浦沢直樹展☆描描描!

おっす!おらマンガすきっこ。

最近は、毎日のようにマンガを買って、読んでいるよ。

ストレスへの対抗措置だな!

それはおいておいて、世田谷文学館で開催中の『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる』をみてきたよ。

※猫猫猫ではないよ!(似てるけど!)

800円とおやすめ。おすすめ。浦沢直樹の原画展。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

最近、アートと魂について、「日記かな」に書いていたこともあって、なにかしらのアート作品にふれてみたいタイミングではあったのね。

そんななか、NHKの『浦沢直樹の漫勉』が、良いコンテンツだとしる機会があったり、本屋で立ち読みした雑誌に、浦沢直樹の記事がのっていたこともあって(宣伝のいっかんなんだろうけど)、たまたま目にした浦沢直樹の展示に、まんまと行ってきたしだい。

結果、よかった!

マンガにも、もちろん、作者の魂がのっていて、マンガで描かれている線の一本一本にも、確実に魂がやどっている。

そして、やっぱり、一コマや、線の一本ではなく、マンガの原稿が、マンガとして並べられているのをみると、ものすっごい吸引力がある。

世界に引き込まれるね。

で、展示会場にきていた人たちは、みんなマンガ好きなので、原稿の前で食い入るようにみたりしてた。

あと、館内には撮影ポイントが2箇所あって、その前で撮影している人もいたよ。

おらはひとりで行ったから、トモダチいなくて、行ったから、トモダチの撮影だけしてみた(意味深)。

ともだちー

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

でも、そうは書いているけど、たとえトモダチがいたとしても、美術館には一人で行くと思う。

一緒にいっても、横にいる人を気にしていたら、アートに没頭できないからね。

浦沢直樹の展示でもそうだったのだけど、子供の時の作品を、まだとってあるのがすごいよな。

小学二年生の時に描いた、マンガが、すでにちゃんとマンガとして、そこに展示されているのが、本当にびっくりした。

浦沢直樹は、子供の頃から漫画家になるべくしてなったような気もしたな。

あと、大学生の頃のルーズリーフがあって、そこに、数学の先生やら、教科ごとの先生の似顔絵がかかれているのが面白かった。

いっぱつで、その人の特徴をとらえて、マンガのキャラクターのように描かれた人物像は、浦沢直樹のキャラクター形成のすごさを実感できる。

デビューする前から、すごかったんだって本当にわかる。

おらは、『PLUTO』が好きだったのだけど、それ以外の作品もまた読み返したくなったよ。

あと、2月28日には、トーク「Boseと美津留の浦沢解剖学」があるらしいよ。

浦沢直樹本人とスチャダラパーのBoseと、浦沢直樹の漫勉の放送作家/倉本美津留がトークイベントするんだって。

応募締め切りは、2月14日までとのことで、申し込み方法等は下記のURLから、どうぞー。

http://www.setabun.or.jp/event/list.html#event00199

 

広告

小樽の「鮮魚食堂かわしま」さん

おっす!おらトラベラー!

なんだかんだと、旅しまくってるよ。

今回ご紹介するのは、小樽の『鮮魚食堂かわしま』さん。

行き方:小樽駅のよこにあるバーガーキングの方へすすみ、すぐそばの階段をのぼり、『三角市場』の中にあるよ(三角市場小樽[食べログ])。駅から徒歩3分。

市場なので、いくつか店が並んでいるわけだけど、キーワードは『川嶋』だ!!

買い物できるゾーンが『川嶋鮮魚店』で、その奥に入ったトコロで、食べることができるゾーンが『鮮魚食堂かわしま』なんだって。

市場の通路からは『川嶋鮮魚店』と書かれた“赤いカニの看板”が目印。

ということで、食べたものを紹介。

まず、はシャコ!

うえが、めす。下が、おす。シャコうまし。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

今の時期は、ちょうど秋のシャコ漁が解禁されたところ(10月〜12月)で、めちゃウマだったよ!

普段食べてたシャコとは、全然違って、オスとメスで味が違うなんて、はじめて知ったよ。

そして、もう一つのオススメは三色丼!

三角市場の。かわしまさん。このサーモンは、ちょっと食べたことないうまさ。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

この写真で「ミニ三色丼」なのは、この日のおらは朝から食べ歩きをしていて、お店についた時点であまりお腹に余裕がなかったから。

お昼にガッツリ食べるなら、当然「ミニじゃない方」だよ。

うに、いくら、サーモン、以外にも色々トッピングは選べるのだけど、オススメは「サーモン」だ!

いや、ここの「サーモン」は、マジ美味さがハンパないっす!

なんでも、この「サーモン」は、冷凍されてないらしくって、おらが食べてきたサーモンとは別次元の美味さだった!

小樽に来て鮮魚を食べるなら、『かわしま』さんの「サーモン」は、ぜひ食べてみてほしい。

ごちそうさまでした!

*川嶋鮮魚店: http://www2.odn.ne.jp/kawashima-sen/

*すぺしゃるさんくす☆: このお店を紹介して下さった 梅酒カフェ しゅあ さん

1

安野光雅の世界(八王子市夢美術館) のあと エスプレッソ ソーダ(Khazana Coffee)

おっす!おら安野光雅大好きっこ。

大好きというか、尊敬の対象なのだ。

その安野光雅の作品が展示されている美術館は、島根県の津和野町にあって、なかなかおいそれと行くことができない。

しかし、八王子市夢美術館 で、『安野光雅の世界 空想と歴史物語そして風景』が開催中なのだ。2015年7月31日[金]〜9月27日[日]。

展示期間中、小中学生は無料らしいので、近隣に住んでるなら、行って損は無いよ。

間近で見ると、線も色も本当に気持ちよくて、うっとりした。

やっぱり、おらの目指したい絵の方向は、こっちだなぁという気がした。

その後、美術館をあとにして、すぐそばにある『Khazana Coffee(カザーナ・コーヒー)』に入って、お茶にした。

いや、正確には、『エスプレッソ ソーダ』なるものにした。

2015-08-16 10.58.01

店員さん曰く、使っているレモンは国産のものらしく、しぼったら、グラスの中にinして、そのまま飲むそうだ(ソーダだけに)。

教えてもらったとおりにして、飲んでみたところ、これが、めちゃくちゃ美味しい!

爽やかなレモンの薫りと、コーヒーのリラックスする感じと、ソーダのスカッとさと、うっすらした甘さがあいまって、まさに清涼感のかたまりが、身体に染みこんでくる。

いや、おら、『エスプレッソ ソーダ』というのは、初めて飲んだのだけど、一口で完全にファンになったわ。

美味しくて、そのあと一口ごとに「めっちゃうまい。これマジめっちゃうまい!」とひとり言をつぶやいてたほどにw

あまりに美味しかったので、食べログに投稿したわ(カザーナ・コーヒー 八日町店)。

このコース「安野光雅の展示を見て→カザーナ・コーヒー」はマジでオススメよ。

ただし、カザーナ・コーヒーの8月の営業予定を見ると、8月の半ばにはけっこうお休みの日があるようなので、行くなら確認してから行ったほうがよいかも。

八王子に用事があるときには、またぜひ立ち寄ってみたいカフェだわ。

仙台うみの杜水族館に行ってみた

おっす!

おら、「東北生まれで、東北育ちで、大学時代には、仙台で過ごしていた」という母親をもつものだよ!

おら自身は、東京生まれ、東京育ちだよ!(関係ないよ)

そんなおらが、宮城県の『仙台うみの杜水族館』に行ってきたので、紹介してみたい。

2015-07-26 09.39.43

仙台うみの杜水族館』は、7月1日にオープンしたばかり。

電車で行くなら、中野栄駅から、シャトルバスが出ているよ。

おらが行ったのは7月26日の朝だったけど、オープンしてまもないということもあり、朝から長蛇の列だった。

入る前では結構時間がかかったけど、水族館の中をみてまわると、一周で2時間くらいだと思う。

とても混雑しているような写真になっているけど、水族館を見終わって、11時位に出てきたら、列はぜんぜん無くなっていたよ。

もし行くなら、開館直後の時間じゃなくて、少しずらしたほうが狙い目かもしれない。

駐車場の敷地がめっちゃ広いので、車で行っても大丈夫だ。

長い前置きはこれぐらいにして、水族館の中をご紹介。

2015-07-26 09.39.43

まず、水族館に入って、すぐ目の前に入ってくる光景は、このイワシの群れだ。

イワシという魚は小さくて、高級な魚ではない。

でも、群れをなして泳ぐ姿は、この水族館のどの魚よりもキラッキラ輝いていた。

圧倒的な存在感があったのも、このイワシの群れで、この水族館の目玉の展示の一つだ。

動画でも撮影してみたよ。

2015-07-26 09.43.48

# 綺麗なイワシをみて、感動したおらが声を出しちゃってるけどご容赦。

本当にこのイワシは良かったなぁ。

そして、次に穴子をドドン!

2015-07-26 09.57.06

みっしり穴子。

どんだけ狭いところが居心地よく感じる魚なのだw

仙台は穴子料理が有名らしく、このあと、松島で穴子丼を美味しく頂いたのは別の話(→IG@imakakomi)。

魚って正面から見るとおもしろいよね。

続いて牡蠣!

2015-07-26 09.58.07

仙台は、牡蠣の養殖でも有名なところだ。

この後、松島で美味しくいただく予定でいたのだけど、穴子丼を腹パンパンに詰め込んでしまって、牡蠣を食べられなかったのは残念だ。

また、食べに行くけどね!

水族館は室内だけじゃなく、外でも展示していた。

2015-07-26 10.10.42

えーと、この魚の名前はなんていったかな?w

おらは、実は魚釣りとかは全然しないので、名前が覚えられないw

でも、泳ぐ姿、これまた綺麗だったなぁ。

展示だけじゃなくて、イルカやアシカのショーもやってるよ。

2015-07-26 10.17.01

すっごい人気があって、このショーを席に座って見ようと思ったら、結構前の時間から頑張って席取りをしないとダメかもしんない。

あと、最近、イルカのショーについては、色々と言われているけど、めちゃくちゃダイナミックな泳ぎが見られるのは、面白いよね。

イルカショーがダメだとすると、サーカスもダメだし、動物園もダメな気がするけども…。

次に、ウツボの水槽。

2015-07-26 10.22.38

ウツボって、すっごい怖いイメージの魚なんだけど、顎にエビがついてた。

これって、共生というやつだよね。

エビは、ウツボという強いものにぴったりよりそって守ってもらいつつ、ウツボの身体を掃除しているというアレ。

エビのハサミから、ちょっと散髪や髭剃りしてもらっているように、見えなくもないw

ついで、イロワケイルカの水槽から。

2015-07-26 10.30.39-3

写真で切り取ると、イルカと子供が、コンタクトしているように見えるけど…実際はぜんぜんだw

このイロワケイルカは、まあ、ものすんごいスピードで泳ぎまわっているのだよ。

それこそ、撮影するのが大変なくらいの、超スピード。

よくあれだけのスピード出してて、衝突しないものだと思うくらいの、暴走族だ。

あ、そうそう、水族館でのカメラの設定が、毎回よく分からず、撮影していたのだけど。

今回の旅で、ようやく分かった。

スポーツモードみたいな、シャッタースピードが速い方が、いいみたいだ。

シャッタースピードが遅いと、撮影しても手ブレブレがひどいブレ。

このイロワケイルカでは、さらに連写モードで撮影したくらいのスピード狂だった。

続きまして、みなさん大好きチンアナゴのコーナー。

2015-07-26 10.41.49

これは、おらでも名前を知っているぞ。

おらでも知っているくらいだから、水族館にきたみなさんが知っている。

大人も、子供も、おねーさんも、みんな大好き「チンアナゴ」。

みんなこの水槽の前で「チンアナゴ」「チンアナゴ」って連呼してたもの。

「ねーねー、おかーさん、チンアナゴー!チンアナゴいるー!チンアナゴ!」みたいに。

分解して並べ替えると「ねーねー、おかーさん、チンチン、アナアナ、ゴーゴー、いるー!」みたいな(悪意)。

てか、ぶっちゃけチンチンって言いたいんですかね?

ぐるっと水族館を一周したあたりで、また、例のイワシのスペースにでる。

2015-07-26 10.44.51

入口からみると、この水槽を見上げるカタチになり。

一周ぐるっと回ってくると、この水槽を俯瞰から、見下ろすような場所で見られる。

そして、いつ見ても、イワシの光はとても綺麗だ。

イワシやイルカほど、はでな動きはないけど、人気なのがクラゲ。

2015-07-26 10.49.58

半透明で、ゆらゆらしている姿は、なんだかわからないけど、癒される。

目も、口も、どこにあるのか、よく分からない姿だけど、水槽で見るとこれまた綺麗。

水族館をまわってくると、小腹も減ってくる。

フードコートからも、アシカが泳ぐ様が見られたりするのは面白かった。

2015-07-26 10.55.15

おらは、松島で穴子丼が待っていたので、このフードコートでは食べなかったのだけどね。

おみやげコーナーは人がいすぎて、混雑がハンパなかった。

この仙台うみの杜水族館は、オープン直後で混んでいるというのもあるだろうけど、おらはリピートするつもりだ。

それくらい、なかなか楽しい施設だった。

あと、この水族館をみていて『竜宮城』ってこんなかんじかしら?と思った。

ほら、よくみると『竜+宮城』っていう漢字からして、もしかして、『宮城』にあったりするのかもね!?

大人でも思いっきり楽しめた水族館でした。

ここに載せた以外に、水族館で撮影した写真は、フォト蔵にまとめてアップしてみたよ。

2015-07仙台うみの杜水族館 – 写真共有サイト「フォト蔵」
http://photozou.jp/photo/list/211238/8674217

運転するときの三〜五種の神器

おっす!おらレンタカードライバー!

一人暮らしをはじめてからは、マイカーを売ってしまったので、最近はもっぱらレンタカーだよ。

そんなおらが、運転するときの三〜五種の神器をメモっておくというもの。

三種の神器に絞り込めなかったという。

あと、神器でもなんでもないというのは、先にお断りしておこう。

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

さて、さっそくだけど、おらが運転するときに、「コレがないと運転がギコチナイ」となるモノをあげてみよう。

  1. ガム
  2. 運転用のサングラス
  3. 飲み物
  4. iPhone(好きな音楽)
  5. 車に関するTシャツ

これだ!

★1:ガム

まず、ガムがないと、はじまらない。

ガムを噛むと集中力が増す(と信じている)ので、眠くなるのも防止できると思って、ガムを噛む。

マイカーだった時にはボトルでガムを用意していたけど、いまは、運転するたびに、何かしらのガムを用意している。

眠くなったら噛むのではなくて、運転するときには、常時噛んでいるのが基本スタイルだ。

★2:運転用のサングラス

おらは目が悪いので、普段メガネをしているのだけど、できれば、運転用のメガネに切り替えたい。

一応、普通のメガネでも運転は可能なのだけど、運転用のメガネはさらに軽くて、鼻周りや耳の部分も柔らかいのだ。

あと、メガネの上に装着するタイプのサングラスをかける。

眩しいのは運転の妨げになるので、シーズン問わずに、サングラスをかけて運転している。

★3:飲み物

運転中は、のどがなんだか乾く。

緊張した運転をするときには、特にのどが乾いてしまう。

その時にすぐに飲み物でのどを潤すことができると、運転中のストレスは減るのだ。

しかし、ここで「缶コーヒー」は、おらには鬼門だ。

お腹がゴロゴロピーしてしまう可能性が高いからだ。

普段、すぐにトイレにいけるところでコーヒーを飲むのなら、まだいいけど。

運転中ですぐにトイレにイケない状態では、死活問題だ。

できれば、水などの、刺激がなにもないものが一番望ましい。

★4:iPhone(好きな音楽)

いまのレンタカーには、USBのメスの端子が付いていることが多い。

そこに、自分の音楽プレーヤーをUSBケーブルで差し込めれば、好きな音楽のもとで、ドライブできるのだ。

そして、音楽の力は偉大だ。

音楽によって、運転のやる気メーターがあがることになり、長距離でも、イケイケノリノリで、イケちゃうのだ。

不思議と。

★5:車に関するTシャツ

これは、もう、まったく、趣味の話なのだけども、おらは、運転するときには好きなTシャツを身につけている。

車にまつわるものなら、なんでもいいのだけど、よく着るのは「マッハゴーゴー」のUTだ。

ある種の、おまじないグッズ的なものかもしれないが、「マッハゴーゴーのシャツ」を着ることで、運転がうまくなるようなイメージで、運転できるのだ。

うんこれ、マインドコントロールだこれ。

別に、シャツなんて何でもよくて、ヱビスビールでも、サッポロビールでも、アルコール関連のシャツでもいいのだけども。

なんとなく、車の絵柄が描かれたモノのシャツなどを着ることが多いかな。

Exif_JPEG_PICTURE

宮城で見かけたトレノ

◆他:なんとなく

★「ETCカード」って、マイカーを手放しても、なんとなく、更新して持ち続けている。

やっぱり、高速道路などで、ETCのレーンは便利だかね。

でも、この前、仙台の有料道路で、ETC使えないところがあって、「なんでだよ!」って思ったりしたけど。

★「はだし運転」も、本当に運転に慣れてない時にはよくやる。

これは、クツが無い分だけ、ダイレクトにアクセル・ブレーキの感触が足の裏に伝わって、イイ感じ。

長距離運転すると、ちょっと疲れるから、加減が大事だけど。

★まあ、気持よく運転できるならなんでも揃えたらいいんだけども、一番は「疲れている時に運転しない」が「★0の鉄則」ではあるのだけどね。

あしかがフラワーパーク2015-05

おっす!おらGW満喫中っこ!

昨年に続き、今年のゴールデンウィークにも、あしかがフラワーパークに行ってきたので、その写真をあげてみるよ。

言葉では、この感動を伝えきれないので、せめて写真をたくさん載せてみる。

あと、観光客がものすごく多くて、人の顔が入らないように撮影するのは至難の業だ!(Web的には没な写真が増えちゃった)

2015-05-03 12.34.16
2015-05-03 12.34.16 posted by (C)イマカ

2015-05-03 12.42.27
2015-05-03 12.42.27 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.11.38
2015-05-03 13.11.38 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.12.26
2015-05-03 13.12.26 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.13.27
2015-05-03 13.13.27 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.17.16
2015-05-03 13.17.16 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.18.56
2015-05-03 13.18.56 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.20.26
2015-05-03 13.20.26 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.38.17
2015-05-03 13.38.17 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.49.58
2015-05-03 13.49.58 posted by (C)イマカ

2015-05-03 13.50.11
2015-05-03 13.50.11 posted by (C)イマカ

撮影は、iPhone5だったり、RICOH CX1だったりする。

とにかく、あちこちがフラワーで、フラワーすぎて、夢のようなファンタジーランドなのです。

こんなところに来たら、めちゃめちゃ、楽しい気持ちになること請け合い!

しかし、これだけ見事なお花を見られる場所なので、ものすごい人の多さなのは覚悟するしかないかな。

昨年よりも、さらに人が増えていたと思う。

# 混雑したなかでバカな日本人どうしがケンカしていて、マジでファンタジー気分をぶち壊していたのはアレ

あと、外国の方々がとても増えていて、この日にフラワーパークに来ていた観光客の、およそ半分は日本人ではなかったと思う。

立派な袈裟を付けたお坊さんが、ごっつい一眼レフで撮影していたのが、一番びっくりしたけどね!

写真をみていて思ったのだけど、2009年に発売された、CX1も、ぜんぜん現役で頑張れるということ。

iPhone5よりもCX1の方が、お花を撮影するには、優っているね。

2015-05-03 14.12.45
2015-05-03 14.12.45 posted by (C)イマカ

多肉植物は、売店コーナーでたくさんの種類が並んでいたのだけど、迷ったあげく、ガマンして買わなかった。

ほしいのを幾つかに選ぶことはできない。

なぜなら全部ほしいから!

おむすび型のお皿が使いやすい!

おっす!おら旅行好き。

旅行先で、自分へのおみやげは焼き物を買うことが、なぜか多い。

この前の長崎旅行では、お皿を買ったのだけど、これがすごぶる使いやすかったので、その感想。

2015-02-11 08.57.43

長崎旅行のおみやげ屋さんで、二枚のお皿を買った。

お皿の造形に詳しくはないので、お店で適当にみて「青い模様が綺麗」だったので、買ってみた。

しかし、このうち、手前にある「おむすび型のお皿」があまりに使いやすくて、ヘビロテである。

大きさは、ちょうど両手のひらをあわせたようなサイズ感だ。

大きすぎず、小さすぎず、ちょっとしたお料理をもるときに使える。

おらは、このお皿に「おでん」をもった時に、便利さを実感した。

2015-02-24 21.22.04

汁気のあるお惣菜を食べるときに、このゆるい三角形がイイのだ。

この三角の頂点に口を当てることで、そのまま汁気を飲み干すことができる。

お皿の角が鋭角ではなく、ゆるゆるなために、口に当ててもフィットして、とても飲みやすい。

これが、まるいお皿の時よりも、断然に飲みやすいのにビックリしている。

あまりに、この皿が使いやすいので、もっと買ってくればよかったと思うし。

また、新しいお皿を買うときの選択肢として「おむすび型のお皿」を真っ先に探してしまう。

もし、このようなカタチのお皿があったら、ぜひ一度買ってみて、汁気のお惣菜をよそってみてほしい。