クツの捨てどきっていつなんだぜ?


おっす!おらナナシ!

いま、おらのクツ、こわれてんだ。

しかし、クツの捨てどきがいつなのか分からずに悩んでいる。

そんなエントリー。

Exif_JPEG_PICTURE
By ドラゴンボール (巻3)

ドラゴンボールの孫悟空のように、クツがパカパカにぶっこわれていれば、おらも捨てやすいのだけど…。

いまのおらのクツは、クツの裏側が、だいぶ磨り減っている。

すり減っていて、底のグリップ力(滑らない力)がだいぶ弱まっている。

そして、ついに、クツのゴムがぺろっと一部がめくれている。

でも、だが、しかし。

捨てどきが、よく分からない。

もう、とっくに、新しいクツは買っていて、いつでも、履き替えることはできるのだけど。

それでも、古いクツを履いている。

理由は「クツがまだ履けるから」だ。

いまのところ、クツの底がすり減っている以外では、まだ履けそうなんだよね。

また、おらは クツを修理に出したことがないのだけど、クツの底を張り替えたら「さらに履ける」気がする。

しかし、そこまで手をかけて修理するほど、お高いクツだったわけでもないし。

一方で、もう、十二分にもとはとったので、クツを成仏させてあげても、よい気もする。

また、すり減ったクツで、雨の日に歩くのは、危ないという面もあるし…。

でも、雨の日に、新しいクツをおろすというのも、それはそれで、勇気がいるんだよね。

いっそ、悟空のクツのように、自分でぶっこわして、踏ん切りをつけるのがいいのかな。

よし!9月2日は「クツの日」だというので、この日を境に、新しいクツに切り替えよう!

って、もう、今日は、9月3日じゃん!

広告