煮豚を作る。煮豚を食す。

おっす!おら金髪豚野郎!

すきな肉の種類は豚肉!

ってことで、今回は煮豚を作ってみたので、そのレポートをしてみよう。

◆材料の用意

まずは、豚肉の塊を用意する。

産地はどこでもいいけど、おらは国産の豚肉にした。

また、煮豚にすると縮むので、「ちょっと大きいかな?」というサイズにしておいた方がよさげ。

あと、今回は、モランボン『煮豚のたれ』を使ってみた。

ステマかダイレクト・マーケティングかな?と思われるかもしれないが、豚を煮る時のたれは、まあお好みで。

おらが、この『煮豚のたれ』にした理由は、スーパーのお肉のコーナーに並んでいたのと、“化学調味料 無添加”と書かれたパッケージで、決めた。

◆レッツクッキング

2016-06-25 07.04.13

  1. 油をひいた鍋に豚肉を入れて、表面を焼く
  2. お水を1リットルくらい入れて、たれを入れる
  3. 2時間くらい弱火で煮る
  4. お好みで野菜を入れてもよい(玉ねぎ入れた)

ポイントとしては、時間をかけて、弱火で煮ること。

1時間でも煮豚は完成するけど、煮る時間が長くなるほどに、肉が柔らかくなるので、とろとろの柔らかい煮豚にするなら、時間をかけよう。

そのとき、煮汁の沸騰する様子を見続けることで、ちょっとした宇宙を感じることができる(参考:煮豚のあわわ )。

◆煮豚を食す

2016-06-25 10.58.32

用意したものは、メインの煮豚。

あと、おしんこと、お味噌汁。

食べ方は、いたって簡単で、煮豚をご飯にのせて、ちょっとタレをかけて、わしゃわしゃ食べる。

食べてみるとわかるのだけど、とにかく美味い!!

もちろん、豚肉を長時間かけて煮ているので、もう、とろけるような状態になっている。

箸でほぐせば、とろっととけてしまうくらいなので、口に入れた瞬間にとけてしまう。

例えるならば、二日酔いのあとのポカリスウェットが、口に入れた瞬間に身体に吸収されていくのを感じるくらいには、豚肉が口の中でとけて、からだに吸収されていくのが分かるレベル。

そのくらいに、もう、口に入れた瞬間に、豚肉がおらに変わっていく。

豚肉を食べているのか、おらはおらを食べているのか、混乱していく。

ひょっとしたら、2時間という時間をかけて、おらはおらの材料を煮込んでいたのかもしれない。

おらと、煮豚の境界線はすでになく、おらと豚の境界線もあいまいになり、生きとし生けるものすべてとの境界線があいまいになり、生命はすべてが繋がって一つの生命であることに気づき、ちょっと仏陀として目覚めてしまいそうになる、くらいには、美味い。

あっという間に、ご飯と煮豚が目の前から消えて、煮豚はおらの肉となり、気づいたら二杯目を食べていた。

ちなみに、二杯目には、煮豚の上に、マスタードをのせてみた。

お好みで和辛子か、マスタードをのせると、味にしまりがでて、とろとろぴりっと、さらに悟りが開けることうけあい。

※個人の感想です。

悟りが開けるかどうかは人それぞれだけど、煮豚のうまさにうっとりすることは間違いないので、ぜひ試してほしい。

おらも、また煮豚を作って、宇宙を感じたり、美味しくて幸せになったり、うっかり悟ったりしたい。