Symphonic Suite AKIRA 2016 試聴会レポ

おっす!おらAKIRA世代!

AKIRAの音楽をはじめて聴いた時、多国籍というか、異国文化というか、そういう独特な雰囲気が好きだった。

そのAKIRAの音楽が、新しい音源を重ねあわせて、新たな音声作品として発表された。

その試聴会『ハイパーハイレゾ版「Symphonic Suite AKIRA 2016」』に、当選したので、行ってみたよ。

2016-07-28 23.21.49

場所は、オンキョー八重洲ビルの2Fで、7月28日の19時から開催された。

事前に申し込みをして、当選した人だけの限定イベントだったよ。

音の技術的な話は、ざっくりしか分からないけど、いままでのCD音源では、人の可聴域だけが収録されていた。

それが、人の可聴域を超えた範囲の、高周波の成分を聴くことで、身体にも脳にも、まったく違う効果をもたらすという。

まあ、そういう技術的な話はあるのだけど、その詳しい説明は、ここでは置いておいて、だ。

おらが聴いた時の印象を、述べておきたい。

あ、ちなみに、会場のスピーカーのシステムは、GENELECの大型のスピーカーと、スーパートゥイーターという「高周波の成分を再現できる製品」を用いての試聴会だった。

2016-07-28 21.19.50

試聴会では、CD音源から、それをなんちゃら形式にしたものから、最終的にスーパートゥイーターを入れたバージョンまで、色々と視聴があったのだけど、その違いは圧倒的だった。

おらは、耳がイイワケでもなんでもないけど、その違いは、「耳ではなく、身体で分かる」ものだった。

解説でも先生方が述べられていたのだけど、耳で聴く帯域と、身体で感じる高周波の帯域は、それをセットで聴くことで、いろんな身体への変化(活性化)が現れるんだそうだ。

でも、聴けば、それは、体験として、実感できる。

CDの音は、本当に「耳が聴いている」って感じなのだけど、『ハイパーハイレゾエディション』では、体の細胞が「びっくりして目覚めた」のが分かるのだ。

言葉ではうまく言えないけど、身体で感じる音って、これかあ、っていう初めての体験だった。

たとえば「音の臨場感」をつたえるときの表現でさ、「目の前で演奏されているような感じ」ってあるでしょ。

でも、『ハイパーハイレゾエディション&スーパートゥイーター』の環境では、「目の前で演奏されているような感じ」を超えていて、「自分がどこにいるのか分からなくなるレベル」なんだわ。

『鉄雄 TETSUO』とか、目をつむって聞いているとさ、「映画の中の一場面」がありありと脳内再生されるだけじゃなくて、博士が超能力のエネルギー波に怯えつつも、触りたくなる衝動の、あの場面に「立ち会っているかのような」そんな錯覚になる。

他にも、いろんな曲を聴く度に、映画の世界の登場人物になったかのような、体験をさせてもらった。

ちらっと目を開けて、前の人をみたら、音楽に「ビクッ!」と身体を反応させてたのをみて、微笑ましかった。

2016-07-28 21.21.01

めちゃめちゃすてきな試聴会だったけど、あのシステムを、自宅で再現するのは、至難の業かもな。

まず、『ハイパーハイレゾ』は、ヘッドホンで聴いても意味が無いらしく、スピーカーから鳴らして、「身体に聴かせて」はじめて、脳への効果がダイレクトに現れてくるらしい。

まだ、その理由ははっきり分かってないっていう話だった。

おらが、妄想するなら、低周波や高周波治療の器具を、身体の全身で浴びているかのようなのが、『スーパートゥイーター』を含んだ音のようだった。

でも、たんに、高周波を聴くだけじゃだめらしくて、ノイズじゃだめだし、可聴域無しでもダメなんだってさ。

むつかしい話は分からないけど。

試聴会が終わって、会場の外に出たら、目の前にはビルがそびえ立っている。

ちょっとこれはAKIRAっぽい演出としては、いい締めとなっているな。

その勢いで、バイクに乗って、走り出したくなるような、そんなイベントだった。

2016-07-28 21.25.29

広告

ACアダプタの見分け方

おっす!おら鳥頭!

記憶に関する脳みそは、空き容量がほぼゼロだよ!

そのため、ACアダプタが2つ挿してあるだけで、どちらがどの製品なのかさっぱり分からない。

それを解消する方法を考えてみた。

◆やりたかったこと:ルータの再起動(のためにACアダプタを見分ける)

ルータのアクセス状況が悪かったので、ルータを電源から再起動したかった。

しかし、コンセントがタコ足になっていて、似たようなACアダプタがあって、どっちがどっちか一目では分からなかった。

◆解決策:☆を付けた(目星)

ルータに目星をつけるため、「☆」のシールを貼り付けた。

そこから、ルータの電源コードをたどっていって、ACアダプタにも「☆」シールを貼り付けた。

一回だけは、電源コードをたどっていって、どれがルータのACアダプタなのかは、見極め無くてはならない。

でも、これで次から、ルータのACアダプタは一目でどれか分かるのだ。

(∩´∀`)∩ワーイ

もし、「☆」シールがなかったら、インデックスのシールでもなんでもいいのよ。

マルチビタミンの効果(個人の感想)

おっす!おら肥満児!

児童ではないけど、かなり太ってきている。

まあ、そんなおらなのだけど、最近、『DHC マルチビタミン (60日分) 60粒[AA]』とやらを飲んでいる。

これ、あまりなにも期待していなかったのだけど、効果が実感できた。

目に見えてわかった効果は、たったひとつなので、それだけお話したい。

残念ながら、ダイエット効果ではない。

けっこう、いいじょ

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

◆効果を実感したのは「眼球が白く」なること

いや、いや、これは意外!

実際、マルチビタミンの効能に「眼球を白くする」というのは、なさそうだ。

マルチビタミンの中に含まれる『βカロテン』という成分が、疲れ目に効く、ような書き方されているけど。

まさか、ここまで「眼球が白く」なる、とは思ってなかった。

おらは、基本的に、濁った目をしている。

常に、目の白いところに、血管が浮き出るような感じになっていて、いつも茶色というかくすんだ色をしていたのね。

それが一昨日くらいに、鏡を見て気づいたのだけど、明らかに「目がキラキラ」しているのだ。

以前が、くすんだ赤っぽい、眼球の白さ、だったものが。

今は、うっすら青いような、眼球の白さ、になっている。

驚きの白さ!(洗剤かな)

この効果の程(以前と今を比較して)を、お見せできないのが、なんともはがゆいのだけど。

実際、おらを知っている人に、おらの目が白くなったことを、見てほしいくらいだ。

ちなみに、マルチビタミンを飲み始めたのは、日記によると、6月24日よりは、前のようだ(参:錠剤のサプリ | 日記かな)。

今日が、7月9日なので、飲み始めてから、ざっくり2週間くらいかな。

目に良さそうなことって、他にしてないので、マルチビタミンの効果だと思うぞ。

おらはDHCを試したのだけど、まあ、どのメーカーでも似たようなものじゃないかな(試してないので分からないけど)。

もし「死んだ魚のような目をしている」と、誰かに言われたことがある人には、このマルチビタミンをオススメしたい。

About_beard
引用:バックベアード – アンサイクロペディア