2014年の手帳セットと2015年の手帳への妄想

おっす!おらメモ魔!

9月に入り、そろそろ、来年(2015年)の手帳がほしくなってきたよ。

その前に、自分にとっての2014年の手帳の使い方を見直しつつ、使いたい手帳を妄想してみよう。

2014-09-03 21.03.42

2014年、おらの手帳&ノートは、次のようなものを使っている。

左から順に

  1. [B6サイズ] 高橋書店:No.358 シャルム(R) 8 <ネイビー> / 公式サイト
  2. [A6サイズ] コクヨ:システミック ノ-659B-4 / 公式サイト
  3. [A6サイズ] 無印良品:上質紙滑らかな書き味のノート A6 / 公式サイト

では、その使い方やオススメポイントをメモしておこう。

◆高橋書店:No.358 シャルム(R) 8 <ネイビー>

出会いのきっかけ:2013年9月12日に、旅先である熊本でボールペンを無くしてしまい、やむなく入った文具店で、一目惚れして購入。

使い方:

  • スケジュール管理
  • 体重管理、歩数管理
  • 旅のときに持っていくものリスト
  • 家族の連絡先(アドレス帳)
  • 路線図はほぼ日手帳のを購入
  • 下敷きを購入
  • 筆記具は4色ボールペン

気に入っているポイント:

  • 週間予定が、バーチカルで、7時から22時まで記入できる
  • 週間予定が、30分単位で記入できる
  • 週間予定が、土日も同じスペースである
  • 月間予定と週間予定が、セットになっていて、使いやすい
  • メモスペースが多めについている

一目惚れして購入したのだけど、本当に買ってよかったと思う。

まず、欠点らしい欠点がないところが、とても素晴らしい!!

使えば使うほど、「よく考えられて作られている」ことが分かる。

バーチカルの部分だけみても、上記の条件がクリアできる手帳は、まあ、他ではお目にかかることができない。

以前、同じようなバーチカルタイプのものとして、『ほぼ日の週間手帳』というのを使っていた。

しかし、シャルムと比べると書くスペースが狭くて、方眼紙の目も小さく、使い勝手が悪くて、途中で使うのをやめてしまった。

シャルムと比べると、使い勝手に大きな差があるのが分かる。

◆コクヨ:システミック ノ-659B-4

出会いのきっかけ:無印良品のノートのカバーを探していて見つけた。

使い方:

  • 無印良品のノートのカバーにしている

気に入っているポイント

  • 手に馴染むところ
  • カバーにゴムがあるので、ノートがカバンの中で開かない
  • しおりが2本ついている

これは、実際のところ、ノートカバーであって、これだけではメモをとることはできない。

でも、このノートカバーがあるおかげで、ノートを保護することができて、とても気に入っている。

◆無印良品:上質紙滑らかな書き味のノート A6

出会いのきっかけ:万年筆(LAMY)で書いた時に、しっくりくるノートを探していて。

使い方:

  • 思いつきメモ(なんでも)
  • 料理
  • らくがき
  • 日記
  • 小さい紙を貼る(切符、旅の思い出、チケット類)
  • 下敷きを購入
  • 筆記具は万年筆が基本

気に入っているポイント

  • 万年筆で書いた時に気持ちが良い

とにかく、万年筆で書くことが前提でノートを選んだ。

このノートの前には、よくあるキャンパスのノートや、無印良品の他のノートも試したけど、最終的に「上質紙滑らかな書き味ノート」が一番しっくりきた。

ちなみに、消費税増税前に、しこたま買い込んだ。

また、年間で、同じノートを何冊も使うことになるので、めじるしのために、よつばと!日めくりカレンダーを切り貼りしている。

ちなみに、2013年のときは最初は、背番号をつけていた。


By Whisky Milk Punch

◆2015年の手帳はどうする?

いまのところ、上記の3点セットで、全くもって完成されている感じがある。

ただ、一つ、大きく心を揺れ動かされているのは、ほぼ日手帳2015『MOTHER2 Onett』版だ。

zoom_1
By MOTHER2 Onett – 手帳ラインナップ – ほぼ日手帳 2015

あえて言おう。

反則であると。

糸井重里が、マザーシリーズの商品を出したら、それ「公式」だからね!

マザー公式で、手帳を作るとか、そんなの「欲しい」に決まってるじゃんね!

そりゃ、売り切れが二重に続いて、三回目の販売に踏み切るよね(9月10日)。

ぶっちゃけ、カバーだけ欲しいので、おらの使い方でいうと、システミックの代用品ということになるのかもしれない。

しかし、毎日マザーのカバーを持ち歩いたら、それはそれで、テンションあがりそうだな!(妄想)

広告

クツの捨てどきっていつなんだぜ?

おっす!おらナナシ!

いま、おらのクツ、こわれてんだ。

しかし、クツの捨てどきがいつなのか分からずに悩んでいる。

そんなエントリー。

Exif_JPEG_PICTURE
By ドラゴンボール (巻3)

ドラゴンボールの孫悟空のように、クツがパカパカにぶっこわれていれば、おらも捨てやすいのだけど…。

いまのおらのクツは、クツの裏側が、だいぶ磨り減っている。

すり減っていて、底のグリップ力(滑らない力)がだいぶ弱まっている。

そして、ついに、クツのゴムがぺろっと一部がめくれている。

でも、だが、しかし。

捨てどきが、よく分からない。

もう、とっくに、新しいクツは買っていて、いつでも、履き替えることはできるのだけど。

それでも、古いクツを履いている。

理由は「クツがまだ履けるから」だ。

いまのところ、クツの底がすり減っている以外では、まだ履けそうなんだよね。

また、おらは クツを修理に出したことがないのだけど、クツの底を張り替えたら「さらに履ける」気がする。

しかし、そこまで手をかけて修理するほど、お高いクツだったわけでもないし。

一方で、もう、十二分にもとはとったので、クツを成仏させてあげても、よい気もする。

また、すり減ったクツで、雨の日に歩くのは、危ないという面もあるし…。

でも、雨の日に、新しいクツをおろすというのも、それはそれで、勇気がいるんだよね。

いっそ、悟空のクツのように、自分でぶっこわして、踏ん切りをつけるのがいいのかな。

よし!9月2日は「クツの日」だというので、この日を境に、新しいクツに切り替えよう!

って、もう、今日は、9月3日じゃん!