運転するときの三〜五種の神器

おっす!おらレンタカードライバー!

一人暮らしをはじめてからは、マイカーを売ってしまったので、最近はもっぱらレンタカーだよ。

そんなおらが、運転するときの三〜五種の神器をメモっておくというもの。

三種の神器に絞り込めなかったという。

あと、神器でもなんでもないというのは、先にお断りしておこう。

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

仙台で運転したレンタカー:ヴィッツ

さて、さっそくだけど、おらが運転するときに、「コレがないと運転がギコチナイ」となるモノをあげてみよう。

  1. ガム
  2. 運転用のサングラス
  3. 飲み物
  4. iPhone(好きな音楽)
  5. 車に関するTシャツ

これだ!

★1:ガム

まず、ガムがないと、はじまらない。

ガムを噛むと集中力が増す(と信じている)ので、眠くなるのも防止できると思って、ガムを噛む。

マイカーだった時にはボトルでガムを用意していたけど、いまは、運転するたびに、何かしらのガムを用意している。

眠くなったら噛むのではなくて、運転するときには、常時噛んでいるのが基本スタイルだ。

★2:運転用のサングラス

おらは目が悪いので、普段メガネをしているのだけど、できれば、運転用のメガネに切り替えたい。

一応、普通のメガネでも運転は可能なのだけど、運転用のメガネはさらに軽くて、鼻周りや耳の部分も柔らかいのだ。

あと、メガネの上に装着するタイプのサングラスをかける。

眩しいのは運転の妨げになるので、シーズン問わずに、サングラスをかけて運転している。

★3:飲み物

運転中は、のどがなんだか乾く。

緊張した運転をするときには、特にのどが乾いてしまう。

その時にすぐに飲み物でのどを潤すことができると、運転中のストレスは減るのだ。

しかし、ここで「缶コーヒー」は、おらには鬼門だ。

お腹がゴロゴロピーしてしまう可能性が高いからだ。

普段、すぐにトイレにいけるところでコーヒーを飲むのなら、まだいいけど。

運転中ですぐにトイレにイケない状態では、死活問題だ。

できれば、水などの、刺激がなにもないものが一番望ましい。

★4:iPhone(好きな音楽)

いまのレンタカーには、USBのメスの端子が付いていることが多い。

そこに、自分の音楽プレーヤーをUSBケーブルで差し込めれば、好きな音楽のもとで、ドライブできるのだ。

そして、音楽の力は偉大だ。

音楽によって、運転のやる気メーターがあがることになり、長距離でも、イケイケノリノリで、イケちゃうのだ。

不思議と。

★5:車に関するTシャツ

これは、もう、まったく、趣味の話なのだけども、おらは、運転するときには好きなTシャツを身につけている。

車にまつわるものなら、なんでもいいのだけど、よく着るのは「マッハゴーゴー」のUTだ。

ある種の、おまじないグッズ的なものかもしれないが、「マッハゴーゴーのシャツ」を着ることで、運転がうまくなるようなイメージで、運転できるのだ。

うんこれ、マインドコントロールだこれ。

別に、シャツなんて何でもよくて、ヱビスビールでも、サッポロビールでも、アルコール関連のシャツでもいいのだけども。

なんとなく、車の絵柄が描かれたモノのシャツなどを着ることが多いかな。

Exif_JPEG_PICTURE

宮城で見かけたトレノ

◆他:なんとなく

★「ETCカード」って、マイカーを手放しても、なんとなく、更新して持ち続けている。

やっぱり、高速道路などで、ETCのレーンは便利だかね。

でも、この前、仙台の有料道路で、ETC使えないところがあって、「なんでだよ!」って思ったりしたけど。

★「はだし運転」も、本当に運転に慣れてない時にはよくやる。

これは、クツが無い分だけ、ダイレクトにアクセル・ブレーキの感触が足の裏に伝わって、イイ感じ。

長距離運転すると、ちょっと疲れるから、加減が大事だけど。

★まあ、気持よく運転できるならなんでも揃えたらいいんだけども、一番は「疲れている時に運転しない」が「★0の鉄則」ではあるのだけどね。

広告

サイボーグのゴーストは『目薬をさせ』と囁くか?

おっす!おら攻殻機動隊好きっ子。

JR東日本の車内広告で、攻殻機動隊とサンテPCとのコラボ広告が目についたのでメモ。

l_kk20150529_arise01
「攻殻機動隊 新劇場版」がサンテPCとコラボしてJRをハック! 俺たちの少佐が目薬をアピールするぜ – ねとらぼ

いや、これ、やっぱり狙いすぎてて、おかしいよ?

まず、士郎正宗だったら、こういうサイボーグって描くかなぁ。

って思ったんだけど、一瞬頭をよぎったのは、少佐ではなくて、アップルシードのブリアレオス・ヘカトンケイレスの方だった。

自分のアイカメラを、洗浄液を使ってクリーニングするのは、お茶の子さいさいな気がするな。

少佐に関して言えば、もし、「目薬をさせ」とゴーストが囁くのならば、それって、原作にものべられていた「幻肢の件」と同様だな。

事故などで、手がなくなってしまった人が、依然として、そこにあたかも手があるかのように感じて、痛がったり痒がったりするというアレが「幻肢」。

少佐の目が、生態系じゃない目を使っているとしたらの話だけど、それでも目薬って必要なのかしらね。

あと、このアライズの少佐って、こういう隙を見せない気がする。

もっとあとになって、人形使いと交差したあとの少佐なら、別だけど。