2

男と女の関係を自分で決める世界

おっす!おら独身かつ四十路!

年齢があがるにつれて、恋愛対象となる女性に対する、ストライクゾーンが広がるという話は、わりとよくきく。
おらも、そうだ。
しかし、そのあたりから、さらに、一歩すすんだ考えを、φ(・ω・ )メモしておきたい。

imakakomi
imakakomiの脳内

◆新プロパガンダの放送をみた

いきなり閑話休題。

おらは、昨夜、ニコニコ生放送で、新プロパガンダのイベントをみた。

そこでは、可愛い女装の人やら、ニューハーフの人やら、たくさん登場していた。

なぜ、このイベントを知ったのかというと、おらの好きなニコ生の主さんが、この放送に出る予定だったからだ。

しかし、おらは、肝心の生主さんの出番の時には、酒で寝落ちしていたのだけども。ファンとして失格だ。

そのため、お目当ての人は、見られなかったが、それでも、おらは25時までその放送をみていた。

そして、いま、この記事を書いている。

女性とか、男性とか、女性とか、ニューハーフとか、そういう枠って、なんなんだろう?
恋愛対象として、どうなんだろう?

◆理想の女性を妄想して

話を、恋愛対象に戻してみよう。

とかく、恋愛経験がないと、女性に対するイメージを、勝手にいろいろ妄想しがちだ。
そのため、理想の女性と、お付き合いしようと思ったりする。
ナイスバディである、とか。
めちゃくちゃ可愛い、とか。
菩薩のような心をもち、とか。
マリリンモンローのようにセクシーで、とか。
サキュバスのようにエロエロで、とか。
その、全部盛り、とか。

うん、ない。
そういう理想の女性は、神話の世界の生き物でしかない。

◆理想の女性のような男性がいたら?

じゃあ、もしも、そうした、自分の理想に、ものすごく近い人がいたとして、その人が女性ではなく、男性だったら、どういうコトになるんだろうか?
理想の女性の姿を持ち合わせた、男性だったら、お付き合いしようと思うのだろうか?という話。

おらは、全力でNOの人だった。
おらに、そのキャパは、なかった。
男と男が恋愛するのは、こわかった。
気持ち悪いとしてしか、見てなかった。
男性と男性は、無しだという、固定観念がガチガチであった。

が、それも、過去の話。
いまは、違う。
どういう男と女との関係でも、それは、そのお互いが、よければよいのだ。

男と男でも、女と女でも、男と女でも、そういう関係で、よいのだ。
今は、そう思う。

時代が、そういうものを、認めるようになってきた、というのもある。
けども、おらは、そこに「納得」できるようになったのは、この、1〜2年だ。
影響は、ネットで、おらが見ていたものによるのが大きい。

◆男女の壁を取り払うという考え方

色んな趣向があって、いいんだ。
自分の好きな相手の性別を決めていいし。
自分の性別すら、男か女か、決めていいんだ。
そう、今は思う。

レズビアンも、ホモセクシャルも、バイセクシュアルでも、いいし。

男として生まれたけど、女性の格好が好きな人でもいいし。

女装をするのが趣味だけど、恋愛対象は女性でもいいし。

男として生まれたけど、女として生まれ変わって、恋愛対象は男性でもいいし。

男として生まれたけど、女として生まれ変わって、バイセクシュアルでもいいし。

ネットで、そうした色んな趣向の人にふれて、おらは『なんでもありだ』と気づいた。

◆おっぱいが好きだ。けども…

気づくきっかけは、それこそ、ニコ生のあの人だったり、Twitterのあの人だったりするのだけど。
下地は、上連雀先生のおちんちんマンガなのかもしれないけど。
リアルに、色んな趣向の人が、この世界にはいて、そうした人の発する言葉や、姿に、おらの固定観念は、崩された。

おらは、女の人が好きだ。
おっぱいが、好きだ。
これは、事実だ。

でも、『男として生まれたけど、女として生まれ変わった女の人』は、どうかと考えると、そこもありになってきた。

じゃあ、『男として生まれたけど、女として生まれ変わりたいが、まだ男の人』はどうか?とか、色んなパターンを考えると、それこそ、ボーダレスになってくる。

おっぱいもあるし、おちんちんもある人を好きにならないとは、言いきれない。

◆混沌な世界を受け入れる

世の中は、混沌である。
自分に都合よく、整理された世界ではない。
自分の理解が及ばないことに、出会った時に、『NO それはない!』と判断するのか、あるいは『Yes それもあり!』と判断するかで、見方は大きく変わってくる。

おらは、いま、キャパを広げて、世界をみたい。
キャパを広げて、お付き合いするパートナーが、(∩´∀`)∩ホシイのかも、しれない。
おら的には、おっぱいさえあったら、あとは、きっと、なんとかなる←

広告

omoide boroboro

2013-10-24 23.15.19

タイトルは、思い出ぼろぼろ。

まあ、思い出の品として身につけていたアイテムが壊れたのよね。

直そうと思ったら、実は直せる。

でも、あえて、直さない、という選択もあるのかもしれない。

この品は、ロボットのストラップ。

好きな人にもらったもの。

しかも、2つ目。ひとつはもらったその翌日に、壊れてどっかいっちゃって、なくしたっていうね。

我ながら、絶望のあまりに、うろたえて、プレゼントをくれた人にメールしてしまい、呆れられたっていうね。

でも、2つ目をくれたりした。

それを、ずっと机の引き出しにとっておいたのを、iPhoneにつけるようになったのは、わりと最近かもしれない。

このストラップをもらったのは、もう何年前なのかな?6年くらいかな?

その人とは、音信不通。

なのだけど、どうもLINEの知人で、表示されたっぽくて、子どもがいるみたいな。

いや、その子どもがどうやって出来たのかも、知っていて、そして、それがおれとはまったく縁もゆかりもないことなのだけど。

それでも、好きだったんだよね。

ま、もう、いまでは、このストラップを捨てる決心もしたことで、「時間はすすみはじめた」のだ。

もう、戻ることもないのだ。

おらは、新しい出会いに、すすめる時期がキタのだよ。

きっと、そうなのだ。

彼氏または夫かAVでオナニーすることを許せない女たち

なぜなのかしらね。

<性処理>

男性には、性処理が必要なときがあるのだけど、それを「許せない」って思うのは、なんなのかしら。

性処理として、彼女や、妻をつかわない男性、いいことじゃないかな。

AVみたいなことを、いつでも、彼氏や夫が望むたびに、こたえられる女性がいるとは思えない。

たとえば、セックスしたいときが、必ずしも二人の間で一致しないかもしれないじゃない。

片一方は、今日はムラムラしているが、もう片一方は、今日は勘弁して下さいって時があったら、どうするのかね。

ぶっかけしたい、精飲してほしい、中出ししたい、野外プレイしたい、SM したい、それらすべてのフェチズムに対して、いつなんどきでもウェルカム状態でこたえられる女性がいるのかしら?

<ファンタジー>

AVは一種のファンタジーである。

そのファンタジーに対して、オナニー(射精)するという行為そのものに、問題があると考えているのかな?

では、女性は、ファンタジーの存在的なものに心を動かされることはないのかね。

恋愛映画に涙するのと、AVで射精するのと、どれほどの違いがあるのかな。

どちらも、ファンタジーに心を動かされて、体液を漏らしているという点では同じだ。

夫や彼氏がいるのに、他の恋愛モノをみて、涙するのを許せない!とは、男性は言わないよね?

<趣味の物を勝手に捨てるな>

趣味で、AVを集めている場合、それらを勝手にすてるなって話。

ゲームを集めている、あるいはマンガを集めている人が、勝手に捨てられたら怒るのは当たり前。

こんな子供っぽいものとか、そんなやらしいものとか、集めているなよ!ってことで捨てるんだろうけども。

自分の価値観にあわないからって、相手の物を処分できると考えている時点で、エゴイストだなって。

貴女に似合わないからと、すべてのジュエリーを捨てられたらどうだろうか。

子供っぽいと、ディズニーのグッズをまるごと捨てられたら、どう思うのか。

ドラえもんののび太のママは、勝手になんでも捨てちゃうのだけど、ファンタジーの世界だけじゃなくて、本当にそういう女性がいるっていうのがね。

(自分が相手にやられたらどう思うのか)という当事者意識が低いんだな。

<オナニーしよう>

オナニーすること自体を、気持ち悪いと思う人がいる。

オナニー、すばらしいよ?

オナニー禁止論って、どこからくるのかしらね。

オナニーを拒否する女性は、おなじ女のコがオナニーしている話は、どう聞くのかね。

魔女狩りならぬ、オナニスト狩りとかあるとすれば、怖い話だ。

オナニーして、自分がどうやったら気持ちよくなれるかを知ることは大事だと思う。

そうじゃないと、セックスの時に、こうしてほしいとか、こうしたら気持ちよくなれるのだけど、というのがわからないじゃん?

セックスの話は、密室のミッションなので、他人がうかがい知ることはできないけどさ。

<結論>

AVみて、オナニーするくらい、なんでもないよ。

やらしいものみて、やらしい気持ちになるなんて、正常そのもの。

もっと、ぜんぜん、関係ないもので、やらしい気持ちになってたら、レベル高いけど。

たとえば、相撲の取り組みをみて、オナニーしてたら、それはそれで、すごい世界だが。

好きな女性のタイプは?と聞かれたときの正解は?

おっす!オラぽっちゃり好きっこ!

こんな記事をみかけたのでメモっておこう。

コミックナタリー – 時代はぽちゃカワ!?「ぽちゃまに」をアジアン馬場園が応援
http://natalie.mu/comic/news/78364

これは『ぽちゃまに』というマンガの宣伝記事なのだけど、気になったのは記事の内容よりも記事のタイトルだった。

「時代はぽちゃカワ!?」とあるけど、本当に時代はそこまでキタかしらね。

オラは何度もブログで言ってるけど、柳原可奈子が好きだ。

好きだと言うより理想的な女性だ(容姿だけじゃなくて色んな意味で)。

でね、よくある質問「好きな女性のタイプは?」と聞かれたときの正解はなんだろうか?

柳原可奈子が理想のオラからしたら、たとえば柳原可奈子に似ている女性はストレートでタイプになるわけだけど…。

その女性に対して、面と向かって「柳原可奈子に似ているね!」という言葉が正解かどうかというもの。

オラ的には褒め言葉のつもりでも、もし、その女性が体型を気にしているとしたら、褒め言葉としては受け取ってもらえないのかなぁ…と。

「時代はぽちゃカワ!?」になってきたのであれば、オラとしては嬉しいのだけど、女性がそう思ってないのなら、まだまだだな。

ぽっちゃりの女性に言いたいのは、「痩せてるコトがイコールで魅力的な女性ではない」ということなんだよ(*゚∀゚*)

エコとマナーとワンプレートの食事についてごはんについて

おっす!オラ、ワンプレーた~。ワンプレートでごはんを食べる人のことを「ワンプレーた~」っていうよ(いま作った造語)。

ってことで、エコと、マナーと、ワンプレートについて、妄想を書いてみるよ。

○最近、よくワンプレートを使うようになった。
理由は、洗い物をするときに、たくさんの食器を使わなくて済むから。

たくさんのお皿を使うと、まあ、それだけで、洗剤も使うし、洗ぐための水も使うからね。お皿はできるだけ少ないほうがエコなんじゃよ。

○ところで、よく「皿を舐めるようにきれいに」とかいうセリフあるじゃない?えろえろ系のマンガなんかだとありがちなんだけども…。

実際に、お皿を舐めたことある?
マナーがなってないとか、お下品だとかで、お皿を舐めたりはしないかな?

オラはあるよ!←
この、お皿の写真を撮る前にも、実はぺろりと舐めたばかり!←←

○この皿を舐めるというのは、マナーの話だけじゃなくて、エコとも関係してくるんだよ。
オラは、「皿を舐めるのはエコだ」とも思っている。

それは、皿を舐めてから皿を洗うと、余計な洗剤をつかわなくても、綺麗にピカピカに洗えるということ。
この部分を強く言いたい!w

たとえば、カレーのお皿の場合。
普通にカレーを食べて、ベタベタに汚れた皿を洗おうとすると、カレーの油もあって、洗剤を使ってしまうよね?

でも、一度、お皿を舌でぺろぺろ舐めてから洗うと、まあ、簡単に綺麗になるんだわ。
余計な洗剤なんか使わなくてもピカピカのお皿になっちゃうレベル。
嘘だと思うなら、ちょっと試してみてよ。

○オラも、なにも、外出時にやろうというのではない。
まだ、そこまで「皿を舐める」は一般化されてないっていうか、まあマナー違反だものね。

マナーというのは、それができないと「非常識」といわれてしまう行為のことだけども。
いま、レストランで「皿を舐める」というのは、常識から外れる行為だものね。
そこは、オラも理解しているよ!

でも、もし一人暮らしで、まわりに人がいないなら、この「皿を舐める」というのを試してみてほしいのよ。
きっと、皿を洗うのが楽だと感じるから。

○おそらく唾液の成分が、油汚れを落とす力がすごいんだとおもうんだけど、これは洗剤には利用できないのかしら?

ほら、「バイオの力で汚れを落とす!」、みたいな洗濯に使うので見かけるけど、「よだれはバイオ」に含まれないのかしら?

たとえば、よだれを一滴、一滴、集めて洗剤を作るとかはできないかしら?
イメージとしては、ドモホルンリンクルの工場みたいなところで、たくさんの「よだれを抽出されるお仕事」の人が並んでいてさ。
それで、よだれが出てくるような状況に置かれるわけよ。
すっぱい梅干が目の前に流れてくるとか、切ったばかりのレモンをチラチラ見せるとか、うなぎのタレの匂いを嗅がせるとかでw

○じゃあ、よだれを一滴ずつためるのは無理だとしたら、よだれと同じ成分を人工的に再現して、「人口よだれ成分 配合 の洗剤」とかは、どう?
ダメ?
ダメかな?
ダメだろな。

まあ、わざわざそんなものを開発しなくても、ちょこっとお皿を舐めると、汚れが落ちやすくなるよって言いたいだけのエントリー!

○どうしてもお皿を舐めるのが恥ずかしい(//ω//)っていう人は、パンで拭くようにして、油を吸収して、食べちゃうのがおすすめ!←最初っからコレでいいじゃん?

いいの!
お皿が舐めるのがトレンドになったら、あちこちで、お皿舐め系女子とかまちなかで見られるようになったら、オラが嬉しいから、やって欲しかったの!

てへぺろ(・ω<)