兵器をカッコイイと思う気持ち


おっす!おら戦争反対者!

唐突だけど、掲題の件で思うことがあって、メモしておく。

war on Kegelgasse
By Camil Tulcan

おらは、戦争する気はまったくなくて、戦争反対な立場だけど、でも、二次元世界に出てくる兵器を「かっこいい」と思う感覚って、なんだろう?

最初にいつ「芽生えた」のかは覚えてないけど、ガンダムやら、ロボットアニメやら、なんやらかんやらを「かっこいい」と思ったことはある。

いまだと、艦これは、「兵器」でもあり「女の子」でもあるというアレで、「かっこいい」のか「かわいい」のかっていうのはあるけども。

ともかく、おらは、二次元の兵器に対しての気持ちと、三次元の兵器に対しての気持ちは、別物だ。

うん、三次元の兵器を「かっこいい」と思う感覚は、ちょっと理解できない。

自分に理解できないものは「こわい」という感覚になってしまいがちだけど。

同じように「三次元の実際の兵器をみてかっこいい」という意見のひとは、おらには「こわい存在」だ。

こわいな。

「兵器をみてかっこいい」という感覚は、同じように「人を殺すための機械をみてかっこいい」と言ってるのと、大差がない。

たとえば、電気椅子をみて「かっこいい」とか。

ギロチンをみて「触ってみたい」とか。

ガス室をみて「すてき」とか。

そういうのと、おなじ感覚に、おらには感じる。

こわい。

それでも、そういう人が、まわりには「わりとけっこういる」のだよね。

そういうやり取りを目にするたびに、こわいと感じる。

嬉々として兵器を撮影する気持ちは、理解できない。

ホラーゲームや、ホラー映画を楽しんでいるのよりも、リアルな兵器をかっこいいと言う感覚を持ってる方が、おらにはずっと理解できないし、よっぽどこわい。

広告