メリダとおそろしの森の弓の構え方


おっす!おらピクサー映画好きっ子。

今回は、『メリダとおそろしの森』を見たのだよ。

本編のストーリーやら、メリダ役が大島優子だったというガッカリポイントは、横においておいて(それはWhisky Milk Punchで書いた)。

気になったのは、「弓の構え方」についてだったので、ちょっとメモしておきたい。

もしかしたら、文化的に、日本の弓の構え方と、欧米の構え方が別なのかもしれないのだけど。

(艦これの誰かさんが、弓の構え方が違うとかなんとかとは、別の話で)

まず、日本の弓の構え方はご存知だろうか?

せっかくなので、メリダの宣伝写真を見てみよう。

merida_yumi_main
(引用:シネマトリビューン

矢は、弓を構えた親指側に乗っているのであるが、これが、日本の弓道の場合の、弓の構え方だ。

そして、今度は、メリダの弓の構え方を見てみると、こうなる。

51eGN0+MREL
(amazon: メリダとおそろしの森

お分かりいただけただろうか。

弓と矢の関係をみると、矢は親指側ではなくて、人差し指側にあるのだ。

これは、本編でもずっとそうなのだ。

で、気になって、他の洋画の弓の構え方を見てみた。

robinhood
(amazon: ROBIN HOOD

やっぱり、メリダと同じように構えている。

では、アーチェリーは?というと、メリダと同じように人差し指側に、構えていた。

気になりだしたので、モンゴルの弓はどうかな?というと、人差し指側っぽい。

モンゴルのおとなりの中国の構え方は?というと、レッドクリフで見る限りは、親指側っぽい。

韓国は?というと、これも、親指側っぽい。

アフリカはどうなの?というと、こっちは人差し指側っぽい。

『メリダとおそろしの森』からは、えらく脱線したのだけど、弓の構え方が国によって違うというのは、ちょっとおもしろかったので、メモしておこう。

あと最後に言っておくと、メリダとラプンツェルをバトルさせてみたくなったのは、別の話。

広告