背中の補給食かっちょいい


おっす!おら弱虫ペダルのファン!

弱虫ペダルでは、好きなシーンが沢山あるんだけど、今日は、補給食について書いておきたい。

まず、補給食とは、どういうモノかとういと、こういうモノ↓(弱虫ペダル15巻)。

2014-07-21 17.40.06

2014-07-21 17.40.15

上で補給食を食べているのは新開さんというキャラクターだ。

彼は、弱虫ペダルに登場する「箱根学園」のエーススプリンターで、つねに、何かしらをもぐもぐ・サクサクしながら、レースを走っている。

補給食というのは、長時間の自転車レースでは、カロリーを摂取しながら走らないと、エネルギーが切れて、動けなくなってしまうそうで。レース中にも、2000kcal以上のカロリー摂取をするんだって。

ちなみに、マンガでは、POWER BERと書いてあるけど、コレは『PowerBar(パワーバー)』という商品名をもじっているようす。

新開さんは、とにかく、ずっと、もぐもぐしているのだけど、この、背中から食料を取り出すシーンが、とくにおらは大好きだ。

実際に、ツール・ド・フランスの選手でも、このように、背中のポケットに食料をつめこんでいる。

YAZUKA_WADA-0568-620x413

引用:NBS創設記念!! ツール・ド・フランス2013フォトリポート・第1ステージ(和田やずか)

vuelta1005
引用:補給食のバナナを背中のポケットに詰め込むアレッサンドロ・バッラン(イタリア、ランプレ) 

(・∀・)イイね!!

こういうシーンは、なんだかかっこよく感じる。

子どものころは、歩きながら食べるのは「行儀が悪い」と教わっていたので、ずっと歩きながら食べる行為はしなかったのだけど。

最近は、この「背中の補給食」に憧れている。

とは言っても、シャツの背中に大きなポケットをとりつけるわけにもいかないので、おらは小さなバッグに食料をつめこんでいる。

おらの食料は、『パワーバー』ではなく、『ソイジョイ』だけどもね。

ソイジョイをバッグにつめこんで、それをあえて背中側に持って行き、その状態のまま手探りにソイジョイを取り出して、もぐもぐと食べる。

これが、カッコイイと思っている。

アホくさいくらいに、子ども目線だけど、そうした「気持ち」でソイジョイを食べているコトは、周りの人には全くバレていないから、問題ないのだった。

amazon: 弱虫ペダル15巻

広告