アナタは優しい人ですね。と言われた時の返答にこまる。


おっす!おらやさしい悪魔!

悪魔だけど、たまに「アナタは優しいですよね」と言われたりスル。

この時の返答にこまってしまう。

たいていの場合は「そんなことないデス」とか、「全然、やさしくないデス」と答えている。

謙遜なのかというと、そうでもなくて、自分自身で「優しい」と思っていないから。

逆に「ええ、やさしいですよね」と返していたら、それはそれで、どうなのかとも思うけど。

いったい、どうこたえるのが、正解なんだろうか。

Friendly Face / 優しい顔
Masahiko Futami

おらが思うに、「アナタは優しいですね」と、最初に気づく人が、ずっと優しいのではないだろうか。

つまり、おらがやったコト=行為そのものは、どうでもよくて。

『おらがした行為を「優しさ」だと気づける人』が、すなわち優しいのだろうと思う。

ちょっとしたことを、優しいと感じるのは、優しさに敏感だからだ。

たとえば、おらが、Aさんに「ナニか」をしたとする。

おなじ行為の「ナニか」を、Bさんにもしたとする。

その時、Aさんは、おらに「優しいですね」と声をかけてくれた。

一方で、Bさんは、特に何も気づかないようで、声はかけてくれなかった。

すると、どうだろう?

おらの行為が優しいわけではないのがわかる。

この場合、Aさんが優しさに敏感なのか、あるいは、Bさんが優しさに鈍感なのか、ということになるだろう。

ということは、結論として、おらが優しいのではなく、声をかけてくれたAさんが優しかったわけだ。

これからは、「アタナは優しいですね」と声をかけられたら、すかさず「そう思う、アナタの方こそ優しいですね」と答えよう。

うん、きっと、これが正解なんじゃなかろうか。

広告