トラベラーズノートのリフィルの代用品*万年筆向けオススメノート


おっす!オラ文房具好きすきマン。

最近、特に気に入って持ち歩いているのが『トラベラーズノート パスポートサイズ』だよ!

『トラベラーズノート パスポートサイズ』は、持ち歩いて何かをメモするのに、とにかく丁度よいサイズ感なのね。

また、「リフィル」の紙の質がとてもよく、『MD用紙』という、万年筆で書いてもにじみや裏抜けがしにくい、とても書きやすい紙なのですよ。

しかし、この「リフィル」が、なかなか普通の文房具屋さんで売ってなかったりするンで、手に入れにくいノートなのですわ。

なので、『トラベラーズノート のリフィルの代用』をさがしている人も、きっといるでしょうね、と。

かくいうオラも、そうなのだから、そんな人へ向けたエントリーを書いてみるよ。

■万年筆のすけすけまとめ

いきなりだけど、実際に万年筆で書いて試した「ノートの一覧」をまとめてみた。

なお、パスポートサイズは<B7サイズ>のことなので、以下のまとめも<B7サイズ>のノートです。

試した万年筆はパイロットの『CUSTOM 74』のB(ボールド)で、インクはパイロットの『月夜』を使用してみた。

万年筆は使うペン先や、インクの種類によって、にじみはだいぶ異なってくるので、あくまで参考にという感じ。

Noメーカー商品名¥/枚すけすけ度
1無印良品パスポートメモ120245×:透ける
2アピカCD8-BK99362.75○:透けない
3コクヨノ-231CN95362.64△:やや透け
4ショウワノートCopernicus 180°168305.6△:やや透け
5中村印刷所目に優しいノート304506.08○:透けない
6中村印刷所方眼ノート440508.8×:透ける
7トラベラーズノートパスポートサイズ240327.5○:透けない
万年筆すけすけ度まとめ

まとめてわかったこと:No.2のアピカのノートは、コスパもよいし、万年筆のインクも透けないし、なかなかよいノートなのね。

次は、それぞれのノートへのコメント。

■無印良品:インクは超透ける・手に入れやすい

無印良品:パスポートメモ

今回の比較した中で、一番万年筆との相性が悪く、インクが裏写りしまくり。

万年筆で書こうと思うなら、このノートを選んではダメかもしれない。

1枚あたりのお値段も5円となっているので、コスパもそれほど良くない(単純にお値段だけをみるとね)。

ドット方眼のノートを選ぶなら、オススメ。

■アピカ:インク透けない・☆一番オススメ!

アピカ:CD8-BK

万年筆で書くことを考慮するなら、このノートはかなりオススメなのよ。

ノートに書いたときに、インクがすっと紙に吸収されて、乾くのが早く感じた。

一枚あたりのコスパもよいし、トラベラーズノートが手に入らないときには、このノートを使おうと個人的には思ったよ。

ノートの製本は糸とじになってて、こだわりを感じる一冊。

■コクヨ:手に入れやすさはナンバーワン・万年筆での使用は微妙

コクヨ:ノ-231CN

コクヨノートなので、わりとどこでも手に入れやすいのはイイね。

罫線の種類もいくつかあって、個人的には5mmのC横罫のサイズ感がすき。

ただし、万年筆で使用するには、やや透けるのが気になるかな。

単純なコスパは、一番安いので、やすさ重視ならこのノートかな。

■ショウワノート:パタンとひらく方眼ノート

ショウワノート:Copernicus 180°

180°ノートが開くことが売りのようですが、小さな持ち歩きのメモ帳に、個人的にはその機能はあまり重視してないかなぁ。

万年筆で書いたときには、やや透ける感じ。

5mm方眼ノートで、ノートをかっちり使いたい人むけのガイドの点や、目印があるのが特徴。

■中村印刷所:付箋紙みたいな緑色・万年筆は透けない

中村印刷所:目に優しいノート

光の反射を抑える目に優しいグリーンの紙、とあるけど、付箋紙でよくみるような緑色の紙。

万年筆のインクが紙で透けないけど、インクの乾きがかなり遅い感じするので、ぱっと書いてパタンとは閉じられないかも。

お値段はお高めなので、どうしてもこの「緑の紙」で書いてみたい人向けかな(MDのMidoriとは別の意味で)。

■中村印刷所:かなりお高い・インクのすけすけ度は高い

中村印刷所:方眼ノート

今回、比較したノートの中では一番お値段が高く、『トラベラーズノートのリフィル』よりも、お値段が高いという。

気軽に使う、ぱっと使うメモ帳には、ややハードルが上がるのでは?という値段感。

万年筆で使用したときには、無印良品のノートの次に透けるレベルで、万年筆では使用できないと思ったほうが良いかな。

方眼ノートは他にもあるし、コストも一番割高だし、パタンと開くノートも他にあるしで、あえてこのノートを選ぶ理由が見当たらないかも。

■本家トラベラーズノート:ドット方眼のMD用紙

トラベラーズノート:ドット方眼と無罫

トラベラーズノートは、あまり身近な文房具屋さんに売ってる印象が無いので、見かけたら買うようにしているよ。

トラベラーズノートも『レギュラーサイズ』のリフィルは、『パスポートサイズ』よりは比較的に目にする機会がある。

でも、個人的にはポケットにすっと入る『パスポートサイズ』が気に入っているのよね。

ヨドバシカメラでは取り扱いがなく、リクエストもしたけど、いまのところダメだったのよ。

以前から、MD用紙のノートは使っているのだけど、あらためて、ドット方眼の『トラベラーズノート』が気に入っている。

今回ためしに色々とノートを買って比較してみた結果、やっぱり、ドット方眼の『トラベラーズノート』を納得して使うことになると思う。

このノートを持って、トラベルするのが待ち遠しいやーねぇ。