有名人による、エゴサーチRTが、よくわからない


おっす!おら名無し。

最近、有名人によるTwitterでのRTの使われ方について、疑問に思っていることをメモしておくよ。

◆有名人によるエゴサーチ

おらがフォローしている有名人は、エゴサーチをよくしている印象をもつ。

たとえば、有名人Xさんとしよう。

そのXさんは、Twitterでエゴサーチをしては、自分に対するツイートを探しだしているようだ。

ここまでは、分かる。

人気商売だから、自分のことが、どう評価されているのか、エゴサーチして気になっちゃう感じなのは、わかる話だ。

◆エゴサーチからのRTがわからない

そして、「Xさんのライブ素敵だった!」とか「Xさん、めちゃ可愛かった!」とか「Xさんの新刊買いました」などのツイートを見つけては、RTするのだ。

XさんのいちファンであるAさんや、BさんのツイートをXさんがRTするメリットが、どうしても見いだせない。

そこに書かれていることが、Xさんにとっても新鮮な驚きや発見につながるツイートなら、まだわかる。

でも、Xさんのことを、ただ褒めているようにしか思えないツイートを、RTするのは、なんなんだろう。

ともすれば、自画自賛ツイートなだけにも見えるわけで。

おらが、Xさんのファンだとして、おらにとってはAさんからみたXさんの評価は、まるでどうでもイイ話だし。

同じく、BさんがXさんを褒めたり、あるいはXさんの新しい何かを買ったよっていうツイートも、まるで同様に、どうでもイイ話だ。

Xさんは、ナニを共感してほしくての、RTなんだろう?

もしかして、XさんがRTしたAさんのツイートを、さらにファンがRTして拡散してくれることを期待しているのだろうか。

少なくとも、おらは、XさんがRTした自画自賛(?)ツイートを、さらにRT連鎖しようとは思わないんだけども。

広告