惑星のさみだれに学ぶ大人論

おっす!おら大人!

大人とは…?という問いに対して、明快な「大人論」を、ご紹介してみよう。

水上悟志『惑星のさみだれ』の2巻より。

朝日奈さみだれ「大人ってのは お父さんや 東雲さんみたいに 人生楽しそうにしてる大っきな子供や」「ああいう笑顔を子供に向けれる人が大人!」

東雲半月「大人が笑うのはな 大人は楽しいぜって 子供に羨ましがられるため」「人生は希望に満ちてるって 教えるためさ」「…おれの大人論 ひひひ」

水上悟志『惑星のさみだれ』2巻 P79

まさに、めちゃめちゃ大人が楽しそうにしている瞬間を、子供たちに見せることができたら、「大人論」を実践できているってことなのかもしれない。

逆に、大人が「辛い。苦しい。しんどい」って、子供に言い続けたり、見せ続けていたら、子供たちは「大人になんてなりたくないなぁ」とは思うだろうね。

どんどん「大人は楽しいー」と感じて、見せていきましょう。

そんな曲:エレファントラブ ♪大人は楽しい (Spotify)

広告