MacBook AirからMacBookへの引っ越し備忘録

おっす!おらマカー。

もうすぐ、新しいMacBook AirかProが発売されるという、いまのタイミングで、MacBookを買ったよ。

それで、手順というか、やったことを、メモしていこうというあれ。

備忘録的な、もしくは、個人的なタイムライン。

  1. MacBookに電源をいれる。
  2. も、無線LANのパスワードを覚えてなくて、無線の設定はあとまわし。
  3. なら、AOSSで接続するかーと、前のMacBook Airを使ってバッファローのページで、AOSSのクライアントの方を持ってくる。
  4. http://buffalo.jp/download/driver/lan/airnavi-mac.html
  5. それを、デジカメのUSBに書き込み
  6. それを、MacBook に接続して(USB-C〜USBのアダプタは買っておいた)、AOSSソフトを起動。
  7. しようとするけど、うまく起動できない。
  8. AOSSによる接続をあきらめる。
  9. うちのルータにログインして、無線のパスワードが書かれてないか、設定を見てみる。も、よくわからん。
  10. Evernoteに、いまのうちの無線のパスワードが書いてないか、確認する(ていうか、これを最初にやっておけば)
  11. 無線のパスワードが書いてあったので、それを、MacBookに入れてみたら、あっさり無線接続できた。
  12. 新しいMacBookで、時計の設定をする(NTP ntp.jst.mfeed.ad.jp)を設定する。ついでに、時刻読み上げを入れてみる。
  13. 旧MacBook Airに、時刻読み上げを入れてみる。深い意味はない。
  14. 次のページをみる⇢。コンテンツを新しい Mac に移動する – Apple サポート https://support.apple.com/ja-jp/HT204350
  15. 新MacBookを共有するときの名前に、Aphrodite(女神様あ!)を設定する。
  16. Appleのソフトのアップデートをした方がいいみたいだったので、アップデートをする。
  17. MacBook再起動
  18. MacBookに、アップルのID(iCloud関連)を入れると、旧MacBook Airとかで、認証がどうのこうのいってくるので、OKにする。
  19. アップデートが残っていたようで、やる。
  20. 6:44 なう。アップデートまだ終らないなぁ。
  21. 旧MacBook Airは11インチで、新MacBookは12インチのRetinaなのだけど、画面の違いは、まだ、正直、そこまで違いが分からないなぁ。
  22. キーボードが違うのは、すぐにわかる。このMacBookの感じは、なれるのかしら?
  23. 次のページをみる⇢。新しい MacBook にコンテンツを移動する – Apple サポート https://support.apple.com/ja-jp/HT204754
  24. 終わったはずのアップデート、Keynote、Numbers、Pagesを、さらにアップデートしようとするのは、なんでだ?という無限ループってこわくね?
  25. 7:01なう、アップデート終わったっぽい。
  26. Wi-Fi接続で移行する。をためすので、移行アシスタントを使ってみる。

一旦、ここまで(07:02)。

—-再開—-

データの引っ越し最中の写メはこんな感じ

こっちから、あっちへ転送中

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

  1. 08:12なう、データのお引越し完了。
  2. さっきまでは、旧MacBook Airからこのブログを書いていたけど、いまは、新MacBookから続きを書いているのよっと。
  3. ウィルスソフトカスペルスキーも、Google日本語入力も、Chromeなども、ちゃんと移行されているっぽい。
  4. 旧MacBook Airのデータはまっさらになるのかと思ったら、そうではなく、そっちには、データが残っているのか。
  5. このあたりは、3DSのデータお引越しとは違うのね。3DSのは、きれいさっぱり初期化されるから。
  6. 新MacBookのホスト名は、MacBookになっちゃってた。いやいやだから、Aphroditeだってば。
  7. Dropboxのユーザとパスワードは聞かれてきたな。
  8. Dropboxは、電話にコードが発行されるので、それを入れる。
  9. お引越し完了したみたいだな。
  10. (∩´∀`)∩ワーイ

お引越しおわた

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

—補足—

09:02なう。

  1. 旧MacBook AirのiTunesのアカウントの認証を解除しておく。
  2. 旧iTunesのiPoneとの自動同期を解除しておくこと
  3. 新MacBookで、iTunesのアカウントの認証をするおと
  4. 新iTunesで、iPoneの同期ができることを確認すること

これやっておかないと、同期が変なことになると、めんどくさい。

2017年のほぼ日手帳は『weeks フランスパン』に決めた!

おっす!おらメモ魔。

大抵のことは、すぐに、秒殺で忙殺するくらいに、記憶力がないよ。

だから、なんでもメモしておくの。

来年の2017年のほぼ日手帳を買ったこともメモしておくよ!

2016-09-02 01.01.37

◇ネットの写真と実物の違い(選び方)

ほぼ日手帳を買うようになって、いつもは1101.comのストアで買っていたのだけど、今回はloftで買うことにした。

ネットの写真だけだと、とにかく、色がわからなかったのが、2017年の手帳選びだった。

2016年はオリジナルのサイズを使ってきたので、2017年もオリジナルにしようかとも思っていたのだけど、ピンとくる色が無かったんだよねぇ。

ジェントルボーダー』は、少し迷ったところなのだけど、写真によっての色がだいぶ違って、イメージができなかった。

002e80f7-68ef-4bce-8c84-8f8073de45a9

たとえば、サイトの写真から引用すると、↑こっちの色(A)のイメージだったら、ぶっちゃけイラナイけど。

4cfe8f11-0eeb-4327-bc8e-c91211015718

↑こっちの色の感じ(B)だったら、欲しいかも、という気持ちだったのよ。

それだったら、店頭に行って、実物を見るしか無いなということで、9月1日の発売当日の仕事帰りに、loftに寄ってみたよ。

結果、『ジェントルボーダー』は、(A)の色の感じだったので、買うのやめた。

他のカラーも、店頭でみると、どれもこれも、ピンと来なくて、

の実物は、心が踊らなかった。

実際に見て、可愛くて欲しくなったのは、↓これ。

しかし、おっさんであるおらが、会社の会議とかで、この手帳を開くのは、さすがにちょっと可愛さのレベルが高すぎた。

そんな中で、『weeks フランスパン』は、可愛さもギリギリおっさんでもセーフか?というラインだったので、これにした。

パンの柄が遊びゴコロもありつつ、サイズは長財布くらいだから、お手頃のサイズだしね。

しかし、これも、ほぼ日手帳で使われている写真は、どれもこれも、違いすぎて、実物の色のイメージがつきにくいよなぁと思う。

食卓に並んでいたりするイメージ映像の写真は、全く当てにならなくて、ただ手帳だけが写っている写真が、実物に近いかな。

これは、他のシリーズにも言えることだけど、使い方イメージの写真ではなく、手帳単体の写真を参考にした方がよい。

◇2016年(日曜始まり)と、2017年(月曜始まり)のカレンダー

実は、2016年のほぼ日手帳は、中身を「日曜始まり」を使っていたのだけど、これはおらにとっては初めての試みだった。

結果、これは大正解の選択だった。

世の中のカレンダーは、基本的に「日曜始まり」であるため、カレンダーを見ながら手帳に予定を書き込むときに、すごくスムーズだったから。

逆に、誰かとスケジュールを調整しようとするときに、自分は手帳を見つつ、相手には普通のカレンダーを見せつつ話するときにも、手帳とカレンダーが「日曜始まり」で統一されているので、とてもスッキリしていた。

これは、オリジナルの「日曜始まり」の、とてもナイスでグレイトな強みだと思う。

実際、2016年の「日曜始まり」は本当に使いやすかったので、2017年も「日曜始まり」の手帳が欲しかったのよね。

しかし、残念ながら、2017年のオリジナルのカバーに、魅力的なモノを見いだせなかったので、消去法で『weeks』になった感じがある。

また、『weeks』には、「日曜始まり」は存在せず、「月曜始まり」しかないので、カレンダーとの連携は、少しギクシャクすると思うんだ。

「日曜始まり」と「月曜始まり」を使い比べてみたら、そのギクシャクに気づくと思うのだけど、いままで「月曜始まり」しか使ったことがない人には、実感できない些細な点かもしれないな。

2017年の手帳を使いはじめるタイミングで、Google Calendarや、iPhoneのカレンダー表示も、「日曜始まり」から「月曜はじまり」に変更しておかなくちゃならないな。

また、手帳とカレンダーのギクシャクするのを徹底するなら、身の回りから、「日曜始まりの2017年のカレンダーを消去する」という手もあるかな(いささかやり過ぎ)。

◇weeksにオプションを付けるなら

オススメは、やはり、ほぼ日手帳の『クリアカバー(weeks用)』だ。

ペン差しを使うかどうかは別にして、手帳を汚れなどから守る意味では、あった方がイイと思う。

それと、ほぼ日手帳の文具ではないけど、ミドリの『クリップバンド』は、手帳にバンドが付けられてナイス!

『weeks』と合わせるなら、『クリップバンド B6用』が、ジャストフィットサイズだよ。

loftでは、ほぼ日手帳のコーナー近くに、いろんな手帳グッズが並べて置いてあると思うので、きっと『クリップバンド』も、その中に並んでいると思う(おらもそれで買った)。

商品紹介へは、下記の画像にリンクをはっておいたよ。

2015_17_main_pic

◇2017年の手帳セットはこれ☆

ということで、来年の手帳セットが決まったのであった(キラッ☆)。

2016-09-04 20.02.51.jpg

写真左:2017年『weeks フランスパン』 / 写真右:無印良品『上質紙滑らかな書き味ノート』+2015年『MOTHER2 Onett』

『weeks フランスパン』に「スケジュール」を書いて、右はなんでもメモ用になる予定だよ。

2016年の手帳セットに引き続いて、黄色のラッキーカラーを身につけていく感じで!

これから、ほぼ日手帳を買おうか迷っている人は、なるべく、実物を見るのをオススメするよ(2017年版の写真は、ホントにアテにならないからネ)。