Symphonic Suite AKIRA 2016 試聴会レポ

おっす!おらAKIRA世代!

AKIRAの音楽をはじめて聴いた時、多国籍というか、異国文化というか、そういう独特な雰囲気が好きだった。

そのAKIRAの音楽が、新しい音源を重ねあわせて、新たな音声作品として発表された。

その試聴会『ハイパーハイレゾ版「Symphonic Suite AKIRA 2016」』に、当選したので、行ってみたよ。

2016-07-28 23.21.49

場所は、オンキョー八重洲ビルの2Fで、7月28日の19時から開催された。

事前に申し込みをして、当選した人だけの限定イベントだったよ。

音の技術的な話は、ざっくりしか分からないけど、いままでのCD音源では、人の可聴域だけが収録されていた。

それが、人の可聴域を超えた範囲の、高周波の成分を聴くことで、身体にも脳にも、まったく違う効果をもたらすという。

まあ、そういう技術的な話はあるのだけど、その詳しい説明は、ここでは置いておいて、だ。

おらが聴いた時の印象を、述べておきたい。

あ、ちなみに、会場のスピーカーのシステムは、GENELECの大型のスピーカーと、スーパートゥイーターという「高周波の成分を再現できる製品」を用いての試聴会だった。

2016-07-28 21.19.50

試聴会では、CD音源から、それをなんちゃら形式にしたものから、最終的にスーパートゥイーターを入れたバージョンまで、色々と視聴があったのだけど、その違いは圧倒的だった。

おらは、耳がイイワケでもなんでもないけど、その違いは、「耳ではなく、身体で分かる」ものだった。

解説でも先生方が述べられていたのだけど、耳で聴く帯域と、身体で感じる高周波の帯域は、それをセットで聴くことで、いろんな身体への変化(活性化)が現れるんだそうだ。

でも、聴けば、それは、体験として、実感できる。

CDの音は、本当に「耳が聴いている」って感じなのだけど、『ハイパーハイレゾエディション』では、体の細胞が「びっくりして目覚めた」のが分かるのだ。

言葉ではうまく言えないけど、身体で感じる音って、これかあ、っていう初めての体験だった。

たとえば「音の臨場感」をつたえるときの表現でさ、「目の前で演奏されているような感じ」ってあるでしょ。

でも、『ハイパーハイレゾエディション&スーパートゥイーター』の環境では、「目の前で演奏されているような感じ」を超えていて、「自分がどこにいるのか分からなくなるレベル」なんだわ。

『鉄雄 TETSUO』とか、目をつむって聞いているとさ、「映画の中の一場面」がありありと脳内再生されるだけじゃなくて、博士が超能力のエネルギー波に怯えつつも、触りたくなる衝動の、あの場面に「立ち会っているかのような」そんな錯覚になる。

他にも、いろんな曲を聴く度に、映画の世界の登場人物になったかのような、体験をさせてもらった。

ちらっと目を開けて、前の人をみたら、音楽に「ビクッ!」と身体を反応させてたのをみて、微笑ましかった。

2016-07-28 21.21.01

めちゃめちゃすてきな試聴会だったけど、あのシステムを、自宅で再現するのは、至難の業かもな。

まず、『ハイパーハイレゾ』は、ヘッドホンで聴いても意味が無いらしく、スピーカーから鳴らして、「身体に聴かせて」はじめて、脳への効果がダイレクトに現れてくるらしい。

まだ、その理由ははっきり分かってないっていう話だった。

おらが、妄想するなら、低周波や高周波治療の器具を、身体の全身で浴びているかのようなのが、『スーパートゥイーター』を含んだ音のようだった。

でも、たんに、高周波を聴くだけじゃだめらしくて、ノイズじゃだめだし、可聴域無しでもダメなんだってさ。

むつかしい話は分からないけど。

試聴会が終わって、会場の外に出たら、目の前にはビルがそびえ立っている。

ちょっとこれはAKIRAっぽい演出としては、いい締めとなっているな。

その勢いで、バイクに乗って、走り出したくなるような、そんなイベントだった。

2016-07-28 21.25.29

浦沢直樹展☆描描描!

おっす!おらマンガすきっこ。

最近は、毎日のようにマンガを買って、読んでいるよ。

ストレスへの対抗措置だな!

それはおいておいて、世田谷文学館で開催中の『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる』をみてきたよ。

※猫猫猫ではないよ!(似てるけど!)

800円とおやすめ。おすすめ。浦沢直樹の原画展。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

最近、アートと魂について、「日記かな」に書いていたこともあって、なにかしらのアート作品にふれてみたいタイミングではあったのね。

そんななか、NHKの『浦沢直樹の漫勉』が、良いコンテンツだとしる機会があったり、本屋で立ち読みした雑誌に、浦沢直樹の記事がのっていたこともあって(宣伝のいっかんなんだろうけど)、たまたま目にした浦沢直樹の展示に、まんまと行ってきたしだい。

結果、よかった!

マンガにも、もちろん、作者の魂がのっていて、マンガで描かれている線の一本一本にも、確実に魂がやどっている。

そして、やっぱり、一コマや、線の一本ではなく、マンガの原稿が、マンガとして並べられているのをみると、ものすっごい吸引力がある。

世界に引き込まれるね。

で、展示会場にきていた人たちは、みんなマンガ好きなので、原稿の前で食い入るようにみたりしてた。

あと、館内には撮影ポイントが2箇所あって、その前で撮影している人もいたよ。

おらはひとりで行ったから、トモダチいなくて、行ったから、トモダチの撮影だけしてみた(意味深)。

ともだちー

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

でも、そうは書いているけど、たとえトモダチがいたとしても、美術館には一人で行くと思う。

一緒にいっても、横にいる人を気にしていたら、アートに没頭できないからね。

浦沢直樹の展示でもそうだったのだけど、子供の時の作品を、まだとってあるのがすごいよな。

小学二年生の時に描いた、マンガが、すでにちゃんとマンガとして、そこに展示されているのが、本当にびっくりした。

浦沢直樹は、子供の頃から漫画家になるべくしてなったような気もしたな。

あと、大学生の頃のルーズリーフがあって、そこに、数学の先生やら、教科ごとの先生の似顔絵がかかれているのが面白かった。

いっぱつで、その人の特徴をとらえて、マンガのキャラクターのように描かれた人物像は、浦沢直樹のキャラクター形成のすごさを実感できる。

デビューする前から、すごかったんだって本当にわかる。

おらは、『PLUTO』が好きだったのだけど、それ以外の作品もまた読み返したくなったよ。

あと、2月28日には、トーク「Boseと美津留の浦沢解剖学」があるらしいよ。

浦沢直樹本人とスチャダラパーのBoseと、浦沢直樹の漫勉の放送作家/倉本美津留がトークイベントするんだって。

応募締め切りは、2月14日までとのことで、申し込み方法等は下記のURLから、どうぞー。

http://www.setabun.or.jp/event/list.html#event00199

 

Minecraftで天空の城ラピュタ世界を再現した動画がすごい!

おら、宮崎駿アニメは、初期のがすきなんだけど。

この、ラピュタもすきな作品の一つ。

そんな、ラピュタの世界を、Minecraftで再現した人があらわれた。

Minecraftで天空の城ラピュタ世界を再現してみた。第1部 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26722657
aa307ab8-e391-4d9c-bde4-bf139a7ba211

まだ、これ、第1部ということで、続編が登場することになっている。

しかし、もう、第1部で、すごさはハンパない。

あと、このMincraftの動画で流れるコメントをみると、脳内補完で、キャラのセリフが脳内再生されるのが面白いw

第2部は7月22日というので、それも楽しみ!

艦これアニメをみると不安になるという感想

おっす!おら提督!

提督というのは、艦隊これくしょんという、DMMの18禁ゲームをプレイしている人という意味だよ。(※おっぱいポロリはないけど、規約的には艦これは18禁)。

そんな艦これが、『艦隊これくしょん -艦これ-』として、アニメ化されている。

こちらは、18禁ではなく、地上波で放送されているので、小学生のショタやロリが見ても、なんら問題ない(はず)。

しかし、このアニメをみると、不安になるんだよね。

そのあたりの、個人的な感想をメモしておきたい。

08f53b0a-d7c2-4922-acaa-0cb812eb86cc

◆艦これというゲーム

艦これというゲームは、艦娘たちを育成して、戦わせる、ブラウザゲームだ。

たくさんの艦娘たちがいて、戦っている最中にダメージを受けると、服が破けて、ポロリもあるよ!というゲームだ。

艦娘たちは、日本の軍隊の戦艦たちの「魂」が宿っていて、なぜかその時の記憶もあるとかなんとか。

まあ、ブラウザゲームでは、ストーリー的なものはなく、とにかくたくさんの艦娘たちを育てて、強くしていくのが目的のゲームだ。

最終目標や、ゲームの最終的なクリア条件や、ゲームのエンディングは、「用意されていない」。

ずっと新しい艦娘たちが増えていって、そのたびに、提督たちは「課金」することで、自分の艦隊を増やしていく、というゲームだ。

課金ゲームだから、それでもいい。

ストーリーなんてなくて、ただ、提督たちに飽きられないように、新しい要素を増やし続けて、課金させつづければイイ。

◆アニメ艦これの不安感

このゲームをアニメ化したのが、「アニメの艦これ」であるが、このアニメを見ていると、不安になってくるのだ。

上にあげたキャプチャ画面では、あかるい艦娘たちの姿が描かれているが、そんなアニメでは無いと感じる。

不安になる材料はいくつもあるが、3つだけに絞ってみよう。

  1. 提督の姿が見えない
  2. 艦娘たちの過去・現在・未来が見えない
  3. 戦う理由とハッピーエンドが見えない

これらの「不透明感」が、視聴者を不安にさせている気がしてならない。

★1: 提督の姿が見えない

提督は、艦娘たちをとりまとめて、「戦争」を指揮している。

しかし、いっこうに、姿をみせる気配がなく、艦娘の一人が轟沈(死ぬ)ことになった時でも、なんの感情もあらわにしなかった。

艦これをしているプレイヤー目線からすると、このアニメの提督のおこなっている艦隊運営は、「無能」でしかない。

そんな無能な提督の姿は、視聴者の気持ちを不安なものにさせる。

★2:艦娘たちの過去・現在・未来が見えない

ゲームでは、そのストーリーが皆無なため、艦娘たちの日常などは、キャラクターボイスを頼りにした「妄想」でしかない。

しかし、アニメについては、あらたに艦娘たちの姿を提示してみせる必要がある。

艦娘たちの過去・現在・未来とは?

@過去:

  • 艦娘たちの過去は、まったく明らかにされていない。
  • 艦娘たちの、個人の記憶というのは、どこまであるのか。
  • 幼少時代はどうか。
  • お父さん、お母さんなどの記憶はあるのか。
  • 人間ではないから、お父さん、お母さんはいないのか。
  • いないとすれば、最初の記憶は、なんなのか。

全くもって分からない。

艦娘たちの過去は、真っ暗な深海よりもさらに真っ暗だ。

そもそも、艦娘たちと深海棲艦との関係性からして、何も明らかにされない。

@現在:

  • 提督は、何を考えているのか、わからない(説明しない)
  • 艦娘たちは提督の気持ちを想像するしか無いが、わからない
  • 轟沈(死ぬ)まで働いて、それが何になるのか、わからない
  • 死んだときの葬儀についても、なぞのまま

戦争アニメでは、人が死んだ時の葬儀が、大事な場面だったりする(ガンダムしかり、宇宙戦艦ヤマトしかり)。

しかし、艦これでは、そもそも葬儀をしたのかどうかさえ、分からない。

相手を殺し、相手に殺されるような、死と隣り合う生活というのをまじめに考えたら、地獄のような現在だ。

現在もまた、真っ暗闇だ。

 @未来

  • 艦娘たちの未来とは、これは過去の戦争とリンクした未来しか無いのか
  • 如月という艦娘が轟沈した(=死んだ)のは、過去の戦争とリンクしているのか
  • だとすれば、艦娘たちのほぼすべてが轟沈する未来しか見えない
  • 艦娘たちが、「敵」と呼ぶものを、全滅させることができたとして、その先の未来は?

これまた、真っ暗闇だ。

そもそも、平和な世界を目指しているのだとすれば、艦娘たちの未来は、戦争の無くなった未来では、「不要な存在」になってしまうのではないか。

★3:戦う理由とハッピーエンドが見えない

艦これは、何を目的として戦争をしているのか、分からない。

そもそもの話、世界の警察(笑)である米国が、日本の海上のドンパチに参戦してこないのが分からないし。

世界を無にしてあまりあるほどの核爆弾を持った米国が勝てない相手が「深海棲艦」という敵だとすると、それって、いったい地上はどうなっているんですかね。

そして、そうした核爆弾をも超える存在として、艦娘たちがいるのだとすると、もうそれ、地球上で艦娘たち以外の人間が生きているとは思えない。

また、仮に「深海棲艦」たちを、全滅させて、殺し尽くして、艦娘たちが完全勝利したとして、それがハッピーエンドなんですかね。

★結論:アニメの艦これをみると不安になるが

艦これアニメをみると不安になるのがよくわかった。

そもそも、艦これというアニメを放映している時点で、なんだか、ちょっと変なんだ。

戦争を扱うアニメが増えるという状況は、現実世界の日本が「あまりよくない状況」にあるのと、リンクしている。

二次元の世界と、三次元の世界は、全くの別物ではなく、社会情勢を色濃く反映しているからだ。

とすれば、艦これアニメの不安感は、ひるがえって、現実世界の不安感とも、リンクしている。

アニメの感想を書いているようでいて、本当は、いまの日本の不安を述べているのかもしれない。

そして、お先の真っ暗がモノを否定することで、「お先が見通せるようなモノ」を目指していきたいとも思う。

「艦これのような世界にはしたくない」という、反面教師としてみるのならば、これもまたアリなのかもしれない。

MacBook Airに貼った鬼太郎シールとほしいステッカー

おっす!おらMacと鬼太郎が好きな人。

急に、MacBook Airにシールが貼りたくなったので、手持ちの鬼太郎シールを貼ってみたよ。

2014-09-15 10.23.16

調布市深大寺 鬼太郎茶屋のシール。

Macに貼ると、変な存在感ある。

おらは、今までもMacを自宅で使ってきたけど、その時にはシールは貼ってなかった。

家族と共有のMacだったからね。

昨夜、急にMacの背面になにか貼りたくなった。

シールって子供っぽいのだけど、アマゾンでつらつら見てると、Macに貼る用のが色々出ているよね。

あと、Macに貼る専用のではなく、車に貼る用のものや、壁に貼る用のも、チェックした。

カートに入れるところまで行ったのよ。

でも、急に、この鬼太郎シールを持っていることを思い出したから、Macへのシール熱は一度治まった。

もし、鬼太郎シールを持っていなかったら、買っていただろうシールは、以下のものたち。

★MacBook用

白雪姫 Snow White Macbook ステッカー Snow White シール スキンシール M19
41EB95v082L

★バイクに貼るステッカー

ハチプロデザイン HPJ-001W 風神たん雷神たん2012 ホワイト
818obHNu6VL._SL1500_

ハチプロデザイン HPB-001AB 血液型ステッカー RH+AB
71VwzTS284L._SL1500_

ハチプロデザイン HPJ-002P 唐獅子たん2012 パープル
91bQ2etQ1CL._SL1500_

★デザインテープ

Panty&Stocking with Garterbelt デザインテープ♯1
616EJlDQotL._SL1500_

★ドラえもんシール

藤子・F・不二雄キャラクターズ ドラえもん ぷくぷくシール ドラえもん
dora
藤子・F・不二雄キャラクターズ シールブック (まるごとシールブック)
61IH-IW+jyL

★ウォールステッカー

スイッチ用デコレーションシール Switchee’s/アリス&チェシャ猫【SD015】
51fDeFEDz7L

CAT LIFE 猫シリーズ 落ちそう パッケージサイズW100×H148mm 本体黒色 TC生地 アクリル 紙 WS-CAT-05
81d2xuG+YDL._SL1500_

どれもこれも、MacBook Airの背面を、可愛く彩ってくれそうだ。

MacBookの背面にある、あのリンゴマークを活かそうと妄想すると…

アリスのステッカーでリンゴマークを開けようとするとか。

黒ぬこがリンゴマークから落ちそうになっているとか。

バイクのステッカーでりんごを挟みこむように貼るとか。

そういう妄想が楽しかった。

来太郎シールをヤめることがあれば、これらのシールをまた欲しくなるかもしれない。

というおら用の物欲メモ。

のび太やパーマンがダンスする動画

おっす!おら、ドラえもん好きっこ!

まずは、こちらのニコニコ動画の作品を、兎にも角にも、みてほしい。

dora

【ドラえもん】藤子Fラッシュ【手描きMAD】 – ニコニコ動画:GINZA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23950293

このハイクオリティな動画が、手描きだというから、すごすぎる。

ちなみに曲は、スーパーバタードッグの、コミュニケーション・ブレイクダンスだ。

公開されたあとに、一度非公開になったりしていたので、ずっと紹介できずにいた。

もしかしたら、また非公開になってしまうかもしれないので、早めにチェックするべし!

背中の補給食かっちょいい

おっす!おら弱虫ペダルのファン!

弱虫ペダルでは、好きなシーンが沢山あるんだけど、今日は、補給食について書いておきたい。

まず、補給食とは、どういうモノかとういと、こういうモノ↓(弱虫ペダル15巻)。

2014-07-21 17.40.06

2014-07-21 17.40.15

上で補給食を食べているのは新開さんというキャラクターだ。

彼は、弱虫ペダルに登場する「箱根学園」のエーススプリンターで、つねに、何かしらをもぐもぐ・サクサクしながら、レースを走っている。

補給食というのは、長時間の自転車レースでは、カロリーを摂取しながら走らないと、エネルギーが切れて、動けなくなってしまうそうで。レース中にも、2000kcal以上のカロリー摂取をするんだって。

ちなみに、マンガでは、POWER BERと書いてあるけど、コレは『PowerBar(パワーバー)』という商品名をもじっているようす。

新開さんは、とにかく、ずっと、もぐもぐしているのだけど、この、背中から食料を取り出すシーンが、とくにおらは大好きだ。

実際に、ツール・ド・フランスの選手でも、このように、背中のポケットに食料をつめこんでいる。

YAZUKA_WADA-0568-620x413

引用:NBS創設記念!! ツール・ド・フランス2013フォトリポート・第1ステージ(和田やずか)

vuelta1005
引用:補給食のバナナを背中のポケットに詰め込むアレッサンドロ・バッラン(イタリア、ランプレ) 

(・∀・)イイね!!

こういうシーンは、なんだかかっこよく感じる。

子どものころは、歩きながら食べるのは「行儀が悪い」と教わっていたので、ずっと歩きながら食べる行為はしなかったのだけど。

最近は、この「背中の補給食」に憧れている。

とは言っても、シャツの背中に大きなポケットをとりつけるわけにもいかないので、おらは小さなバッグに食料をつめこんでいる。

おらの食料は、『パワーバー』ではなく、『ソイジョイ』だけどもね。

ソイジョイをバッグにつめこんで、それをあえて背中側に持って行き、その状態のまま手探りにソイジョイを取り出して、もぐもぐと食べる。

これが、カッコイイと思っている。

アホくさいくらいに、子ども目線だけど、そうした「気持ち」でソイジョイを食べているコトは、周りの人には全くバレていないから、問題ないのだった。

amazon: 弱虫ペダル15巻