コップと水


コップに水を入れる。

ミネラルウォーターではなく、水道の蛇口をひねって、コップに入れる。

勢いよく水を入れると、コップの中で水が回転する。

回転というのか、渦というのか。

コップの内側をぐるぐる、水が回っている。

コップは無色透明だ。

水もこれまた無色透明だ。

それでもなぜ、水の動きが分かるのか。

水に色がついていないのに、動きが分かるのか。

それは、小さな泡が、水の中に見えるから。

たくさんたくさんの小さな泡。

小さな小さな泡。

日常ではちょっと見ることがないような、見ても気づくことがないような、小さな小さな泡。

そうした泡が、コップの中でぐるぐる回っている。

メリーゴーランドのような、ゆっくりとした回転ではない。

どちらかと言えば、ジェットコースターや、はでなアトラクションのような、そうした動きを想像させる。

激しい動きの小さな泡によって、水が動いているのが分かる。

その泡は、コップの内側を回転しながら、上へ上へとあがって行く。

コップの上から見ても、この泡は分からない。

コップの横から見ると、この泡があるのが分かる。

泡は、吹雪のようにも見えてくる。

猛烈な吹雪によって、舞う雪のように、小さな泡が舞っている。

横から見ると、水には色が付いているように見えるところがある。

無色透明の水道水だけど。

まず、横から見た時は、コップの底が、一番あかるい。

コップの外側には影ができているけども、コップの内側の、底には、光のラインが白く見える。

そのあたりには、白以外の色も見える。

黄色かな。

緑かな。

紫色や、銀色にも見えてくる。

コップの回りの、机の色がそうなのではない。

机はむしろ茶色だけど、そうした色ではない色が、コップの中の、水の中に見えてくる。

コップを手に取ると、コップの側面に、先ほどの小さな泡がうっすらついている。

また、コップの向こう側の指がとても大きく見える。

2倍くらいの大きな人の指のように見える。

コップを上から下をのぞくように見ると、今度は逆に小さな景色になる。

コップの内側に水。

コップの外側には水滴はない。

水の表面はどうなっているのか。

表面張力という言葉を習ったことがあるけども。

実際、水の表面をみると凹んでいるように見える。

むしろ、水とコップが接する面である、コップの内側ぎりぎりのところは、少し持ち上がっているように見える。

コップの中の水を、口に含んでみる。

コップの内側の水。

そして、口の中にある水。

口の中に水を含んだままにしていると、コップの中の水と、口の中の水がさっきまで一緒だったのに。

小さな泡が、コップの内側に、へばりつくように現れる。

先ほどの吹雪のような泡は、水の上の空気との境界線を目指して上がっていった。

それとは違う、泡の集団が、コップにそっとくっついている。

どこから来たんだ。

いつからいたんだ。

コップを斜めにしてみる。

水がぬめええっと伸びてくる。

コップをもとのように立てると、コップの内側を、水がまたぬめっと戻ってくる。

コップの側面に目を近づけて、近づけてすると、景色がゆがんで何だかわからなくなる。

無色透明の水とコップがダッグを組むと、景色がゆがんで見えるようになる。

透明なのに、めくらまし。

コップ越しに机を見ると、縞模様が強調される。

どこかの惑星みたいだ。

土星か、木星のような、ガスがいっぱいある星の表面のように、コップの水が見えた。

コップの水を見ているようで、違うものが見えているような。

コップの水は、いっきに全部飲んだ。

コップだけが残った。

コップだけに見えるが、コップの内側には、まだ水がへばりつくように残っている。

コップと水。


おっす!おらブロガー!

上記のこの文章は実験であった。

清水良典『自分づくりの文章術』の実践編をためしてみたところ。

このブログも、型にハメすぎなところがあるから、文章だけでなんとかしてみるテストなのだった。

広告