Nisshi2がとても静か

おっす!おらブロガー。

ブロガーなのに、2019年1月は一度も更新しなかったていうね!

ブロガーは、「自分の記事」を読んでもらう時に、どうしても「自分の」を残したい気持ちもあるのだけど。

「自分の」を、ぼやーっと曖昧にするサービス『Nisshi2』が面白いよ!

⭐︎雑感・使用感・雰囲気

さて、この『Nisshi2』というサービスだけど、前身があってその時には『Nisshi.in』というサービスだった。

サービスだった、という過去形を使っているのは、すでに一度サービスを終了してこのネットの海からなくなってしまっているから。

でも、同じ中の人によって運営されているのが、この『Nisshi2』なのだ。

このサービスの特徴は、匿名で文章を書けるところだ。

ユーザーは、自分の記事(日誌=日記)を、誰にも読ませない設定もできる。

一方で、『誰でも読めるスペース(Public Feed)』へ投稿することもできる。

記事にはタイトルをつけても良いし、タイトルがないまま投稿しても構わない。

このサービスが、実に静かで心地よいものになっている。

以前の『Nisshi.in』では、サービス開始時はとても静かなサービスだったのだけど、そのうち、広告がすごく増えたり、書く内容について運営側から色々と制限が加わったりして、「うるさい」感じになった。

それを嫌って、おらは退会してしまったのだけど。

新しい『Nisshi2』は、とても静かな雰囲気のまま、サービスが継続している。

また、『Public Feed』へ投稿する人たちが少ないこともあって、これもよい静けさだ。

投稿される内容も、「大演説」のようなものは、ほとんどない。

これは、『Nisshi2』が、匿名で投稿されるために、「私の・自分の文章を読んで!」みたいな気持ちが少なくなるためだろうか、どうだろうか。

最初に開かれるページも、自分の日誌からスタートするのがよいのよね。

『Public Feed』は、読みたければクリックして、読むという感じ。

例えば、ツイッターでは、基本的に自分の発言も、フォローしている人の発言も混在されて表示されるけど、それとは真逆だな。

この静けさは、ナニに例えたらよいのかなと思うけど、いろんな人の日誌が、テーブルの上に並んでいるような感じかしら。

他の人の日誌が気になったら、それを広げてもよいけど、基本的には自分の日誌だけがページが開かれている、そんな感じ。

誰かが自分の文章を読んだら、控えめな反応として、グッドボタン・ハートボタンを押してくれたりするけど、その控えめな感じもよい。

マークダウン記法でも書けるのだけど、それを使っている人はいないかな(おらが初期の方で試したくらい)。

とても静かな匿名の文章サービスって、ちょっと珍しいと思うので、そういうサービスが使ってみたい人にはオススメ。

2018年のお買い物ベスト3

おっす!おら師走の坊主!

あっという間に、2018年も年の瀬になってきたよ。

そんな年末なので、今年に買ったモノで、ベストバイを3つほど選んでみるよ。

★第3位:オーディオテクニカ・ATH-AD900X

この『ATH-AD900X』は、札幌のヨドバシカメラで買ったよ。

Bluetoothのヘッドホンが欲しかったのだけど、試してみたら、もう、この商品がいちばん頭にしっくりきてね。

まさか、自分でケーブルのヘッドホンを買うとは思ってなかったよ!

img_42106

★第2位:玄関マット HG921 ナチュラル ボーダー 45×75 cm ウール 100%

この『玄関マット』は、Amazonで買ったよ。

今まで、うちには玄関マットは無かったのだけど、なんとなく風水が気になったりしてね。

うちの、北の玄関にあう色や素材を選んでみたよ。

裸足でこのマットにのると、とても気持ちが良いよ。

毎日、まいにち使うものが気持ち良いって、大事よね。

81ayC2786kL._SL1280_

★第1位:お風呂の掃除グッズ・バスマジックリン&防カビくん煙剤

1位の商品が二つあるっていうね!

というか、この二つでセットという感じ。

バスマジックリン』は、すでに付いてしまった、お風呂のカビや汚れを落とすのに使うもの。

おふろの防カビくん煙剤』は、お風呂にカビを寄せ付けなくするもの。

特に『防カビくん』は、もの凄い効果があって、今のカビも汚れが取れやすくなるし、新しいカビも発生しにくくなるっていう。

天井や、お風呂の換気扇の中まで防カビしてくれるらしくて、その効果がすぐに実感するよ!

(゚∀゚)<マジで、本当にオススメよー!

about_productimg_product_02.png

ふんわり名人★ひとふくろ食べ

おっす!おら永遠のダイエッター。

いつまでもダイエットできないから、永遠にダイエットする人なわけだけど。

そんなおらが『ふんわり名人』を食べた思い出を書いておくよ。

2018-10-21 18.43.19

おらは、この記事を書く数分前に、初めて『ふんわり名人』を食べたのだ。

6袋入分包タイプで食べきり!と書いてあり、中には6つの小さな袋が入っていたけど、うん、6袋全部を一息で食べたよね。

というか、このお菓子こそ、やみつきの味で途中で食べるのをやめることができない。

あったら、あった分だけ、無限に食べられるわ。

★ふんわり名人を知ったきっかけ

TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』のスペシャルウィークの時に、ハライチと爆問の田中とで、お菓子の対決をしたのよ。

誰がお菓子好きに相応しいか、みたいなの。

その中のクイズの一つに、ハライチの二人と、バクモンの田中は目隠しをして、太田の食べるお菓子の音と感想だけで、何を食べているか当てる、というものがあった。

で、太田の食べた音が「ふしゃく」みたいな音がするお菓子だったのね。

それを聞いた田中は最初「カール」って言ったんだけど、カールは現在、西日本でしか売ってないんだわ。

それで、「カール今ないんだよなぁ」とか言ってて、次のチャンスで答えたのがこの『ふんわり名人』だったの。

それが見事に正解だったんだよね。

でも、ハライチの岩井は、この『ふんわり名人』を知らなくて、食べたことなかったの。

で、ひとくち食べた瞬間に「何これ!!!めちゃくちゃうまい!」って絶叫しててね。

今までの好きなお菓子ランキングで、ふんわり名人が一位になった、なんていうくらいに、絶賛してたんだわ。

そのラジオを聞いて、おらも食べたくなっちゃったのだわ。

うん、実は、おらも、今さっきまで、このお菓子を食べたことが無かったよ。

★食レポ

食レポってほどの感想はないんだけど、カールよりは、もっとずっと軽いお菓子。

麩菓子ってお菓子があるけど、あれを5分の1くらいに軽くしたくらいの食感よ。

で、無限に食べられそうな味がする。

おらが食べたのは、きな粉味のものだけど、甘いとしょっぱいのバランスがよく、かつ、軽い食感なのでね。

6つの袋に分けられているのに、それを全部ひと息で食べちゃったくらいだもんね。

一度も食べたことがない人は、ちょっと食べてみてほしいな。

自分の好きなお菓子ランキングが変動するかもしれいくらいの、ショックを受けると思うんだ。

探偵はバーにいる、を読んで

おっす!おら札幌すきっ子。

そんなおらが、札幌・すすきの(ススキノ)を舞台にした小説『探偵はバーにいる』を読んでみた。

その感想を書いてみるよ。

2018-02-25 07.54.01

東直己(著)『探偵はバーにいる』は、北海道の札幌・すすきの(ススキノ)を舞台にした、探偵小説だ。

ススキノ探偵シリーズは、その後、映画化され『探偵はBARにいる』となる(原作は『バーにかかってきた電話』)。

というのがまあ、この小説の紹介なのだけども。

感想を書く前に、まず、この小説をナゼ読もうとしたのか、から述べておくと。

続きを読む

VRゴーグルでえろVRびゅー

おっす!おらえろえろ人間!

はじめて、VRゴーグルを手に入れて、えろえろってきたので、その感想などを書いてみるよ!

今年はじめての投稿が、えろだっていうね。

えろが苦手な人は、ここでおやめ下さいませね。

続きを読む

いなばのタイカレーは小さく生まれわかりました(はぁと

おっす!おらカレー好き。

毎日毎日カレーでも大丈夫な人。

『いなばのタイカレー』は、好きなので、よく食べているよ。

2017年11月になって、パッケージが新しくなったので買ってみた。

Instagramでも書いたけど…、

写真の←左:旧パッケージは125グラム。

写真の→右:新パッケージは115グラム。

ダイエット用かな?

最近は食品が、どんどん少なくなって、小さくなるよ。

知らないうちに、どんどん、少なくなっても、お値段は据え置き!

やったね!これで痩せられるね!!!!

\(^o^)/ばんざーい。

2018年の手帳は高橋『No.336 T’beau(ティーズビュー)インデックス 3<グレー>』に決めた!

おっす!おらメモ魔。

この時期になると、来年の手帳をさがしている人たちもいらっしゃるだろう。

そんな手帳さがしの方へのエントリー。

2018年の手帳は高橋『No.336 T’beau(ティーズビュー)インデックス 3<グレー>(公式)』に決めた、という話。

2017-10-15 09.25.54

クリップバンドは別売りです。

◆2017年の手帳は何を使ったのか?

本題である来年の手帳を決めた話の前に…では、今年の手帳は何を使っていたのか、を振り返ってみる。

774no874 – 2017年のほぼ日手帳は『weeks-フランスパン』に決めた!

そうこのエントリーのとおり、『ほぼ日手帳WEEKS』を使っていたのだ。

しかし、ひとつ残念な点があるのは、月間カレンダーが「月曜始まり」である点だった。

さらに前の年の2016年では、「日曜始まり」の手帳を使ったのだけど、これがとても使い勝手がよかった。

しかし、2017年に使っていた『ほぼ日手帳WEEKS』には「日曜始まり」がなく、また2018年版もないのであった。

そこで、思い切って、2018年の手帳では、ほぼ日手帳から浮気をすることにし、「日曜始まりの手帳」を探すことにした(浮気経緯説明)。

◆2018年の手帳は高橋のよい点!

さてさて、それでは、本題に入ろう。

2018年の手帳を『No.336 T’beau(ティーズビュー)インデックス 3<グレー>(公式サイト)』に決めた、そのポイントを紹介していこう。

  1. 月間スケジュールが「日曜始まり」
  2. 月間スケジュールがぱっと開くインデックス
  3. 月間スケジュールと週間スケジュールがまとまっている
  4. 週間スケジュールが見開き(バーチカルじゃない)
  5. 手帳のサイズ感

ちなみに、おらが高橋手帳を使うのは、実に2014年以来のことになる(774no874 – 2014年の手帳セットと2015年の手帳への妄想)。

◇月間スケジュールが「日曜始まり」

2017-10-15 11.13.38

まずは、何と言ってもこれ「日曜始まり」である点だ。

「来年の手帳選び」の段階で、「日曜始まり」ではない手帳は、おらには「パーペキにアウトオブ眼中(死語)」であった。

◇月間スケジュールがぱっと開くインデックス

2017-10-15 11.12.45

この機能は、最近のあたらしいタイプの手帳には増えてきていると思う。

おらが買うのを迷ったモノに、能率手帳が『PAGEM』というブランド名で出しているシリーズがある。

その中の『2207:ペイジェムウィークリー コンパクト-i メモ 日曜』は、同じタイプの手帳だった。

おそらく、こちらを選んだとしても、同じような使用感だっただろうな、と思う。

◇月間スケジュールと週間スケジュールがまとまっている

2017-10-15 12.05.10

これも、なかなか探そうとすると、見つからない。

だいたいの手帳は、月間スケジュールだけが12ヶ月分がずらーっと続いていて、そのあとで週間スケジュールがはじまる感じ。

でも、高橋の手帳には、月間と週間が1ヶ月ごとに、分かれているタイプがある。

そして、このタイプの手帳を使うと、「このタイプ以外の手帳はアリえないな!」ってくらいに、使い勝手が良い。

2014年に使っていた高橋手帳が、まさにこのタイプだった。

◇週間スケジュールが見開き(バーチカルじゃない)

2017-10-15 11.13.03

週間スケジュールは、一週間がざっと見渡せる「セパレート式」を選んでみたよ。

2017年の『ほぼ日手帳WEEKS』は、「見開き一週間レフト式」と呼ばれるタイプだった。

他に、一週間で見渡せるものに「バーチカル式」というものがあるか、「バーチカルではないもの」を、あえて選んだ。

「バーチカル式」は、自分の時間をコントロールするのには向いているのだけど、タイムスケジュールをがっちり入れておいて、予定変更になったときの手間が、どうにも使いにくかったので。

タイムスケジュールをがっちり管理するには、iPhoneなどのデジタルの方が、変更などが楽だと思われる。

◇手帳のサイズ感

2017-10-15 12.31.54

2017年に使っている『ほぼ日手帳WEEKS(写真左)』と『No.336 T’beau (ティーズビュー) インデックス 3<グレー>(写真右)』と並べてみると、こんな感じ。

サイズは、公式サイトによると“手帳判 (146×91mm)”とのことだった。

このサイズ感は、実際に使ってみないと、しっくりくるのか、それとも物足りないのか、分からないけど。

おらの使い方は、公私共に同じ手帳を持ち歩くことになるので、あまりに大きかったり重かったりするものは、利便性を考えて、手帳選びの候補から消えたよ。

◇おまけ

付録というか、おまけというか、それ以外のページで気に入ってるところ。

[路線図]

2017-10-15 11.14.07

電車によく乗る人には便利な鉄道マップが付いてる(東京以外も)。

[年齢早見表]

2017-10-15 11.15.04

年齢早見表は、ほぼ日手帳でもけっこう使っているので、高橋手帳にもあって良かった。

[テレホンリスト ・ 災害用伝言ダイヤル]

2017-10-15 11.16.25

災害用伝言ダイヤルの使い方は、この先2018年でも使わないですむなら、それに越したことはないけども(大きな災害が無いってことだから)。

でも、「あって良かった」と思うときがくるかもしれない、そんな付録。

◆手帳と生活スタイル

以上で、おらの、来年の手帳自マンは終わりになる。

おらはこの他に、無印良品の『滑らかな書き味のノート』を、持ち歩いて、そちらには日記を付けることにしている。

手帳は生活スタイルの一環なので、自分のスタイルにあった手帳を見つけるのが吉だ。

また、それぞれの人の『「相棒感(弱虫ペダルでの造語?)」のある手帳』が見つかるとよいね。