東京のソウル・フードってなんじゃろね?

さっき、今年最後の、ご飯を作った。

そこで、ふと思った。

はたして東京のソウル・フードってなんじゃろね?

as promised, the main food table
By kweez mcG

おらは、東京生まれの、東京育ちだけど。

父親と母親はそれぞれ他県の生まれなので、「東京のソウル・フード」というのを、よくわからないでいる。

「県民食」というか、この地方に生まれ育ったら、これだろ!っていう食べ物が、東京には無いような気がする。

あるのかもしれないが、おらにはよくわからない。

栃木なら、宇都宮餃子とか。

山形なら、芋煮会とか。

山梨なら、ほうとうとか。

北海道なら、海の幸とか。

じゃあ、東京といったら…。

うん、なんだろう?

たとえば、他県から東京に遊びにきた人と一緒にごはんを食べるとき、「東京のソウル・フード」は何を食べたらいいんだろう?

★1: 東京の味は地方の味?

東京には、それこそ、色んな地域の美味しいものが集まっている。

レストランやグルメ番組でも、東京のお店が取り上げられることは多い。

だけれども、「本場」は、また別の場所だったりする。

「美味しいイタリアンレストラン」があっても、その料理の本場はイタリアだし。

「美味しい焼き肉のお店」があっても、それは韓国が本場なのだろうし。

「美味しいフレンチ」はフランス料理だし。

「美味しいお酒が飲める店がある」といっても、それは東京で作っているお酒ではないでしょうし。

ありとあらゆる料理が食べられるのだろうけど、「ありとあらゆる地方料理を、東京で食べている」のじゃなかろうか。

「東京のソウル・フード」や「東京の味」って、あるんかいな。

★2: 東京の味は、もんじゃ焼き(仮)

東京っていったらこれよ!ってなんだろうなー。

ムリヤリ思いつくものだとすると、「もんじゃ焼き」かしら。

うん、もんじゃ焼きは美味しいけど、あれって月島という限定された地域の料理な気がするのよね。

月島以外で、もんじゃ焼きを食べたことないし。

おらが、月島でもんじゃ焼きを食べたのは、三十路近かった気がするぞ。

それが、ソウル・フード、と言っていいのだろうか?

★3: あっちとこっちの地方料理をリミックス

もんじゃ焼きを横においておいたとして、他の東京ならではの料理…なんじゃろか。

あれか、リミックス料理なのかな。

あちこちの美味しい地方のお店が集まってくる街、東京。

そうして、あちこちの地方料理が、東京の中でミックスされて、あわさって、リミックスされてできた料理。

いいとこ取りして、まぜて作った新しい料理が、「東京の味」なのかしら。

ほら、創作料理屋とかって、和洋折衷だったりするでしょ。

「○○料理の革命」って、なかをあけたら、あっちの地方とこっちの地方をごっちゃにした料理だったりするし。

中華と和風をあわせた、とか。

フレンチと懐石料理をミックスさせた、とか。

あれとこれと、ごちゃごちゃまぜて、ぐるぐるーってしたのが「東京の味」ってことでいいのかな。

★4: もんじゃ焼きでいいんじゃね?

どこの地方の、どこの食材かは知らないし、それが地図上でどこかも分からないけど、まぜて作ってみた!っていう。

ぐるぐる混ぜた料理が、「東京の味」だとするとだよ。

これって、「もんじゃ焼きの作り方」と同じかも!?

ぐるぐるごちゃまぜして、なんだか原型はよく分からないけど、できあがって食べてみたら、美味しかった。

みたいな。

やっぱり、他県の人と東京ならではのごはんに行くなら、もんじゃ焼きに連れて行ったらいいんだね。

うん、納得。

「もんじゃ焼き」が東京の味ってことで、仮にもし他県の人とデート的なごはんだったとしても、いいんだよね。

大丈夫だ。問題ない。

2014年の目標をふりかえる大晦日

おっす!おらナナシ。

2014年も、残すところあと、13時間くらいとなりました。

そこで、2014/午年、の目標を、振り返っておこうと思う、今日このごろ。

さて、1月にたてた目標は、どうだったのか!!?

Rodeo Trail Ride
By Texas.713

それでは、1月にたてた目標を振り返ってみよう。

今年の目標を1月のうちにやっておこう | 774no874

◆身体

  •  1. 柔らかくなる(前屈とか股割りとか)→【☓】ぜんぜんかたい
  •  2. 腹筋を割る→【☓】全然ぶよぶよ
  •  3. 痩せる(具体的には72kg)→【☓】むしろ10キロ多い

◆食事

  •  4. 腹をいっぱいにしない(腹八分)→【☓】つねに全力でまんぱん

◆学習

  •  5. 字を綺麗に書く→【☓】自分の手帳の文字の判別むずかしい
  •  6. Mac で英語を勉強して話せるようになる→【☓】あいきゃんのっとすぴーくいんぐれっしゅ

◆旅

  •  7. パスポートを取得する→【☓】海外は北海道だけだった
  •  8.  家族(親)に、旅のプレゼントをする→【☓】まったくもって自分の旅行しかしてない

◆生活

  •  9. 収支のバランスを改善する→【☓】消費税の増税マジつらい

◆ネット

  •  10. 西遊記のブログを立ち上げる(更新する)→【△】1ページは作ったけども、更新全然してない。

★結論:0勝-9敗-1分

ひどい。

あまりにもひどすぎる結果に、2014年を振り返らなければよかったと思うくらいだ。

思うに、1月にたてた目標を、常に意識して、生活しているかどうか、というのが問題なのではなかろうか。

毎日見る場所に、これらの目標を掲げていないと…。

12月31日になって、あわてて、1月にたてた(それも1月31日にたてた)目標を振り返るようでは、遅い。

あまりにも、遅すぎる。

こうして、年齢を重ねても、何も、達成できない気がする。

なので、来年は、すぐに目標をたてて、すぐに、とりかからねば!と思ったしだい。

お、なんぞ、新年の抱負っぽい。

うん、大晦日だけど。

それでは、来年も、よろしくお願い致します。

2015年のほぼ日手帳(MOTHER2 Onett)のよいトコロ

おっす!おらメモ魔。

なんでもかんでも、メモするのが好きだよ。

そんなおらは、手帳とメモ帳を、いつも持ち歩いている。

すでに、2015年の手帳とメモ帳についても、思いを馳せまくっている(2014年の手帳セットと2015年の手帳への妄想)。

その中で、『MOTHER2 Onett – ほぼ日手帳 2015』が手元に届いたので、メモしておきたい。

2014-12-13 09.22.42-1

ここ数年は、ほぼ日手帳をやめていたのだけど、まんまとMOTHERにつられて、購入してしまった。

まあ、買ったのはカバーだけで、中身は無印良品の『上質紙滑らかな書き味ノート』を使っていく予定なのだけど。

2014-12-13 09.29.47

右にあるのが、無印良品の『上質紙滑らかな書き味ノート』に、ほぼ日手帳のカバーはぴったりのサイズだ。

しかし、見てもらいたいのは、カバーの自慢ではない。

一番、2015年の『ほぼ日手帳』が変わった最大のポイントは、下敷きなのだ!

おらは、2012年に『ほぼ日手帳の下敷きは、下敷きの要素を満たしていないので、2013では改良して欲しい、という感想(長文)』という記事を、はてなダイアリーに書いた。

そう、以前の下敷きは、ノートのページの大きさよりも、下敷きが小さいという「不具合」があったのだ。

これが、2015年の下敷きは、大きくなったのだ。

2014-12-13 09.30.23

左(←)のが2015年の下敷きで、右(→)の2012年の下敷きだ。

これを重ねて見てみよう。

2014-12-13 09.30.48

すぐに分かるように、2015年の赤い下敷きが大きくなっている!

2014-12-13 09.30.54

これ、この通り、大きくなっているよね。

2014-12-13 09.32.19

下敷きとして使ってみようとすると、このように、紙よりも下敷きが大きい。

下敷きが紙より大きいのは、当然のコトなのだけど、これが下敷きが小さかったのが、2014年までの下敷きだったのよ。

2014-12-13 09.32.45

紙よりも、下敷きが小さくて、使う度に「コレジャナイ感」がすごくて、わざわざ新しく下敷き買い直したもの。

2015年の下敷きなら、新しく下敷きを買い直す必要はないね!

2014-12-13 09.34.46

ほぼ日手帳のカバーは、LAMYの万年筆をさしてもピッタリくるのよね。

おらは、このセットで持ち歩くぞー。