おなかの肉とおちんちん


おっす!おらダイエット真っ最中!

いきなり下ネタタイトルだけど、でも、ダイエットしているおらからすると、これも大事なことなので。

Bkf6iceCUAAiIno
引用:Twitter:亮太蝋

太っている人は、おちんちんが小さい。

小さいというか、おちんちんが、身体の中に埋もれる形になるので、表面上見えている部分が小さい。

氷山の一角というか(そんなスケールの話じゃないけど)。

本当はおちんちんがある部分も、肉で埋まっちゃうという。

大げさじゃなくて、おちんちんの根本が、肉で埋まってしまう。

そうだなぁ、3cmくらいは埋まっているじゃないかしら。

おちんちんの長さで、3cmの差は、かなり大きく違うと言ってもイイ。

日本人のおちんちんの平均の長さは、13cmだという。

もし、太っていて、3cm埋もれているとしたら、どうだろう。

10cmくらい、ということになり、これを他人と比較したら「小さい」となる。

また、太っていても、平均13cmあったとすると、どうだろう。

痩せていって、お肉が減っていって、3cm埋もれていた部分がプラスされたら、16cmだ。

これは、むしろ平均から比べて「大きい」と言える。

ダイエットでは、このおちんちんの長さが、痩せたことを実感できる一つと言える。

おらのおちんちんの長さが実際に何cmなのかは、ともかくとして。

また、おなかに肉がたくさんあると、おちんちんを見ようとした時に、目とおちんちんの間に、おなかがあって、おちんちんが直接見えないということもある。

埋もれるというのと別の話で、単純に腹の肉がジャマなのだ。

おしっこするときに、覗きこむようにしないと、よく見えない。

それが、最近では、ちょっと見えるようになってきた。

おらのおちんちんも、ちゃんとあったんだ!という。

そんなダイエットの話を、早朝の5時に書いている。

広告