テロの殺害画像を見せる中学教師について


おっす!

おら名無し。

この手の話題は、ブログが険悪な感じになるから、あまり好きではないけども。

あえて。

phot-

栃木県(さくら市)と、三重県(大紀町)で、どちらも50代の教師が、授業中に「テロによって殺害された日本人の動画」を流したらしい。

なかなかにぶっとんだ教師がいるもんだ。

しかも、どちらも、50過ぎのベテランの先生がやっているというんだから…。

(,,゚Д゚)

もうちょっと「想像力」を働かせて生きて欲しいデス。

教壇ではなく、塀の中などで。

教師いわく「テロに屈しないために」とか、「許せない気持ちを感じて欲しかった」などと、教育的な理由から見せたらしいのだけど。

うーん、もうちょっと、考えて欲しい。

もし、テロによって殺害された映像をみることで、「テロに屈しない」とか、「許さない気持ち」を「教育」できるなのだとすると…。

想像してほしい。

たとえば、レイプの映像については、どうかね。

レイプの犯人が、女性をレイプするトコロを一部始終撮影していて。その動画の一部始終を、中学生の前で放映する。

泣き叫ぶ女性と、それを撮影するレイプ犯。

その映像を通して、教師は「レイプ犯に屈しないために見て欲しかった」という。

あるいは、「レイプ犯を許せない気持ちを感じて欲しかった」という。

もしも、そんな授業があったら、どうなのよ?

それって、教育的な理念とは、かけ離れているんじゃないのかね。

普通に、暮らしていれば、そのくらい、分かるのではないのかね。

「レイプ犯にレイプされる女性の姿」と、「テロの実行犯に殺害される男性の姿」。

どちらも、教育の現場で流す映像としては、相応しくない。

そうした「常識的な考え」というのは、50歳になっても分からないものなのかね。

そんな「常識的な思考」を分からない人が、「先生」として、人にモノを教えていて、いいのかね。

もしくは、普段は分かっているのかもしれないが、テロの映像に当てられて「怒りに我を忘れた」のかね。

怒りに我を忘れて、その怒りのままに、その怒りの元である映像を、授業に持ち込んでしまったのかね。

それこそが、テロの映像に屈しているのだよ。

怒りを生むために作られた映像によって、まんまと怒って、「テロは許せないからすぐに戦争だ!」ってなるのだよ。

テロも、レイプも、許せないのは同じだ。

しかし、その映像を見ることでしか、その気持を育てられないのかと言ったら、それは明らかに間違いだ。

広告