ポメラ(DM10)とMac OSX 10.9.4が接続できた


おっす!おらポメラニアン。

キングジムのポメラを使う人のことを、ポメラニアンというらしい。

とりあえず、タイトルのまんまの記事を投入。

2014-09-13 17.29.08

★環境>

  • ポメラ(DM10)- バージョン1.3
  • Mac(MacBookAir)- OSX 10.9.4
  • USBケーブルにより、ポメラとMacを直結。

★接続手順>

  1. Mac起動
  2. ポメラ起動
  3. MacとポメラをUSB接続する
  4. ポメラのメニューからPCリンクを選ぶ
  5. しばらくするとMacのデスクトップに、UntitledとNO NAMEという二つがマウントされる
  6. NO NAMEの中身が、ポメラのMicro USBで保存されたファイルだ(スクショ参照)

ちなみに、ファイルの中身は、標準のテキストエディタで表示できた。

ファイル名も、日本語でも特に文字化けしないみたいだ。

★解除手順>

  1. UntiltedとNO NAMEをアンマウント
  2. ポメラの電源オフ

★苦戦したところ>

最初、マウントはするものの、ファイルを読み込むことができなくなった。

Finderを落としたら、Macが固まったようになるし。

Macの電源ボタンを押しても、なかなか電源が落ちてくれないし。

ぐぐってみると、Macとポメラを接続できたという記事は、結構前(2009年)くらいだったので、ひょっとして、今の最新のMac OSXではムリなのかなと諦めかけていた。

ちなみに、スクショには、諦めかけたことを、ポメラ上で書いていたことも含んでいる。

コツは、ダメでも何度も試すこと(なんだそりゃ)。

とにかく、これで、ポメラの寿命が伸びた。

もし、これで、Macと接続できなかったら、おらの中では処分対象に一歩前進していただろうな。

広告