさん(天神駅の近く)
R0024040

◆やほードームの近くの送水口
R0024036

R0024037

◆水だき@天神 新三浦
R0024042

◆帰路の飛行機は台風へ向かって(福岡15:00発)
R0024048

◆博多のおみやげ「通りもん」は濃厚な味
R0024059

◆オランダ語で休日をあらわす「ゾンターク」が「どんたく」へ
R0024060

◆「博多きゃらまん」はキャラメル味
R0024062

◆まとめ

二ヶ月前に飛行機のチケットをとると3万くらいとお安いけど台風は避けられない。

2

さいきん般若心経がおもしろい

おっす!オラ三蔵法師の弟子の孫悟空!ありがたいお経をもらうために西の方へ旅しているよ!

ってことで、「ありがたいお経」について書いてみるよ。

さて、急なロールプレイングではじまったブログだけど、今回は「般若心経」の話。
オラが最近おもしろいと思っている「お経」だ。

ところで「般若心経」って文字は読めるかしら?

「はんにゃしんきょう」って読む人もいるみたいだけど、
ここでは『はんにゃしんぎょう』 と読むよ。

で、この「般若心経」についての本をいろいろと読んだりしている。

それまで、おれが「般若心経」にもっていたイメージは二つ。

  1.  「はんにゃーはーらー」とか「しきそくぜくー くうそくぜしきー」みたいな言葉が入っている、お経であること。
  2. 西遊記の話のもとになった、玄奘三蔵が、持ち帰ったお経であること。

でも、このお経の意味(どういうことが語られているお経なのか)については、さっぱり、よく分かってなかった。

そもそも「宗教はあやしい」っていうイメージが先行していたので、般若心経を学ぼうなんて思わなかったんだよね。

最初のきっかけは、2006年にNHKで『生きて死ぬ智慧』柳澤桂子を紹介していたこと。
すぐに買って、読んで、面白かった記憶があるけど、そこでとまっていた。

最近また同じ本を読み返したり、他の人が書いた般若心経にまつわる本を読んだりした。

また、これらの本の間に読んだ手塚治虫の『ブッダ』も、読んでおいて良かったと思う。

ブッダの本当の教えは、いまの仏教=宗教とはちょっと違って、どちらかというとある種の哲学に近いと、オラは感じた。

そもそも、般若心経も、ブッダが言った言葉そのものではない。
ブッダが生きていた時代と、般若心経が成立したとされる時代(600年ごろ?)には、およそ1200年も差があるわけだし。

でもでも、般若心経には、玄奘三蔵が命をかけて(まさに命がけで旅をしてきた)持ち帰った仏教の心髄というか、凝縮されたエッセンスが、ここにはある。

そうして、それは、「死者へのことば」ではなく「生きていくものへ真理のことば」だと感じた。

ちょっと矛盾する言い方だけど、オラはいまの仏教は、基本的には好きにはなれない。
「あの世」を意識する宗教は、仏教に限らず、キリスト教についても信じる気にはなれない。
それがオラの宗教観だ。

でも、般若心経(=ブッダの本当の教え)には、「あの世とこの世」なんていう概念はない。
それよりも、般若心経でのべられている「真理」は、哲学をも含みつつ、宇宙観をのべているようで、とても面白い。

宗教観というより宇宙観という見方で、オラは般若心経をとらえている。

おもしろい。

書かれている内容もおもしろいのだけど、般若心経を詠むときの「おとのならび」というか、お経の「歌い方」も、とても耳に気持ちよい。

これって「真言」だからなのかもしれない。

最後に引用しておこう。

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空

度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空

空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相

不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中

無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意

無色声香味触法

無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想

究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故

得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪

是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦

真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経

1000冊目のあさりよしとおマンガとなぞなぞ1111問

おっす!オラおたく!おたくのジャンルはマンガをだぜっ!
マンガを読むために生きていると断言できる、こてこてのベタベタのマンガおたく!

オラは読書メーターで読んだ本をリスト化してるんだけど、今日ついに1000冊目に到達したのだ。

その記念すべき、1000冊目のマンガは、あさりよしとお(著)『まんがサイエンス』。
科学的な知識を、マンガで分かりやすく解説する手法が、とてもうまい!

オラは、このマンガを読むと、開くこころの扉が二つあるんだ。

  1. 小学生1年生の頃に、児童館で読んだ科学マンガ
  2. 小学生1年生のころに読みたおした『なぞなぞ1111問』

この二つが、どうしても、思い出される。

◆(1)科学マンガのこと

オラがよく遊んでいた児童館には、図書室があって、そこにマンガがたくさんあったんだ。
そこで、ちょっとした日常の疑問が、科学の入口だというマンガをよく読んだよ。
からだの秘密なんかは、ワクワクして読んだ覚えがあるなぁ。

オラが児童館で読んだマンガとは、作者は違えど、この『まんがサイエンス』も、同じような「科学マンガの遺伝子」が入ってる気がする。
おそらく、作者のあさりよしとおも、同じようなマンガを読んだのだと思う。

◆(2)なぞなぞ1111問のこと

そして、もう一つ思い起こす『なぞなぞ1111問』 は、正確に言うと『なぞなぞ1111問 NO4』だ。

さっき、押し入れから探したら、見つかったw
でも、表紙はぼろぼろで、もはやカバーもなかったので、ページをめくった1枚目を写真にとった。

これねぇ、もうホントに何度も、読んで読んで、読み倒したのだわ。
なかには、その名の通り、なぞなぞが1111問入っているのだけど、オラが買った時点で、NO4だった。
さらに続編がつくられるほどに、人気のシリーズだったのよ。

それで、なぜ、このなぞなぞを思い起こすかというと、もしかしたら、あさりよしとおが挿絵をしているかも?って思っているから。

この『なぞなぞ1111問』の挿絵にでてくる目の描き方が、どうみても『まんがサイエンス』のキャラクターにダブって見える。
あさりよしとおっぽい描き方なのよね。
笑った時に、目が「∩∩ 」みたいになるのも、そっくりだし、なんていうか、雰囲気がそうなのよ。

あ、でも、1111問の挿絵をすべて、あさりよしとお(とおぼしき人)が描いているわけじゃなくて、いろんな人が挿絵しているみたいなんだよね。
他のページでは、違う絵柄が見られるから。

もしも、あさりよしとおが、この「なぞなぞ」挿絵を描いてたとすると、年齢から逆算して、まだはたちそこそこだったはず。
その当時から、絵の雰囲気が変わらないとすると、それはそれで、カッコイイ!

ちなみに、もう、この本はボロボロすぎて、奥付のページが紛失しちゃってるから、あさりよしとおが挿絵を描いてたかどうかを確認する手段がないのが、残念。

◆懐かしのなぞなぞ

最後に、あさりよしとおの絵柄じゃないけど、この『なぞなぞ1111門』で、オラが好きだったなぞなぞを紹介!

なぞなぞ:386
『春はうすぎ、夏はあつぎ、秋には服をぬぎ、冬ははだかだぞ。 』

イヤーンってあるけど、なんだろな?

うしろの、ニヤケ顔のように、当時小学生だったオラのこころをわしづかみした、なぞなぞだったね!

こたえ:痴女?

BGM:荒井由実 – ♪ルージュの伝言