引用のやり方を再確認・引用にならない無断転載ブログ

おっす!おらブロガー!

自分のことを、ブロガーというのって、ちょっと恥ずかしい気分になるのは、なぜなんだぜ?

それは、ともかく。

あちこちのブログで、「引用による無断転載」のつもりで、実は「引用にならない無断転載」となっているケースを、見かける。

自称ブロガーならば、そのヘンの違いを、分かっていたほうがいいと、おらは思う。

正しく引用して、ブログを書こうよ、というのが、この文の趣旨なのだけど、興味ある人は続きをどうぞ。

2014-05-24 08.30.10

参考にした本:『コンピュータユーザのための著作権&法律ガイド

◆無断転載できる引用のやり方(引用の要件)

ブログで文章を書くときに、他の人の文や図を使って、説明したい時がある。

きちんと『引用の要件』を満たせば、文も「マンガのコマ」のような絵(図)でもあっても、「引用」することができる。

しかし、逆に、『引用の要件』を満たしてなければ、あとあとトラブルになって困るのは、ブロガーだったりする。

『引用の要件』である、以下の6点を守って「正しく引用」しようよ。

引用の要件

  1. 公表された著作物であること
  2. 公正な慣行に合致していること
  3. 報道、批判、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われること
  4. 出所を明示すること
  5. 引用とそれ以外の部分を明瞭に区別して認識できること
  6. 自己の著作物が主であって、あくまで引用部分は従の関係であること

コンピュータユーザのための著作権&法律ガイド P86-P88

『引用の要件』の解説は、あちこちで調べることができるので、おさえておきたいところ。

ここで、特に注目してほしいのは、「6番目の引用の要件」についてだ。

◆引用にならないケースでよくあるパターン「書き起こし」

「引用にならないケース」で、よくあるパターンは、書籍の「書き起こし」だと、おらは感じる。

なんらかの書籍を紹介(もしくは買わせたい)ために、書籍の読ませどころを「まるっとするっと全文書き起こし」てしまうケースを、よく目にする。

そして、そういうブログは「自己の著作物が主であって、引用部分は従である」 なんてことは、全く意識していない。

文章の量も、質も、圧倒的に主従が逆転しているのだよ。

文の割合でいうと、9割が書籍からの転載で、残りの1割り程度で「ここが参考になった」とかなんとか、付け足し文がある感じ。

そんなのは、引用でも何でもなくて、ただの、無断転載でしかない。

◆自称ブロガーが目指すところ

おらは、本を抜き書きする人は「似非ブロガー」だと感じている。

「自称ブロガー」が目指すところと、「似非ブロガー」が目指すところは、違うと思う。

では、「自称ブロガー」と「似非ブロガー」の違いってなんだろうか?

自問自答してみる。

Q1. なぜ本の内容を抜き書きしてるの?

A1. 本を紹介して、その本を読んで欲しい

Q2. アフィリエイト目的なの?

A2. アフィリエイト目的でもある(amazonへのリンクを貼ってるし)

Q3. ブログ記事の内容を、主従関係からみて、「本の無断転載」が主なの?

A3. うん。まあ。そうかな。

Q4. ブロガーとしての意見が主ではなくて?

A4. うん。本を紹介して、それを買って読んでもらえれば、いいかな。

→ここまでの自問自答(自作自演)でいうと、あくまで「本の内容(無断転載)を主にしている人」が「似非ブロガー」だと思うわけ。

では、「自称ブロガー」が目指すところはどこなのか?

「本の内容をメイン(主)」そのものを伝えたいのではなく、その本を読んで、「では読者である自分(=自称ブロガー)はどう感じたか」を伝えようよ、というもの。

同じ本を読んでブログを書いたとしても、「似非ブロガー」と「自称ブロガー」とでは、伝えたいテーマ(主題)が違うのだ。

「他人の考えを=著作」を主として広めたい人が、「似非ブロガー」である。だから、「無断転載」に走ってしまう。

一方で、「自分の考えを=ブログ」を主として広めたい人が、「自称ブロガー」なのだ。だから、「引用」をしても、主従は逆転しない。

自分の考えがない(足りない)人が、ブログを書こうとすると、「無断転載」してしまうのではないかしら。

これが、おらの持っている「ブロガー」のイメージの違いだ。

また、もし、「自分の考え」をまったく無いものとして、事実を伝えるサイトを作るなら、それはブログではなくて、ニュースサイトの役割でいいと思う。

◆まとめ「無断転載」だけのブログは畳んでしまおう

↑この見出しは、ちょっと過激なものの言い方かもしれないけども。

本の「無断転載」して、それで満足ならば、ブロガーとしては下の下だと、おらは思う。

人の考えである「本」を主にして、安易にタダ乗りしているだけに過ぎない。

そんなブログは、大手とか弱小とか、アクセス数が多い少ないとも関係なくて、ブログとして下の下だと思う(繰り返し)。

せっかく、ブログなんていう、(‘A`)マンドクセものを作るならば、自分の考えを発表できる場にした方が、断然におもしろい。

そうして書いた何かが、誰かに読まれたらラッキーだし、ハッピーだ。

また、そうして書いた何かが、他の誰かに引用されてさらに新しい考えのきっかけになったりしたら、さらに、ラッキーだし、ハッピーになれる。

と、自称ブロガーのおらは思うのだ。

そして、「かつてブログには、トラックバックというものがあってだなry」と語りだしたくなるが、それはまた別の話。

広告

他人の悪口が、自分の評価を雪崩式に下げるわけ

おっす!おら、おしゃべり!

なんでも、かんでも、しゃべってしまいがちなのだけど、悪口言うときには、気をつけようというφ(・ω・ )メモ。

◆悪口で評価を下げるのは誰か

Aさんが、Bさんのことを、悪く言ったとき。
その流れを、
A→B
とする。

で、Aさんは、Bさんへ、直接悪口をいうわけではなく、他の友達XYZさんの3人へ言ったとすると。

A→X(b)
A→Y(b)
A→Z(b)

これで、評価を下げるのは、果たして、Bさんか?ということ。
案外、Aさん自身の評価を下げていたりするんだけど、それには、Aさんは気づいてない。

Aさんは、Bさんの評価を下げようとした結果、3人のXYZさんから、評価を下げるカタチになったりする。

結果
A←X (Bさんの友だちなので、気分が悪い)
A←Y(Bさんのことを評価してた人)
A←Z(悪口そのものが、きらいな人)

同様に、AさんはCさんの悪口をふれてまわると、その何倍もの人から、Aさん本人の評価を下げたりしている。

で、Aさんは、雪崩式に、自分の評価を下げることになり。
だんだんと、Aさんのまわりから、したってくれる人が減っていく…。
みたいなことになりがち。

◆他人の悪口は自分に対して戻ってくる

これは、まず、間違いないと、おらは思う。

まあ、Aさんの信念で、
*他人からの悪口なんて、気にしないぜ!とか
*孤立無援が好きだから、敵を作りたいぜ!とか
そういう趣向ならば、Aさんの行動をとめないけども。

もし、そうじゃないなら、悪口を言うときは、少し気にした方がいい。

まあ、悪口言う人ほど、他人からの評価を気にしてたりするのが、よくあるパターンなのだけども。

また、悪口言いたい時は、誰が、どう聞いてるかわからないので、言わなくてすむ方法があるなら、そっちがいいと思う。

こう、おらが、ブログに書くことで、おらにUターンブーメランが返ってくる可能性も高まるかな?

うん、たぶん、そう。

過剰包装すぎるグミについて

おっす!おらグミっこ!

最近、グミをくちゃくちゃするのがすきなんだ。

動画でグミの咀嚼音ばっかり聞いてるから、洗脳されたのかもしれないがw

今日、HARIBOのグミを選んだ理由は、「味」ではなくて「包装」だった。

HARIBO GOLDBAREN

このHARIBOのグミの値段は、おらの行くスーパーでは、210円だった。

その同じ棚には、他に日本のメーカーのグミもならんでいて、そっちは100円だった。

パッケージをみると、あきらかに、日本のメーカーのグミの方が大きい。

「HARIBOって割高なグミなんだな」と思ったおらは、日本のメーカーのグミを買おうと、手を伸ばした。

容量をみてみると日本のメーカーのは、50gで、100円だった。

念のため、HARIBOをみてみると、100gで、210円だった。

簡単な算数だけど、どちらも、ほぼ同じ値段だったっていうこと。

でも、まてよ、日本のメーカーのグミは、容量は少ないのに、パッケージはHARIBOのグミより大きかったよ?

すなわち、過剰包装である。

割合から言ったら、日本のメーカーのグミは、HARIBOの半分のパッケージでもいいってことになる。

でも、HARIBOよりも大きいパッケージってことは、それは「グミ」ではなく「空気を売っている」のと変わりない。

よく、家庭のゴミを削減しようとかいうけども、メーカーがこれだけ無駄なパッケージの商品を作っておいて、よく言うわって。

むしろ、今後、こういう余計な包装はやめるべきだと思うのよね。

グミに限らずだけど、お菓子のパッケージなんて、ひどいの多いよ?

たとえば、ポテトチップスの袋。

中身は、袋の半分どころか、4分の1くらいしか入ってないのに、大きな袋に入ってるもの。

あと、ひどいのが、値上げするときに、中身をごっそり減らしているっていうのがある。

パッケージは見た目、変わらないままで、中身だけごっそり減らしているっていうのね。

そりゃ、たしかに、容量を見れば数字は書いてあるから減量したのも分かるけど、それならパッケージを小さくしようよ。

普通に考えたら、パッケージデザインが同じだったら、容量も同じだと思うよね。

いっそ、ダイエット商品としてリニューアルしました!って、容量が今までの半分なので、カロリーも半分!とかさ。

ブラック企業代表のワタミ会長と、自民党の一致する思惑

ワタミ会長、ブラック企業報道に「訴える」 週刊文春の特集記事念頭に – 政治・社会 – ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130607/dms1306071136014-n1.htm

ワタミをブラック企業だと思ってない人って、どういう人なのか?

自民党の候補として出馬したということは、自民党はワタミをブラック企業とは思ってないということ。

ワタミがそもそも、ブラック企業と呼ばれるのは、異常な労働時間から、自殺する人もいるっていう話だけど。

異常な労働時間は、法律で規制されていて、それを大きくオーバーするから「ブラック認定」されるわけで。

ワタミ会長(=自民党)の思惑としては、法律で労働時間が規制されていること、そのものが問題だ、と考えている。

むしろ、労働時間の制限なんて、取っ払ってしまおうぜ!というコトなのだ。

まあ、自民党の総裁でもある安倍総理も、労働時間を「緩和する」って言ってるし。

【アベノミクスはサラリーマンの敵だ】労働時間「異次元緩和」でブラック企業大喜び – ゲンダイネット
http://gendai.net/articles/view/syakai/142596

いま、働いていて、残業が厳しくて厳しくてヒーヒー言ってる人は、「規制があっても今の状態」なのよね。

これが、自民党の政治で「規制緩和したら…」、きっと労働者はバタバタ死ぬレベルにまで、労働時間が長くなるだろう。

ブラック企業を無くそうという取り組みは、法律をねじ曲げてブラック企業という定義をなくすコトじゃなくて、ブラック企業を今の法律できちんと取り締まるコト、だと思うんだけど。

おらは、さんざんブラック企業で働いてきたので、もうブラック企業では働きたくないし。

ブラック企業を、法律を変えることで、むりやり合法的に無くそうとする自民党には、間違っても投票したくないな。

お客様は神様ではない。王様である。

先日、乙武氏が、車椅子を理由に入店を断られたという料理屋があり、それをツイートした件について。

おらは、どっちもどっちであると思っている。

乙武氏にも落ち度はあるし、レストラン側にも不備があったと思う。

しかし、この件について、「(お客様は神様なんだから)レストラン側が一方的に悪い」という感想を書いている人がいた。

それは違うだろうと、おらは思う。

どうにも、この「お客様は神様だ」的な発想が、おらは好きではない。

むしろ、反吐が出るくらい嫌いかもしれない。

最初に、この言葉を広めた、三波春夫を、おらはずっと好きになれないと思う。

◆お客様は王様である

おらの好きなテレビドラマに『王様のレストラン』というのがある。

三谷幸喜が脚本を書いた連続テレビドラマで、つぶれかけているフランス料理店を、伝説のギャルソンがたてなおそうとするストーリーだ。

その1話目で、伝説のギャルソンこと千石さん(松本幸四郎)が、次のようなセリフをのべる。

わたくしは先輩のギャルソンに、 お客様は王様であると教えられました。
しかし、先輩は言いました。
王様の中には首を刎ねられた奴も大勢いると。

王様のレストラン – Wikipedia

こう言って、千石さんは、失礼なお客を追い返すのである。

おらは、このセリフが好きで、事あるごとに、よく思い出す。

また、この姿勢は、とても正しいと思う。

日本では、とかく、お客様は神様扱いされて「当然である」というフシがあるが、そうではないと思う。

現実的な話をすれば、費用対効果を考えるべきだ。

支払った金額分が、お客様の「価値」だと思う。

それ以上でも、それ以下でもないのである。

神様のような「絶対的な価値」は、お客様にはないのである。

お金でその地位を買っただけの、インスタントな王様なのである。

願わくは、裸の王様にならないことを。

Evernote5.0.4 for Macはインストールしたらダメ

おっす!おらエバーノートラー。

エバーノートでメモとることが、いろんな基本になっている人間。

そんなおらが、Evernoteの最新版はおすすめしない。

理由はバグだらけだから。

先日、Evernote5.0.3で、メモの同期ができないバグがあり、それをApp Storeでなんとか、Evernote5.0.0に戻したところだった。

それで、App Storeで、5.0.4の配布がはじまったのだけど…。

だめだ、今回も地雷バージョンだ。

App Storeのレビューでは、5.0.4をインストールした人の罵詈雑言が飛び交っている。

どうしたEvernote!しっかり仕事してくれ!

Evernote for Mac バージョン5のバグとローカルフォルダの場所など

おっす!オラEvernoteらー!

Evernoteがないと、いろいろと困るタイプ。

それで、先日から、Evernoteの調子が悪くてこまっていた。

【現象】
Evernote for Mac(バージョン 5.0.3)でノートブックを変更できない。
新しいノートをローカルで作っても同期が失敗する。など。

【原因】

Evernote for Mac バージョン5.0.3では、同期に関するバグがあって、このソフトはいれたらダメっぽい。

ちなみに、ぐぐると、英語のフォーラムの記事がヒットするが、該当記事が消されまくってるので、詳しい話がよくわからん。

【試したこと】

以下はおらが試した方法(でもこれでは解決しない)。

  1. ローカルのデータを削除した。
  2. AppCleanerでEvernote 5.0.3を一度削除した。
  3. Time Machine からバックアップを戻した(バージョンアップする前のローカルデータ)
  4. Evernote 5.0.3をインストールした。

同期がして、元に戻るかな?って思ったんだけど、結局ダメ。

Evernote 5.0.3 for Macを使っている限り、この問題はダメっぽい。

【ローカルデータの場所】
ちなみに、Evernote 5.xになって、また保存場所が変わったっぽい?

下の二つだけでいいと思われる。

/Users/Macユーザー名/Library/Application Support/Evernote/accounts/Evernote/Evernoteのアカウント名

/Users/Macユーザー名/Library/CoreData/com.evernote.Evernote

【今後の対応】

方法としては三つかな。

  • Evernoteがちゃんと対策したバージョンを出してくれるまで、放置。
  • Evernote 5.0.3以前のものを、なんとか見つけてインストールする。
  • Web版のEvernoteを利用する。

とにかく、すっごく困るので、早くなんとか直って欲しい。