2015秋・宇都宮餃子は『香蘭』がオススメ!

おっす!おら餃子好きっこ!

タイトルですでにネタバレなのだけど、10月25日(日)に、宇都宮で餃子をたんのうしてきたので、紹介してみたい。

実は、来週10月31日(土)・11月1日(日)には、宇都宮餃子祭りの『宇都宮餃子会』があるのだけど、一週間早く、チャレンジしてみたのだった。

行ったお店は7店舗で、ずらっと時系列で並べてみる。

それと、餃子はお店によって値段がけっこう違う。

今回は、二種類の餃子を注文して、それを一皿あたりのお値段として参考として載せてみた。

宇都宮 餃天堂

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑1軒目:『餃天堂』は、餃子そのものは美味しいはずだけど、色々とちょっと残念な点があって、結果、びみょーに感じてしまった。餃子も焼き方や、茹で方がもっとビシッとしたら、すっごく美味しいハズなのに…。30分も並んだのだけど、それは回転効率の悪さゆえだと思った(こくひょう)。参考価格:432円/皿

悟空!

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑2軒目:『悟空』は、両隣を、宇都宮餃子の二大巨頭であるところの「宇都宮みんみん本店」と「正嗣」の間という厳しい立地にある。ここの肉餃子はパンチがあって、うまし。野菜餃子も甘みがあって美味しい。あと、店員さんが、家庭の事情の深刻な話をしていたのが気になるがwこちらは楽しんで食べようと思ってるので、そういう話はちょっとね…スパイシーすぎる。参考価格:305円/皿

とんきっき

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑3軒目:『豚嘻嘻(とんきっき)』は、これまた「宇都宮みんみん本店」の並びにある立地。肉餃子と野菜餃子を注文したのだけど、どっちがどっちか分からなくなってしまったw餃子は小さめで、美味しいけど、油はすこし多めかな。店内の奥が蔵のような造りになってて、カッコイイ。参考価格:290円/皿

香蘭うまー。水がうまー。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑4軒目:『香蘭』は、すでにおなかがいっぱいになってきた中で、入ったお店。しかし、これが、めちゃうまだった。個人的に本日のベスト餃子はこのお店だ。焼きも水も、どちらも美味しい。こんなに美味しいのに、一切並ばず入れるのはステキ!水餃子の取り分けるための小鉢を、二人分持ってきてくれたのは、実はここのお店だけ。個人的に大収穫で、リピートが決定した!「宇都宮みんみん」や「正嗣」以外にも美味しい宇都宮餃子はあるな!参考価格:250円/皿

味一番は、焼きが200円。信じらんね。

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑5軒目:『味一番』は、焼き餃子が200円という、今日イチのやすさ。信じられない!味は、うーん、中華屋さんのふつーの餃子かも。昼間っから、完全にできあがってるおじさんが店内で飲んでるというのは、なかなかよかった。参考価格:250円/皿

※閑話休題:ここでさすがにおなかがきつくなってきて、カフェラテ飲んだり、教会に行ったりして、休憩した。

正嗣

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑6軒目:『正嗣』は、移転してから3回めの来店。店の前には行列ができていて、それを店員のおにーさんが「持ち帰りなら、並ばず買えます」みたいなアナウンスをしていたのだけど、そのトークスキルが上がってて笑ってしまったw 前の店舗のときはそういう感じじゃなかったのにw1時間くらい並んだ。生姜っぽさのある餃子は、とてもうまし。参考価格:210円/皿

※蛇足:正嗣は確かに美味しいけど、1時間並ぶかどうかは、人それぞれだと思う。

並び始めて、だいたい50分くらい経ったときに、もうすぐ店内に入れるってところで、前に並んでいたおねーさんが、急に列を離れてしまった。50分は並ぶことができても、1時間は待てなかったのかしら。急用ができたのかしら。謎だ。

蛇足ついでに言うと、栃木県の最低賃金は、時給751円だ。1時間のコストを考えると、正嗣は餃子210円+1時間751円で、参考価格:961円/皿、とも考えられる(へりくつ)。

青源の味噌味の水餃子

A post shared by 今・過去・未来 (@imakakomi) on

↑7軒目:本日ラストは『青源』。写真は味噌味の水餃子。この他にも焼き餃子を注文した。このお店はもともとお味噌屋さんらしくて、焼き餃子も味噌ダレで食べるのが「青源流」。小皿が太極図のようになっていて、味噌ダレの領域と、普通のお酢と醤油の領域の二つがあるのが面白かった。ココの餃子は、確かに味噌で食べるほうがあってた。参考価格:365円/皿

☆☆☆結論:今回、タイトルにも書いたように、『香蘭』の餃子を発見できたのが、とても大きかった。正嗣は美味しいけど、これから寒い季節には1時間も並ぶのちょっときついからねぇ。ちなみに、『宇都宮みんみん本店』に行かなかったのは、『正嗣』のあとで、さらに1時間以上も並ぶことは、さすがにムリだったからだ。

宇都宮の餃子のコスパはどこも高くて、東京だと一皿で500円とか600円とかするお店もあるのに、宇都宮では300円以下で食べられるお店が多い。そのコスパに慣れてくると、400円/皿が高く感じてしまうのが不思議!w

来週の「宇都宮餃子会」には、上記のうち『餃天堂』と『正嗣』をのぞいて5店舗が出店される。他の店をあわせて、計26店舗も出るそうだ。ぜひ色んなお店を食べ比べてみて、自分なりの新しいお店を開拓してみてほしい。

広告