RICOH CX1の修理と相棒感


おっす!おらRICOHのカメラすきっこ。

先日、デジカメを修理に出して、今日もどってきたところ。

そこで、修理したRICOH CX1について、ちょこっと言っておきたい。

2014-07-24 20.24.24

もう、このRICOH CX1を、何年使ってるのかな。

写真を見返してみたら、2009/03/15に、購入して、スパゲッティを撮影してたw

その時から、修理に出すのは、今回が初だと思う。

そしたら、なんだか「相棒感」が、増して帰って(返って)きた。

「相棒感」って、言葉は、『弱虫ペダル』というマンガが元ネタ。

小野田坂道の乗っている自転車について、鳴子章吉が言い表した言葉。

修理をすると、とたんに「相棒感」はアップする気がするんだ。

自転車を修理したときもそう思ったし、このCX1についても、そうだし。

デジカメが壊れた時って、新しいデジカメが欲しくなるトコロだけど、今回は修理して正解だったかもしれないな。

(GRやMX-1を店頭にチェックしたりもしたけども)

そして、最近は、iPhone5ばかりで撮影している浮気者だったりするがw

また、これからも、よろしく頼むよ。

相棒。

広告