般若心経で述べられていないことを補完するテスト

おっす!おら般若心経すきっこ。

一つ前のエントリーに続けて、また宗教の話について。

長崎ランタンフェスティバル

とつぜんだけど、おらは西遊記が好き。

この写真は、長崎ランタンフェスティバルの準備の模様を撮影した一枚。

かっちょいい西遊記の一行がうつっている。

まだ会場は準備中だったため、コレ以上近づいて撮影できなかったし、実際にランタンとしての灯りがついたところを見られなかったのは残念。

ところで、西遊記は、天竺までありがたいお経をもらいにいくフィクションだ。

しかし、この話には元ネタがある。

実在の三蔵法師が、いまでいうと、中国からインドまでの道のりを旅して、インドで仏教の勉強をして、中国に戻ってきたっていう話が、西遊記の下地になっている。

そうして持ち帰った「ありがたいお経」のうちの一つが、「般若心経」である。

◆般若心経に何が書かれているか

般若心経を解説している本を読んでみると、人が苦しむのは、「自分」という存在がいるからだ、という。

自分を捨てることで、苦しみから開放される。それが悟りを開くということ、だと。

なるほど、わかったような、わからないような。

また、綺麗とか汚いとか、生きるとか、死ぬとかは、宇宙のレベルでみたら「何も足したり増えたりしていない」のと変わらない、と。

これも、また、なるほど、わかったような、わからないような。

そして、一つの疑問がわく。

自分という存在が苦しみを生むのなら、では、なぜ自分は生まれてきたのかな?

般若心経では、ここは答えてくれていない。

◆生まれてくる理由・生きていく理由

般若心経で述べられる真理は、主観をすてて「宇宙レベル・素粒子レベルで捉えれば、辛くなくなりますよ」というおしえだ。

では、そうした心になったとして、宇宙レベルでみたら、人が生きるとか、死ぬとか、些細なことに過ぎないという主観が身についたとして、ではなぜ生きていくのですか?

生きても死んでも、悲しむ必要がないなら、生き続ける理由はないんじゃない?

いよいよ、宗教の話っぽくなってきました(自分で言う)。

般若心経で述べられているのは「悟りをみにつけ心穏やかに生きよう」というスローガン。

しかし、般若心経だけでは、仏教の教えとしては、まだ足りない。

自転車の二つの歯車の一つが、般若心経でのべられる「主観をすてて心をなくそう」であり、真理だ。

そして、もう一つの車輪は「縁起」の話がある。

これは般若心経では、述べられていない。

ここから下は、おらの「人生観の一つ」を書いておきます。

宗教的な真理ではなく、個人的な主観からでた「縁起」の話です。

◆おらが生きている理由

宇宙レベルでいえば、おらが生きていても、死んでいても、なんら変わらない。

変わらないのであれば、いますぐに死んでもよさそうだし、生まれてこなくてもよかったのっではないか、と思ってしまう。

が、しかし、そうではない。

おらは「関係をもつため」に生まれてきて、いまも生きているのだと、確信している。

違う言葉でいうなら「自分以外のものに影響をあたえ」また「自分以外のものから影響を受ける」ために、生まれてきて、そして生き続けるのだ。

おらは毎日、動物にしろ、植物にしろ、たくさんの生き物をたべて生きている。

おらの命は、おらに食べられてしまった命のおかげで、生きている。

また、そうして食べられてしまった命もまた、それ以前になんらかの命の関係でもって、そこまで生きていた。

食物連鎖としての関係がなければ、ただの一瞬だって、生きていけない。

また、人間関係の連鎖にしても、そうなのだ。

おらの両親の関係がなければ、おらは生まれていないし、そのまた両親の両親の関係、もっと前の関係からして、つながっている。

また、この先もつながっていく。

おらが、たとえ、誰かと結婚できないまま、死ぬことになったとしても、「関係は生まれて」いる。

おらの、この文章を読んだ人の脳には、何らかの「意識の変化」があるかもしれない。

たった、それだけのために、おらは生きているということだって、言えなくはないのだ。

宇宙の全てを俯瞰してみたら、プラスマイナス0でしかない、のが真理(客観的事実)。

しかし、それでも人が生まれて、生き続けたのち、死ぬのは、それは「縁起のため」で、これが主観的事実であり幸福である。

客観的にみて、感情をコントロールするために、般若心経をとなえ。

また、主観的にみて、誰かと関係をもつために、日々「縁起に感謝しながら生きる」のが、幸福なのだ。

よし、うまく、宗教チックなオチがついた!

広告

宗教が伝えたい真理は「生きろ」と「眼鏡」

おっす!おら般若心経すきっこ!

といっても、仏教徒として、清く生きているわけじゃないんだけどね。

エロ大好きだし、お酒もすきだ!博打はやらない。

なんやかんやあって、宗教について、考えたので、いまのスタンスで書いてみる(重いテーマか?)。

Sagrada_Familia_02

先日、長崎美術館で『特別展 建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦 -シンクロする創造の源泉』をみてきた。

とても、とてもおもしろかった。

ガウディは、この写真「サグラダ・ファミリア大聖堂」の建築家として有名だ(31歳から、この建築に携わっていたとは!)

「サグラダ・ファミリア」はあまりに巨大な建造物なので、建築が100年以上たっても、いまだに完成していないの。

まだ完成していないのに、すでに修復作業もはじまっている。

あまりに、建築の年数が経っているので、新築現場と、補修現場が同居しているという建物なんだそうな。

美術館の解説によると「生と死がせめぎあっている姿のような建造物だ」という言葉が印象的だった。

大聖堂というくらいだから、キリスト教の教会なのだけど、世界にはキリスト教以外にも、たくさんの種類の「宗教」がある。

おらは「宗教」は、人に望まれて、生み出された「発明」だと思っている。

神様が世界を作ったのではなくて。

辛い現実世界を生きるために、人が神様を「発明」したと思っている。

そう、この世で生きていくのは「辛い」のだ。

あまりに、辛すぎるのだよ。

「生老病死」から逃れられる人間は、誰もいない。

「生まれちゃった」ことから始まる、4つの大きな苦しみは、死ぬまでエンドレスに続く。

そうした「辛い人生」の人は考える。

ともすれば、「なんで、こんなに苦しいんだよおおおおおお!!!!!!はやくゴールしたい=死にたい」と考える。

そこに、歯止めをかける「発明」が「宗教」だと、おらは思う。

みんなすぐに「死にたく」なったら、この世で生きていく人がいなくなる。

死にたくなるほどの辛い現実を、どうやって受け止めたらいいですか?という悩み・質問に答えるすべが、宗教だ。

宗教の真理は「生きろ」につきると思う。

辛い、辛い、辛い、という人たちに対して、なんとかして「生きろ」というメッセージを伝えるために、宗教はある。

もし、「生きろ」ではなく「しね」という宗旨がある宗教があったら、それは、おらの考える「本来の宗教」とは別の何かだ。

まがい物だ(断言)。

「生きろ」が宗教の本質である。

そして「どうやって生きるべきか」について、様々な解釈があり、その解釈の分だけ宗教が存在する。

日本人は、無宗派が多いので、「宗教=あやしいもの」と考えてしまうけど。

「辛い現実」だと感じる世界を、「辛くない世界」に変えるのは、物理的な面と、精神的な面を変えていくことが必要だ。

捉え方を変えると、見える世界が変わる。

その捉え方に強制的な補正を加えるのが「宗教」だと思っている。

目が悪い人に、眼鏡をかけるようなものかな。

ただし、自分にあっていないという宗教は、すぐに身を引くべきだ。

度数があってない眼鏡は、余計に身体に悪い。

また、裸眼でも、ものがよく見える人には、眼鏡が必要ないのと同じように。

宗教が必要なくても、生きていくこともできる。

ただ、宗教の面白いところは、「人生の捉え方について」何千年もかかって到達した「考え方の一つ」なので、とても「参考になる」のは間違いない。

自分でいまから、何千年も「生きていくってなんじゃろな・辛いな」と悩んで考え続けるよりも、もうすでにそうして悩んで悩んで悩みぬいてきた人たちが作ってきた「宗教=世の中を見るときにかける眼鏡」は、参考になるのだよ。

まあ、おらとしては、そうした「宗教」は、あってもなくてもあまり不便は感じない、平和なところで生きているのだけど。

この先、戦争が起こるとなると(もうすでに戦中かもしれないが)、話は変わってくるかも知れないけども。

Mですか?Sですか?って簡単な質問じゃねーぞ

おっす!おら性的には自称ノーマルを自負している!

ネットの記事で、

「SかMか聞いてるのにNとか答える人が苦手。」
【手で食えブタ野郎】熱々シーフードを手づかみで食す! | キタコレ!

とか語る女性記者のコメを読んだので、その勢いでエントリーを書いてみる。

北斗の拳のハート様は美少年だった
(画像:ログ速)

◆Mですか?Sですか?って簡単な質問。じゃねーぞ。

SMのプレイよろしく、S(サド)か、M(マゾ)か、っていう話はよく目にする。

目にするが、その語源を知らないで使っている人もいるんだろう(参考:あなたはS?M? 「サド」と「マゾ」のルーツ)。

おらは、「虐待を相手に与えて、性的興奮を感じたりはしない」ので、つまりSではない。

いっぽうで、逆に、「相手から虐待を受けて、それを快感に感じる傾向もない」ので、つまりMではない。

つまり、SでもMでもない、というのが基本スタンスだ。

おらは、自称N(ノーマル)でしかない。

軽々しく、「自称Sなんです」とか、「Mなんです」と言っちゃうのって、どうなんだろうな、と思う。

◆風俗での自称ドMは危険が危ない

SかMかで、それが問題になってくるのは、性的な興奮に関係するときの話。

風俗店などでは、「自称ドM」な女の子が、危険な目にあうということもあるらしい。

風俗では、インタビュー記事などで、女性を紹介してお客さんを呼び寄せることがあるのだけど。

そこで「自称ドM」と女の子がこたえて、それをそのまま記事にしちゃうのは、よく考える必要があるそうだ(風俗ライター曰く)。

なぜなら、「自称ドMの女性」の記事を読んで、その人に興味を持つのは「ドSの男性」だからだ。

この男性が「真性ドS」だった場合は、相手に虐待を加えて性的な興奮を得るタイプである。

そのような「真性ドS」の男性が、「自称ドM」の女性にあたった場合は、危険が危ないのだ

つまり「真性ドS」の男性は、女性を殴打したり、レイプまがいなことをして、性的な興奮を覚えるのだけど。

そうした行為ができる女性を探して、風俗記事を読み、「ドM」な女の子を発見するわけなのだけど。

プレイがはじまって、男性は女性に対して殴打して、女性が泣き叫ぶことで興奮を得るような「ド変態」だったりする。

それも、了承の上で、お金を払ってプレイしていると、男性は思っている。

でも、女性は「自称ドM」なだけで、「真性ドM」じゃないと、普通に虐待されているだけになる。

「なんちゃって自称ドM」の女性は、性的な興奮を得られることはなく、ただただ危険が危なく、ピンチな状態でしかない。

プレイでも何でも無くなってしまい、それは一方的にレイプだ。

逆に、「なんちゃってドM」の男性客が、「真性ドSの女王様」にあたって、ピンチになることもあるだろう。

「Mですか」「Sですか」という質問と回答は、相手が「真性の人」だった場合、うかつな発言により、自分の首を絞める行為なのだ。

◆焦らしプレイはSかMか?

風俗店じゃないとしても、プライベートでのエッチな話も、同様に「S・M」が混同されている気がする。

「責めるプレイはS」「受けるプレイはM」と思われがちだが、それは違う。

本来の意味ではSにしろ、Mにしろ虐待レベルの苦痛が伴うプレイだ。

そうした虐待レベルの苦痛が伴わないなら、SでもMでもないと、おらは思う。

普段の会話で「S/Mですか?」という質問をする人は、「責め重視・受け重視か」という内容と混同しているような気がする。

しかし、この二つの質問の意味する(1)「S/Mですか?=虐待レベルで性的興奮するなら、S側ですかM側ですか?」という質問と、(2)「責め重視・受け重視」かどうかは、本来はまるで違う次元の話である。

また、責め、受けについてみても、これが肉体的なものと、精神的なものの組み合わせがあるので、難しい。

  1. 肉体的に責めるのが好き(肉・責)。精神的には奉仕される側が好き(精・主)。
  2. 肉体的に責めるのが好き(肉・責)。精神的には奉仕する側が好き(精・従)。
  3. 肉体的に受ける側が好き(肉・受)。精神的には奉仕される側が好き(精・主)。
  4. 肉体的に受ける側が好き(肉・受)。精神的には奉仕する側が好き(精・従)。
  5. 肉体的に何もしたくない(肉・マグロ)。精神的にも何も感じない(精・マグロ)。

5は、例外的に「マグロ」かもしれないが。

ケース・バイ・ケースなのだけど、たとえば、一方的に焦らしプレイをする男性(責め)がいたとして、それは上記のうちどれなのだろうか。

1なのだろうか、それとも2なのだろうか。

受けている女性は、3なのだろうか、4なのだろか、もしくは5なのだろうか。

3の場合、口では「ご主人さまぁ」とか言いつつも、精神的には「主」であったりして、肉体的・精神的な面をあわせると、どちらがご奉仕されているのか分からなくなる、という可能性も…。

◆結論:相手を選んでマッチング

結論としては、相手を選んでマッチングが必要だということ。

「真性ドM」の人にとっては、「なんちゃって自称ドS」のプレイはぬるすぎるだろうし。

逆に、「なんちゃって自称ドM」の人にとっては、「真性ドS」の人のプレイは、虐待そのものだろうし。

軽々しく、「アナタはSですか?Mですか?」という質問をすることと、それに対する回答によって、のちのち「こんな筈でなかった」とお互いがならないことを。

ハッピーバレンタインの翌日に、妄想した独男(‘A`)。

テロの殺害画像を見せる中学教師について

おっす!

おら名無し。

この手の話題は、ブログが険悪な感じになるから、あまり好きではないけども。

あえて。

phot-

栃木県(さくら市)と、三重県(大紀町)で、どちらも50代の教師が、授業中に「テロによって殺害された日本人の動画」を流したらしい。

なかなかにぶっとんだ教師がいるもんだ。

しかも、どちらも、50過ぎのベテランの先生がやっているというんだから…。

(,,゚Д゚)

もうちょっと「想像力」を働かせて生きて欲しいデス。

教壇ではなく、塀の中などで。

教師いわく「テロに屈しないために」とか、「許せない気持ちを感じて欲しかった」などと、教育的な理由から見せたらしいのだけど。

うーん、もうちょっと、考えて欲しい。

もし、テロによって殺害された映像をみることで、「テロに屈しない」とか、「許さない気持ち」を「教育」できるなのだとすると…。

想像してほしい。

たとえば、レイプの映像については、どうかね。

レイプの犯人が、女性をレイプするトコロを一部始終撮影していて。その動画の一部始終を、中学生の前で放映する。

泣き叫ぶ女性と、それを撮影するレイプ犯。

その映像を通して、教師は「レイプ犯に屈しないために見て欲しかった」という。

あるいは、「レイプ犯を許せない気持ちを感じて欲しかった」という。

もしも、そんな授業があったら、どうなのよ?

それって、教育的な理念とは、かけ離れているんじゃないのかね。

普通に、暮らしていれば、そのくらい、分かるのではないのかね。

「レイプ犯にレイプされる女性の姿」と、「テロの実行犯に殺害される男性の姿」。

どちらも、教育の現場で流す映像としては、相応しくない。

そうした「常識的な考え」というのは、50歳になっても分からないものなのかね。

そんな「常識的な思考」を分からない人が、「先生」として、人にモノを教えていて、いいのかね。

もしくは、普段は分かっているのかもしれないが、テロの映像に当てられて「怒りに我を忘れた」のかね。

怒りに我を忘れて、その怒りのままに、その怒りの元である映像を、授業に持ち込んでしまったのかね。

それこそが、テロの映像に屈しているのだよ。

怒りを生むために作られた映像によって、まんまと怒って、「テロは許せないからすぐに戦争だ!」ってなるのだよ。

テロも、レイプも、許せないのは同じだ。

しかし、その映像を見ることでしか、その気持を育てられないのかと言ったら、それは明らかに間違いだ。

お財布とパスケースを買ったのだ

おっす!おらななし!

ずっと使ってきたお財布の、ジッパーのところが壊れちゃったのね。

だから、新しいのを買ったよ、という日記。

ちなみに、古いお財布から、新しいお財布へ移行しようとしたら、中身が入りきれなかったっていう。

だから、パスケースも一緒に新しくして、お財布の中身の一部を、NEWパスケースに入れることにした。

まずは、今までのお財布とパスケース。

club jurdain の財布とITALY LEATHERのパスケース

Club jurdain の財布とITALY LEATHERのパスケース

もう、何年か使っているので、どちらもだいぶクタっている。

続いて、今日、新しく買いそろえたお財布とパスケース。

無印良品のお財布と、Paquet du Cadeauのパスケース

無印良品のお財布と、Paquet du Cadeauのパスケース

うん、まったくもって、おっさんらしくない品だ。

左のお財布は、無印良品『ヌメ革パスケース付二つ折り財布』。

その名のとおり、ヌメ革なのが気に入って選んだ。

ただし、少しカード入れの容量が小さいのが、マイナスポイントかもしれない。

店頭では、ケースに入れられていたので中身まで確認できなかったので、まあ、仕方ない。

右のパスケースは、Paquet du Cadeau『世界の人々 パスケース』。

たまたまよった雑貨屋さんで、目に止まったので、衝動買い。

もうこれ完全に女子用ですわ、本当にありがとうございます。

ちなみに、柄違いで、「アメリカ人のカウボーイが銃を構えている」のと、「イギリス人の近衛兵が銃を構えている」のがあったのだけど。

そんな物騒な柄は、持ち歩きたくなかったので、「フランス人がラインダンスでスカートをヒラヒラさせている」のを選んでしまった。

機能的には、内側にキーリングが付いているので、鍵の持ち歩きにも便利そう。

のびーるチェーン

のびーるチェーン

買った時には気づかなかったのだけど、このゴールドのチェーンはリールになっていて、伸び縮みできちゃうらしい。

まあ、スーツ姿でコレを持ち歩くって、それはどうなの?っていうのはあるのだけど。

ほら、遊び心が大事だ!、というイイワケで、これを使ってみちゃうのよ。

個人的に満足だから、いいんだもん。