仙台うみの杜水族館に行ってみた


おっす!

おら、「東北生まれで、東北育ちで、大学時代には、仙台で過ごしていた」という母親をもつものだよ!

おら自身は、東京生まれ、東京育ちだよ!(関係ないよ)

そんなおらが、宮城県の『仙台うみの杜水族館』に行ってきたので、紹介してみたい。

2015-07-26 09.39.43

仙台うみの杜水族館』は、7月1日にオープンしたばかり。

電車で行くなら、中野栄駅から、シャトルバスが出ているよ。

おらが行ったのは7月26日の朝だったけど、オープンしてまもないということもあり、朝から長蛇の列だった。

入る前では結構時間がかかったけど、水族館の中をみてまわると、一周で2時間くらいだと思う。

とても混雑しているような写真になっているけど、水族館を見終わって、11時位に出てきたら、列はぜんぜん無くなっていたよ。

もし行くなら、開館直後の時間じゃなくて、少しずらしたほうが狙い目かもしれない。

駐車場の敷地がめっちゃ広いので、車で行っても大丈夫だ。

長い前置きはこれぐらいにして、水族館の中をご紹介。

2015-07-26 09.39.43

まず、水族館に入って、すぐ目の前に入ってくる光景は、このイワシの群れだ。

イワシという魚は小さくて、高級な魚ではない。

でも、群れをなして泳ぐ姿は、この水族館のどの魚よりもキラッキラ輝いていた。

圧倒的な存在感があったのも、このイワシの群れで、この水族館の目玉の展示の一つだ。

動画でも撮影してみたよ。

2015-07-26 09.43.48

# 綺麗なイワシをみて、感動したおらが声を出しちゃってるけどご容赦。

本当にこのイワシは良かったなぁ。

そして、次に穴子をドドン!

2015-07-26 09.57.06

みっしり穴子。

どんだけ狭いところが居心地よく感じる魚なのだw

仙台は穴子料理が有名らしく、このあと、松島で穴子丼を美味しく頂いたのは別の話(→IG@imakakomi)。

魚って正面から見るとおもしろいよね。

続いて牡蠣!

2015-07-26 09.58.07

仙台は、牡蠣の養殖でも有名なところだ。

この後、松島で美味しくいただく予定でいたのだけど、穴子丼を腹パンパンに詰め込んでしまって、牡蠣を食べられなかったのは残念だ。

また、食べに行くけどね!

水族館は室内だけじゃなく、外でも展示していた。

2015-07-26 10.10.42

えーと、この魚の名前はなんていったかな?w

おらは、実は魚釣りとかは全然しないので、名前が覚えられないw

でも、泳ぐ姿、これまた綺麗だったなぁ。

展示だけじゃなくて、イルカやアシカのショーもやってるよ。

2015-07-26 10.17.01

すっごい人気があって、このショーを席に座って見ようと思ったら、結構前の時間から頑張って席取りをしないとダメかもしんない。

あと、最近、イルカのショーについては、色々と言われているけど、めちゃくちゃダイナミックな泳ぎが見られるのは、面白いよね。

イルカショーがダメだとすると、サーカスもダメだし、動物園もダメな気がするけども…。

次に、ウツボの水槽。

2015-07-26 10.22.38

ウツボって、すっごい怖いイメージの魚なんだけど、顎にエビがついてた。

これって、共生というやつだよね。

エビは、ウツボという強いものにぴったりよりそって守ってもらいつつ、ウツボの身体を掃除しているというアレ。

エビのハサミから、ちょっと散髪や髭剃りしてもらっているように、見えなくもないw

ついで、イロワケイルカの水槽から。

2015-07-26 10.30.39-3

写真で切り取ると、イルカと子供が、コンタクトしているように見えるけど…実際はぜんぜんだw

このイロワケイルカは、まあ、ものすんごいスピードで泳ぎまわっているのだよ。

それこそ、撮影するのが大変なくらいの、超スピード。

よくあれだけのスピード出してて、衝突しないものだと思うくらいの、暴走族だ。

あ、そうそう、水族館でのカメラの設定が、毎回よく分からず、撮影していたのだけど。

今回の旅で、ようやく分かった。

スポーツモードみたいな、シャッタースピードが速い方が、いいみたいだ。

シャッタースピードが遅いと、撮影しても手ブレブレがひどいブレ。

このイロワケイルカでは、さらに連写モードで撮影したくらいのスピード狂だった。

続きまして、みなさん大好きチンアナゴのコーナー。

2015-07-26 10.41.49

これは、おらでも名前を知っているぞ。

おらでも知っているくらいだから、水族館にきたみなさんが知っている。

大人も、子供も、おねーさんも、みんな大好き「チンアナゴ」。

みんなこの水槽の前で「チンアナゴ」「チンアナゴ」って連呼してたもの。

「ねーねー、おかーさん、チンアナゴー!チンアナゴいるー!チンアナゴ!」みたいに。

分解して並べ替えると「ねーねー、おかーさん、チンチン、アナアナ、ゴーゴー、いるー!」みたいな(悪意)。

てか、ぶっちゃけチンチンって言いたいんですかね?

ぐるっと水族館を一周したあたりで、また、例のイワシのスペースにでる。

2015-07-26 10.44.51

入口からみると、この水槽を見上げるカタチになり。

一周ぐるっと回ってくると、この水槽を俯瞰から、見下ろすような場所で見られる。

そして、いつ見ても、イワシの光はとても綺麗だ。

イワシやイルカほど、はでな動きはないけど、人気なのがクラゲ。

2015-07-26 10.49.58

半透明で、ゆらゆらしている姿は、なんだかわからないけど、癒される。

目も、口も、どこにあるのか、よく分からない姿だけど、水槽で見るとこれまた綺麗。

水族館をまわってくると、小腹も減ってくる。

フードコートからも、アシカが泳ぐ様が見られたりするのは面白かった。

2015-07-26 10.55.15

おらは、松島で穴子丼が待っていたので、このフードコートでは食べなかったのだけどね。

おみやげコーナーは人がいすぎて、混雑がハンパなかった。

この仙台うみの杜水族館は、オープン直後で混んでいるというのもあるだろうけど、おらはリピートするつもりだ。

それくらい、なかなか楽しい施設だった。

あと、この水族館をみていて『竜宮城』ってこんなかんじかしら?と思った。

ほら、よくみると『竜+宮城』っていう漢字からして、もしかして、『宮城』にあったりするのかもね!?

大人でも思いっきり楽しめた水族館でした。

ここに載せた以外に、水族館で撮影した写真は、フォト蔵にまとめてアップしてみたよ。

2015-07仙台うみの杜水族館 – 写真共有サイト「フォト蔵」
http://photozou.jp/photo/list/211238/8674217

広告