収集した画像をMacで埋もれさせない方法


おっす!おらおっぱい&ぽっちゃり好き!

ぽっちゃり女性が好きだし、ぽっちゃりおっぱいは大好きだし。

そういうアレな趣向なので、たまに、おっぱい写真集をダウンロードしたりしている。

もちろん、ちゃんとおっぱい料金をはらってダウンロードしているのであるが、それはともかく。

(おっぱい)画像をMacで埋もれさせない方法について。

allaitement
By Breastfeeding Older Children

やり方はかんたんで、壁紙の設定で、フォルダ単位で指定をするだけ。

デスクトップ > デスクトップのバックグラウンドを変更

とすすんだら、火を吹かせたい画像フォルダを選択する。

この時に、15分おきに自動でピクチャが変わる設定にするのをオススメする。

すると、「あら不思議!」お気に入りの画像が、どんどんと壁紙に登場するようになる(不思議じゃない)。

忘れていたようなおっぱい写真や、かわいい写真に、ふとした時に出会えたりする。

ここで注意しておきたいのは、このMacを家族と共有していたり、Macをのぞきこまれたりするときには、気をつけたほうがよいと思う。

また、Macのバージョンを、Yosemiteにアップデートしておくと、なおいいと思う。

その理由は、Yosemiteだと、画面がロックされたときに、デスクトップはモザイクというか、すりガラス調になるからだ。

それ以前のバージョンのMacだと、ロック画面はデスクトップがまんま表示されてしまうので、かりに「おっぱいデスクトップ」でロック画面になると、うっかり家族に見られてしまうということもありうる。

Yosemiteならば、そのあたりも安心だ。

まあ、すりガラス調なので、薄めで見たら「裸体だろ」と分かるかもしれないけども。

広告