月島『ごえもん』でもんじゃと焼きそばを食べよう!

おっす!おらイマカ!

世間は師走であくせくしている季節感のなか、もんじゃを食べてマッタリしてきたぞ!

というわけで、月島で、もんじゃを食べてきた冬の思い出を書いてみるよ。

■月島のもんじゃ屋さんに行こう!

今回、月島にもんじゃを食べに行ったとき、どのお店に入るかはノープランだったんだよね。

純粋に「もんじゃを食べたい」という思いだけで月島に行ったので、正直、お店は何も下調べなしに行ったのだ。

月島駅の7番出口から出ると、すぐに「もんじゃストリート」と呼ばれる通りなのだけど、まずは『月島もんじゃ振興会』の建物で、「もんじゃマップ」をもらってみた。

もんじゃストリートは、壱番街から四番街まであるのだけど、端から端まで歩いても、それほど時間はかからない。

年末の土曜のお昼時に行ったけど、どのお店もそれほど混んでいなかったみたい。

ただ、並んでいるお店もあるにはあって、冬のビル風吹きすさぶ中で、並ぶのはちょっと大変そうだった。

おら達は、どのお店でも良かったのだけど、たくさんもんじゃ屋さんがあると、なかなか決めきれないよね。

おらたちは「ホッピーが飲みたいから、お店の扉にホッピーの文字があったら入ろう」という理由で、決めたのだ。

いい加減に思えるようなお店の選び方だけど、結果として、この選び方が正解だったのよ。

■『ごえもん』さんに行こう!

「ホッピーあります」の文字が決め手となって、おらたちが入ったお店は、参番街にある『ごえもん はなれ』だよ。

でも、実は、月島もんじゃ振興会のマップには『ごえもん』さんは載っていないのよね。振興会には参加してないのかもしれない。

で、そのときには知らなかったのだけど、実は二店舗ある『ごえもん』と『ごえもん はなれ』のうち「はなれ」の方に入っていたようだ。

「はなれ」は、参番街の『宝島』さんの並びにあるよ。

■ホッピーを頼もう!

座ってすぐに、『ホッピー』を頼んだ。

鉄板の火が入るとすぐに暖かくなってくるので、寒い冬の外を歩いて来た人でも、冷たいホッピーを美味しく飲めるのだ。

ホッピーが、どういう飲み物なのか知らない人もいるかもしれないので、一応説明しておくと、焼酎の炭酸割りだと思ってよい。

その炭酸が、ビールテイストっぽい『ホッピー』という商品で、焼酎を割るという感じ。

炭酸なので、『ホッピー』自体には、アルコールも含まれていないし、当然プリン体も含まれていないよ。

ちなみに、最初の注文のときには、「ホッピーセットください」で、「瓶のままのホッピー」と「グラスに氷の入った焼酎」と「マドラー」のセットが運ばれてくるよ。

「ホッピー」には「白」と「黒」があって、好みで注文すればよいけど、まったく初めての人なら、「白」でイイと思う。

ホッピーを追加で注文するときには、焼酎とホッピーをそれぞれ別に注文できるぞ。

焼酎だけを注文するなら「ホッピーの中(なか)下さい」と言えばオッケー。ホッピーを頼むときには「ホッピーの外(そと)下さい」で大丈夫だ。

■もんじゃを頼もう!

もんじゃは、自分の好きなものを頼めばOKだ。

お店によっては、店員さんが焼いてくれるタイプのところもあるけど、『ごえもん』さんは客が自分で焼くスタイル。

まあ、でも、もんじゃって焼いてみるのから含めて楽しいから、もんじゃ初めてという人も、ぜひ焼いてみるところから試してみてほしいよ。

焼き方については、テーブルに張り紙がしてあるので、そのとおりにしてみれば大丈夫。

もんじゃの土手から、汁が漏れて、土手を決壊してしまう様子も含めて、ワイワイしながら焼けるから、楽しいよ。

ただし、自分のもんじゃ焼きが忙しいうちは、一緒に行った人の顔は見れないかもしれない。そうした余裕は焼き上がるまで、あまり無いのだ笑

おらは「牛すじ煮込み」が入ったもんじゃを頼み、一緒に行ったhalkcは、ベビースターラーメン入のを作ってたよ。

ベビースターラーメンは、駄菓子感が増して、懐かしい感じも加味されて、美味しさアップよ。

もし誰かと一緒に行ったのなら、子供のようにめちゃめちゃ楽しそうな相手の笑顔を見ることができるかもしれないよ☆

■『ごえもん』さんで、焼きそばも頼もう!

もんじゃは、月島のどのお店に入っても、美味しいと思う。

笑いながら、楽しみながら、自分で作りながら、料理を食べられるというので、鉄板を使ったもんじゃ焼きは、間違いなく美味しいのだ。

さらに言うと、ホッピーはさっぱりスッキリするお酒なので、ホッピーがおいてあるもんじゃ屋さんを、ぜひ見つけて入ってほしいな。

で、今回入った『ごえもん』さんでは、もう一つ試してみてほしい料理がある。

それが焼きそばなのだ。

焼きそばは、お店の方が調理したものを持ってきてくれるのだけど、鉄板の上でさらに追い焼きしてもよいという。

もんじゃを食べたあとに、締めで焼きそばを頼んだので、写真がお見苦しいのだけど…かなり美味しい!

焼きそばは、縮れ麺というより、しっかりもちもちした焼きそば麺だった。

それを、出された直後で食べるのと、鉄板の上で追い焼きすることで、すこしカリッと仕上がっていくと、また違った美味しさになるのだ。

この焼きそばは、次に月島にもんじゃを食べに行くことがあったとしても、また頼んじゃうと思う。

それくらい、美味しかった!!

■食後のデザートにメロンパン

月島でもんじゃを食べたあとは、「月島観音」にお参りをした。初見では見つけられないかもしれないくらい、奥まったところにあるのよね。

あと、『ごえもん』さんの並びの横道に、『猫屋』という、猫のグッズをたくさん扱った雑貨屋さんがあったよ。

最後に、月島でなぜかメロンパン屋さんが並んでいたので、『月島久栄』さんと『TOKYO MELONPAN』さんの二軒で買い食いしてみた。

もんじゃのあとに、メロンパン屋さんでカロリー摂取をしたのだけど、サクサクしてクッキーのような上の部分と、もっちりした下のパンの部分とが味わえて、美味しかった。

タイプが違う、二軒のお店のメロンパンを食べ比べてみるのも楽しいね!

もんじゃ屋のあとで、追いカロリーとして、どうぞ行ってみて。

そのあとカロリー消費のために走ろう!(師走だし☆)