浦沢直樹展☆描描描!


おっす!おらマンガすきっこ。

最近は、毎日のようにマンガを買って、読んでいるよ。

ストレスへの対抗措置だな!

それはおいておいて、世田谷文学館で開催中の『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる』をみてきたよ。

※猫猫猫ではないよ!(似てるけど!)

800円とおやすめ。おすすめ。浦沢直樹の原画展。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

最近、アートと魂について、「日記かな」に書いていたこともあって、なにかしらのアート作品にふれてみたいタイミングではあったのね。

そんななか、NHKの『浦沢直樹の漫勉』が、良いコンテンツだとしる機会があったり、本屋で立ち読みした雑誌に、浦沢直樹の記事がのっていたこともあって(宣伝のいっかんなんだろうけど)、たまたま目にした浦沢直樹の展示に、まんまと行ってきたしだい。

結果、よかった!

マンガにも、もちろん、作者の魂がのっていて、マンガで描かれている線の一本一本にも、確実に魂がやどっている。

そして、やっぱり、一コマや、線の一本ではなく、マンガの原稿が、マンガとして並べられているのをみると、ものすっごい吸引力がある。

世界に引き込まれるね。

で、展示会場にきていた人たちは、みんなマンガ好きなので、原稿の前で食い入るようにみたりしてた。

あと、館内には撮影ポイントが2箇所あって、その前で撮影している人もいたよ。

おらはひとりで行ったから、トモダチいなくて、行ったから、トモダチの撮影だけしてみた(意味深)。

ともだちー

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

でも、そうは書いているけど、たとえトモダチがいたとしても、美術館には一人で行くと思う。

一緒にいっても、横にいる人を気にしていたら、アートに没頭できないからね。

浦沢直樹の展示でもそうだったのだけど、子供の時の作品を、まだとってあるのがすごいよな。

小学二年生の時に描いた、マンガが、すでにちゃんとマンガとして、そこに展示されているのが、本当にびっくりした。

浦沢直樹は、子供の頃から漫画家になるべくしてなったような気もしたな。

あと、大学生の頃のルーズリーフがあって、そこに、数学の先生やら、教科ごとの先生の似顔絵がかかれているのが面白かった。

いっぱつで、その人の特徴をとらえて、マンガのキャラクターのように描かれた人物像は、浦沢直樹のキャラクター形成のすごさを実感できる。

デビューする前から、すごかったんだって本当にわかる。

おらは、『PLUTO』が好きだったのだけど、それ以外の作品もまた読み返したくなったよ。

あと、2月28日には、トーク「Boseと美津留の浦沢解剖学」があるらしいよ。

浦沢直樹本人とスチャダラパーのBoseと、浦沢直樹の漫勉の放送作家/倉本美津留がトークイベントするんだって。

応募締め切りは、2月14日までとのことで、申し込み方法等は下記のURLから、どうぞー。

http://www.setabun.or.jp/event/list.html#event00199

 

広告