仕事の評価軸について

おっす!おらサラリーマン!

サラリーマンをしていると、会社の同僚や上司について、「評価」することがあるのだけど、それについて、感じたことをメモっておくよ。

一般論じゃなくて、主観的に、おらがそう感じるっていう話よ。

(‘A`)マンドクセ と思った愚痴よ!

◆男性が評価するときの軸(二次元)

男性が、会社の同僚や上司を「評価」するときの軸は、主に二つあると思う。

1つは、その人物に対する「能力のある・ない」という点。仕事ができるかどうか、と言い換えることもできる。

2つめは、その人物に対する「性格の良し・悪し」という点。これは、自分にとってソリが合うかどうかの、相性的な意味とも言い換えられるな

評価の基準は2つの軸(能力,性格)で表せるとすると、x軸とy軸の二つの軸を持った二次元のグラフでも表せそうね。

まあこれは、客観的に見えるけど、でもその実は、(自分から見て)評価する対象の人がどう見えるかっていうだけなのだけどね。

◆女性が評価するときの軸(三次元)

一方で、女性が、会社の同僚や上司を評価するときの軸には、主に三つあると思う。

1つは「能力」、2つめは「性格」で、これらは男性が評価するときと同じと思う。

3つめは、その人物がどういう「容姿」なのかという点である。

・生まれ持っての容姿が、美人なのかブサイクなのか。

・ファッションセンスや、お金をかけているかどうか。

・美容にどれだけお金をかけて、加工しているかどうか

これらの「容姿」についてが、女性が評価するときには大きなポイントになっている。

評価の基準は3つあり(能力,性格,容姿)で表せるとなると、x軸とy軸とz軸の三次元のグラフになるのだ。

そして、この第三の「容姿」についての評価が、女性にとってはとにかく重要になっている点が、男性の評価基準とはまるで違う点だ。

◆男女で評価軸がずれる

ある人の評価をする時に、その話を詳しく聞いてみると、男女で見ているところが大きく違っているのに気づくことがある。

男性から見て、Aさんがどういう人かというと(能力,性格)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

女性から見ると、Aさんがどういう人かというと(能力,性格,容姿)から見て「良い人(良くない人)」だなーとなる。

そして、女性から、女性を評価するときの話に限っていうと、「容姿」がとにかく第一優先の評価基準になっていたりするのだ。

男性からみると、本当にどうでもよい点なのだけども、女性にとってはとても重要な点になっている。

例えば、付けまつげをどの程度盛っているかや、その頻度、どのお店に行っているか。

あるいは、ファッションはどういう物を身につけているか、いくらぐらいか、似合っているかどうか、とか。

美容にはいくらぐらいかけているか、そのかけた結果あれぐらいなのか、とか、エステやなんやらにお金をかけているかどうか。

髪型や、肌の色つや、などなどなどエトセトラ、この辺りが、非常に(‘A`)マンドクセ 評価基準があるのだ。

ある意味では、「嫉妬」からスタートした評価基準を、持っている。

なので、男性と女性とで、同じ人を評価して話し合おうとしても、割と不毛なやりとりになる。

男性から見たら(能力,性格)で、対象となる人を評価したいのだけど、女性から見たらそれらは二の次三の次であり(容姿)がどうなのかが、大きなファクタになっているくらいだ。

◆女性にとっての第4項目(タブー)

女性が女性を評価する時には、(容姿)が評価の基準になっていて、それが嫉妬から出たものであるのは述べた。

実は、女性が女性を評価する時には、第4の項目があるのだが、これはあえて触れないタブー視されている。

それは「恋人・結婚相手」がいるかどうかだ。

例えば、Aさん(能力,性格,容姿)について、とりわけ「容姿」について、延々と批評(ダメ出し)をしてるとしても、そのAさんに「恋人・結婚相手」がいる場合は、すべてが逆転してしまうようだ。

批評(非難)している側に「恋人・結婚相手」がいなかった場合は、特に、Aさんに「恋人・結婚相手」がいることは触れてはいけないようだ。

ぶっちゃけ、Aさんの(能力,性格,容姿)が劣っていると、批評(見下し)しても、Aさんに「恋人・結婚相手」がいるとなったら、その時点でAさんとの優劣は決してしまうのだ。

Aさんは「恋人・結婚相手」がいることで「勝っている」ことになり、批評・非難している側が「負けている」となってしまうようなのだ。

だから、この部分については、暗黙の了解で、話題として触れてはならないようだ。

逆に、Aさんの肩を持つのであれば、〝批判している側には「恋人・結婚相手」はいないけど、Aさんには「恋人・結婚相手」がいるよね!〟とでも言えば、その場のやり取りをぶち壊せるタブーワードだ。

◆ズレている認識をもつ

男女が一緒になって、誰かAさんの話をする時には、評価軸がまるで違っているという認識をもった方が良さそうだ。

男性から見たら(能力,性格)で評価するとしても、女性から見たら(能力,性格,容姿)で評価して話しているかもしれない。

そして、話題には上がらないが、「恋人・結婚相手」も、その場の評価を覆せるファクターとして存在している。

結論: (‘A`)マンドクセ

広告

柳原可奈子の結婚について

おっす!おらやなかなファン!

おらのブログでは何度も柳原可奈子が可愛いことを述べてきたけども、ついに結婚というニュースが発表された。

やなかなファンとして、一言だけ、述べておきたい。

「ご結婚おめでとうございます!!おらは、いつかおらと結婚するのかと思っていましたが、そんなことにはなりませんでした」

生で柳原可奈子と見たのって、2007年のライブを見に行った、一度だけじゃなかったかしらね。

彼女の通っていた高校とか、わりとおらの生活圏に近かったというのが、ライブの時にあきらかになったりしたよ。

その時から、もうずーっと好き。

ブログも、今のヤプログの前に、2004年くらいからブログを書いていてね、それも好きで読んでるよ。

書籍が出たけども、アレはイマイチだったと個人的には思うけど、もっとブログみたいな詩のような書籍にすればよかったのに。

柳原可奈子が、豹柄のタイツを着たグラビアが、プレイボーイだかに載るというので買った思い出もあるな。

カメラのさくらやに、CMとして採用されたら、すぐにさくらやが倒産されたりね。

柳原可奈子がまだ中野に住んでいた頃には、いつかどこかですれ違うことがあるんじゃないかと、妄想していたものよ。

やなかなの家族の話をするときは、どれも好きなのだけど、家族のエピソードは、その後みんなが亡くなってしまう話に繋がってしまったりして、そんな時に、うっかり泣いてしまうところも、好きだ(泣いた)。

ファンでめちゃくちゃ好きだった人が結婚する時、ちょっと寂しい気持ちにもなる一方で、その何倍も、幸せに、本当に幸せになってほしいと願っているよ。

新しい家庭では、やっぱり全裸家族になるのかしらー!

Nisshi2がとても静か

おっす!おらブロガー。

ブロガーなのに、2019年1月は一度も更新しなかったていうね!

ブロガーは、「自分の記事」を読んでもらう時に、どうしても「自分の」を残したい気持ちもあるのだけど。

「自分の」を、ぼやーっと曖昧にするサービス『Nisshi2』が面白いよ!

⭐︎雑感・使用感・雰囲気

さて、この『Nisshi2』というサービスだけど、前身があってその時には『Nisshi.in』というサービスだった。

サービスだった、という過去形を使っているのは、すでに一度サービスを終了してこのネットの海からなくなってしまっているから。

でも、同じ中の人によって運営されているのが、この『Nisshi2』なのだ。

このサービスの特徴は、匿名で文章を書けるところだ。

ユーザーは、自分の記事(日誌=日記)を、誰にも読ませない設定もできる。

一方で、『誰でも読めるスペース(Public Feed)』へ投稿することもできる。

記事にはタイトルをつけても良いし、タイトルがないまま投稿しても構わない。

このサービスが、実に静かで心地よいものになっている。

以前の『Nisshi.in』では、サービス開始時はとても静かなサービスだったのだけど、そのうち、広告がすごく増えたり、書く内容について運営側から色々と制限が加わったりして、「うるさい」感じになった。

それを嫌って、おらは退会してしまったのだけど。

新しい『Nisshi2』は、とても静かな雰囲気のまま、サービスが継続している。

また、『Public Feed』へ投稿する人たちが少ないこともあって、これもよい静けさだ。

投稿される内容も、「大演説」のようなものは、ほとんどない。

これは、『Nisshi2』が、匿名で投稿されるために、「私の・自分の文章を読んで!」みたいな気持ちが少なくなるためだろうか、どうだろうか。

最初に開かれるページも、自分の日誌からスタートするのがよいのよね。

『Public Feed』は、読みたければクリックして、読むという感じ。

例えば、ツイッターでは、基本的に自分の発言も、フォローしている人の発言も混在されて表示されるけど、それとは真逆だな。

この静けさは、ナニに例えたらよいのかなと思うけど、いろんな人の日誌が、テーブルの上に並んでいるような感じかしら。

他の人の日誌が気になったら、それを広げてもよいけど、基本的には自分の日誌だけがページが開かれている、そんな感じ。

誰かが自分の文章を読んだら、控えめな反応として、グッドボタン・ハートボタンを押してくれたりするけど、その控えめな感じもよい。

マークダウン記法でも書けるのだけど、それを使っている人はいないかな(おらが初期の方で試したくらい)。

とても静かな匿名の文章サービスって、ちょっと珍しいと思うので、そういうサービスが使ってみたい人にはオススメ。

2018年のお買い物ベスト3

おっす!おら師走の坊主!

あっという間に、2018年も年の瀬になってきたよ。

そんな年末なので、今年に買ったモノで、ベストバイを3つほど選んでみるよ。

★第3位:オーディオテクニカ・ATH-AD900X

この『ATH-AD900X』は、札幌のヨドバシカメラで買ったよ。

Bluetoothのヘッドホンが欲しかったのだけど、試してみたら、もう、この商品がいちばん頭にしっくりきてね。

まさか、自分でケーブルのヘッドホンを買うとは思ってなかったよ!

img_42106

★第2位:玄関マット HG921 ナチュラル ボーダー 45×75 cm ウール 100%

この『玄関マット』は、Amazonで買ったよ。

今まで、うちには玄関マットは無かったのだけど、なんとなく風水が気になったりしてね。

うちの、北の玄関にあう色や素材を選んでみたよ。

裸足でこのマットにのると、とても気持ちが良いよ。

毎日、まいにち使うものが気持ち良いって、大事よね。

81ayC2786kL._SL1280_

★第1位:お風呂の掃除グッズ・バスマジックリン&防カビくん煙剤

1位の商品が二つあるっていうね!

というか、この二つでセットという感じ。

バスマジックリン』は、すでに付いてしまった、お風呂のカビや汚れを落とすのに使うもの。

おふろの防カビくん煙剤』は、お風呂にカビを寄せ付けなくするもの。

特に『防カビくん』は、もの凄い効果があって、今のカビも汚れが取れやすくなるし、新しいカビも発生しにくくなるっていう。

天井や、お風呂の換気扇の中まで防カビしてくれるらしくて、その効果がすぐに実感するよ!

(゚∀゚)<マジで、本当にオススメよー!

about_productimg_product_02.png

ふんわり名人★ひとふくろ食べ

おっす!おら永遠のダイエッター。

いつまでもダイエットできないから、永遠にダイエットする人なわけだけど。

そんなおらが『ふんわり名人』を食べた思い出を書いておくよ。

2018-10-21 18.43.19

おらは、この記事を書く数分前に、初めて『ふんわり名人』を食べたのだ。

6袋入分包タイプで食べきり!と書いてあり、中には6つの小さな袋が入っていたけど、うん、6袋全部を一息で食べたよね。

というか、このお菓子こそ、やみつきの味で途中で食べるのをやめることができない。

あったら、あった分だけ、無限に食べられるわ。

★ふんわり名人を知ったきっかけ

TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』のスペシャルウィークの時に、ハライチと爆問の田中とで、お菓子の対決をしたのよ。

誰がお菓子好きに相応しいか、みたいなの。

その中のクイズの一つに、ハライチの二人と、バクモンの田中は目隠しをして、太田の食べるお菓子の音と感想だけで、何を食べているか当てる、というものがあった。

で、太田の食べた音が「ふしゃく」みたいな音がするお菓子だったのね。

それを聞いた田中は最初「カール」って言ったんだけど、カールは現在、西日本でしか売ってないんだわ。

それで、「カール今ないんだよなぁ」とか言ってて、次のチャンスで答えたのがこの『ふんわり名人』だったの。

それが見事に正解だったんだよね。

でも、ハライチの岩井は、この『ふんわり名人』を知らなくて、食べたことなかったの。

で、ひとくち食べた瞬間に「何これ!!!めちゃくちゃうまい!」って絶叫しててね。

今までの好きなお菓子ランキングで、ふんわり名人が一位になった、なんていうくらいに、絶賛してたんだわ。

そのラジオを聞いて、おらも食べたくなっちゃったのだわ。

うん、実は、おらも、今さっきまで、このお菓子を食べたことが無かったよ。

★食レポ

食レポってほどの感想はないんだけど、カールよりは、もっとずっと軽いお菓子。

麩菓子ってお菓子があるけど、あれを5分の1くらいに軽くしたくらいの食感よ。

で、無限に食べられそうな味がする。

おらが食べたのは、きな粉味のものだけど、甘いとしょっぱいのバランスがよく、かつ、軽い食感なのでね。

6つの袋に分けられているのに、それを全部ひと息で食べちゃったくらいだもんね。

一度も食べたことがない人は、ちょっと食べてみてほしいな。

自分の好きなお菓子ランキングが変動するかもしれいくらいの、ショックを受けると思うんだ。

探偵はバーにいる、を読んで

おっす!おら札幌すきっ子。

そんなおらが、札幌・すすきの(ススキノ)を舞台にした小説『探偵はバーにいる』を読んでみた。

その感想を書いてみるよ。

2018-02-25 07.54.01

東直己(著)『探偵はバーにいる』は、北海道の札幌・すすきの(ススキノ)を舞台にした、探偵小説だ。

ススキノ探偵シリーズは、その後、映画化され『探偵はBARにいる』となる(原作は『バーにかかってきた電話』)。

というのがまあ、この小説の紹介なのだけども。

感想を書く前に、まず、この小説をナゼ読もうとしたのか、から述べておくと。

続きを読む

VRゴーグルでえろVRびゅー

おっす!おらえろえろ人間!

はじめて、VRゴーグルを手に入れて、えろえろってきたので、その感想などを書いてみるよ!

今年はじめての投稿が、えろだっていうね。

えろが苦手な人は、ここでおやめ下さいませね。

続きを読む