残業を当たり前にする職場に違和感


おっす!

おらノー残業デー大好きっこ。

いまの職場(フロア)にきて、10ヶ月あまり経つのだけど、どうにもこうにも、残業が慣れないのよね。

それまでのフロアでは、基本的に、オールウェイズ、ノー残業デーだったから。

しかし、いまは違う。

基本的に、残業デーだ。

残業を当たり前にするって、おらとしては「おかしい」と思っている。

または、残業しないとこなせないほどの仕事量が、割り当てられているのは、やっぱりおかしい。

それに対して、本来は、仕事の進捗を管理する上司が「この仕事のススメ方はおかしい」とか「一人あたりの仕事量が適切ではない」と判断するべきなのに。

そうはならない。

おらが、この職場(フロア)にやってきたときにくらべて、明らかに仕事の量が増えている。

しかし、給料は増えず、どんどん、モチベーションが下がってしまう。

残業は、二つに一つだ。

  • A:残業しないとこなせないほどの大量の仕事を、社員に割り振っている。=会社が無能
  • B:仕事量はたいしたことないのに、仕事のやり方が悪くて残業している。=本人が無能

残業している人がまわりにいるのをみたら、会社が無能か、残業している本人が無能かのどっちかだと思って間違いない。

よく、「成果主義」を持ちだして、残業を当たり前にさせている会社があるけど、それは、会社が無能。

効率よく働くことで「成果を上げる」ことを許さずに、過大なノルマを課していて、残業させることを強いるのは、一体どこが「成果主義」なんだ?

いまの「残業が当たり前」の環境は、どうにかして、打破していかなくてはならない。

広告