ハンドルネームとペルソナ-Google+の本名縛り解禁について


おっす!おら名無し!

名前なんて飾りデスよ!と思っているタイプ。

でも、ネットで実名を使うことには抵抗感があるよ。

そのあたりを、Google+の名前について、書いてみる。

Mask / お面
sakichin

◆本名を強制していたGoogle+が方向転換

最近のニュースで気になったのがこれだ。

Google+は、ずっと、本名を強制していたネットサービスだ。

一応、アカウントとしては、おらも持っていたけど、さっぱり使っていなかった。

また、本名以外でも、前から利用している人はいたはいたけども、それって「抜け穴さがし」であって、おおやけに「これは仮名です」といえなかったわけ。

もし、Googleの中の人にバレたら、即アカウント停止とか、退会とか、とにかく強行的な動きが目についた。

だから、おらは、Google+には近寄りがたかった。

「なんで、本名を公開しないといけないの?」って。

◆本名を名乗ってもいいし、名乗らなくてもいい

ネット上で、本名を名乗っている人もいる。

おらは、ネット上では、本名を極力出したくないのだけど、Google+では、それが強制されていたわけだ。

これが、いやでいやで、仕方なかった。

なぜ、イヤなのか?

オンライン上で、本名を名乗るというのは、ある意味「勇気」がいることだ。

もしくは「無謀」かもしれないけども。

とにかく、ノーガードでネットで出歩いていることになる。

それでも、何とも感じない人もいれば、ノーガードでネットを歩くのは「こわい」と感じる人もいるだろう。

おらは、こわい。

本名でネットをうろつくなんて、こわくて仕方ない。

◆たとえ:「ペルソナ」または「お化粧」

おらは、ネットで本音トークができる時がある。

それは、本名を明かさないからこそできる、というのがある。

いわゆる「外面」を、ネットではハンドルネームを使うことで、「ペルソナ」を装備して、利用することできるからだ。

本名では、これら「ペルソナ」を装備することができない。

「ペルソナ」がわかりにくいとしたら、「お化粧」と言ってもいいかもしれない。

女性は、お化粧なしでは、外を歩けないと感じる人も多いときく。

本人は本人なのに、外を歩くときは「お化粧」をする。

「お化粧」することで、安心して、自信をもって、歩くことができる。

これと似ているのではと、おらは思う。

ネットを歩くときは「ハンドルというペルソナ(仮面)」を身に付ける。

そうすること、本音トークをすることも、自由にできる。

◆本名とハンドルを結び付けられる

ネットのサービスで、本名とハンドルを結び付けられることがある。

本名を知っているリアルな知人(オフライン)とやりとりする、「サービスA」があったとして。

それが、いつの間にか、ネットのオンライン上でのやり取りしている人との間のツールになっていたりする。

もともと、知人とやり取りするために利用していたわけだから、そちらは「本名」である。当然だ。

一方で、オンラインでのやり取りしていた人とは、「本名」を交換していない(ことが多い)。

だから、リアル知人(オフライン)と、ネットの知人(オンライン)とで、ごっちゃになると、とても使いにくい。

おらの中では、そういうサービスがいくつかある。

Google+、Skype、Live、LINE、とかか。

複数アカウント作るのがやっかいだったりすると、もう、さらに(‘A`)マンドクセ。

ネットサービスであっても、おらは、これらは「本名」でやってたりするので、「リアル知人(オフライン)」用のアカウントなのだ。

だから、これらの利用は慎重になっている。

グループチャット的な機能は、これらのサービスにはあったりするが、「本名でチャット」なんて、まるでスル気が起きない。

Google+しかり、LINEしかり。

尻込みしまくりんぐである。

◆結論:ネット弁慶

ネット弁慶は、こうして、さらに磨かれていくのであった。

広告