国立科学博物館と深海の世界

おっす!おら深海探査艇の乗組員!

東京・上野公園にある国立科学博物館にて、7.11(火)→10.1(日)で開催している『深海2017-DEEP OCEAN-』に行ってきたよ。

そのメモなどを、ちょろっと書いておくよ。

きたぜ

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

2013年にも、特別展「深海」を開催したらしいのだけど、それから4年たった、2017年版の新しい企画。

子どもの頃は、夏休みに国立科学博物館に連れて行ってもらった思い出があるけど、大人になってからは、かなり久しぶりに行ったよ。

深海の世界って、光が届かない真っ暗闇の世界なのだけど、光る生き物が多いのね。

そして、奇っ怪なカタチをしている『デメニギス』の映像は、なかなかのインパクト。

頭が透明で、目の玉がどうなってんの?っていう感じよね。

館内では音声ガイドが520円で貸し出されているのだけど、これは絶対に借りたほうが良いよ。

ガイドしているのはしょこたんこと、中川翔子さんだけど、そのどくとくの語り口で「デメニギスさん」についても喋っていたよ。

ホルマリン漬けの姿も展示されているけど、それだけ見ても、この動いているインパクトには勝てないかもしれない。

また、下町の工場で作った『下町ロケット』が話題になったけど、そんな感じで下町の深海探査『江戸っ子1号』も展示されてた。

江戸っ子1号さん

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

『しんかい6500』の実物の展示は、なかなかかっこよくて、さらにこれにしょこたんが乗ったことがあるとガイドで喋ってたのが、興味深かった。

しかも、しょこたんが探査したあたりは、東日本大震災で大きくずれた断層のあたりだったとかで、幅広く(深海まで)活動してるなぁと思ったり。

しんかい6500に、しょこたん乗ったことあるとか

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

人間の住めない超高圧の、真っ暗闇の、あるいは超高熱の世界にも、たくさんの生き物が住んでいて、それを見せてくれるのって、不思議な気持ちになったな。

そうした場所では、ロボットが活躍するのかもしれないね。

探査機、ちょっと、可愛い

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

探査ロボットのフォルムは、どことなく映画『Wall-E』のロボットを思い出させたな。

お昼は11時の早めにレストランに行ったけど、正解だった。

ムーセイオンセットとやら。写して無いけど、白米美味しい。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

お昼近くになると、1時間位は余裕で待つことになるみたいだったよ。

ちょっとおらには味付けがしょっぱかったけど、ご飯がススムお味でしたよ。

さらに、お米が美味しかったのが好印象!

パッションケーキや、コーヒーも頂いて、がっつりランチにしたった。

パッションケーキ美味しい

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

店内で、小学生だか中1くらいの男の子二人がいたのだけど、その一人がお母さんに持たされただろうサンドイッチを出して、食べていたのは、ちょっと気になった。

特別展も面白いけど、常設展の恐竜の骨やらなにならに、おらは大興奮したよ。

恐竜の動いてるとこ見たい

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

展示は撮影することもできるし、なかには手で触れたり、持ち上げたりできるモノもあったよ。

オオツノジカ、つのがすごい小並感

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

オオツノジカの立派な角は迫力あるが、これ、ほんと寝るときどうするんだろう?とか思う。

おーるぬーどはマズイですよ

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

甲羅を脱いで、オールヌードになっている骨もあったりした。

展示方法も、広いスペースに、大きな動物たちの骨が展示されているのは、フォトジェニックよ。

ゴリラは骨格からして強そう

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

ゴリラまじゴリラつよそうゴリラ(草食)。

骨や生物だけじゃなくて、宇宙の成り立ちとか、科学的な研究の歩みとか、1日じっくり見ることもできるのが、1600円とかお買い得すぎますよ、奥さん。

『宇宙の晴れ上がり』は、パワーワードとして学習しました。

スーパーカミオカンデの光電子増倍管。すげえもん展示されてるな。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

スーパーカミオカンデの光電子増倍管って、実物をはじめて見たけど意外に大きくて、大人の一抱えくらいはあるんじゃないかな。

特別展も面白いし、地球館も新しくて綺麗だし、日本館の展示にあったシアター36◯は、ちょっと東京ディズニーランドみたいな体感スペースで、バーチャルリアリティ(死語?)だったよ。

フタバスズキリュウ

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

フタバスズキリュウは、福島で発見されたもので、おらが子どもの頃に覚えた魚竜なのよね。

あ、映画『南極物語』のモデルにもなった『タロとジロ(犬)』の剥製が、この日本館に展示されているよ。

おらが子どもの頃に、国立科学博物館の展示で見て怖かった、生首の干物は、展示されて無かったけど、そのかわり比較的きれいなミイラ(謎)が展示されてた。

深海の展示の音声ガイドは借りたのだけど、常設展の方の音声ガイドはどこで借りられるのか分からなかったな。

ホームページによると、日本館の地下1Fで各種のガイド端末を借りることができたみたいだ。

利用案内・情報 ≫ アクセス・利用案内 ≫ 音声ガイド・ICカード :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

館内を走り回って、ICカードをタッチしまくっている子どもがいて謎だったのだけど、このキオスク端末のICカードだったんだな。

  • キオスク(展示情報端末)にタッチだけして解説を見なかったり、展示室内を走りながらタッチして回ることは、他のお客様のご迷惑になりますのでおやめください。

って書いてあるけどな!

次回、見に行く時には、まず音声ガイドを試してみようっと。

全部見ようと思うと、そうとう歩くことになるし、子どもが疲れてグダっている姿をよく見たので、休み休み見るのがイイかもしれないネ☆

広告

コーヒのコクを売りにしない

おっす!おらカフェインに弱い人。

久しぶりに、このブログに書くネタは、みんな大好きコーヒのことだよ。

コーヒーは、本当にたくさんの種類があって、カフェもいろいろあるよね。

こだわりの人は、豆から、なにからナニまでこだわってるんだと思う。

コピルアックを知ったのは、道満晴明のマンガだったと思うけど。

それはともかく、缶コーヒーの話。

缶コーヒーは、薫りが違うとか、今までより濃くがどうのと売りにしてるよね。

でも、おらは、薄いコーヒーが好きなのね。

コーヒーのコクを売りにするのはあるけど、薄さをアピールは、あまりない気がする。

スッキリした味わい、とかが、もしかすると、そうなのかもしれないけど、分かりにくい表現だよ。

それなら、薄さを前面に出して、大量にゴクゴク飲めるコーヒーを発売してくれないかしら。

この夏の暑さには、薄いコーヒーの方が飲みやすいと思うんだよ。

ただ、コーヒーの薄さをアピールする時に、どこかの実店舗と共同開発とかは、無いかもしれないな。

『あのお店で飲める、薄いコーヒーの味を完全再現!』は、ちょっとだけ、悪口に聞こえるから。

でも、それは、まだ、コーヒーの薄さを競う時代になってないからかもね。

時代の先取りするメーカーさんは、どこかにいないものかしら。

喉の渇き癒せるような、薄いコーヒーが飲みたいのよー。